2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

(No.5961)  2CELLOSコンサート

2017.05.23 (Tue)


(月下美人=ゲッカビジン:夜咲いて朝にはしぼむ、幻の花:市内)

kjyaksaboten17pi_1.jpg
(孔雀サボテン:昼まで咲くゴージャスな花:市内)

kjyaksaboten17re_1.jpg

2CELLOS(TOKYO DOME CITY HALL)
共演:TOKYO STAR ORCHESTRA VIRTUOSO

ルカ・スーリッチ&ステファン・ハウザーは、スロヴェニア、クロアチアを祖国に持つ、各種コンクールで優勝しているすばらしいチェリストです。特にハウザーは巨匠ロストロポーヴィチの最後の弟子でした。

会場がサントリーホールが改修中での大ホールのせいでしょう。エレクトロ・チェロでの激しいパフォーマンスに、弓の糸が切れていきます。少し心が痛みます。アコースティック・チェロで聴きたかったというのが正直なところです。彼らの演奏を分類するとポップスからロックになるかも知れません。久々に座席でロック系の音楽を聴けたのは楽しかったです。もうスタンディングは無理ですね。マリーナ席のスタンディングは熱いです。10代から中高年まで幅広いファン層です。(平然と録画している客には係が注意すべき)

2CELLOS詳細▼

-----プログラム-----
スムース・クリミナル/ゴッドファーザー:愛のテーマ/ブロークン・ハート/ムーン・リバー/ある愛の歌/タイタニック/エンドレス・ラヴ/抱きしめて(アブラサメ)/スコア/ほか
13:42  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5960)  タマール・イヴェーリ ソプラノリサイタル

2017.05.21 (Sun)


(ボタン:光に花びらが透けて美しい:都内公園)

botan_ki15_1_20170521111415a37.jpg

タマール・イヴェーリソプラノリサイタル 浅野菜生子(P)(紀尾井ホール)を聴いてきました。
若さから抜け、ちょうど円熟した声の持ち主でした。選曲も意欲的です。オペラのガラプログラムのようでした。チレーアやカタラーニを聴く機会があまりなかったのでうれしいです。「蝶々夫人」は日本向けサービスでしょう。中低音も力強く、高音はもちろん艶やかな伸びがあります。情熱的でいて愛らしさも残した表現がさすがです。オペラの主役クラスの、いい歌声を久しぶりに聴いて、心が浮き立ちました。聴かせどころをおさえた伴奏も好感が持てます。

-----プログラム-----
ラフマニノフ:リラの花
チャイコフスキー:もし私が知っていたら/それは早春のことだった
ラフマニノフ:美しい人よ、私のために歌わないで/春の水
チャイコフスキー:昼のかがやきの中にも

チレーア:「アドリアーナ・ルクヴルール」より「私はつつましい芸術のしもべ」
レオンカヴァッロ:「道化師」より「大空をはれやかに」
ドヴォルザーク:「ルサルカ」より「月に寄せる歌」
カタラーニ:「ラ・ワリー」より「さようなら、ふるさとの家よ」
プッチーニ:「蝶々夫人」より「ある晴れた日に」

-----アンコール-----
プッチーニ:「ジャンニスキッキ」より「わたしのお父さん」
トスティ:「かわいい口元」
ロッシーニ:「踊り」
11:17  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5959)錦織選手 3回戦敗退 BNLイタリア国際

2017.05.18 (Thu)


(テイカカズラ:みごとな垣根の連なり。ガラケー撮影:市内)

conblbos17sibl_1.jpg
(コンブルボス"スノーエンジェル"&"ブルーカーペット":ベランダ)

cobarantana17pisi_1.jpg
(コバノランタナ:強い剪定をしても咲き出す、かわいらしくてたくましい花:ベランダ)

前大会途中棄権だった錦織選手は、休むまもなくBNLイタリア国際に出場です。
負傷のためランク8位まで下がっています。プロは厳しいですね。初戦(2回戦)はvsフェレール。ストレート勝ちです。痛みはないと強気な発言をしていますが、ファンとしては心配です。

3回戦は18日24:00スタートです。vsデルボトロ。なかなかの強敵です。勝つと準々決勝で再びvsジョコビッチになります。やっかいなブロックですね。好調の時なら倒せるかも知れない相手ですが、どうなるでしょう。他ブロックでR1位のマレーが初戦敗退しています。
がんばれ!
-----------------
1セット目はタイブレイク負け。6:7。2セット目は3:6で3回戦敗退です。打球やコントロールは戻ってきているものの、サーブが入りません。苦手意識のあるデルボトロ相手に、攻勢に出ることができず押されてしまいました。自分の試合の組立てができないのは、まだ勝利への道が見えません。
5/28からの全仏OPで、錦織選手らしいところまで立ち直ることを願っています。
09:43  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5958)錦織選手 8強入り 準々決勝vsジョコビッチ戦で棄権

2017.05.12 (Fri)


(ゼラニウム"ホワイトtoローズ":ほぼホワイトの花が次第に②枚目のローズに染まっていきます:ベランダ)

zeraniwm_si_to_roz17ro_1.jpg

delfiniwm17_1.jpg
(デルフィニウム:鮮やかなブルーに惹かれてお迎え:ベランダ)

テニスのマドリードOPは手首負傷からの復帰戦でした。初戦vsシュワルツマン。1セット目を落とすほど、ボールに力がなくコントロールできずサーブも入らず、どうなることかとはらはらしました。手首が痛むらしい表情が、見ていて辛いです。2セット目から試合勘を取り戻して、なんとかフルセットで勝利です。

3回戦vsフェレール戦は、ストレート勝利です。ただとても上位選手と戦える状態には見えませんでした。

準々決勝に進み、8強入りしました。準々決勝vsジョコビッチ戦は棄権です。残念ですが、懸命な判断でしょう。しっかり怪我を治して復帰してほしいけれど、長期治療が難しいプロの世界は厳しいです。引きずったまま試合を重ねていくのか、錦織選手本人の決断に委ねるしかありません。ただ、フェデラーはしっかり治してトップまで復帰しています。
どちらを選択しても、ファンは応援していますから。
21:16  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5958)エリザベス・ウェイン「コードネーム・ヴェリティ」/岩木一麻「がん消滅の罠 完全寛解の謎」

2017.05.06 (Sat)


(クレマチス:ツートンがきれいなピンク系:都内公園)

krematis17beni_1.jpg
(ベルベットのような、真紅の花びらもすてき:都内公園)

連休も明日で終わりですね。
久しぶりに植物園に行き、読書も進み、歌練も継続しました。ハンドバッグの直しを2点うまくできたと思います。ベランダの鉢植えの整理と掃除も終え、遊びのお出かけもし、充実した連休でした。

ただ親戚の子が腹痛で救急搬送され「尿膜管遺残症」との診断で、膿を取り除く処置がされました。6日間の痛みは、激痛でナイフで刺された(経験はないけど)ようで歩けないほどだったと。羽生結弦選手が2年前に痛みを2週間こらえて、GPFと全日本大会を滑りきり演技後入院したことも記憶に新しいです。「あの痛みでスケートの試合をするなんて信じられない」と。100人に3人ほどの症例だそうです。体力や精神力が極限になると、ウィルスに感染しやすくなるそうです。

今回は2作です。他に読みかけて止めたのが2作ありました。
エリザベス・ウェイン「コードネーム・ヴェリティ」
岩木一麻「がん消滅の罠 完全寛解の謎」

「コードネーム・ヴェリティ」第二次世界大戦中、ユダヤ人の女性飛行士マディと、無線技術士でイギリス特殊作戦執行部員のスパイの任務のクイーニーが、小型飛行機でフランスに飛び立つ。だが攻撃を受け墜落寸前の危機に立たされる。パラシュートで脱出したクイーニーはナチスの捕虜になった。彼女は親衛隊大尉に、尋問をやめる代わりに、イギリスに関する情報を手記にするよう強制される。その手記には、親友のマディの戦場での日々が、まるで小説のように綴られていた。

ややこしい手記に始まる長い物語は、真実みを帯びた嘘なのか曖昧なまま進行します。第二部で真実が明らかになっていきます。戦時下の過酷な状況にも関わらず、目を背けさせないストーリーのわずかな希望があります。過去の思い出が時おり、明るい青春の空気をまといます。こういう書き方もあるのかと、新鮮でもありました。結末はハッピーではないけれど、読後感はよかったです。

「がん消滅の罠 完全寛解の謎」余命半年と宣告された患者の病巣が、生前給付金を受け取った直後に治ってしまう。連続して4人もとなり、患者を担当した医師・夏目に、生命保険会社に勤務する森川から確認調査が入る。だが詐欺ではない。夏目と、友人でがん研究者の羽島が謎に挑む。政財官界のセレブたちが治療を受ける、がんの早期発見・治療を得意とし再発した場合も完全寛解に導くという病院にたどり着く。

医師と保険調査員の視点が複合的で、物語を深くしています。想定範囲内の謎というのは、明らかにミステリ読み過ぎのわたしの意見です。他の方が読むと、きっと驚きがあり、神か悪魔か審判に迷い楽しめると思います。がんで亡くなる割合が多くなっているのは、高齢化が根源にあるのでしょう。でも友人を亡くしていると、すがりつきたくなりますね。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
18:22  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5957)春から初夏の花へ

2017.05.03 (Wed)


(ネモフィラ:ひたち海浜公園には行けないけれど、近くで開花中:都内公園)

6年ぶりほど間の空いた植物園でした。管理人が変わったのか、園内は生命力の強い草花にせっけんされて荒れていました。目当ての花が咲いているはずの場所は、雑草に紛れてかろうじて数本見られる程度でした。樹木の手入れもないらしく、枝も伸び放題で花の蕾も見当たりません。心が痛みました。たぶんもう行くことはない植物園になってしまいました。
みごとな花を咲かせていた、近くのお寺の桐の大木は、枝を切り払われたばかりのようで幹だけの姿です。切り口の真新しさは痛々しいものですね。花は一期一会です。そのとき感動した花が、同じように見ることはないことに、改めて思い知らされました。
少し、つらい花の撮影になってしまいました。

tutuj17sipi_1.jpg
(ツツジ:真っ白な中に細い紅色のラインが美しい:都内公園)

yukizasa17_1.jpg
(ユキザサ=雪笹:小さなシベがきれい:都内公園)

sawaftagi17_1.jpg
(サワフタギ:たおやかな枝に雪を乗せたよう:都内公園)

coriandar17_1.jpg
(コリアンダー:ハーブの人気ものらしく:都内公園)

hanamiz17sibk_1.jpg
(ハナミズキ:街路樹に多くなり、街中が白くなります:市内)

hanamiz17sihana_1.jpg
17:15  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT