2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

(No.5973)バリー・ライガ「シリアルキラーの休日」/ジョー・ネスボ「その雪と血を」/深水黎一郎「ストラディヴァリウスを上手に盗む方法」

2017.06.26 (Mon)


(ピンク・アナベル:枯れたようだった鉢植えにかわいい花が咲いて:ベランダ)

anabel14_1.jpg
(アナベル:白は大きくなるタイプのようで、鉢植えほしい:市内)

忙しい6月でした。今回は3作。感想を書いていない2作も早めにUPします。
バリー・ライガ「シリアルキラーの休日」
ジョー・ネスボ「その雪と血を」
深水黎一郎「ストラディヴァリウスを上手に盗む方法」

「シリアルキラーの休日」3部作の前編という作品で、Webで公開されました。ジャスパーの父シリアルキラー・ビリーが、休暇を取る。妻が子どもを産んだことに怒り、別れたあとの休暇だった。殺人をしないはずだった。だが、ふと知り合った女が殺される。犯人を捜さないと自分が疑われると、ビリーは動き出す。

展開も「普通の人」らしく見せる行動の描写も、うまいです。不利な立場に立たされたシリアルキラーが、殺人の手口やホテルのシステムなどから推理して行く過程がおもしろいです。結末も鮮やかな逆転劇でみごとです。小品とは言え、楽しめます。

「その雪と血を」極寒の地では雪の上に落ちる血は、瞬時に固まりローブのように広がるという。殺し屋のオーラヴの今回の仕事は、不貞を働いているらしいボスの妻を始末すること。いつものように引き金を引くつもりだった。だが彼女の姿を見た瞬間、恋に落ちてしまった。浮気相手の男を殺してしまう。だが男はボスの息子だった。

何をやっても失敗ばかり。最後の仕事の殺し屋に徹し切れない男の弱さが、歯がゆいです。なぜ恋などに妄想を持ってしまうのか。ボスから狙われるのは明白で、女から愛を得られるはずもありません。逃避行を計画するが、思わぬことが起きる。おおよそ予測通りの結末ですが、おろかな男の矜持は守るところまで、一気に読ませます。

「ストラディヴァリウスを上手に盗む方法」若き天才女性ヴァイオリニストの凱旋コンサート会場からこつ然と消えた、時価数十億の伝説の名器。突如容疑者と化した1800人の観客。場内の不満が最高潮に達した。犯人が用いた、驚くべき犯行手口とは。

タイトルに惹かれて読みました。「音合わせに440ヘルツのA音で始まる」のっけから、つまづきました。最近のコンサートは442ヘルツが主流です。より華やかにするため443ヘルツにする欧州オーケストラもあるほどです。本題ですが、盗まれたヴァイオリンの謎を、刑事の瞬一朗が解き明かして行きます。興味深い音楽の蘊蓄がたっぷりです。確かに音楽好きにはおもしろいですが、わずかなことで音色が変わってしまうヴァイオリンを、結果として使い物にならない楽器になるかも知れないこの方法で盗むでしょうか。奏者が職人のようにできるかも疑問です。もっと繊細な楽器だということがわかっていないのではないでしょうか。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
17:04  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5972)  チャン・ユジン ヴァイオリンリサイタル

2017.06.26 (Mon)



チャン・ユジン ヴァイオリンリサイタル(浜離宮朝日ホール)を聴いてきました。(ピアノ:小澤佳永)
仙台国際音楽コンクール優勝記念と銘打っての演奏は、芯のあるボウイング、構成力、もちろん技術、音の美しさ。すばらしい演奏でした。自分の音楽世界をすでにしっかりと確立していて、風格を感じさせます。ピアノが遠慮し過ぎたのか、ほとんど耳に残らないのは初めての経験です。それほどヴァイオリンの音に聴き入っていたのです。こういう若い演奏家が育っていける環境にありますように。

-----プログラム-----
メンデルスゾーン:ヴァイオリンソナタ ヘ長調
グリーグ:ヴァイオリンソナタ 第2番ト長調op.13

ストラヴィンスキー:ディヴェルティメントⅠ〜Ⅳ
シベリウス:6つの商品op.79から 思い出・牧歌的舞曲・子守歌
サンサーンス:序奏とロンド・カプリッチオーソop.28
------アンコール-----
ポンセ:エストレリータ
15:21  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5971)  「ピアノ調律セミナー」に参加

2017.06.26 (Mon)


(ヤマボウシ:咲き残っていた花が青空に背伸び:市内)

yamabowsi17_2_1.jpg

「もうひとつのショパンコンクール」のTV放送がありました。
実は数年前の海外の映画も観ていました。その時と比べてさらにシステマチックになっていました。調律師とメーカーの激しい戦いが、優勝候補演奏者が弾くピアノに選ばれることです。コンクールのために最良と思う制作、調律したピアノを運び入れます。歴史を誇る「スタンウェイ」はホールのもの。「ヤマハ」「カワイ」「ファツィオリ(イタリア)」の4台です。

以前から調律に興味を持っていました。「ピアノ調律セミナー:エムパレス」は個人でピアノの調律をしている方で、すべてのメーカーの調律、修復、販売、さらにコンサート企画の支援もしています。十数名の受講者は、調律師育成校の生徒、音響システムエンジニア、ピアニストなど、予備知識を充分持った人たちです。かなりマニアックな質問が飛び出しました。

調音作業を体験させてもらいました。コンサートホールで見かける、工具で鍵盤を叩きながら締め具合で音を調整するものです。席で他の参加者の作業を聞いていると、音がわかりました。ただ自分でやってみると、音の聞こえ方が違い微妙な調整がうまくいきませんでした。貴重な体験でした。

学校、音楽教室、コンサートホールでさえ予算が少ないと、年に1度しか調律していない現実。多くの音程の狂ったピアノの音を聞いて成長していくわたしたち。音楽学校の調律師の生徒募集が打ち切られ、これからどうなるのか。孤軍奮闘している調律師さんたちを応援したくなります。
09:27  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5970)FOI新潟公演 羽生結弦選手「ソチ五輪より幸せな梅雨」

2017.06.21 (Wed)


(ジャカランダ:代官山の1本の木でこの美しさ。宮崎で1,000本が見頃のよう。4年前、台風がなければ=残念)

jyekaranda17_2_1.jpg

jyekaranda17bk_1.jpg

3日間の公演は、演目やアレンジも変えて飽きさせない工夫がたくさんありました。
なにより、ゆづくんがみごとな座長を全力でやり遂げました。プルシェンコ・ガチファンぶりを発揮し、安心できる仲間たちに甘え心を委ね、オープニングとフィナーレでは観客を煽り盛り上げました。来シーズンSPはショパン「バラード1番」のVer3です。ライトアップしたSPを見られるのはうれしかった。狭いリンクを使いこなしての演技は、楽日はより練り上げられてきていました。平昌五輪シーズンを目指し、その覚悟を見せてくれる演技でした。アンコールは「crazy」で楽は「パリの散歩道」で、大歓声です。

「バラード第1番」を再びSPに選んだ理由は「この3年間があった今だからこそできる、バラード第1番をやりたいなと考えたんです。僕は、歌手のライブのように1回1回違う演技ができるタイプだと思うので、そういう違いを大事にする演技をしたい」「いちスケーターとして非常に幸せを感じながらスケートをしていました。自分の技術の結晶と言われるようなプログラムにしたいなという風に常に思ってやっているのでこれからさらに磨いていってもっともっといいプログラムにしたいと思っています」と言っています。

最後の挨拶は疲れと安心感と感謝で一杯の様子でした。「今回は昨年出られず戻って来れたこと、ソチ五輪より幸せを感じています。観客、TV前の応援、スタッフ、共演者、すべての力が背中をおしてくれている。平昌五輪を目指す現役スケーター、プロスケーターへのこれからも応援を!」

どの出演者の演技もすばらしい。印象に残ったのは荒川静香、プルシェンコ「3.11 for Japan」「セッボン」、ステファン、安藤美姫、織田信成、ハビエル、メドヴェージェワ、ジョニーウィアー、パパキダス/シゼロン。
朱鷺メッセは仮設客席の傾斜が少なく、前の人の頭の間から見る状態でした。4.000人のキャパなので顔も見える近さ。さいたまアリーナ3万人席と比べると贅沢は言いたくありません。楽日、数列前に尾木ママさんがいらしてました。ゆづくんと会えたようです。

夢の時間から日常に戻るのが大変です。脳内ではいろんなシーンが駆け巡っています。次期シーズンは全日本、NHK杯、GPFが国内試合です。チケットが取れますように!
09:35  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5969)羽生結弦選手FOI新潟公演 3日間ぼうぜん夢の中

2017.06.15 (Thu)


(タチアオイ:かわいらしさにひと目惚れ。鉢植えでも剪定で丈調整可能と聞き、お持ち帰り:ベランダ)

tatiaoi_re15_1.jpg
(タチアオイ:2mにはなる路地の花:市内)

tatiaoi_tb15_1.jpg
(タチアオイ:つぼみが風車のよう:市内)

Twitterでチケットのお譲りをしていただきました。
6/16〜18日全日程を見てきます。ショートプログラムはショパン「バラード第1番」です。レベルアップした演技が楽しみです。昨年足の怪我でアイスショーはなしで、シーズンもトゥループをほぼ跳ばずに耐えた試合から解放された喜びがTVからも伝わりました。実際に会場の空気を共にしてきます。

来シーズンの試合のチケ取りはさらに熾烈なものになるでしょう。12月の世界選手権は名古屋です。五輪前の試合は是非見たいのです。相当な倍率になります。なんとか行きたいです。
-----------------
すばらしい公演でした。まだ夢の中にいる感じです。落ち着いてから感想を載せます。
ゆづくんが別格。演技はもちろんオーラ、観客への配慮、スタッフ、共演者、ゲストへと細やかな配慮を楽しんでしてくれました。ラストの挨拶で「人生で最高に楽しいスケートでした」と。いや、先は長いからもっともっといいことや幸せをつかんでほしいです。
08:44  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5968)  停電騒ぎ 結末不明

2017.06.13 (Tue)


(ピンク・アナベル・アジサイ:枯れずに小さな花を咲かせてくれました:ベランダ)

ajsai_yae17pi_1.jpg
(八重アジサイ:あまりにもかわいいきれいなお花:市内のお店の鉢植え)

先日夜23:00頃停電が起きました。
引っ越してきてほぼ1年になりますが、初めての電気系統トラブルです。数秒の全室停電で、2週間前にも1度起きているのです。ブレーカーは落ちずすぐ回復しましたが、電気機器の再起動が必要です。各種ルータ、TVとパソコンの再起動、電子レンジの表示、ガス風呂の時計、作業の時間的ロスの多さに恨み言のひとつも言いたくなります。パソコンへのダメージが最も心配です。

東電へ電話をかけると、その時間帯の周辺の瞬断、瞬電、瞬停はなかったそうです。それでも作業員が来て、配電盤の中のゆるみの有料調査が必要といいます。管理会社は安い下請けでとシビアな回答です。東電は古いメーターを新品に無料交換しただけでした。電気業者が来て、配電盤の線やビスのゆるみを確認しましたが、原因不明で様子見となりました。
起きるかどうかわからない上、パソコンのためだけに、自分で停電電源装置(UPS)設置は高価で無理です。もやもやとした気分だけが残りました。
10:33  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT