2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

(No.6007)羽生結弦選手、平昌五輪二連覇おめでとう!

2018.02.18 (Sun)


(写真はお借りしました)

ソチオリンピックからの長い長い4年間でした。
怪我や病気に苦しみながらの、世界記録更新でスケート界のレベルを上げてきました。N杯練習の怪我で、練習できなかった期間が長かったにも関わらず、つかみ取った金メダル!ゆづくん、ほんとうにおめでとう〜〜!
オーサーを始めクリケットチームに、メディア攻勢から守られました。
完璧なSP「バラード第1番」、最後に足に疲れが来てふらついたジャンプをリベンジしたFS「SEIMEI」は、全力、気力でやりきった演技でした。
王者の名にふさわしい戦いでした。インタビューの言葉で初めて明かされた、怪我が治っていないこと。ゆっくり治療に専念してほしいです。ファンは現役を続ける限り、待っていますから。

今シーズンで引退のハビエルは初めてのメダル。努力家の宇野昌磨の銀。4回転ジャンプンプを得意とするネイサン・チェンの思いがけない崩れとFS盛り返し。パトリックは残念な結果。
悲喜こもごも、男子の大会が終わりました。あとは女子の試合が楽しみです。
10:58  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6006)パトリック・ネス&ジム・ケイ「怪物はささやく」/川瀬七緒「潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官」「女學生奇譚」/ビル・ビバリー「夜の果て、東へ」/前川裕「アパリション」

2018.02.14 (Wed)


(白梅:寒さの中でようやく咲き出しました:駅裏公園)

朝の氷点下からようやく抜け、日中の日射しで暖かくなってきました。
ベランダの鉢植えのシートカバーも外しました。お花たちもしおれていたのが立ち上がります。だめになった鉢植えがいくつかあります。残念。想定外の寒い冬でした。
手指3本の腱鞘炎は、痛みの残る人差し指を固定しています。治ったら体にも春が訪れるでしょうか。
羽生結弦選手が復帰です。会見と公式練習で大丈夫と確信しました。なによりも、本人が望む演技をして五輪を楽しんでほしいです。

今回は5作です。
パトリック・ネス&ジム・ケイ「怪物はささやく」
川瀬七緒「潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官」「女學生奇譚」
ビル・ビバリー「夜の果て、東へ」
前川裕「アパリション」


「怪物はささやく」怪物は真夜中過ぎにやってきた。墓地の真ん中にそびえるイチイの大木の怪物が、コナーの部屋の窓からのぞきこんでいた。「おまえに三つの物語を話して聞かせる。わたしが語り終えたら、おまえが四つめの物語を話すのだ」闘病中の母の病気が再発、学校では母の病気のせいでいじめにあい孤立。母が再度入院し、嫌いな祖母と暮らすことに最大の抵抗をする。コナーに怪物は何をもたらすのか。夭折した天才のアイデアを、カーネギー賞受賞の若き作家が完成させた物語。

コナーがどこにいても孤独を埋めるものはなく、それでいいと思いながら、心に風が吹き抜けていく描写がうまいです。言葉に出せない怒りを、怪物の力を借りて吐き出す件は切ないです。母への思い、手をつかむコナーの喜びと怯え。ここまで細やかに少年の心の軌跡をたどって描かれたことに、衝撃がありました。わたしも強く揺さぶられました。お勧めです。

「潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官」伊豆諸島の「神の出島」でミイラ化した女性の遺体が発見され、警視庁から岩楯警部補が派遣された。首吊りの痕跡から、解剖医は自殺と断定。死亡推定月日は3ヵ月以上前とされた。第一発見者によれば、島のハスキー犬がミイラを引きずってきたらしい。遅れて島に入った法医昆虫学者・赤堀涼子は、現場周辺を調べて遺体に「昆虫相」がないことに目を留めた。

赤堀のキャラがいきいきして、周囲が目に入らず突き進む性格が好きです。次第に感化されていく岩楯警部補に、にやりとしました。登場人物や設定も変化を持たせて飽きさせず、いいシリーズになりましたね。別な作品も読んでみようかと思います。

「女學生奇譚」フリーライターの八坂は、オカルト雑誌の編集長から妙な企画の依頼をされる。「この本を読んではいけない」から始まる警告文と古書を、竹里という女が持ち込んできたのだ。その古書の本来の持主である彼女の兄は数ヶ月前に失踪、現在も行方不明。このネタは臭う。八坂はカメラマンの篠宮、そして竹里とともに謎を追う。

構成もうまいし、八坂の想像力と感覚の鋭さを持つライターとしてのキャラが活かされています。竹里の不審な挙動など、小さな伏線までが結果をひっくり返す予兆を感じさせながら読ませます。おもしろい作家です。少し追いかけてみたいです。

「夜の果て、東へ」ロサンゼルスのスラム街「ザ・ボクシズ」で犯罪組織に所属する15歳の少年・イースト。仕事にしていた麻薬斡旋所が、警察の強制捜査で押さえられてしまう。ボスはイーストと、不仲で殺し屋の弟と少年たち4名に、ある判事を一週間以内に殺せと命令。バンで2,000マイルもの旅が始まるが、そりの合わない少年たちに衝突が起き、軋轢を繰り返しながら、イーストは孤独な魂を揺さぶられていく。

生きることだけで一杯一杯の状況で、愛情も知らずに育つ少年群像に、奇妙な共感を抱いてしまいました。判事の行き先さえ確定していず、スポット的な情報に従っていきます。対象者を見つけた時でさえ、判断に迷う曖昧さ。そして銃で射殺するのですが、見返りの報酬はどうなるのか、途中で脱落した少年、殺してしまった弟、2人だけの帰路をどうするのか。すべてが不条理な展開で、身に付いた律儀さで生き延びるのです。広いとも知らない世界の片隅で、希望さえ持たず、生きていくイーストに、気持ちを揺さぶられました。いままでにないおもしろさの小説でした。

「アパリション」予備校講師でミステリー作家の矢崎には、同じく作家を志す兄がいたが、忽然と姿を消してしまう。同じ頃、世間では二組の夫婦の失踪事件が注目を集めていた。事件の裏では、偽刑事の犯人が残した声が公開されたが、それは矢崎の兄のものだった。

矢崎の立ち位置から、動きにくい設定ではあるのですが、少し遠回りです。消去法で意外な犯人を絞っていく進展がわかりやす過ぎます。思いがけない展開がなく、がんばって書いているのはまともだけれど、新鮮みに欠けるかも知れません。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
09:54  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6005)ジョー・ネスボ 「悪魔の星」/前川裕「死屍累々の夜」/原 尞「愚か者死すべし」

2018.01.29 (Mon)


(スノードロップ:縮こまって咲き出しました。まだ早いよ:ベランダ)

氷点下の気温が連日です。あと一週間は続きそうで、初めての経験です。
ベランダの鉢植えの棚は、ビニールシートですっぽりと覆いました。ただ、一歩遅かった気がします。雪が降った時にしていたらよかったのに。駄目になりそうなお花も出てきています。

今回は3作です。
ジョー・ネスボ 「悪魔の星 上・下」
前川裕「死屍累々の夜」
原 尞「愚か者死すべし」


「悪魔の星 上・下」一人暮らしの女性が銃で撃たれ、左手の人差し指が切断された遺体から赤い五芒星形のダイヤモンドが見つかる。猟奇的な事件に、注目が集まる。ハリー警部は、3年前の同僚刑事の殉職事件を捜査し続けていたが、捜査中止を命じられ酒に溺れて免職処分が決定。正式な発令までの間、この猟奇的事件の捜査に加わる。人妻が失踪し、弁護士事務所では受付の女性が殺された。被害者はいずれも同一の手口。連続殺人犯のメッセージを読み解こうとするハリー。捜査を指揮するトム・ヴォーレル警部は、自分の仲間になるようハリーに圧力をかけてくる。

テンポの良さと、自分の勘を信じて行動するハリーが戻ってきました。「ネメシス」は訳者&出版社編集となっていたので、不満を抱かせてしまったのでしょう。雨の捜査や危ないアクションにハラハラさせられ、二転三転する展開にぐいぐい引き寄せられて読みました。いやぁ、切り捨てなくてよかったです。おもしろいです。次作も楽しみです。

「死屍累々の夜」10人の男女を殺害し、6人の女と共に集団自殺を遂げた木裏。元大学助教授のセンセーショナルな「木裏事件」に、30年後「私」はフリーの記者としてようやく取材を開始し、全貌と謎に満ちた男の内奥に迫る。木裏は暴力団組長の娘と結婚し、わずか5ヵ月後に妻を絞殺し懲役12年の刑に服した。出所後、生前父親の経営していた旅館を継ぐが、東京に出て「花園商会」という売春斡旋業で大きくなる。各地に居を移しながら手を広げ、新潟の老舗旅館に取り入ったのち売春宿に変貌させる。

取材者視点とは言え、木裏の言動はフィクション構成なので、登場人物の思考や気持ちの揺れが充分描かれます。精神的に木裏に絡めとられていく様子、バイオレンスも、距離感があるので目を背けるものではありません。関わる人間の側からの描写がありながら、木裏の心理の底にあるものは、記者も迫り切れなかったところがあるのでしょう。肝心の一点がするりと抜け落ちていくのが、木裏の見せない深淵の深さとも受け取れます。真摯な作家ですね。

「愚か者死すべし」大晦日。沢崎の探偵事務所を尋ねて来たのは、旧相棒「渡辺」を頼って来た依頼人だった。殺人事件で身代りとして自首した父親を助けて欲しい、と。沢崎が面会したい依頼人を新宿署へ送り届けた際に、 移送される依頼人の父親が肩を撃たれる現場に出くわす。沢崎が咄嗟に犯人の車に追突し命を救う。だが2発目が刑事に当たり死亡する。複雑な狙いや裏の組織に命を狙われながら、

14年前刊行作品ですが、ハードボイルド全盛期でしょうか。暴力団、警察とのつながりのある探偵像が、意外に新鮮でした。日本にもしっかりした探偵ものが存在していたのですね。淡々とした描き方が暗い闇の深さを感じさせます。今年新作が出るという寡作な作家のようです。ちょっと読んでみたいと思いました。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
22:30  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6004)「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」

2018.01.29 (Mon)

くらさんのお誘いで、「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53F):を観てきました。
レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍する現代アーティストです。大型のインスタレーションから映像まで、視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。一見どこにでもある見慣れた風景ですが、観客がさまざまなポーズで壁に張り付いたり、試着室の空間で鏡に映らない、思いがけない方向に映る鏡に惑わされ、教室で亡霊になった自分が見えました。試着室の空間と、壁に張り付ける自分がわたしはおもしろかったです。
空間認識が、いかに思い込みと想像力で脳が誤認識するか。単純な仕掛けであればあるほど、騙されるるのが人間なのですね。
お誘いがなければ知ることもなかった展示会は、たくさんの人で混雑していました。六本木らしく外国のファミリーも多く、幼い子どもたちのかわいらしさは格別です。
外の茶店でおしゃべりをし、ヒルズ内のイタリアンでお食事が濃厚でおいしかったです。オフ会として初めてお会いしてから、16年も続いている大切な友人たちです。仕事の悩みが多く、あるいは体調不良、ご家族のこと、自分の将来を最も考える年代かも知れません。小説、漫画、ゲーム、スケート、映画、それぞれの話題が深く、おしゃべりが尽きません。また、お会いしましょう。


(建物にぶら下がる?:エルリッヒ作)

elrich_hit2.jpg
(試着室:エルリッヒ作)
11:37  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6003)野﨑まど「ファンタジスタドール イヴ 」/廣嶋玲子「妖怪姫、婿をとる 妖怪の子預かります5」/内藤了「ゴールデン・ブラッド」/ジョー・ネスボ「ネメシス」

2018.01.15 (Mon)


(ロウバイ:満開の甘い香り:公園)

寒さはまだ身にしみます。早く地面が温かくなるといいですね。
今回は4作です。
野﨑まど「ファンタジスタドール イヴ 」
廣嶋玲子「妖怪姫、婿をとる 妖怪の子預かります5」
内藤了「ゴールデン・ブラッド」
ジョー・ネスボ「ネメシス 上・下」


「ファンタジスタドール イヴ 」大兄(おおえ)は幼少期、ミロのヴィーナスと衝撃的な出会いをした。屋敷の女中と幼い悪戯を覚えた。小学6年で難しい問題を解き「学者になる」と思い、サイエンスにのめりこみ、ひたすら勉強をする。大学3年に出会った笠野と運命の友となり、世間知らずな一面を大兄は改めて知る。大学院の研究室で、国と提携する教授のチームで収入も得るようになった。笠野は就職し、後輩の女性・中砥と組むようになる。さらに頭脳明晰な遠智(おち)も加わる。大兄は遠智に心の深部を指摘されるが、かろうじて薄膜を保っていた。研究はアメリカの国防総省の人物ともつながり、飛躍的に理論を進めていく。

掌編とも言える159ページの、濃密で深い物理の世界をかいま見せる力量に脱帽です。心の中は論理で片付けられない、皮相な結末も盛り上がります。すっかりハマって読んでいます。新作が待ち遠しいです。

「妖怪姫、婿をとる 妖怪の子預かります5」千弥と穏やかな暮らしをしている弥助は、久蔵からさらわれた許嫁の初音を取り返すのに手を貸してほしいと頼まれる。初音は妖怪だという。千弥は妖猫族の姫、王蜜の君を紹介する。初音の住む華蛇族の屋敷に忍び込んだ久蔵だったが見つかり、初音の乳母の妖怪から難問を出される。

このシリーズはあっという間に読めて、楽しいです。案外、人と妖怪の心理の裏表が見え隠れします。今作、久蔵を中心にしたのは、弥助ではネタに行き詰まりが出たせいでしょうか。それでも次作が楽しみです。

「ゴールデン・ブラッド」東京五輪プレマラソンで、自爆テロが発生。現場では新開発の人工血液が輸血に使われ、消防士の向井圭吾も多くの人命を救った。しかし同日、病気で入院していた妹が急死する。医師らの説明に納得いかず死の真相を追い始めた矢先、輸血された患者たちも次々と変死していく。

消防士で救命で活躍する向井の立ち位置が、少し都合よ過ぎる感じがありますが、医療作品としてはなかなか読ませます。次作を読みたいとまではいきませんでした。

「ネメシス 上・下」白昼オスロ中心部の銀行に強盗が押し入り、銀行員一人を射殺し金を奪って逃走した。手がかりひとつ残さない鮮やかな手口で、ハリー警部も加わった捜査チームは動き出す。新人女性刑事ベアーテは人の顔を一度見たら記憶してしまう特殊能力で期待された。だが、連続銀行強盗事件が起きてしまう。一方、かつての恋人・アンナが死体で見つかる。その前日アンナと食事をしたハリーは、記憶が跳んでいた。自殺として処理されたが、殺人と感じ真相を探り続けるハリーに、謎めいたメールが届く。アンナ殺害の容疑が降りかかり、窮地に陥る。連続銀行強盗事件の捜査が行き詰まり、ハリーはチームを離れ、独自の捜査に踏み出す。

「ネメシス」とは、ギリシャ神話の復讐の女神だそうです。登場人物と時系列が複雑で、少し読みづらかったです。もっとおもしろくできたのに。作家の問題なのでしょうか。他の作品はよかっただけに、残念です。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
21:41  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6002)「日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会」指揮:山田 和樹 /ピアノ:小曽根 真

2018.01.14 (Sun)


(ジュリアン_ザッハトルテ:ベロアの花びらにひと目惚れ。お連れしました:ベランダ)

横浜みなとみらいホールでの「日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会」指揮:山田 和樹 /ピアノ:小曽根 真
を聴いてきました。

あまり聴く機会のなかったバーンスタインでしたが、不思議な音の調和とリズムに引き込まれました。
山田和樹がじつに巧みに音をひとつにまとめあげ、自身も踊り出しそうな全力指揮でした。ジャズも弾く小曽根が、オーケストラから浮くことなく溶け込み、オケの一員としてのピアノを聴かせました。ソロ部分での卓越した演奏もすばらしかったです。
一音も聞き逃すまいと、身を乗り出しての2時間が終わってしまいました。スタオベも拍手と歓声もいい聴衆の心からのものでした。いい音楽を聴くと、心が満たされます。翌日の朝も余韻にひたっています。
音楽との出会いは一期一会です。そのとき、そのメンバー、プログラムが揃った奇跡とも言えるひとときでした。

**バーンスタイン生誕100年記念プログラム**
バーンスタイン:《キャンディード》序曲
バーンスタイン(ハーモン編曲):《キャンディード》組曲
ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ

バーンスタイン:交響曲第2番《不安の時代》

-----アンコール-----
バーンスタイン:「On the Town」より「Some Other Time 」=小曽根真
08:51  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT