2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

(No.6029)川瀬七緒「紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官」/マイケル・ロボサム「生か、死か」/セバスチャン・フィツェッ「アイ・コレクター」/前川裕「イアリー 見えない顔」

2018.06.17 (Sun)

ginbaika18sb_1.jpg
(銀梅花=ギンバイカ:フェンス代わり。見頃でシベが美しい:熱海)

ginbaika18zen_1.jpg
(銀梅花=つぼみがまん丸でかわいいアクセントに:熱海)


(ユリ:群生していると綺麗ですね:熱海)

yuri_tepow18ye_1.jpg

パソコンの入れ替えや、熱海行き、日程が色々重なっても、読書量は落ちていませんでした。
読みたい本さえあれば、時間はなんとでもなるものですね。歌のレッスン教室の発表会が7月で、2曲暗譜が必要です。ボイストレーニングの先生の発表会にも出ることになりました。9月。独唱で2曲(イタリア歌曲と、日本語)デュエットで1曲(日本語)。こちらはほぼ暗譜できてるので、細かな表現の練習になるでしょうか。頭の中をイタリア語が駆け回っています。苦笑。
今回は4作です。
川瀬七緒「紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官」
マイケル・ロボサム「生か、死か」
セバスチャン・フィツェッ「アイ・コレクター」
前川裕「イアリー 見えない顔」


「紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官」都内の古民家で、大量の血痕と3本の左手の小指が見つかった。住人の遠山夫婦とその客人のものと思われたが、発見から1ヵ月経っても死体は見つかっていない。岩楯警部補は相棒の鰐川と近所の聞き込みを始めるが、いっこうに捜査が進展しない。法医昆虫学者の赤堀は、法医昆虫学と心理学分野、技術開発部の三つが統合された新組織「捜査分析支援センター」に配属されていた。事件現場に立ち入れなくなったものの、同僚のプロファイラーと組んで難事件に新たな形で挑戦をする。

赤堀は、わずかな違和感を持った指の一点を徹底して追求し、家の周りの虫の生態系が壊れている原因解明をする様子はすごいです。岩楯に自分の過去を話したのは、これからの布石か気になります。アルコール依存症が、ここまで家族を巻き込むのはすさまじかったです。毎回、期待を裏切らない赤堀と岩楯、鰐川を味わえます。これからプロファイラーが加わわるのは、わずかにしてほしいです。

「生か、死か」オーディは、死者4名を出した現金輸送車襲撃事件の共犯として10年の刑に服していた。奪われた700万ドルの行方を知ると考えられていたため、獄中生活は常に命を狙われていた。だが、囚人たちや看守にどれほど脅されても金の在処を口にしなかった。そして刑期満了の前夜、オーディは脱獄する。翌日には自由と金が手に入ったはずなのに、いったいなぜか。

オーディは逃げながら、現金輸送車襲撃事件の真犯人を見つけ出そうとします。獄中で唯一の友人モスが釈放され、オーディを探し協力しようとします。結婚を約束したベリータ。激しい悔恨で悪夢にうなされ、何としても真犯人にたどり着こうとする執念の強さが生きる力にったのでしょう。それにしても、獄中で生き延びることの大変さ。司法取引。オーディの心理描写も、展開もうまいです。面白い作家との出会いです。

「アイ・コレクター」ベルリンを震撼させる連続殺人事件。子どもを誘拐して母親を殺す。制限時間内に父親が探せなければその子どもを殺す、というものだ。殺された子どもが左目を抉り取られていたことから、犯人は「目の収集人」と呼ばれた。元ベルリン警察官で、今は新聞記者のツォルバッハは事件を追うが、犯人の罠にはまり容疑者にされてしまう。特異な能力を持つ盲目の女性の協力を得て調査を進めていく。やがて想像を絶する真相が明らかに。

405ページ目から始まり、1ページ目に向かって進む構成の意味の重さに、読了後しばし茫然としました。閉じ込められた場所で、必死に生きようとする子どもたちの描写が秀逸です。やがて見えてくる犯人像に戦慄させられます。うまい作家です。一気に読ませられます。他作品も読んでみたいです。

「イアリー 見えない顔」私立大学教授の私が、病死した妻の葬儀を終えて帰宅。夜の10時過ぎ「奥様、ご在宅ですか?」。インターホンのスクリーンに映る女性の姿に見覚えはなく、私が外に出たときには女の姿は消えていた。あの女は誰だったのか。そんな思いに囚われながら、私は大学の総長選挙に深く関わっていく。やがて近所のゴミ捨て場で身元不明の遺体が発見され、私の身の回りで起こる不審な出来事と、混沌とした選挙戦のつながりまで見えてくる。

かなり苦労して書いたなと思います。宗教団体、断酒会、大学の総長選挙。見えない身近の闇の不気味さはありますが、社会的通念に不自然さがあるのは作者にはやむを得ないところかも知れません。心理描写に、読者を引き寄せる力がありません。隔靴掻痒というか、壁を感じます。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
09:19  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6028)キュッヒル・クァルテット&福間洸太朗

2018.06.15 (Fri)



fukma.jpeg

キュッヒル・クァルテット&福間洸太朗(サントリーブルーローズ)コンサートを聴いて来ました。

「ブラームス・ツィクルス Ⅰ〜Ⅲ」
長年クァルテットを積み重ねてきた音の年輪を感じさせました。第1ヴァイオリンとビオラ奏者が特に美しい音色です。臨時のチェロが違いがありましたが、他の3名が一層熱演でカバーしました。陰影のある旋律と高まっていく緊張感をぎりぎりで押しとどめていく進行が、終章で解き放たれます。
福間さんのピアノはさすがです。クァルテットに溶け込み、ピアノでこんなふうな影のある音が出せるのかと驚きでした。コンマスをよく見ていて弾ききったのはすばらしいです。
アンコールは喜びを感じさせる力強い演奏でした。いい音楽に出会う機会はあとどれくらいあるのでしょう。胸がしっとりと満たされたコンサートでした。

-----プログラム-----
ブラームス:弦楽四重奏曲第1番ハ短調op.51-1

ブラームス:ピアノ五重奏曲へ短調op.34
-----アンコール-----
ピアノ五重奏曲へ短調op.34より第3楽章
09:09  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6027)  ブーゲンビリアの滝

2018.06.12 (Tue)


(ブーゲンビリア:熱海)

護岸の上から、ブーゲンビリアのみごとな大木が垂れ下がっていました。熱海の海岸近くの川です。
何本もの滝。こういう見せ方もすてきですね。小さなせせらぎの傍に降りていけました。落花がきれいです。水辺から見上げる花も美しいです。花が10cmもありそうな赤と少し紅色がかった赤。そしてパープル。カメラでは同じ赤に撮れてしまいましたが。
ルリマツリの白花も同じように。こちらは細い滝ですが。

bugen18rezen_1.jpg

bugen18reup_1.jpg

bugen18paup_1.jpg

bugen18oti_1.jpg

rurimaturi18si_1.jpg
(ルリマツリ)

rurimaturi18siup_1.jpg
09:05  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6026) ジャカランダに3度目見たいと、熱海へ

2018.06.11 (Mon)

jyakaranda18ske_1.jpg
(ジャカランダ:海と青空とブルーの花がとても美しかった:熱海)



jyakaranda18mae_1.jpg

jyakaranda18up_1.jpg


ジャカランダを見たいと、5年前に宮崎行きました。1,000本の花は台風の影響で大雨になり、散り落ちた花とわずかに咲いていた木でした。時期が難しいですね。昨年は代官山の1本の木を、きれいな時期に見てきました。
今年、ネットで目についたのが熱海海岸の100本の木でした。天気予報と、新幹線を使い1時間半。行きたい!と、即決で2日後に行ってきました。

樹高が2mほどの木が多く、写真が撮りやすかったです。心ゆくまで花に埋もれてきました。と言ってもカメラの限界が歯がゆいですが。
海岸の紫外線は強烈で、しっかり対策をして行きましたが、暑くて暑くて熱中症になりそうでした。何度も休憩を取り、木陰で水分補給と体温下げをしました。満足できました。

ハーブを中心としたガーデニングも、楽しめました。少し離れた川沿いのブーゲンビリアが、またみごとでした。川に沿って下る枝の長いこと。川辺に降りて下から見上げるのも素敵でした。のちほど、載せますね。
いい日帰り旅でした。
09:21  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6025) 9年ぶりに新imacに買い換え

2018.06.02 (Sat)


(レイウシア:ベランダでは次々に花が咲いていきます)

reiwsia18or_1_20180601214446b93.jpg

9年前から使っているiMacのOSを、一度だけバージョンアップしただけで、騙し騙し使用してきました。ハード的にはまだ問題はないのですが、いろんなサイトからはねられることが多くなり、Twitterの動画が見られないことがストレスになってきました。ということで、新機種iMacを購入しました。注文から24時間で到着し、3時間でデータの移行を済ませました。photoshopや、htmlアプリなどのupを完了し、excelやプリンタも使用可能なのがうれしいです。
メール設定だけはプロバイダにサポート電話を入れ、通信形式の変更が必要でした。細かいことは使用して行く中で、カスタマイズしていこうと思います。
21:45  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6024) 国民栄誉賞受賞おめでとう

2018.06.02 (Sat)


(ガクアジサイ:本来の花部分のシベが好き:市内)

ajsaigak18pa2_1.jpg

ajsai18ble_1.jpg
(アジサイ:手毬のような小さな形が可愛い:市内)

ajsaimari18be_1.jpg

羽生結弦選手に、政府から国民栄誉賞を授与すると発表されました。
総理から指示があってから3カ月。国会の紛争に紛れるのではと心配していました。選手生命の短いフィギュアスケート界から、選ばれたことが本当にうれしいです。
ゆづくんの受賞の言葉が、スケートの歴史的先駆者たち、震災支援を続けてきたこと、多くの人の笑顔や励ましになれたらいいと。つい、目が潤んでしまいました。
金沢で開かれているFaOIショーで、客席から「おめでとう」の声が上がったそうです。

そして、リハビリが順調に進んでいるようです。先日は3A。今日は4Tのジャンプを成功させています。お帰り!アクセル、クワド!高難度のクワドは少しづつ跳んで行く予定だそうです。次シーズンがどんなプログラムを見せてくれるのか、楽しみです。
21:30  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT