2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

(No.6032)オフ会と「ショーメ宝飾芸術の世界」

2018.07.15 (Sun)


syome.jpg
(*写真はお借りしました)

三菱一号館美術館で開催中の展示会を観てきました。
➡️ 「ショーメ展」のティアラ、ネックレス、ブレスレットなど、実物の展示数の多さに、驚かされました。繊細な芥子粒真珠のフリンジをあしらったネックレスの見事なこと。エメラルド、サファイア、ルビー、ダイヤモンドの大きさと、贅沢なあしらいは圧倒されます。100年ほど前のものもあり、その頃の貴族たちに思いを馳せました。9月17日まで開催中です。

ランチはアジアン料理でした。皆さんとおしゃべりしながら、美味しくいただきしっかり完食です。映画やミュージカルに夢中になり、目を輝かせて話す方たち。音楽、フィギュアスケート、読書、読み聞かせ活動と話題は広がります。
展示会を挟んで、遅めの参加者をお迎えに有楽町向かいます。久々のメンツが揃いました。一旦解散で、そのあと延長戦は4名です。和食風の九州の黒豚のお店です。仕事の話が中心になり、悩みを把握し進むために人の意識を変える難しさが課題だと思われます。仕事の中心部にいて、立ち位置がわかっているから愚痴にはなりません。そこがすてきです。

読書オフ会がほぼ同じ中心メンバーで、15年以上続く奇跡。プライベートに踏み込みすぎず、話題が豊富、美味しいもの好き、展示会好き。友人以上のつながりに毎回感謝です。
お誘いくださる◉くらさん◉ありがとうございました。またお会いしましょう。
09:20  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6025) 9年ぶりに新imacに買い換え

2018.06.02 (Sat)


(レイウシア:ベランダでは次々に花が咲いていきます)

reiwsia18or_1_20180601214446b93.jpg

9年前から使っているiMacのOSを、一度だけバージョンアップしただけで、騙し騙し使用してきました。ハード的にはまだ問題はないのですが、いろんなサイトからはねられることが多くなり、Twitterの動画が見られないことがストレスになってきました。ということで、新機種iMacを購入しました。注文から24時間で到着し、3時間でデータの移行を済ませました。photoshopや、htmlアプリなどのupを完了し、excelやプリンタも使用可能なのがうれしいです。
メール設定だけはプロバイダにサポート電話を入れ、通信形式の変更が必要でした。細かいことは使用して行く中で、カスタマイズしていこうと思います。
21:45  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6017) 凱旋パレード

2018.04.24 (Tue)


(ヒメウズの種と殻:2mmのお花が不思議な種と殻を見せてくれます:ベランダ)

himeuz18_1.jpg
(ヒメウズ:つい先日までのお花:ベランダ)

merasfelra18saki2_1.jpg
(メラスフェルラ:花びらの先端の、繊細さが美しい。揺れる小花を楽しんでいる:ベランダ)

arisam_sxsatiere_samit18_1.jpg
(アリッサム"サクサティーレ・サミット":黄花アリッサム。名前負けしていると思うのだが・・:ベランダ)

ゆづくんの凱旋パレードおよそ11万人!
TVも各局放映、ネットLIVE配信がうれしかったです。解説よりそのまま、最初から最後まで流してくれる方がだんぜんいい映像になります。なぜ局って、そのことがわからないのでしょうか。沿道の一人のコメントなど不要。
報道カメラマンも魅了される、一瞬も同じ表情をしていないゆづくん。集まった一人一人とアイコンタクトを取ろうとしているし、言葉をかける。オリンピック報奨金と同額を、宮城県と仙台市に寄付。2冊の書籍の印税もすべて被災地に寄附しています。揺るがない思い、周囲のすべてへの感謝の姿勢に改めて清廉潔白の人だと思います。これだけのスケーターは今後現れないかも知れませんね。

Twitterでは、11万人が向けたカメラで撮った写真がトレンド入りしています。「#羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権」ピンボケや木の葉やポールで隠れるゆづくん。手先だけ、足だけ、360度カメラの機材でお面になったゆづくん・・・。失敗しても消せない笑顔になれる写真ばかりです。
「ゆづくんと目が合った」全員がそう思っているかも知れない、幸せな時間です。紫外線アレルギーのわたしは、行くことができませんでしたが、映像でその場にいるような暖かい空気に浸れました。
09:22  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6011)  桜が見頃

2018.03.25 (Sun)


(桜"染井吉野":七分咲きがきれいで好きです:市内)

saksomei18_2_1.jpg

sakowsima18_3_1.jpg
(桜"大島桜":ほんのりピンクの蕾がかわいい:市内)

ゆづくん不在の世界選手権大会は、日本勢の頑張りが光りました。
わずか15歳のザギトワちゃんの、ひと月で3cm身長が伸びたり、五輪金のあとのバッシングを思うと心が痛みます。よく演技をやり切ったと思います。落ち着いて修正してきたネイサンが優勝。しょうまくんは、靴で足の痛みがあっての演技で流した涙は、初めて自立しメンタルコントロールしました。盾になっていたゆづくんはいません。ゆづくんが怪我を口にせずにトップをつかみ続けたすごさを、しょうまくんもかいま見ることができたのではないでしょうか。
わたしの世界戦を見に行く予定は、キャンセルしています。

ゆづくんロスで、買い物依存に走ったわたし。ハンドバッグを3個購入してようやくストップがかかりました。使いにくいところを、部分的に直しているところです。針やペンチ、ニッパなどを使うと、また指の腱鞘炎になりそうで怖いですが(苦笑)。
09:23  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6009) 3.11 復興の道は遠いけど

2018.03.11 (Sun)


(大寒桜:初々しい花びらが愛おしい:市内)

3.11。あれから7年が経ちました。
当時は仕事中でした。「その頃のブログはこちら」

仙台で被災した羽生結弦選手が、たくさんの笑顔をくれました。つかんだ幸せの金メダル。足の治療でたぶんまだ日本にいるでしょう。初めて故郷で迎えるこの日。復興支援をし続ける姿勢は尊いです。
いろんな思いを抱きながら、わたしも日々を生きていきます。
11:40  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.6004)「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」

2018.01.29 (Mon)

くらさんのお誘いで、「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53F):を観てきました。
レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍する現代アーティストです。大型のインスタレーションから映像まで、視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。一見どこにでもある見慣れた風景ですが、観客がさまざまなポーズで壁に張り付いたり、試着室の空間で鏡に映らない、思いがけない方向に映る鏡に惑わされ、教室で亡霊になった自分が見えました。試着室の空間と、壁に張り付ける自分がわたしはおもしろかったです。
空間認識が、いかに思い込みと想像力で脳が誤認識するか。単純な仕掛けであればあるほど、騙されるるのが人間なのですね。
お誘いがなければ知ることもなかった展示会は、たくさんの人で混雑していました。六本木らしく外国のファミリーも多く、幼い子どもたちのかわいらしさは格別です。
外の茶店でおしゃべりをし、ヒルズ内のイタリアンでお食事が濃厚でおいしかったです。オフ会として初めてお会いしてから、16年も続いている大切な友人たちです。仕事の悩みが多く、あるいは体調不良、ご家族のこと、自分の将来を最も考える年代かも知れません。小説、漫画、ゲーム、スケート、映画、それぞれの話題が深く、おしゃべりが尽きません。また、お会いしましょう。


(建物にぶら下がる?:エルリッヒ作)

elrich_hit2.jpg
(試着室:エルリッヒ作)
11:37  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT