2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

(No.6007)羽生結弦選手、平昌五輪二連覇おめでとう!

2018.02.18 (Sun)


(写真はお借りしました)

ソチオリンピックからの長い長い4年間でした。
怪我や病気に苦しみながらの、世界記録更新でスケート界のレベルを上げてきました。N杯練習の怪我で、練習できなかった期間が長かったにも関わらず、つかみ取った金メダル!ゆづくん、ほんとうにおめでとう〜〜!
オーサーを始めクリケットチームに、メディア攻勢から守られました。
完璧なSP「バラード第1番」、最後に足に疲れが来てふらついたジャンプをリベンジしたFS「SEIMEI」は、全力、気力でやりきった演技でした。
王者の名にふさわしい戦いでした。インタビューの言葉で初めて明かされた、怪我が治っていないこと。ゆっくり治療に専念してほしいです。ファンは現役を続ける限り、待っていますから。

今シーズンで引退のハビエルは初めてのメダル。努力家の宇野昌磨の銀。4回転ジャンプンプを得意とするネイサン・チェンの思いがけない崩れとFS盛り返し。パトリックは残念な結果。
悲喜こもごも、男子の大会が終わりました。あとは女子の試合が楽しみです。
10:58  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5994)GP・NHK杯 羽生結弦選手欠場⇒世界戦観戦へ

2017.11.10 (Fri)



rudobekia17si.jpg

rudobekia17ki_1.jpg
(ルドベキア:がんばって咲き続けています:公園)

すでにニュース報道されていますが、羽生選手が怪我のためGP・NHK杯欠場となりました。
1日目の練習日から発熱していたこと。公式練習で体が思うように動かなかったこと。ジャンプで着氷時転倒し、右足首靭帯損傷してしまいました。出場に向けて治療していましたが、きょう当日で悪化して断念することになりました。
N杯欠場は、GPFも出場できません。どれほど悔しい思いを抱えての決断だったことでしょう。でも全日本、平昌五輪が待っています。それまでに体調を合わせてください。ファンはずっと変わらず応援してますから。

それにしても有力選手のGPF不在になりそうで、誰がinするのでしょう。パトリックチャン、ハビエル、羽生のいないGPFは想像もできません。宇野昌磨、ネイサン、コリヤダ、ボーヤン、ジェイソン、ビチェンコあたりでしょうか。

女子はメドベージェワに誰が続いてもおかしくないほどの、激戦の様相を呈してきました。
-----------
男子はヴォロノフ優勝、女子はメドベージェワ選手。おめでとう〜。
ゆづくん負傷のショックから、症状が軽いことやインタビュー、仙台の写真展訪問のニュースで、ようやくわたしも落ち着きました。五輪への強い思いと、ただ観戦は難しいのです。五輪後の3月の世界戦(ミラノ)に行くことを決めました。旅行会社を探し予約しました。6泊8日のツアーになります。EXまですべて含んでいます。一人旅の気楽さですね。4年前はさいたまアリーナという近場でした。この間のスケート界のレベルを引き上げてきたゆづくんを、しっかり応援してきます。
16:47  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5991)ロステレコム杯 羽生選手2位        五輪後も現役 4アクセルも

2017.10.22 (Sun)

台風接近で強い雨が降っています。明日の朝がピークになるようです。
昨日の市役所分所は期日前投票で、フロアが満員電車並みの混雑でした。時間内に投票できたでしょうか。

ロステレコム杯のショートで、4ループの回転不足、4サルコー+3トゥループで転倒しました。それでもリカバリージャンプや演技の質を上げて2位につけました。ネイサン・チェンが1位です。
フリーで初の4ルッツを成功させました。そのあとの4ループは3で押さえ、他はきれいに決めました。4Tが2Tになる若干のミスはあるものの、フリーでは1位に。総合ではネイサン・チェンが1位です。

3年前からハーネスを着けて練習を重ねているのを知っていたので、全力で行くという言葉でオリンピックシーズンでやると思っていました。練習で成功しても試合で成功できるかは別問題です。今回は成功し、構成全体への影響を体感する狙いがあったと思います。チームとしての戦略でしょう。ぎっちりと詰め込んだ構成の各演技をこなす体力もいままでとは、全く違って見えました。

エキシビションは、「Notte Stellata (The Swan) 」の美しさ、やわらかさと、強い希望、あるいは意志をも感じさせ余韻をのこしました。終了後のインタビューで、五輪後も現役を明言しました。うれしい発言です。さらにまだ限界ではなく、4回転アクセルも跳びたいと。どこまでも挑戦する姿勢が好きです。そしてフィナーレでの楽しそうに金色テープと戯れるかわいさ。これがゆづくんです。

次は11月10日からのNHK杯です。そのあと全日本大会、12月はGPファイナル、2月は平昌五輪が待っています。怪我なく風邪を引かず、目標としている高みまで演技ができるよう、応援していきます。


(ショート「ショパン:バラード第1番」より:写真はお借りしました)

roscapFS17_10.jpg
(フリー「陰陽師」より「SEIMEI」)

ros_final17.jpg
(フィナーレ:エキシビ「Notte Stellata」衣装で、金テープに笑顔)
09:38  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5986) 五輪シーズン初戦 世界新記録と悔しさと

2017.09.25 (Mon)

torakan_siramontana17_1.jpg
(トラデスカンチア・シラモンタナ:鉢植えで16年最長記録の花は、ピンク:ベランダ)


(ショート:ショパン=バラード第一番:世界新記録の演技)写真はお借りしました。

SEIMEI_17SIC0.jpg
(フリー:SEIMEI=ジャンプの抜けが響き2位に)

羽生結弦選手。フィギュアスケート五輪シーズン初戦・オータムクラシック戦(モントリオール)が終わりました。
膝の痛みで10日リンクに立てず、4回転ループ回避でほぼぶっつけ本番に近い試合でした。通常であれば欠場してもおかしくない状態だったのです。
SPは完璧な演技でループをサルコーに変え、4T+3Tを後半に持って行きタノにし、世界記録更新の112.72です。
FSは4回転が体にしみついているゆづくんにとって、3回転ルッツは7年ぶりのジャンプで1回転に抜けました。リカバリしようと思考がぐちゃぐちゃになったと言いつつ、ステップ、スピンなどのエレメンツは最後まで丁寧にこなしました。4T+3Tも、ハイドロもかっこよかったです。転倒もあり155.52。合計268.24で、ハビエルに継ぐ2位に終わりました。カナダの大会はなかなか金メダルを取らせてはくれないようです。

GPロシア杯から平昌五輪まで、膝を治してピークをうまく調整できますように。ファンレターへのお返事レターが、たくさんの方に届けられたそうです。どれほどの労力を使ったことでしょう。ANAコックピットで機長席の写真は、五輪行きのジェットです。乱気流に自ら突っ込む機長に、しっかりファンは付いていきますよ。
10:07  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5979)  錦織選手 今季全大会を休場、治療に専念

2017.08.08 (Tue)


(イワセキショウ:気候のせいか今年は1本だけの花穂です。背丈は伸びましたが:ベランダ)

きょうの発表で今シーズンの全大会を休場し、治療に専念することになりました。
------------------
8月13日開幕のウェスタン&サザンOPは、錦織選手は右手首負傷で欠場になりました。
次の試合は8月28日開幕の全米OPです。それまでに回復できるでしょうか。
-------------------
8月7日開幕のロジャーズカップ大会に、錦織選手が出場します。2回戦からでvsモンフィス、10日深夜1:30スタートになります。
絶不調の錦織選手です。気力もなく、持ち味を活かせず、3セットをタイブレイクに持ち込まれ敗退という結果でした。先が心配です。
次の試合予定はウェスタン&サザンOP、全米OPと続きます。がんばれ!
-------------------------
前試合のアメリカ・シティOPは準決勝敗退でした。まだ不調が続いています。R9位に落ちています。2回戦は見るのがつらくて、録画を見ました。2セット目後半でアンダーソンにマッチポイントを握られてからの、逆転勝利でした。やはり応援すべきでした。
3回戦vsデルポトロは、前日の疲れからあまりいい動きではありません。ただデルポトロが体調不良だったため、かろうじてストレート勝利です。
準々決勝対戦はvsトミー・ポール。錦織選手、がんばりました。3:6。7:6。6:4で勝利。準決勝進出です。
翌日準決勝がvsズベレフ。体力が回復していないのが目に見えます。残念ながらストレート負け。昨日の再来ならず。錦織選手の久々のメンタルの強さを見られたのが、大収穫でした。 次試合に期待を繋げてくれました。
22:48  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5975)ウィンブルドン大会 錦織選手3回戦敗退 フェデラー優勝

2017.07.05 (Wed)


(ガクアジサイ:最近は種類が多いですね。名前は覚えきれません:市内)

気温が30度を越え、35度まで上がると体力が消耗しますね。
湿度も70%以上です。きょうも33度予報です。梅雨明けもしていない段階で、音を上げそうになります。

ウィンブルドン大会。錦織選手初戦vsチェッキナートは問題なく勝利、2回戦進出です。きょう5日21:00スタートです。vsスタコフスキー戦です。初戦ではコントロールが利いていて、足の動きも悪くありません。多少サーブの入りがミスがありますが、徐々に調子を上げていくでしょう。ランク3位のワウリンカが初戦敗退しています。
芝コートは選手の体に取って、かなりの負担になります。故障者が多く出る大会でもあります。前回大会で腰を痛めた錦織選手が、怪我なく勝ち上がっていくことを願っています。
-----------
錦織選手。2回戦vsスタコフスキーはほぼ問題なく、3:1で勝利、3回戦進出です。今大会はサーブミスがいつもより多いです。まだ腰が完治していないかもと、心配です。
3回戦vsバウティスタ。今夜7/7(金)19:30スタートです。癖のある選手ですから、なんとか対応してほしいです。がんばって!
-----------
3回戦は落ち着いたプレーに見えましたが、なかなかブレイクポイントを取れず競り合う形になりました。9ゲーム目で逆に取られて、1セット目を落とします。2セット目はタイブレイクまでもつれ、セットを落とします。3セット目は意欲的に攻撃していきますが、今度はサーブが入らず自滅してしまいます。ストレート負けです。
バウティスタも試合運びがうまく、錦織選手と似たプレーをします。TVで見てるとどちらが錦織かとときどき判別できなくなるほどです。
錦織選手は心身ともに疲れていると感じます。メンタルをコントロールする難しさがあります。見ていて辛くなりました。いっそのこと、休養した方がいいのではと素人考えを言ってしまいそうです。もちろんコーチは把握してコントロールしてくれるでしょう。がんばってほしいです。
-------------
準々決勝はラオニッチ、フェデラー、ジョコビッチ、ベルディハ、マレー、クエリー、チリッチ、ツォンガの8強で戦われました。ジョコビッチは2セット目で棄権、マレーが敗れました。
クエリーvsチリッチは14日21:00。フェデラーvsベルディハが23:00から、準決勝対戦します。
-------------
決勝戦はフェデラーvsチリッチになります。16日22:00スタートです。
-------------
優勝は「芝の王者」フェデラーです。おめでとう!!
07:31  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT