2006年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

(No.1496)  印象的な化粧品CM

2006.03.31 (Fri)

大胆で艶やかな着物姿の女性。かごに閉じ込められた花。舞い上がる花びら。
「春の魔法はとけにくい」のキャッチが、印象的です。色彩感覚も、きれいです。サウンドのテンポもいいです。「メナ○ド」の化粧品のCMです。
自分が使う訳ではないけれど、化粧品のCMは、毎年、春の秘かな楽しみだったりします。
20:31  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1495)  雪でも降るのか

2006.03.30 (Thu)

夕方からの、寒さはどうしたことでしょう。
真冬並みの北風が、吹きつけています。あちこちで自転車が倒れ、看板がはずれています。体感温度も低く、きょうもマフラーがほしいと思ってしまいました。持って出かけたらいいのですが、電車の中が暑いのでじゃまになるのです。
買い物もそこそこに、帰宅です。
19:58  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1494)  桃は”源平”

2006.03.29 (Wed)



梅の紅白の絞りが入ったものは、”思いのまま”というすてきな名前でした。
桃にもあり、”ゲンペイ=源平”という種類です。源平合戦の赤と白の旗からきているようです。桃も”思いのまま”という名前が似合いそうですが。
桃の節句は、とうに過ぎてしまいました。それでもこの花の素朴な感じと、つぼみの丸みが好きです。
20:07  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1493)  留守番電話

2006.03.28 (Tue)

携帯で用事を済ませるので、固定電話はほとんど使いません。
4月が新年度スタートだからでしょう。様々なセールスが、留守電に入っています。
デパート、カード会社提携の保険、ネット関連。最近加わったのは、英会話、お墓に動物園にはびっくりです。
電話帳に載せていない番号を、どこで調べるのでしょうか。たまたま電話に出た時は、必ず問いただします。「ランダムに」というこれもまた、お決まりの返事。
「今度かけたら、警察に届けます。お名前は?」これで、当分はかかってきません。
20:12  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(NO.1492)  花冷え

2006.03.27 (Mon)

咲き出した桜が、震えそうな寒さが戻りそうです。
寒の戻りが必ずと言っていいほど、この時期は冷えますね。夕方は、手袋の他にマフラーもほしくなったほどの、風の冷たさです。
でも、これで開花が足踏みをして、休日に満開を迎えそうです。満開の桜を見せてくれるための、粋な計らいと思うならうれしいですね。

それにしても、ここ数日の体調の悪さ。いつものことなのに、心も寒いです。
20:06  |   |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1491)  林の中で目覚めるカタクリ

2006.03.26 (Sun)



ソメイヨシノは、2分咲きになりました。その前に咲く、花を。
林の中で、ひっそりと目覚めたかわいいカタクリの花。
数ミリの小さな、小さなヒメウズ・キュウリグサ・セントウソウなども、存在を感じさせます。
先週のコヒガンザクラ(小彼岸桜)などの桜も、あります。

・カタクリ・ヒメウズ・キュウリグサ・セントウソウ
・コヒガンザクラ・カンヒザクラ 他

写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:カタクリ)
20:05  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(NO.1490)  お金と人間像

2006.03.26 (Sun)

先週の読書は、2作です。
ジェイムズ・スウェイン「ファニーマネー 」
ナンシー関 編・著「記憶スケッチアカデミー  II 」

スウェインは、カジノを舞台に設定しなくても書ける作家ですね。
お金に引きずり回される人間像が、おもしろいです。

「記憶スケッチアカデミー II」第二弾です~(笑)
おもしろすぎて、自分も秘かにスケッチしてみようかと思ったりして。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
20:01  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1489)  春の眠り

2006.03.23 (Thu)

春になったせいでしょうか。
朝起きがつらいのです。もっと眠っていたいと、布団の中でぐずぐずしてしまいます。電車に乗っても、立ったまま眠りそうになります。でも、あくまでも「眠りそう」であって、眠り込むことはありません。
今朝目撃したのは、ドア近くです。女性が前の女性の肩に頭を預け、背中に体重をかけて完全に眠っていたのです。重いだろうなと見ていると、数駅をそのままにしてやがて、前の女性は静かに体をはずして降りて行きました。眠っていた女性は、なおもふらつきながらバーに体を預けて、眠り続けていました。
夕べは何時に寝たのでしょう。それで仕事ができますかと、内心で余計な問いかけをしてしまいました。そして、わたしが体重をかけられたら、すぐに振り払うだろうと思ったのでした。
20:06  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1488)  続くのです

2006.03.22 (Wed)

花の写真を撮っていると、どうして話しかけられるのでしょう。
先日、風で揺れる雪柳の瞬間を撮ろうと。悪戦苦闘している背中に、いきなり「この辺は土が悪いから、だめよ」と女性が話しかけてきました。70歳くらいで、ショートカットに濃い化粧は、下町の仲居さんだったような空気があります。そうですか、と曖昧な相づちを打つと勢いがついたらしく、話が続きます。
土が悪いのは、立ちションが多いから。下町の玉三郎の芸はさすが。そんじょそこいらの演劇集団の若いもんが、着物を着たから女形になれるわけではない。わたしは月イチで、芝居を見てる。どこへ行くの?山手?なんかあったっけ。あの辺は食べるもんは、何もないよ。中華街なら一緒に行こうか。
写真を諦めて歩き出すと、並んで一方的な話が続きます。地図を取り出し、目的地の道路を確認すると、奇異な目を向けられようやく離れてくれました。やれやれ、道を戻り撮影の再開です。
どこへ行っても、撮影を頼まれるのはいいけれど、話しかけてくるのは寂しいからでしょうか。そんなに話し相手がいないのかしら。わたしは声をかけやすいタイプに、映るのでしょうか。と、毎週の愚痴です。
20:51  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1487)  桜狂想曲

2006.03.21 (Tue)



ソメイヨシノが開花しました。
たくさんの桜の種類がありますが、人の心を狂おしくさせるのは、ソメイヨシノでしょう。桜の下の宴もいいです。日中に、桜散る木陰の読書もいいし、暖かい陽射しの下でお昼寝がたまりません。
毎年思う夢は、桜前線を追いかけての日本列島縦断です。九州、関東、そして四国・・・。北海道の最果てまでいくと、5月になるそうです。時間と、交通手段と、心のゆとりがほしいです。

(写真:コヒガンザクラ=小彼岸桜が満開でした)
19:47  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1486)  長谷川潔展

2006.03.20 (Mon)



横浜美術館で開かれていた「長谷川潔展」を見てきました。読書系のプチオフ会、5人のメンバーです。
フランスで生涯を送った彼の、銅版画と絵画の作品に、引き込まれてしまいました。大胆な構図と繊細なタッチ、作品の量にも圧倒されます。原版の輝きと、ラインの鋭さに惹かれ、しばし夢の世界でした。
同じ美術館の別のギャラリーで「みつばちマーヤ原画展-熊田千佳慕」がありました。絵本を思い出しながら、ゆっくりと絵を楽しみました。
喫茶店と渋谷のトルコ料理店での食事は、いつものことながら、尽きないおしゃべりと一緒です。読書はもちろん映画と、話題も豊富なメンバーでした。

横浜美術館はこちら

(写真:長谷川潔:メゾチントによる版画の栞とパンフレット)
20:53  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1485)  春のよろこび

2006.03.19 (Sun)



急に暖かくなり、待っていた花たちが一斉に咲き出しました。
写真を撮りに行くのが、忙しくなりました。うれしい悲鳴ですね。

・ウチワノキ・コゴメイヌノフグリ・セリバオウレン
・トサミズキ・コウグイスカグラ・アセビ・水仙

初めて出会った花もあります。去年と同じでも、お花の表情が違いますね。だから、撮りたくなるのです。

写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪

(写真は:ウチワノキ)
19:20  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1484)  ミステリー2作

2006.03.19 (Sun)

先週は、2作読みました。
ハーラン・コーベン「イノセント 上・下 」
アンドリュー・テイラー「 天使の鬱屈」

「イノセント 」は、マイロン・シリーズより深刻めです。追いつめられる無実の男の、心理がうまいです。

「 天使の鬱屈」は、途中で犯人がわかってしまうのに終わってくれず、放り出しそうになりました。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
19:14  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(N0.1483)  毎日チェック

2006.03.17 (Fri)

ついつい、毎日のぞきたくなる猫サイトがあります。
「はっちゃん日記」
そして
「プーチン写真館」

「はっちゃん」は、アイラインのくっきりとした白黒猫で、顔の表情が豊かで、体がとても柔らかいのです。
「プーチン」は、サビシニアンという茶猫で、ほっそりとした体です。関西弁のコメントに、思わずにやりとなります。

もうご存知かも知れませんが、まだでしたら、どうぞ。
20:40  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1482)  美容院に行くと

2006.03.16 (Thu)

美容院に行くと、なぜか雨が降ります。
というより、雨の日くらいしか、美容院に行く時間がないのです。花の写真を撮るわたしにとっては、休日の晴れの日は貴重ですから。
夕方から雨という予報が、ぴったり当たりました。電車の中は、暖かいのに暖房が入っているし、湿度が加わるので不快指数が100%でした。
美容院で、軽くマッサージしてくれるのが、じつはとてもうれしかったりします。きょうは肩が凝っていたんだなと、実感しました。こりこりの部分がわかります。ストレッチ体操で、夜はリラックスすることにします。
21:03  |  ファッション  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1481)  猫の目

2006.03.15 (Wed)



猫の目のように変わる、という言い方があります。
光を当てると、光彩が変化するからでしょう。6年前まで暮らしていた猫は、陰で見るときれいな赤い目をしていました。済んだ紅色という感じでした。腎臓病で急死した時、腕の中で苦痛の叫び声を上げた後、赤い目が透明になっていきました。命の血の色でもあったのですね。その光景が、いまでも忘れられません。
目は口ほどにものを言うという、ことわざもあります。いくらマスクをしていても、目の表情は隠せません。仕事をしたくないというのは、もっと強く、体全体から発しているかも知れません。週なかば、休日が待ち遠しいのです。

(携帯写真:公園猫:なにを見ているの?)
20:54  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1480)  ブログ病

2006.03.14 (Tue)

「ブログ病」というのが、あるようです。
(1)1日に2度更新する。
(2)30分おきにレスをチェックする。
(3)ネタ探しに、デジカメを持って街を歩く。
(4)ランキングやカウンタが気になる。
・・・などなど。ブログを設置して、ひと月あまりになります。自分としての定義づけをしてから始めたので、幸いにも「病」にはならずに済んでいます。確かに、ブログだけに自分の存在価値を求めてしまうと、そういうこともあるかも知れません。ネットに夢中になり過ぎる人も、一時期、話題になりました。
どこに自分の価値観を見いだすか。なにを人に評価されたいか。難しい問題ですね。
20:45  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1479)  マスクの効用

2006.03.13 (Mon)

先週末、久しぶりにバイクで飛ばしてきました。
1月にひどい風邪を引き、ずっと引きずったことや、気温があまりに低く花が咲いていなかったためです。2ヵ月ほどほったらかしにしていたのですから、簡単にはエンジンはかかりません。スターターでは当然だめなので、キックすること20回あまり、息が上がりかける頃に手応えがありました。かかると、かわいいヤツだと思ってしまいます。
花粉症用のマスクが、冷たい風をほどよく調整してくれ、顔が凍えることなく快走できました。思いがけない効用です。寒い季節には、このマスクが便利かもしれません。
スピードを上げる快感を確かめ、次回はもう少し間隔を縮めて乗ることにしましょう。
20:12  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1478)  思いのままの人生

2006.03.12 (Sun)



思い通りには、なかなかいきませんね、人生は。
遅れていた花が次々に、咲き出しました。梅が満開です。梅の種類で、花びらが紅白に分かれたり、絞りが入るものがあります。「思いのまま」という、すてきなネーミングです。

「春・春・春」というタイトルで、花の写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪

・ハコベ・オウバイ・タネツケバナ
・スノードロップ・サンシュユ・ミモザ
・梅・黄梅・思いのまま 他

ジェレさんのブログ「思いが過ぎゆくその前に」にトラックバック。
17:12  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1477)  ヴァレンタイン二人

2006.03.12 (Sun)

先週の2作は
ジェイムズ・スウェイン「カジノを罠にかけろ 」
ジョン・クリード「 シャドウ・ゲーム」

偶然ですが、主人公の名前が『○○・ヴァレンタイン』になってしまいました(笑)
こんなこともあるんですね。

「カジノを罠にかけろ 」が、地味目でしたが読ませてくれました。
「 シャドウ・ゲーム」は、あとに残らないかも知れませんが・・・。


「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
17:07  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1476)  雨の後

2006.03.11 (Sat)



雨の翌日が晴れると、とてもうれしくなります。
花が一層みずみずしく、感じられるのです。きょうは2カ所の公園を回り、満開の梅(ふた月遅れ)や、サンシュユ、早咲きのゲンカイツツジ、コゴメイヌノフグリなど、上を見ても下を見ても、好きな花が咲いていて、夢中でシャッターを切ってきました。
つぼみがふくらんで、ピンクになっていた桃の花は、あと数日で開花でしょう。あっというまに、遅れを取り戻そうとしている、あわただしい花たちです。
休日が晴れならば、なによりのプレゼントです。

(写真:スノー・フレーク&前日の雨のしずく)
20:13  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1475)  アップダウン

2006.03.10 (Fri)

先週から、気温のアップダウンが激しいです。
季節の変わり目、というところでしょうか。朝は5度、日中は10度前後が続いていたのが、急に最高気温が15度になったりします。
朝は暖房、昼は冷房とエアコンの切り替えも忙しいです。明日も晴れて暖かくなると言ってます。先週の暑い日から、着るものはもう、薄手の春物に変えてしまってます。体も、そのつもりになっているようで、暖房が入ったりすると汗をかいています。
出かける時はバイクだから、ダウンが必要です。花の写真を撮る時は、ウインドブレーカーくらいで充分ですね。
暖かさが落ち着いてくれたらいいのですが。
20:24  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1474)  ナルニア国物語 第1章「ライオンと魔女」

2006.03.09 (Thu)



(監督:アンドリュー・アダムソン)(出演:長男=ウィリアム・モーズリー、白い魔女=ティルダ・スウィントンほか)
映画を観てきました。
第2次大戦下のロンドンの空襲から逃れ、田舎に住む教授の家にやってきた4人兄妹。末娘のルーシーが見つけた古い衣装だんす。コートを押しのけると、雪におおわれた別世界が広がっていました。4人はナルニア国の不幸を救う救世主だと、人々がたたえ、白い魔女たちと対決を迫られるのです。
原作は読まずに、映画を楽しんできました。ファンタジィですね。どうしても「ロード・オブ・ザ・リング」と比較してしまい、スケールの違いが残念です。キャラにも同じようなものを見つけてしまい、「チャーリーとチョコレート工場」の出演者の顔があり、遊んでるなと思いました。
しっかり者ルーシーが、存在感があります。タムナス(半獣)がルーシーを見る視線が、熱過ぎましたが。白い魔女の氷のティアラが、気温によって形を変えたりとか、抹消にこだわっているところは楽しめます。
第1章ですから、これからに期待したいところです。

予告編はこちら

(写真:雪柳:つぼみがふくらみ、開花はもうすぐ)
20:28  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1473)  新聞の音

2006.03.07 (Tue)

電車の中で新聞を読むのは、多少のコツが必要です。
慣れた人は、ほとんど周囲に迷惑をかけないたたみ方をして、静かに読んでいます。夕方の電車で、30歳代の女性が広げていました。縦に半分に折っては、次へ移ろうと折り返し、少しも落ち着いてくれないのです。おそらく見出しだけを見ているのだろうと、思いました。ガサガサという耳障りな音が気になり、たまらず場所を移動しました。
遠くからでも聞こえ続ける、音。電車で新聞を読むことに、なにかステータスを求めていたのでしょうか。
20:50  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1472)  声をかけないで

2006.03.06 (Mon)

春一番が、吹きました。突風とともに、花粉も大量に飛んできます。やれやれという、春の訪れです。

「写真を撮ってほしいのですが」そう声をかけられたのは、地面近くに咲く3ミリの花を撮っていた時のことです。50歳代の奥さまのお二人です。ブレないように、息をとめてシャッターを押しているのに、とんでもありません。ほかにたくさん、人がいるではないですか。丁重にお断りしました。
さらに今度は70歳くらいの男性が、話しかけてきます。「何を撮っているの?花はいいね。カタクリが芽を出し、花が咲いた時は感動しましたよ」そんなに話す相手がいないのでしょうか。
マスクをしているのは、こういうときに便利です。だまって首を横に振って、あとはカメラに集中です。いつも繰り返される、一方的な話。お願いですから、声をかけないでください。
20:27  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1471)  うれしい春の花

2006.03.05 (Sun)



まるで、猫毛のようなミツマタ(三又)の花です。
ようやく、梅も寒桜も3分咲きになりました。やっぱり陽射しと雨が、花を咲かせるのですね(^.^)

「うれしい春」
・セツブンソウ・ユキワリイチゲ
・フラサバソウ・アマナ・ミツマタ
・寒桜・梅 他

写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪
17:55  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1470)  本はやめられない

2006.03.05 (Sun)

貴志祐介「 硝子のハンマー」
あさのあつこ「 The MANZAI 2」

先週は2作を読みました。
貴志さんは、本格的ミステリー。おもしろく、ひきこまれて読みました。
あさのさん。シリーズ物で、中学生のキャラたちに、すっかり愛着を感じてしまいましたよ。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
17:50  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(N0.1469)  日だまりの猫

2006.03.04 (Sat)



新宿御苑の猫たちは、暖かい日だまりでまどろんでいました。
ずっと寒さが続いていたので、ほんとうに気持ちよさそうです。枯れた芝生に、わたしも寝ころんでいたかった・・・。
いつもは臆病で、すぐ逃げてしまう「マック弟」が写真を撮らせてくれました。
マックというのは、額のM模様がくっきりしているからと、猫サイトのライムさんがつけてくれた名前です。
このままの暖かさが続いてくれたら、うれしいですね。
梅と寒桜が、3分咲きになっていました。
20:36  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1468)  雨のあとに

2006.03.03 (Fri)



冷たい雨のあとに、沈丁花が香ってきました。
公園の植え込みからです。冬の乾燥した地面が雨を吸って、木に春だと告げるのでしょうか。
暖かいと強烈な香りの花ですが、まだ、かすかな香りでした。
日曜日は暖かくなるようです。明日の土曜日は、晴れても寒そうですが、ひさしぶりにデジカメ写真を撮ってこようと思います。

(携帯写真:沈丁花)
20:40  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1467)  力関係

2006.03.02 (Thu)

合併してできた、三菱東京UFJ銀行。
仕事でパソコンから振込むために、銀行情報を取り入れると、旧UFJの口座のすべてが空白になりました。東京三菱は、そのまま新銀行名になります。サポートセンターに連絡すると、手入力してくれと言うのです。2行の力関係が現れています。
システム障害を避けるため、合併してもシステムはそれぞれのままなのです。キャッシュカードも、旧銀行のATMしか使えません。そう言えば、りそな銀行も3年まえからそのままです。このやり方での成功を、学んだのでしょう。
駅構内に今朝からオープンしたATMは、はたしてどちらの銀行系列なのか。使ってみないと、わかりませんね。
19:56  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT