2006年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

(No.1592)  ネジバナに惹かれる理由

2006.06.30 (Fri)




公園の芝生によく咲いている、ネジバナ(捩花)=写真。
百人一首の「みちのくの しのぶもじずりたれゆえに みだれそめにし われならなくに」の<もじずり(捩摺)>だと知ったのは、高校生の頃だったでしょうか。
小さなラン(蘭)科のお花です。最近ようやくマクロらしく撮れるようになったカメラでも、なかなかピントが合ってくれません。先週、ようやく数枚撮ることができました。

仕事の人間関係のトラブルが、とりあえず一息つけました。こんなストレスで、わたしの心もねじれてしまうのではないでしょうか。いや、元々がねじれているのかも知れませんが。
21:34  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1591)  EGO-WRAPPIN' ライブ

2006.06.29 (Thu)

27日28日。LIQUIDROOM ebisu。EGO-WRAPPIN' "ON THE ROCKS"ライブに、行ってきました。
紗幕がオレンジのライトで染まり、よっちゃんのシルエットが浮かびます。「inner bell」を、せつなく歌い上げて、熱いライブのスタートです。幕が開くと、ブルーのライトにいくつかのブルーの風船と、三日月の金色の風船が揺れています。ショートボブにしたよっちゃん。赤に黒の蝶模様のタンクトップのミニスカートに、生成りのジャケットのラインがきれいです。
詳しくは後日、ライブレポをアップします。全体の音の厚みと切れのよさ。スマートなアルバムの曲が、熱狂的なモッシュの曲とバランスよく組み込まれています。
心が熱くなり、夢中になって音を聴き、跳ねて、ゆらゆらとリズムを取って、別世界に入っていきました。酸欠と、冷房が効いていないかと思うほどの暑さに、汗びっしょりでした。

EGOの音楽と出会い、ライブ追っかけがちょうど5年。6年目に入りました。毎回、どの曲もアレンジが変わり、出だしでは曲名がわからないほどです。森さんの独特のギター。サポートメンバーの音作り。なによりも、よっちゃんの中低音から高音の、美しくて強い、表情のある声の魅力で、飽きずに聴いてきたのだと思います。そして、終わった後の、幸福感と。
9月のライブが、もう待ち遠しいです。
20:28  |  音楽  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1590)  転がった靴

2006.06.26 (Mon)

歩道に、茶色の男性の靴が片方転がっていました。
土曜日の出勤の朝でした。そこの家の方を見ると、もう片方が門のフェンスの近くにありました。
昨夜、酔って戻ったご主人が、靴を脱ぎながら歩いていたのでしょうか。それとも、奥さんに閉め出されて、入れてもらえなかったとか。想像して、思わずにやりとしてしまいました。
通り過ぎるだけのお家の中にも、きっとドラマがあるのでしょうね。
20:12  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1589)  雨宿り

2006.06.25 (Sun)




木陰で、雨宿り・・・。そして温室。雨が上がると、雫。
そこには幻想の世界が、待っていました。

・コマツナギ・ナナカマド
・ヒスイカズラ・ヤコウカ
・フブキバナ・アメリカシャガ 他

写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ヒスイカズラ=翡翠葛:妖しいほどの美しさ)
18:28  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1588)  悲しみの四十語

2006.06.25 (Sun)

先週の読書は1作です。

ジャイルズ・ブラント「悲しみの四十語」

連続殺人事件を追う刑事と、内部捜査官。
犯人像も描かれ、人間を見つめる視点の確かさを感じます。
「子どもを失った悲しみは、四十の言葉を連ねても言い尽くせない」。この作品もタイトルが うまいです。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
18:21  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1587)  デスノート

2006.06.24 (Sat)

きょうは出勤だったので、帰りに映画「デスノート 前編」を観てきました。
かなりおもしろいです。エリート法学大学生やがみらいと・藤原竜也は少し切れ味がいまひとつだけれど、謎の探偵・L・松山ケンイチが雰囲気出してますね。
瀬戸朝香などの、脇役もいい味です。ワタリ・藤村俊二は、思わずにやりとしてしまいます。悪魔のキャラが人間臭くて、楽しい。もちろん見たら、卒倒すると思いますが。
凶悪犯を殺していたのが、FBI捜査官を殺して行く大きな分岐点。その心理が浮き上がる演技がほしかったです。
全体として、とにかく楽しめます。「後編」も、期待できそうです。

予告編はこちら
21:22  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1586)  日本のミステリー

2006.06.23 (Fri)

海外ミステリーの、読書が続いています。
もともと日本の作家が少ないのですが、10作も続くと、感想を読んでくれる人に呆れられそうです。文章のリズムがずれてきたのか、それとも出版の夏枯れがもう始まったのか、本屋さんでうろうろしただけでした。数冊は手にして、2、3ページ読んでみるのですが、買うまではいきません。
なんとか、あさのあつこさんの「バッテリー V」の文庫で、お茶を濁しておくことにしました。
長い、不毛な夏になったりして。
20:44  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1585)  果物がおいしい

2006.06.22 (Thu)

最近は、枇杷とアメリカン・チェリー、イチジク、オレンジ、プラムなどなど、果物がおいしいです。
珍しくきょうは、ライチが並んでいたので2パック買いました。甘さ控えめのライチが、とてもジューシーでした。1パックは、冷凍しておきます。メロンとスイカ、パイナップルは、あまり食べる気が起きません。
美容にいいけれど、糖分があるからあるいは肥満につながるかしら。と、書きながら、じつはダイエットの心配をしたことがないのです。食欲が落ちて、体重の減少を気にかけることはあるのですが。
冷蔵庫の中身が、次第に増えてきています。食べたいと思って買い込むのですが、実際に胃の中に入る量が減ってきています。夏に備えて、体力をつけたいですね。
21:33  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1584)  雨雨雨

2006.06.21 (Wed)




天気予報は曇りでしたが、朝から小雨が降っていました。
ずっと青空の休日がなかったと、あらためて思ってしまいます。梅雨だから当然ですが、少しはからりとさわやかな気分になりたいものです。
朝の通勤コースの、微調整をしました。混雑して品切れが多いコンビニから、小規模なところに変えました。こちらの方が、ほしいものが並んでいました。いままでの苦労はなんだったのでしょうね。思わず、苦笑です。

(写真:カライトソウ=唐糸草=の葉についた雫)
21:50  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1583)  ぶつかる

2006.06.20 (Tue)

すっかり夏の服装になりました。
冷房対策の薄手のカーディガンは、バッグに入れたままです。Tシャツにパンツで、通勤です。肌の露出度が高くなると、満員電車は様々な不都合が起きます。体温の高い人に触れると、熱くてしようがないのです。平熱が36度すれすれなので、たいていの人を熱く感じます。
もうひとつは、荷物でこすってしまうこと。通勤バッグ、リュック。電車の中、駅の構内で交差する時は、かなり気をつけてもぶつかってしまいます。
傷だらけの、通勤です。
20:50  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1582)  紫外線と虫刺され

2006.06.19 (Mon)

きょうも蒸し暑い日です。
TV番組で、紫外線を浴びると血液がどろどろになるという事例を、扱っていました。そしてスイカが、回復を助ける効果があるらしいのです。
紫外線対策で、サングラスも欠かせないというのは、意外でした。目をさらすと、全身に影響するらしいのです。どこまで、本当でしょうか。もしそうなら、花の写真を撮るときの、必須アイテムがまた増えることになります。ますます怪しい人に、なっていきますね。
土曜日は、今年初の虫さされでした。防虫スプレーをかけたのですが、足首を3カ所、腕を1カ所やられました。悩みが増える、季節です。
それにしても、痒いです。
20:49  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1581)  紫陽花と露草

2006.06.18 (Sun)




紫陽花と露草が、梅雨の季節の代表かも知れません。
種類がたくさんあって、名前も覚えきれない紫陽花。
パープルが、美しい露草。

「紫陽花・露草」
・アジサイ・シチダンカ・カシワバアジサイ
・アジサイ"アナベル"・ヤマアジサイ
・ムラサキツユクサ 他

写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:紫陽花=ブルーがやっぱり、きれいだと思います)
18:35  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1580)   ミステリー、2作

2006.06.18 (Sun)

先週は、2作読みました。

ピーター・ラヴゼイ「死神の戯れ」
メアリ=アン・T・スミス「殺人を綴る女」

ピーター。ダーク・コメディというか、なんとも楽しませてくれます。犯人がわかりながらも。

メアリ。これが1作目のものです。脇役のポピーが、2作目から主人公になるのも、納得です。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
18:27  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1579)  曇り空

2006.06.17 (Sat)




梅雨のあいま、紫陽花の写真を撮りに出かけてきました。
思いがけず、コマツナギ(駒繋ぎ)の花と出会いました。マメ科の花で、繊細な花にあこがれていました。2年前に、終わりかけた花に会っただけで、花の時期を外してばかりでした。
きれいな、咲き始めでした。しばらく、ぼうっと見上げていました。幻想的な、いい時間を過ごしました。
紫陽花も、シベの青い、好きな山紫陽花を撮ることができました。

(写真:コマツナギ=駒繋ぎ)
20:01  |  季節  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1578)  雨上がりの、カラー

2006.06.16 (Fri)

今朝の豪雨も、昼には上がりました。
出かけるときに、ポンチョをかぶって傘を差し、長靴を履きたいと思ったほどの雨の降り方でした。運良く、雨脚が弱まったときに移動できました。駅に向かいながら、これで事故だったりしたら、キレそうと思ってしまいました。
夕方の歩く人の後ろ姿も、ほっとしているように見えます。濃いショッキングピンクが目にとまりました。黒のベストとスカートから出ている、襟元と長袖、ヘアクリップ、そしてスパッツが強烈なピンクです。真赤のバッグとサブ、持っているかさも赤、ペタンコ靴も赤です。
どうしても赤が好きと、強烈な主張です。ここまでくると、おみごとという感じです。
振り返って、マスタード色のTシャツと、雨用の黒のパンツ、黒の厚底スニーカーのわたしは、どんなふうに映っているのでしょうか。
20:49  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1577)  なんとかしてほしい

2006.06.15 (Thu)

そうでなくても、仕事に行くのがうんざりしているのに。
また朝の通勤電車の事故です。毎週木曜日に、起こさないでほしいと、つい愚痴りたくなります。ここふた月の間に、5、6回も起きているのです。
汗が出るほどの、暑苦しい満員バスに乗り、途中で気分が悪くなってきました。降りてから、少し外の空気を吸って落ち着くのを待ちました。
振替路線の南北線は、車体が狭いのです。混雑に加え、息苦しさも加わります。ようやく山手線で息がつけるのは、皮肉ですね。いつもはマナーの悪さや、混雑の最たる路線なのに。
またも、40分の遅刻です。
20:16  |  思い  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1576)  改札のブルー

2006.06.14 (Wed)

駅の改札。ス○カカードをかざす部分が、きれいなブルーに発光するようになりました。
好きな色なので、これはうれしかったりします。ただ表示が「定期券」だったのが、チャージ金額の残高になったのです。最初は、乗車券の支払いがされたのかと思って、どきりとしました。
混雑と事故でうんざりの通勤に、ほんの少し気持ちが和らぎます。もっとも新システムの目的は、ショッピングチャージですが。

(写真:ツキヌキニンドウ=突抜忍冬;雫の中に、花が写りこんでいます)



20:38  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1575)  エレベーター

2006.06.13 (Tue)

悲惨なマンションでの、エレベーターの事故。
狭い箱が嫌で、あまり乗らないようにしているのですが、4階以上では使います。最近は、メーカー名を、しっかりと見てしまいます。これは大丈夫と、少しでも安心したいのです。とは言っても、地震が起きたら、たちまち閉じ込められてしまうのですが。
地震の備え、あいかわらず何もしていません。地震だけではなく、災害が起きたら真っ先に被害者にカウントされるだろうと思います。
20:08  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1574)  蒸し暑い

2006.06.12 (Mon)

やっぱり、梅雨入りすると湿度と気温が違う気がします。
Tシャツでも汗ばむほどの、蒸し暑さです。夕方の電車が、なぜか冷房が効いていませんでした。乗客の体温と、発散する水分とで、車内は息苦しかったです。珍しく座ってこれたので、救われました。本を読むのも楽ですね。
と言いながら、座ると眠くなってしまうのです。今度は、睡魔との戦いでした。
20:07  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1573)  シベが好き

2006.06.11 (Sun)




白丁花(ハクチョウゲ)は、生け垣によく使われています。
小さな目立たない花ですが、満開のときはとてもきれいです。地域によって、見たことがないという方もいます。関東中部、限定かというのはジョークですが。
花の写真を撮るようになって、シベの造形のみごとなことが、花の魅力を倍増させていることに気づきました。虫たちも、香りとともに形でも引き寄せられるのでしょう。
わたしも、虫と同じ目線だったりして。

「雨・樹の花」
・ビヨウヤナギ・キンシバイ・ヒペリカム
・ガマズミ・ハクチョウゲ・ヤマボウシ 他
写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:白丁花(ハクチョウゲ):風に揺れてきれいです)
18:15  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1572)  快調に、ミステリー

2006.06.11 (Sun)

先週の読書は、2作です。

メアリ=アン・T・スミス「かもめの叫びは聞こえない」
ジャネット・イヴァノヴィッチ「私が愛したリボルバー」

どちらもいいですね。
メアリは2作目。ラストがみごとで、タイトルのつけ方がうまい。
ジャネットは、このシリーズを読んでみようかと思ってます。ドジだったりするところが親しみが持てます。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
18:08  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1571)  つかの間の、青空

2006.06.10 (Sat)

午前中は、つかの間の青空がのぞきました。
バイクを飛ばし、公園に向かいました。途中でガソリンを入れて、値上がりを実感しました。
花の写真を撮るときは、日傘と帽子と手袋、長袖のジャケットなどUVケア用品は、欠かせません。それでも顔が痛くなってきます。
都内の公園ではもう咲き終わっていた花が、まだ残っていました。わずかでも北にあると、気温がきっと違うのですね。

(写真:ヒペリカム・カリシナム:シベがふんわりパフのようです)



20:36  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1570)  サボりに味を占め

2006.06.09 (Fri)

昨日は、また(と言いたくなる頻度)の電車の事故でした。
珍しくTVのニュースに流れたので、駅に問い合わせると振替路線を利用してくれということでした。JRの駅によらず、まっすぐ地下鉄へ行きました。駅からの混雑のバスに、乗りたくなかったのです。
まだ地下鉄は空いていました。乗り継いで、山手線に乗ります。このまま行くと、始業に間に合いそうでした。でもその前に、すっかり遅刻気分になっていたのです。早く行ったって、嫌な雰囲気にさらされるだけだからと、途中駅のベンチで本を読むことにしました。
いくらか気が晴れたところで、ようやく会社に向かいました。こんな小悪気分に味を占めたことは、内緒です。
21:22  |  仕事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1569)  掲示板のあれこれ

2006.06.08 (Thu)

「BBS」「PhotoBBS」。両方の掲示板に、最近アダルト系の書き込みが増えました。
そのため、レス記事中の「禁止ワード」を設定しています。「http」を、禁止させていただきました。ただ、せっかくのおもしろサイトの紹介なども、受けつけられなくなります。ちょっと残念です。
紹介の場合は、「://」から始めて書いてください。頭に『「h・・p」をつけてコピー&ペーストで』という、「注」をつけてください。ご面倒ですが、よろしくお願いします。
あるいは、こちらのブログには、そのままレスできますので、よかったらこちらにお願いします。
21:07  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1568)  雨と傘

2006.06.07 (Wed)

昼から、強い雨が降りました。
予報では3時頃から激しい雷雨だったので、外れたわけではありません。昨日の予報も同じく、夕方からの雷雨で、夜遅く弱い雨でした。2日続けて持ち歩いた傘は、朝の日よけになっただけでした。
梅雨入りしそうで、しない曖昧な気候です。もっとも、走り梅雨が続いていたからか、気分はひと月以上前から、梅雨のようでしたが。

(写真:リビングストン・デージー:公園)



21:31  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1567)  後ろ姿は、語る

2006.06.06 (Tue)

やせ形の体型で、ちょっとくたびれた黒のスーツの女性。後ろ姿から、新人ではなく2、3年は過ぎた感じがしました。
目にとまったのは、お尻の当たりの白っぽいゴミ屑でした。たぶん猫の毛と、絶対掃除をしたことのない部屋の埃が、くっきりと付いているのです。思わず想像してしまいました。メイクをしないベッド。その上に重ねられた衣類。散乱する、コンビニ容器。
もう少し、しっかりしないと落ちこぼれてしまいますよ。と言うのは、おせっかいです。
満員電車で、何人かの服にこすり付けられていくのでしょうね、ゴミは。
20:26  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1566)  携帯電話メール

2006.06.05 (Mon)

電車に乗って、しばらくすると乗客は携帯電話を取り出して、メールを打ち始めます。あるいは降りる駅が近づくと。
夕方の電車で立っていると、座席の4人と、両隣2人と、背後の2人が、一斉にメールを打つのです。座席の20歳代の女性は、両手打ちで、指の動きもおみごとと思わず言いたくなりました。
確かに通話ではないけれど、これは電磁波は出ないのでしょうか。少し古いですが、4年前の朝日新聞の記事によると
「満員電車に300人乗っていて、300台の携帯電話があれば、1人の人が吸収する電磁波は、結局のところ1台分に過ぎない」
ということらしいですが、本当でしょうか。
20:03  |  思い  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1565)  白い花に惹かれて

2006.06.04 (Sun)




そろそろ梅雨入りとか。この鬱陶しい雨は、ずっと走り梅雨だったようです。
梅雨前の、白い花たち。春とは少し違う、花びらやシベが見えます。
「白い初夏」
・コエンドロ・オカトラノオ
・ヤエドクダミ・ナツボダイジュ
・サラサドウダン・ウメモドキ 他
写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:コエンドロ:白い蝶のようです)
20:33  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1564)  あなたに不利な証拠として

2006.06.04 (Sun)

先週の読書は、1作です。

ローリー・リン・ドラモンド「あなたに不利な証拠として」

これは、すごい本です。5人の女性警官を短編集の形で描いたものです。
原書は読めないけれど、たぶんそうとう無駄を削り取った、力のある文章です。深く身を削りながら、生きていく登場人物と作家。う~ん。絶対的に、お勧めです。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
20:28  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1563)  休日の風景

2006.06.03 (Sat)

朝から雑用を済ませ、公園に向かいます。
長袖のカットソーでは、少し肌寒いくらいの気温でした。本を読みながら、電車を乗り継ぎ小石川植物園に。厚い雲に覆われた空からの陽射しはなく、花の写真を撮るのには光不足です。それでも目的の花を撮り、思いがけない花もあり、濃いグリーンの木の下を歩きます。花も、緑も美しいのです。
そのあと新宿に立ち寄り、戻ります。ところが、ひと駅手前の乗り換え駅で、電車の事故で止まってしまいました。それでも休日で乗客が少ないので、ホームからあふれることもありません。通勤時間帯ではないし、あきらめムードで待つ空気です。
やれやれです。

(写真:薔薇:まだきれいでした)



20:06  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT