2007年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

(No.1923)  余裕の時間

2007.05.31 (Thu)




ときどき、寝過ごすことがあります。
目覚ましタイマーを止め、もう一度寝てしまうのです。今朝は20分のオーバーでした。いつもはストレッチ体操をしてから動き出すのを、素早く食事と身支度を済ませ、狭い室内を足早に歩きます。どうにか、出かけるときまでには時間を取り戻せました。
年に一度くらい、1時間のときがあり、そのときはちょっとヤバいです。食事を省き、自販機で野菜ジュースを買い、歩きながら飲んで行きます。一日の始まりがこれでは、仕事もポカをすることになりますね。

(写真:ムラサキサギゴケ=紫鷺苔:アップで見ると、白い毛がありサギのように見えます:公園)
21:05  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1922)  後ろ姿

2007.05.30 (Wed)




通勤は電車の中は本を読み、歩いているときは後ろ姿をつい観察していることがあります。
エスカレーターの前を歩くスーツ姿の女性は、ピンヒールパンプスで颯爽としていました。ダークブラウンのシルク地が、落ち着いた印象です。ふとタイトスカートに目が止まりました。ハギの部分に小さなしわがあるのです。着替えているときに気づき、あわてて縫ってきたのでしょうか。
別なスーツでは、きょうの仕事上差し支えがあったのかも知れません。誰も気づかないでほしかったですね、きっと。

そろそろ痛みが目立ち始めたので、バッグを買おうかと迷っているわたしは、誰かの目に留まっているでしょうか。「どうしてあんなバッグで仕事にいけるんだろう。わたしだったら仕事帰りに買い替えるわ」などと、思われているかも知れません。

(写真:ベロニカ:いつも見るのはブルーで、白は珍しいです:花屋さん)
21:20  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1921)  和服の帯

2007.05.29 (Tue)




夕方の駅で、白っぽい和服の女性が前を歩いていました。
淡いグレイのすそ模様に縫い取りがあり、知識のないわたしの目にも、高級そうな着物です。裾を引きずりそうな感じに、着崩しています。艶やかな足の運びに、目を引きつけられます。日常的に着ている方で、年齢は30代後半くらいでしょうか。
ただ、帯の後ろにお太鼓がなく、横をすり抜けてみたのですが、前帯でもありません。新しい種類の帯かも知れません。
背中までの長い髪も、無造作に後ろで1本に束ねているだけです。なんとなく、全体のバランスが不思議です。
着物の世界も、きっとわたしの知らないことがたくさんあるのでしょう。一生の間に、知識を得たり体験できることなど、世界を構成しているうちの、ほんのわずかかも知れませんね。

(写真:ハナカンザシ=花簪:ドライフラワーになりそうなお花です:花屋さん)
   花びらに見えるのは総苞片=ソウホウヘンで、黄色のシベに見える部分が
   本当の花びらです。
21:36  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1920)  一段落

2007.05.28 (Mon)




仕事上で期限があると、気持ちにゆとりがなくなります。
ようやく年次決算の目処がつき、税理士との意見調整を済ませ、最終決裁を仰ぎました。予定通りに運び、ほっとしました。昨年あたりに、税務調査が入ると予想していたのに、ありませんでした。今年は来るだろうなと、また10月頃まで気を遣います。

歯の噛み合わせが、再度おかしくなりました。頬の内側で炎症を起こしています。歯医者さんで「ストレスです」と、きっぱり言われてしまいました。でも、ストレスのない暮らしなんて、存在しないのではないですか?

(写真:ハルジオン=春紫苑:子どもの頃、ままごとで卵に見立てたお花です:公園)
 参考までに。少し遅れて咲く、ヒメジョオン=姫女苑は上向きです。
21:07  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1919)  「ストリート・ボーイズ」

2007.05.27 (Sun)

30度近い気温は、部屋の中でもさすがに暑いです。
本を読むのも、頭がぼうっとしてしまいますね。でも、明日は10度も下がる予報です。体調管理をうまくしないと、風邪を引きそうです。

先週の1作。
ロレンゾ・カルカテラ 「ストリート・ボーイズ」

カルカテラは3作目です。
どの作品も背筋がぞくりとする凄惨なシーンがあるのに、希望を残してくれます。訳の力もあるのかも知れませんが、文章も展開もうまいです。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
18:22  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1918)  気になる人

2007.05.26 (Sat)




朝の通勤電車は同じ車両に乗り、同じ位置に立つことが多いです。
わたしの定位置の前の男性で、180cmくらいのほっそりとした体型の人がいます。小さな柄入りのシャツに地模様のジーンズが、毎日変わります。おしゃれですね。雰囲気から、美容師さんのような感じがします。指も細くて長い、ちょっと好みです。
そう思いながら、ふと腰の位置が高くないことに気づき、よく見るとひどく胴長なのです。身長とのバランスが悪いです。意識の外に出てしまったらしく、その後は見かけなくなるのもおもしろいです。いえ、その男性には申し訳ないのですが。

(写真:ワスレナグサ=勿忘草:キュウリグサやハナイバナと、よく似ています:公園)
20:39  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1917)  雨は、憂うつ

2007.05.25 (Fri)




一日中、雨が降り続きました。
まるで梅雨入りしたかのような、強弱はあるものの、しっとりと濡れてしまう雨です。深めのスニーカーを履いても、しみ込んできます。朝の混んだ電車は2本を見送り、ようやく乗り込みました。200%を越える乗車率と、雨の遅れが加わり20分遅れで到着です。ふー、っとため息も出てしまいますね。
湿度が高く蒸し暑いので、癖っ毛の髪は、すっかりちりちりに広がってしまいました。なんとかならないのか、毎回の煩わしさです。雨は憂うつです。

(写真:チョウジガマズミ=丁子がまずみ:淡いピンクがかわいいお花です:植物園)
21:19  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1916)  歩行者天国

2007.05.23 (Wed)




休日の東新宿付近は、歩行者天国でした。
銀座は定例行事になっていますが、新宿では初めての光景です。細い道路のあちこちに、オープンカフェが開いています。強い陽射しも気にせず、まったりとくつろいでいます。風はまだ、初夏のさわやかさを残していました。なんにもせずに、ぼうっとしているのは気持ちがいいだろうと思います。

ただせっかちなわたしには、必ずしも居心地はよくないのが残念です。おまけに紫外線アレルギーなので、日傘が必需品です。長時間座るなどは、問題外なのです。
よくあるリゾート海岸で、波と遊んだりパラソルの下で寝そべったりしてみたいですね。

(写真:ロータス:カラフルなインコを思わせる、不思議なお花:花屋さん)

21:22  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1915)  暑い暑い

2007.05.22 (Tue)




風がどこかひんやりしていたのに、25度を超えるとさすがに暑くなってきました。
初夏ですものね。明日は27度の予報です。事務所の中も電車も、冷気が心地よい季節になりました。バッグにはしっかり2枚のハンカチを入れてあります。
通勤途中の白いエゴノキの花が、小さく揺れていて心が和みます。

今朝もちょっとしたトラブルで、10分遅れの電車です。180%の乗車率が200%を越えてしまうと、やっぱりきついです。必死にポールにつかまって、転倒を免れました。

(写真:スイカズラ=吸葛:金銀花という別名は、白と黄色の花が由来です:植物園)

21:42  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1914)  「ゲゲゲの鬼太郎」映画オフ

2007.05.21 (Mon)




オフ会で、映画「ゲゲゲの鬼太郎」を観てきました。
原作:水木しげる 監督:本木克英 出演:ウエンツ瑛士、井上真央、田中麗奈、大泉洋、YOU、西田敏行

水木しげるのマンガを実写化したものです。鬼太郎はウエンツ瑛士、ねずみ男が大泉洋、猫娘が田中麗奈、子なき爺に間寛平など、個性的な豪華俳優たちがじつにいい味を出していました。鬼太郎と猫娘はイメージと別物という感じですが、ほかのキャラに助けられ、すっかり楽しみました。
塗り壁が原作以上の雰囲気を出し、ろくろ首(YOU)がおもしろい動きでした。

「3つ数えて目をつぶれ」のくらさんの主催で、11人が集まりました。映画の後は居酒屋で食べながら、話題は参加者の個性がきらりと光ります。映画から読書、書店裏話などなど。誰かが振る話題に必ず食いつく人がいて、さらに広がります。
「失われた町」を押す人、「グランヴァカンス」や日本の現役SF作家のこと、ラム肉や果物から、果てはバブル時代の逸話まで、ほんとうにおしゃべりが尽きません。
またまた、楽しい時間を過ごしてきました。ネットの友人たちというのは、リアルな友人以上に微妙なバランスで成立する貴重な存在だと、回を重ねるたびに思うのです。

(写真:ミズキ=水木:ハナミズキの華やかさはないけれど、シベがきれいな花です:植物園)

21:04  |  映画  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1913)  「赤い靴の誘惑」「傷痕」

2007.05.19 (Sat)

朝から雨の休日です。
昼過ぎには青空も見えたのですが、そのあとに風と強い雨になりました。黒い雲が空を埋めていました。
そんな日は、本を読んでいても眠くなります。
ベランダの花に、水をやり、雑草を抜きました。連休前に植えた種が、双葉のままでなかなか成長しません。やはり今年は、気温が低めなのでしょう。このまま梅雨に入るのでしょうか。

先週の2作。
シャンナ・スウェンドソン「赤い靴の誘惑」
コーディ・マクファディン「傷痕 上・下」

魔法の設定なのに、人間臭いスウェンドソン。楽しく読めて、ちょっと真面目な作家の顔が覗きます。
マクファディンは、数学的理論分析肌のFBI捜査官のキャラが際立ちます。この手の作品はいくつか読んでいるのに、飽きさせません。テンポの良さが心地よいです。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

17:47  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1912)  トラブルは続く

2007.05.17 (Thu)




強い雨の中の通勤でした。
駅に着くと、エントランスが傘で埋めつくされていました。どうやら事故で電車が止まっているらしいのですが、アナウンスの聞こえる構内に近づくこともできません。エントランスが一杯になったため、後方のエスカレーターも止まってしまいました。傘の間をすり抜けて、ようやくアナウンスを聞きました。また人身事故で、上下線とも運休です。
振替えチケットを受け取るまでに10分。雨の中をバス待ちの列に並び、乗り込むまでに15分。10分の移動距離が道路混雑のため20分。地下鉄の電車待ちが10分。ようやく地上に出るとあとは早いのです。電車を乗り継ぎ、会社に到着は結局1時間遅れでした。家を出てから2時間半は、ひと仕事したほどに疲れます。
月曜日のトラブルでは、途中駅の手前で、缶詰状態の20分でした。缶詰にも、振替えにも、ひたすら耐える通勤です。

(写真:ツツジ=躑躅:1本の木に白から赤まで色とりどりに、咲いています:植物園)

21:19  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1911)  本の選び方

2007.05.16 (Wed)




数年前までは、本屋さんで本を手に取り、数行読んで勘で選ぶのが当たり前だと思っていました。
いつのまにかネットで購入したり、話題になっている本のネットレビューを見て選ぶようになっています。あとは読書サイトのお勧め本、各賞受賞作、最近加わった本屋大賞の中から選んだものがあります。
リストにした本を、ネットで図書館の検索で予約し、待ち人数が多いと購入するという順序になってきました。いつのまにか、本屋さんが後回しになっています。本屋さんの経営難というのがよくわかりますね。

(写真:カンパニュラ・カルパチカ:南国の小鳥を思わせる、印象的なお花です:植物園)

21:47  |   |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1910)  後ろ姿が美しい

2007.05.15 (Tue)




エスカレーターの前の人に、なんとなく視線を投げてしまうことがあります。
今朝の女性は、アップにして、まとめている髪のラインの美しさに、つい見とれてしまいました。頭の形もきれいで、首筋の後れ毛がふんわり魅力的です。白っぽいスーツも着こなしています。男性ならずとも、惹かれますね。
自分では髪を結んだり、へアピンを止めるだけで頭痛がするので、ずっとショートとセミロングの繰り返しです。和服を着る時は、頭痛薬が手放せませんでした。
バレエの楽屋から出てきたような、ちょっと太めの女性は、TDR(ディズニー)帰りでしょう。にわかファッションのちぐはぐさが、朝の女性とは対照的でした。

(写真:アマミセイシカ=奄美聖紫花:沖縄県の八重山地方にだけ咲く貴重な花:植物園)

21:41  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1909)  転落事故

2007.05.14 (Mon)




朝の東京駅のホームで、転落死亡事故がありました。
同じ通勤路線の、20分ほど前の電車になります。ホームを走って転んだそうです。仕事に遅れまいと、先を急ぐ気持ちもわかります。混んでいるので、ホームの端を通ったのではないでしょうか。よくある行動なのです。ほんの少し、タイミングがずれていたら、大事には至らなかったかも知れません。ご家族は、どんなにか悔やまれることでしょう。
そそっかしく、転んだり跳ね飛ばされたりするわたしは、自分のことのように感じてしまいました。明日は、我が身です。

(写真:シロヤマブキ=白山吹:ご冥福を祈って)
20:59  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1908)  ふるさとの花

2007.05.13 (Sun)




ふるさとの春の花を、まとめました。
山野草から桜まで、一斉に花開いていたのです。5年ぶりのふるさとの花の美しさは、格別でした。

(1)「ふるさとの花」
   ・イワヒゲ・オサバソウ・ショウジョウバカマ・カタクリ
   ・ミズバショウ・マイヅルソウ
(2)「ふるさとの桜と木」
   ・(弘前公園) 桜・シデコブシ・ベニバスモモ・コデマリ・ムシカリ ほか

2ページになりました。ついついシャッターをたくさん切っていたのですね。

写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:オサバソウ:小さな小さなお花です:公園)
18:18  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1907)  三崎亜記・坂木司

2007.05.13 (Sun)

読んでいて、思わず引き込まれてしまう本は、うれしいですね。

先週の3作。
三崎亜記「失われた町」
坂木司「動物園の鳥」「シンデレラ・ティース」

三崎さんは、喪失感さえ美しいと感じさせてくれます。少し未来の地球の姿に、どんな希望を持てるでしょうか。

坂木さん。ちょっと限界。引きこもり探偵シリーズは微妙によかったけれど、「シンデレラ・ティース」になると、わたしはとてもだめでした。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
18:10  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1906)  ホット・カーペット

2007.05.12 (Sat)




寒さが続いていましたが、ようやく、ホット・カーペットを外しました。
毎年、連休前に外していたのに、やはり今年の寒さはいつもと違ったのです。それにしても、カーペット部分の洗濯が大変です。バスタブに洗剤を入れて浸けておき、水を抜いてから、ブラシで汚れを落とします。バスタブの縁にかけて、水切りをします。運べる重さになったら、ベランダに干します。
これが重労働なのです。薄手のカーペットに変えたいのですが、ゴミ出しを考えると、億劫です。粗大ゴミの収集を、市に依頼しなければならないのです。ため息をつきながら、来年も使いそうです。

(写真:ペチコートスイセン=水仙:別名:ナルキスス・ブルボコディウム:植物園)
20:55  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1905)  クラッシュ

2007.05.11 (Fri)




昨夜からの強風が、今朝も続きました。
当然、電車が遅れます。滑り込みで会社に到着です。朝の雑用が終わらないうちに、パソコンメーカーのコールセンターから、電話が入りました。前日のPCのクラッシュの対応です。
本体がスピードを上げた車のような音がして、いきなりブラックアウトでした。嫌な音は、じつはひと月前からときどき鳴っていたのですが、特に問題はなかったので放置していたのです。
電話を片手に、カバーを外すと埃が大量にたまっています。あとで掃除しようと思いながら、指示されたファン部分の確認をしたら、固定する部品が破損していました。ファンが揺らぎ発熱してしまったのです。
仕事が押し詰まっているのにメーカーは、部品を翌日配送するというのです。月曜日では差し支えが出るし、ほかの原因だったら対応が間に合いません。仕事上は強引なわたしは、神奈川発送を都内に変更させ、無理矢理バイク便で送らせました。午前中に到着したので、午後から取り付け無事、回復することができました。
週末の天候も仕事も、クラッシュは勘弁してほしいというため息の一日でした。

(写真:シロバナエンレイソウ=白花延齢草:小顔の清楚な花とグリーンの着物:植物園)
21:58  |  仕事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1904)  飲む・飲まれる

2007.05.10 (Thu)




夕方のスーパーの入り口で、足元の危ない男性がいました。
店内に入るとすぐ、倒れ込んでしまいました。作業着姿で、帽子が落ちた頭には、真新しいガーゼが貼ってあります。怪我をして手当を受けたばかりという感じです。
男性店員さんが、声をかけ腕を引いて起こそうとしますが、完全に眠っているようです。夕方に泥酔すると言うことは、午後から飲み続けたのでしょうか。
お酒を楽しく飲むのはいいけれど、度を過ごして周囲に迷惑をかけるのは困ったものです。やりきれないものが、きっとあるのでしょうね。

(写真:リュウキンカ=立金花:深いグリーンの葉と、金色に輝く花が美しい:植物園)
20:57  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1903)  歩き慣れるまで

2007.05.09 (Wed)




桜の季節から戻ってみると、関東は一気に27度の夏日になっていました。
ふた月ほども、季節感が違います。7分袖のブラウスにパンツ。カーディガンは、バッグに入れたままです。電車の冷房も、心地よく感じるくらいです。
靴も夏バージョンに変えました。ところが半年も履いていなかったので、微妙に足の指が痛いのです。ほとんど同じデザインなのに。慣れるまでが、案外大変なのです。通勤の歩く距離を思うと、ちょっとため息が出そうです。

(写真:バイカカラマツ=梅花落葉松:山野草が並ぶ花屋さんがいいですね)
22:25  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1902)  季節と、花

2007.05.08 (Tue)



(写真:カタクリ=片栗:弘前公園・植物園)



(写真:ミツガシワ=三つ槲:弘前公園・植物園)

気温差があるせいか、植物園の山野草の背丈が関東よりかなり小さめです。
都内では20cm以上あるカタクリが、わずか10cmくらいです。細い茎が風に揺れ、はかない風情がありました。山に咲くショウジョウバカマ(猩々袴)も、かわいらしいのです。
冬の雪と寒さを通過したあとの、ささやかな一瞬の美が開いていました。

                  (花の写真が続きます ↓ ↓ ↓ 見てね)
20:53  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1901)  弘前公園の桜

2007.05.06 (Sun)



(追手門・市役所近くのお堀:落ちた花びらでピンクに埋めつくされていました)



(たわわな花もまだきれいです)

帰省して、弘前公園の桜を見てきました。満開を少し過ぎていましたが、桜吹雪も美しく、10年ぶりに夜桜も見ることができました。
早朝のさわやかな空気の中を散歩し、水辺の風に吹かれてきました。穏やかな表情の顔と、ふわりとした方言が耳にやさしく聞こえます。

              (桜の写真が続きます ↓ ↓ ↓ 見てね)
20:33  |   |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1900)  鯉のぼり

2007.05.01 (Tue)

koinobo-up07.jpg




休日の公園では、鯉のぼりが泳いでいました。
去年までは50匹だったのが、今年は2列で120匹になりました。写真には収まり切らない数です。ピアノ線と支柱にかかる重量はどれくらいでしょうか。さらに風が吹くと、すごいことになりそうです。
鯉のぼりの目線から、公園を見下ろしてみたいですね。風を受けて泳ぐのも、気持ちよさそうです。
20:54  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |