2007年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

(No.1952)  歯科もいろいろ

2007.06.30 (Sat)




通院していた歯科医院を、変えました。
前歯の治療途中で、保険の金属を被せるか、保険が利かないセラミックにするかの選択を迫られていました。1本、8万円はかなりイタい出費です。仮詰めで放っておいたのですが、噛むのに支障が出てきました。
電話帳で数件選び、入り口前で引き返したのは、テナント料が見るからに高そうな新築ビルに入っているところです。引き返すこと3件目で、ようやく受診してきました。そこでは、保険で白い歯が可能だというのです。もちろん強度は違うけれど、セラミックでも欠けることもあるので、どちらにするかは本人次第なのだそうです。転院してよかったと、ほっと胸をなで下ろしています。

(写真:イワナンテン=岩南天:雨の雫がきらりと光っていました:公園)
19:50  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1951)  マウスの進化

2007.06.29 (Fri)




数日前から、マウスの調子がおかしくなりました。
光学式という、その頃新技術だったものを5年ほど使っていたのです。パソコンの世界で5年と言えば、大昔になってしまうほどの技術の進歩があります。
秋葉原のヨド○シに、ずらりと2棚に並んだ数は壮観ですね。MRというレーザーの光学式を選びました。見た目は、レインボウカラーに光るのがほしかったのですが、サイズが「大」だけで諦めました。
ドライバも不要で、USBを差し込むだけです。無線はどうしてもマウスの重量があり、疲れるのです。自分に合ったものを選ぶのが、何よりです。
ポインタの動きの速くなったのが、うれしいです。

(写真:ラショウモンカズラ=羅生門葛:蘭の花にも似た模様が印象的です:公園)
21:38  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1950)  ファッション・カラー

2007.06.28 (Thu)




ファッションの基本は、白です。
モノトーン濃度で黒までと、パステル・カラーもよく着ています。あとは、生成りからキャメル、ブラウン、ワインカラーもあります。ブルーやグリーン系もあり、案外幅が広いカラーを使っていますね。
振り返ってみると、強い意志を持って生きる方向を決めたとき、鮮やかなブルーを身につけていたと思います。
通常は穏やかな色が多くなるのは、会社の空気もあるし、ストレスに満ちた感情をなだめたいというところでしょうか。

先週、銀座の三○でネックレスのカラーに引き寄せられました。ストーン周りの、デザインもしゃれていて、危うく散財してしまいそうでした。透明感のある紅茶色のストーンとチェーン、飾りも同色でした。がんばった自分へのご褒美にしたいと思いました。
かろうじて踏みとどまったのは、夏場の金属アレルギーを思い出したからです。ふーっと、ため息です。

(写真:ラショウモンカズラ=羅生門葛:白花:撮影は5月でした。アップが遅いですね:公園)
21:38  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1949)  シンメトリー

2007.06.27 (Wed)




後ろ姿が、すっきりと見える人は、体型が左右シンメトリーな場合が多いようです。
顔もそうだと言いますが、こちらはなかなか、いないでしょう。鏡で自分の横顔を見ると、はっきりと違いがわかります。
前を行く男性のスーツのハギ目が、左に大きくずれていました。ショルダーバッグを下げているわけでもないのですが、朝の段階ですでに着崩れている感じです。スーツケースを片手にした別の男性は、ハギ目が真っすぐでした。
わたしの体も、左側に下がり気味です。仕事や趣味でよく使う筋肉や骨が発達し、使用頻度が低い部分との差が生まれてきています。極端に差が大きくならなければ、気にするほどでもないですね。

(写真:ホタルカズラ=蛍葛:青い花が木陰でひっそりと咲いています:公園)
20:55  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1948)  読書の季節

2007.06.26 (Tue)




まだ梅雨が終わらないので、酷暑まではいきません。
そのせいか、最近は読書がはかどります。特に日本の作家のものは、1日の通勤時間で読み終わります。それだと感想を書くのが追いつかなくなるので、海外の作家を間に入れるようにしています。
パソコンのデスクトップに「読みたい本のリスト」があります。本を選ぶ参考にしている読書サイトや、ネットショップ情報から、気になるリストを作っているのです。30作以上並んだときは、読まずに終わる気配が濃厚でした。そのリストが、このところ激減しています。図書館に予約している本も、タイミングよく入ってきます。常に流動しているリストですが、この調子で読めたら、久しぶりに年間の冊数が増えるかも知れません。
とは言っても、そろそろ梅雨明けの気配もします。真夏は読書量が減るので、やはり例年並みになるでしょうか。

(写真:セイヨウジュウニヒトエ=西洋十二単:衣が重なっているように見えます:公園)
21:57  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1947)  串焼き

2007.06.25 (Mon)




食べ物で、好きなものの一つに串焼きがあります。
ネギマ、ナンコツ、スナギモ、ツクネなどを時々買います。デパ地下よりも、駐車場の屋台風の店の味が気に入ってます。タレよりも塩味がいいのです。飲み会のときも、いろんな種類を楽しんでいます。
困るのは、軽い先端恐怖症だという点です。串に刺したまま口には運べません。全部、串から外してお皿に並べます。豪快に串からむしり取って食べたいと思うのですが、どうしてもできません。
店頭で立ち食いをする方を、うらやましいと思いながら、きょうもパックに入れてお持ち帰りです。

(写真:アネモネ:白もきれいです:公園)
20:34  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1946)  「数学的にありえない」「水上のパッサカリア」

2007.06.24 (Sun)




午後から小雨が降りだし、夕方には本降りになりました。
30度は超えていないのですが、蒸し暑い日です。晴れて暑いのも体にはこたえますが、じっとりと暑いのもボディブローになって効いてきます。そろそろ夏バテに気をつけないといけませんね。

先週の2作。
アダム・ファウアー「数学的にありえない 上・下」
海野碧「水上のパッサカリア」

確率論からみて、ロトは当る率が低い。でも、偶然を期待して買うのだという話に思わず笑ってしまいました。
ファウアーは、読みやすく楽しめます。
海野さん。書き慣れていない様子ですね。硬質の文章は好きです。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:アネモネ:プランターの中で輝いて見えました:公園)
17:28  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1945)  過酷な通勤

2007.06.22 (Fri)




今朝の大宮近くで起きた、電車の架線切断事故の混乱に巻き込まれました。
出発時から遅れ気味だったのですが、2駅目を過ぎた辺りで停止してしまいました。アナウンスも10分遅れと言っていたのですが、架線事故、急病人の救出、信号確認のためと次々に変わります。地下鉄の南北線に乗り換える王子駅が目の前なのに、200%の乗車率の混雑で、車内は蒸し暑く息苦しいまま1時間以上缶詰になりました。緊急ボタンを押して線路に出た乗客もあり、その保護でさらに遅れます。

ようやくのろのろ運転で王子駅に着き、どっとホームに人があふれます。上下線とも停止していたので、ホームはすでにぐったりとした人で埋めつくされていました。
会社に連絡を入れようとしても携帯電話が繋がらず、わずかな公衆電話に行列ができています。トイレも15分待ちでした。地下鉄のホームもとても乗り込めず、通過してしまう電車を何本見送ったでしょう。45分経過でようやく乗れました。そして山手線へ乗り換え東京駅、さらに乗換えで会社に到着したのは、2時間遅れでした。ニュースでは、4時間の缶詰だった電車もあったようです。

すっかりエネルギーを消費してしまい、仕事ができる状態ではありません。昼休みにイスに腰掛けたまま、居眠りをしてしまいました。過酷です、通勤は。

(写真:クラウンベリー:剣先のような赤いシベがかわいい花です:花屋さん)
21:20  |  仕事  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1944)  さくらんぼ

2007.06.21 (Thu)




故郷の高原野菜は、甘くてやわらかくて美味しいのです。
毎年秋になるとトウモロコシが送られてきます。ところが温暖化の影響で、同じ高原地帯でいまさくらんぼ「佐藤錦」が栽培されているのだそうです。太平洋側の暖かい土地でしか採れなかった果物が、日本海側の高原で育つとは、驚きでした。
八百屋さんの店頭では、お高いさくらんぼと並んで、アメリカンチェリーがお手頃です。まだ少し甘味が少ないですが、そこそこ美味しいです。

(写真:ナツハギ=夏萩:暑い陽射しと水辺が似合うお花です:公園)
21:25  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1943)  年金あれこれ

2007.06.20 (Wed)




社会保険庁から会社宛に、年金記録を順次送るので確認してほしいという連絡がありました。
領収書がなくても、前職の会社の証言があれば認めるとありました。それに対しても、腹が立つのです。いろいろ不具合があって、転職しているのです。そんな証言を依頼できると思っている感覚が、おかしいです。倒産している会社だってあるはずです。ハローワークや市区町村のデータとの照合を、まずはやるべきでしょう。その上で、どうしても照合できない点を、個人個人にお尋ねしたいという姿勢がほしいと思います。
わたしの年金も、18歳と19歳の2年の空白があります。両親が亡くなっているし、資料も何もありません。電話の問い合わせも混雑しているらしいし、派遣社員が対応しているのでは、時間がかかってしまうでしょう。もう少し対処方法が緩やかになってから、聞いてみなくてはと思っています。

(写真:フウセンカズラ=風船葛:ハートの種ができるのが楽しみです。触れると落ちる、小さな花が愛おしくなります:ベランダ)
21:32  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1942)  責任と言われても

2007.06.19 (Tue)




決算書を銀行に提出するときに、税理士が作成した「中小企業の会計に関する指針の適用に関するチェックリスト」を求められました。
銀行側は貸し付け金利を0.1%下げるからと、にこやかにおっしゃいます。税理士は、それをもとに貸し付けをした企業が倒産し焦げ付いた際に、賠償を求められるケースが増えているから嫌だと渋い顔です。税理士が30項目の適正処理チェックをしたからといって、貸し付けの判断をするのはあくまでも銀行の責任でしょう。
最近の銀行の姿勢を見ると、アメリカの訴訟型への移行を感じます。税理士は、たかが知れた顧問料で賠償責任までは取れないのが、実情でしょう。会社だって、倒産しても経営者は責任を回避したいでしょう。
どこも、責任を負いたくないところばかりですね。

(写真:アカバナルリハコベ=赤花瑠璃繁縷:小さな朱色がかわいい花です:ベランダ)
21:52  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1941)  店は変わっても

2007.06.18 (Mon)




東京駅のキオ○クが閉店し、カギ屋さんになりました。
スペアキーと靴の修理もあるようです。でも、通勤の途中での利用客はどれくらいあるでしょう。ヒールを直してもらうとしても、時間つぶしができません。じっと待ってるのも恥ずかしいです。家からわざわざ乗換駅まで持ち込むのは、面倒な感じがします。
ここが閉店するのも、時間の問題のような気がします。お店の方には悪いけれど、もっと回転率のいい商売でなければ、保たないのではないでしょうか。余計なおせっかいですけれど。

(写真;アサガオ=原種の朝顔:毛深さと小さな花のけなげさが、何ともいえずかわいいです:ベランダ)
21:05  |  仕事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1940)  恒川光太郎「夜市」/佐藤多佳子「一瞬の風になれ」

2007.06.17 (Sun)




夏日が続きます。
それでも日陰に入ると、いくらか涼しい風が吹き心地がいいです。休日は、雨でも晴れでも、のんびりとした時間が過ぎていきます。

先週の4作。感想が遅れていただけですが。
恒川光太郎「夜市」
佐藤多佳子「一瞬の風になれ 1・2・3」
スチュアート・カミンスキー「憎しみの連鎖」
横山秀夫「真相」

なかなかうまい恒川さん。印象に残らない佐藤さん。
宗教の背景が難しいカミンスキー。そこまで書くか、横山さん。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:アデニウム"サバクノバラ"="砂漠の薔薇":茎にトゲがあり乾燥に強いそうです:公園の温室)
14:02  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1939)  もう、中休み

2007.06.16 (Sat)




昨日もきょうも、31度を越える暑さです。
2日前に梅雨入りしたばかりなのに、「中休み」だそうです。またわたしの気分的な言い方だと「梅雨明け」したような真夏の暑さです。
ベランダの朝顔が、数日前から咲き出しました。写真を撮ろうとしたら、今朝は咲いていないというのは皮肉なものですね。

気分転換に、テンプレートを変更してみました。「空」の部分でマウスを動かすと、白い雲が描けます。「( )Reload」をクリックすると、新しく描き直せます。遊んでみてください。

(写真:ネモフィラ・マクラタ:涼しそうな水玉模様がかわいいです:公園)
21:10  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1938)  ようやく、梅雨入り

2007.06.15 (Fri)




昨日、関東地方も梅雨入りをしました。
気分的にも、癖っ毛の跳ね具合からも、ずいぶん前からですが、梅雨前線が停滞しないと、どんなに雨が降っても宣言は出ません。そして梅雨予報では、前半は雨が少ないらしいです。それって、どうなんでしょう。変な感じがしますね。

予報を見ながら、明日は花の写真を撮れるか、微妙な判断が必要です。雨ではなく、最高気温が30度。暑そうです。

(写真:ヤマアジサイ"シチダンカ"=山紫陽花"七段花":小さなかわいい花が、けなげです:公園)
21:33  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1937)  なくならない

2007.06.14 (Thu)




これほど騒がれても、金利の高いノンバンクを利用し返済不能に陥るのは、なぜでしょうか。
買い物依存、ギャンブル、生活費。きっかけはいろいろあるのでしょう。生活の最低保証が、実際にはないに等しい国ですから、どうしても目の前の人参を食べるしかないかも知れません。でも、借入元金の残額や金利の管理もせずにいると、あっというまに200万円になります。公務員の給与で返済不能になるラインです。
まして民間で雇用の安定しない場合は、容赦のない取り立てを受けるはめになります。また一人、身近で蟻地獄を滑り落ちていきました。

(写真:ヤマアジサイ=山紫陽花:ブルーのシベのところが本当の花で、白は装飾花です:公園)
21:17  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1936)  てこ入れ

2007.06.13 (Wed)




郵便局や銀行に行くと、いろんな会話が耳に入ります。
最近はご年配の方に、個人向け国債を進めている場に出会うことが多くなりました。政府のてこ入れがあることを、もろに感じます。利率だけではなく、リスクや預金との違いを本当に理解できるのでしょうか。ましてペーパー証券はないことに、不安を感じても当たり前でしょう。
12年ものの保険を勧めているところもあります。それまでお元気でいられるのでしょうか。
にこやかな接客笑顔に、断れずに黙ってうなずいている方を見ると、やり過ぎなんじゃないのかと思ってしまいます。

(写真:バラ=薔薇:まるでワインのロゼを思わせる色がきれいです:公園)
20:53  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1935)  歩きやすく

2007.06.12 (Tue)




通勤路が舗装修理中です。
一方通行の狭い道路を挟む歩道が、またさらに狭いのです。人と人がすれ違えない幅になっていた原因は、車道との境界にある1mごとのポールと、ツツジなどの植え込みです。歩道そのものも、人工石のつなぎ目が深く、境界もごつごつしていてつまずきやすかったのです。自転車でも、かなりの注意力を必要とします。
まだ一部分とはいえ、ポールと植え込みを取り除き、アスファルトで応急処置をしたのです。そこだけでも安心して歩けます。見た目はまるで、くずれた卵焼き状態ですが、本格的に舗装するのだとは思います。しっかりお願いしたいですね。

(写真:テイカカズラ=定家葛:小さな風車みたいな花の形で、香りも好きです:公園)
20:51  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1934)  綿毛が飛んで

2007.06.11 (Mon)




通勤時の雨で、月曜日だと憂うつが2倍になります。
それでも午後には青空も見えたので、ちょっと気分も明るくなりました。仕事で外に出ると、湿度は高いままでしたが、空気の汚れがなくなりさわやかでした。
ふっと、目の前を飛んでいくものがありました。3cmくらいの大きさの綿毛です。種も付いています。何の花でしょうか。
中学生の頃の、教室を思い出しました。周りを木に囲まれていたので、ちょうどこんな雨上がりは綿毛がたくさん飛んでいました。教室の中にも入ったきらきら光る綿毛を、授業も忘れて目で追っていたことがあります。
懐かしさに、心が和みました。

(写真:オオムラサキツユクサ=大紫露草:白花もシベは紫色です:公園)
21:18  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1933)  森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」

2007.06.10 (Sun)




きょうは大雨でした。
遠くで雷も鳴っていて、外を歩く人が気の毒なくらいです。こんな日は、ベランダの鉢植えの手入れをし、あとは本を読んで過ごします。
話題の「一瞬の風になれ 1~3巻」を、あっという間に読み終わりました。そちらの感想は後日になります。

先週の1作。
森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」
森見さんは2作目になります。読んでいて、今回も不思議な感覚の作家だと思いました。現代と、昭和の時代が奇妙に入り組んだ、独特の言葉が作り出す空気がおもしろいです。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真;カシワバアジサイ=柏葉紫陽花:公園)
    花穂が1mの高さにもなり、雨に打たれるとたちまちうなだれます
20:57  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1932)  なくて七癖

2007.06.09 (Sat)




歩道をこちらに向かってくる男性が、なんだか様子がおかしいです。
立ち止まって傘で足を叩き、数歩進んでまた足を止めます。今度は手でかなり強く打ちつけ、赤くなるだろうと思うほどです。スラックスに着いた汚れを落とそうとするだけでは、なさそうです。新調したばかりだったのかも知れないし、癖なのか、ちょっと神経質なのか、ストレスがたまって虫の居所が悪かったのかも知れません。
自分では気づかない癖で、他の人に不快な思いをさせていたら嫌ですね。

(写真:アジサイ=紫陽花:6月の花はなんといっても、このブルーです:公園)
    装飾花の中心が、花です。珍しく花粉がこぼれていました。
20:59  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1931)  やっぱり、後ろ姿

2007.06.08 (Fri)




つい目に留まるのです、前を歩く女性。赤いパンプスに、暗赤色のタイトスカート、ベージュの半袖ブラウスがおしゃれです。残念ながら、スカートのハギ目がほころびているのです。注意してもどうしようもないことなので、気づかなかったことにしましょう。

そして、すらりとしたジーンズの方は、身長が180cm以上ありそうです。わたしの頭が、肩までも届きません。カッコよく、うらやましいです。もしわたしの身長が、せめて165cmあったら人生が変わっていたかも知れません。大型バイクを乗り回し、もっと自由な生き方をしていたでしょう。
ないものねだり、ですね。

(写真:ジャボチカバ:フトモモ科:ブラジル原産:幹から花が咲き、葡萄のような美味しい実がなるそうです:公園の温室)
21:32  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1930)  蒸し暑い日

2007.06.07 (Thu)







蒸し暑い日が続いています。
まだ梅雨入り宣言はありませんが、曇り空と湿度の高さは梅雨のようです。癖っ毛の髪は、すでにくるりと舞い上がって、ひと足お先に梅雨入りしています。
最近、夕方の電車がとても混んでいます。冷房があまり効いていないので、暑くて大変です。朝は混雑しても、それなりに「訓練?」された人たちばかりなので、静かに乗っていけます。戻りは、遊び帰りや学生、乳母車を押すファミリーなど、いろんな目的の人が混じっているので、ざわついているのです。乗車率で悪名高い埼○線に近づいてきたような気がします。
一時的なものならいいのですが、ずっと続くのはきついですね。梅雨から真夏へ、さらに悪化しないことを願うしかありません。

(写真:フェイジョア:真っ赤なシベが印象的な花です:公園)
 別名:パイナップル・グァバ:パイナップルのような香りがある果肉は、生のまま
食べることもできるらしいです。シベ先が、ヨーヨーみたいに見えます。
21:53  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1929)  ヘルメット

2007.06.05 (Tue)




バイクのヘルメットが、壊れました。
着けようとシード部分を持ち上げた瞬間、止めネジがはじけてしまいました。プラスチックの劣化です。とりあえずはシードなしで、戻りました。顔を覆うものがないと、いきなり素の内面を晒しているような恥ずかしさがありました。自意識過剰でしょうか。バイクに乗ると人が変わると言われるのは、案外シードの力だったのかも知れませんね。

ネット通販で探すと、シード部分の価格と、メット本体の価格があまり差がないことがわかりました。15年以上使っていて無数の傷があり、目に見えない劣化も予想されます。本体を購入することにし、きょう届きました。
フルフェイスは好きではないので、ジェットタイプです。今週末はさっそく、使ってみることにします。


PS:壊れたヘルメットを粗大ゴミに出そうと思い、役所に電話をしたら40cm以内は「一般ゴミ」でいいと言われました。ペットボトル、ビンと缶、金属、衣類などの資源ゴミの分別と、後は一般ゴミとおおまかなのが助かります。古いプリンタだけを出すことにしました。ちなみに310円です。


(写真:バラ=薔薇:シルクのような花びらです。赤が苦手なカメラなのに、きれいに撮れました:公園)
21:43  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1928)  遅れる理由

2007.06.04 (Mon)




電車が遅れる理由は、たくさんあります。
車両故障,信号機故障、線路故障、オーバーラン、踏切事故、置き石、人身事故、ドアの荷物挟み、非常ボタンの作動、急病人の救護、強雨、強風、雷、地震・・・。
きょうの遅れは「○○駅で、前の電車が緊急停止したため」というアナウンスです。それは、原因の説明になっていないと思います。じっと缶詰状態で15分は、きついですね。
会社の到着は、滑り込みで間に合いました。急いだのと、曇りで湿度が高かったせいで、汗びっしょりでした。エアコンをがんがん効かせていると、上司が寒いから温度を上げてくれと言います。仕方がなく、目盛りを1度だけ上げておきました。

(写真:クリスマスブッシュ:原産地:オーストラリア:花屋さん)
 オーストラリアでは夏がクリスマスで、赤がクリスマスカラーです。小さな白いのが花です。
21:43  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1927)  季節が飛んでいる

2007.06.03 (Sun)




しっとりとした草花の写真を撮っていて、ひと月近く間が空いたため、季節が一足飛びに過ぎたのを感じます。
5月の花が、あの花もこの花も過ぎてしまっていると、出会えなかったのが残念です。週末だけのカメラマンの悲しさですね。

6月の花。
「梅雨入り」
・シモツケ・サラサウツギ・ホソバシャリンバイ
・ユキノシタ・ハクチョウソウ・シシリンキウム ほか

写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ハルユキノシタ=春雪の下:以前の庭にたくさん咲いていた懐かしい花です:公園)
18:20  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1926)  万城目学「鴨川ホルモー」

2007.06.03 (Sun)

日本の作家の本は、1日か2日で読み終わります。
海外の本はページ数が多いので、3~4日でしょうか。週に1~4冊なので、感想を書こうと思う本が、いつもパソコンの横に積んでおくということになります。
これが最近は、次第に億劫になってくるのです。図書館本だと、なおさら脅迫されている気がしてきます。いえ、もちろん被害妄想に過ぎないのですが。
そういう理由、あるいは逃げの口実を作り、ときどきは感想を書かないで済ませるということをしています。サイトを始めた頃は、よほどひどい作品以外は必ず書いていたのです。

先週の3作。
万城目 学「鴨川ホルモー」
高田崇史「毒草師」
あさのあつこ「バッテリーVl」

万城目さんは話題の「本屋大賞」を受賞した新人です。これがかなり、おもしろかったのです。京都という舞台もいいですね。異形の世界。
高田さん。感心するほどの毒草への知識、和歌との関わり。密室の謎。おもしろいです。
あさのさん。シリーズ終章です。う~ん、どうも番外編のような雰囲気です。
「MANZAI」シリーズを早く出してほしいというのは、読者のわがままですが。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
18:12  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1925)  梅雨入りが近づいて

2007.06.02 (Sat)



(写真:ハナショウブ=花菖蒲:静かな公園にたくさん咲いています)



(写真:ハナショウブ=花菖蒲:白い花びらが淡く色づいて、きれいです:公園)

九州が梅雨入りしたそうです。
そろそろ関東も梅雨入りが近づいてきました。薄曇りのきょうは、バイクを飛ばして公園まで行ってきました。快走するバイクの感触を、楽しみました。久しぶりに訪れた公園は、サラサウツギやガウラが咲き、紫陽花も開き始めています。花を見ると、気持ちがほっとします。

昨夜バッグを整理していると、桜の花びらが一枚出てきました。ドライフラワ-になっていますが、それでもピンク色が残っています。帰省して見た弘前公園の桜吹雪。もう、ひと月が過ぎたのですね。次に見られるのは、いつのことでしょう。郷愁が心を満たし、いつになくしんと静かな夜でした。
20:12  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1924)  工事中

2007.06.01 (Fri)




新宿御苑の温室が、大改装に入りました。
閉館が2年以上ということなので、ほとんど新築に近いのでしょうか。ゆったりと自然の風を感じた後、暑い温室の熱帯の植物たちが楽しみだったので、しばらく寂しくなります。
「母と子の森」コーナーは春に、改装が終わっています。裏ぶれた池と雑草に囲まれたいい雰囲気だったところが、散歩ができる和風公園になってしまい、こちらはちょっと残念です。
みごとな庭園と、あと少し草花コーナーがほしいと、秘かに願っています。

(写真:セブリナ・ペンデュラ:メキシコ原産のツユクサです:御苑温室)
20:53  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |