2007年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

(No.2012)  EGO-WRAPPIN' 中納良恵「premium showcase LIVE」

2007.08.30 (Thu)




EGO-WRAPPIN' 中納良恵「premium showcase LIVE」があります。
9/26発売のソロアルバム「ソレイユ」を前に、女性限定の完全招待制ライブです。さっそく、申し込みました。当選したらうれしいです。競争率がきっと高いでしょうね。
9/15 18:00 都内某所(11日にメールで招待状が来るようです)
都内某所って、どこでしょうね。あそこか、ここか。いろんなライブ会場を想像してしまいます。きっと狭いライブバーのような気がします。
「ソレイユ」の2曲の試聴 ができます。

(写真:ベニマツリ=紅茉莉:原産地はパナマ、キューバです。情熱の赤です:公園)
20:39  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2011)  お土産はいらない

2007.08.29 (Wed)




中国出張の、お土産をいただきました。
あれほど肉まんがTVで騒がれたあとだけに、チョコもマフィンもとても食べる気になれませんでした。免税店だから、ある程度はしっかりしたメーカーなのかも知れませんが、どうしても口に入れられませんでした。ひとつづ手元にもらって、秘かに処分したことは内緒です。

(写真:メディニラ・マグニフィカ;フィリピン原産の、ノボタンに似たシベの花です:公園)
20:46  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2010)  時計のおしゃれ

2007.08.28 (Tue)




新しい腕時計がほしくなりました。
電池が切れてしまったので、ちょうどいい機会かも知れません。でも、ネットショップの検索をしても、実際のお店を覗いても、なんとなくぴったりくるものがないのです。ごてごてした飾りがなく、重さを感じさせず、針と文字盤が明確で、ガラスにピンクかパープルが入ったものがほしいのです。
1週間ほど探して、結局はいま使っている時計の、電池交換をすることにしました。ほしい条件を満たしたのは、使用中のものでした。
落下防止チェーンの輝きがなくなっていたので、思いついてチョーカーで代用させることにしました。ニッパやペンチで切ったりつなげたり、手間がかかりましたが案外いい出来でした。これでまた、当分は買わないままになるのですよね。

(写真:マユハケオモト=眉刷毛万年青:ネーミングがぴったりで、つい笑ってしまいました:公園)
21:27  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2009)  浴衣も最後

2007.08.27 (Mon)




夕方の駅で、浴衣姿の女性を二人見かけました。
時期的には、そろそろ最後でしょうか。一人は60歳の方で、男女兼用の祭りのような白地に紺色の幾何学模様です。もう一人は、紺地に小さな模様を白く染め抜いたものです。こちらは、すっきりとおしゃれです。40歳くらいの方で、着慣れた雰囲気があります。
今年もタンスから出すこともなかった、わたしの浴衣がかわいそうです。35度では、着付けをしているうちに汗びっしょりになってしまうでしょう。その暑さを考えると、やはり着る気にはなれません。夕涼みに着たいものです。夕方になっても夜になっても暑い、ヒートアイランドの街です。

(写真:ムラサキゴテン=紫御殿:葉の紫が印象的な露草です:公園)
21:28  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2008)  辻村深月「スロウハイツの神様」

2007.08.26 (Sun)




残暑が続いています。
夏日 - 最高気温が25°C以上の日。真夏日 - 30°C以上。猛暑日 - 35°C以上。
真夏夜 - 最低気温が20°C以上の日。熱帯夜- 25°C以上。
気象庁の言葉も、次第に変わって行くのかも知れません。40度以上や30度以上の夜は、どういうネーミングにするのでしょう。
ほんの少し、暑さが和らいだとは言え、寝る時の冷房を消すわけにはいきません。

先週の1作。(読了したのに感想を書いていない2作は来週)
辻村深月「スロウハイツの神様 上・下」
おもしろいですね。辻村さん。すっかり、特有のテンポで進む世界に浸ってしまいました。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ディエテス・グランディフロラ:アヤメ科の南アフリカ産の、幻想的な花です:公園)
18:15  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2007)  夜を駆ける

2007.08.25 (Sat)




夜の街を、母に背負われている3歳くらいの記憶があります。
揺れながら、なぜそんなに急ぐのだろうと思いました。のちに知ったのは、父と姑と諍い実家に帰った日だったそうです。幼いわたしだけを背負い、残された家族の面倒を見たのは姉だったと、愚痴られました。釣り道楽の父と、お芝居やお付き合いが派手だった姑と、慎ましく倹約して家計のやりくりをしていた母。
列車で3時間以上かかる実家へ急ぐ母の気持ちも、今はほぼ思いやることができるのです。決然と、もう戻るまいと急ぎ足で歩いたのでしょう。
父がガンで亡くなり10年、母が3年半たちました。子どものわたしにとっては、あくまでも父と母という存在ですが、それぞれに一人の人間としての人生があったのですね。

(写真:スイレン=睡蓮:ほんの少し涼しさを感じさせてくれる水辺の花です:公園)
21:29  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2006)  ノウゼンカズラの記憶

2007.08.24 (Fri)




小さい頃のかかりつけの医院で、夏になると鮮やかなノウゼンカズラの花が咲きました。
4mほどの高い木の頂上から、ツリー・オーナメントのように垂れ下がったサーモンピンクの花が、子ども心にも美しいと思いました。洋館造りの医院によく似合い、同じ年頃の女の子のちょっと取りつきいにくい雰囲気とも合っていました。
よく夜に熱を出したので、夜の診察室の静けさと、聴診器と、薬を調合してくれるお医者さんの奥さんのやさしさとを思い出します。母におんぶして行ったのですから、小学校の低学年くらいだったでしょうか。
花は、記憶を鮮やかに思い出させてくれます。

(写真:ノウゼンカズラ=凌霄花南:夏らしい艶やかさが好きです:公園)
21:06  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2005)  ジグソーパズル

2007.08.23 (Thu)




ジグソーパズルに、ハマっていたのは10年以上も前です。
モノクロ写真の1,500~2,000ピースが好きでした。カラーは、天野喜孝がきれいでした。ただフレームをつけて飾っても、飽きっぽい性格なので結局処分してしまうのです。
最近、イライラしているときにネットのパズルをすることがあります。完成すると、リセットできて執着もなく、つい遊んでしまいます。
プレステをするほど時間がない、という影響もあるかも知れません。ゲーム歴25年。結構、遊び好きです。
いま遊んでいるのはこちらのサイトです。

(写真:ヒメノウゼンカズラ=姫凌霄花南:アフリカ原産:夏の名残を彩っています:公園)
22:40  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2004)  落雷で停電

2007.08.22 (Wed)




落雷による停電があったようです。
夕方だったので、ちょうど通勤電車が影響を受けました。京葉線の遅れ、埼京線の運転停止です。京葉線は雨や風にも弱く、しょっちゅう遅れます。その影響で、どの路線も遅れと混雑がひどかったです。本を読んだのも途中までです。文庫本も開けないほどの混雑でした。冷房の効果も薄れ、車内は蒸し風呂状態です。周囲の客と体が接すると、汗で濡れていたり体温が高かったりで、不快度も増します。

日中の気温も37度の猛暑です。会社の廊下の窓が開いているので、熱風が吹き込んできます。絶対に、外に出たくありませんでした。昨日は「秋の気配」について書きましたが、秋の気分にもほど遠かったです。

(写真:コンロンカ=崑崙花:白葉が花のように見えますが、黄色い部分が花です。なんとなく病院の白衣を思わせます:公園)
21:18  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2003)  秋の気配

2007.08.21 (Tue)




夕暮れが早くなってきました。
蝉の鳴き声も、いくらか弱くなってきました。夕方、草地から虫の声が聞こえます。こうしてみると、暑さはまだまだですが、秋の気配がかすかに近づいています。そう思うと、猛暑も我慢できそうな気がします。
仕事で九段下まで行ってくると、Tシャツが背中に貼り付いてしまいました。このまま乾くと、塩が浮き出てくるのではないでしょうか。男性で黒や赤のシャツに、縞模様が浮いている人をときどき見かけます。あんなふうになったら、さすがに嫌ですね。それにしても、やっぱり黒の背広姿は暑そうです。
そして夕方の電車は、ドア故障でまたも遅れたのでした。

(写真:ユーチャリス=別名:アマゾンリリー:大きめのユリという感じで、芯のグリーンがきれいです:植物園)
ジェレさん。教えてくれて、ありがとう~♪
20:30  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2002)  通勤の嘆き

2007.08.20 (Mon)




夏休みの人が多かったようで、先週は乗車率が140%程度でした。
きょうからはほとんどの人が、いつも通りの出勤で180%です。そんな日に限って、山手線で煙が出ていて消火に当たっているというアナウンスです。車両火災でしょうか。じりじりと遅れ気味の電車が、15分遅れで到着です。駅構内はまだ遊びモードのキャリーバッグ軍団が、あふれていました。足で引っ掛けないように、すり抜けて急ぎます。
恐怖の週明けの仕事も、山盛りです。まだまだ暑さは続きそうです。ため息のひとつもつきたくなる、月曜日でした。

(写真;オオハンゴンソウ=大反魂草:魂に逆らうとは、すごいネーミングですね。:植物園)
21:47  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2001)  那須田淳「グッバイ バルチモア」「ボルピィ物語」「ハローによろしく」4作

2007.08.19 (Sun)




日記が2,000回を越えたので、気分的に新しくスタート地点に立ったような気がします。
読書はあいかわらず、おもしろいと思った作家の一気読みが続いています。

先週は4作。
那須田淳「グッバイ バルチモア」
    「ボルピィ物語」
    「ハローによろしく」
    「おれふぁんと - にっぽん左衛門少年期 - 」

どれもおもしろいです。小中学生向けとは思えない、話の深さと長さはすごい作家だと思います。
「グッバイ バルチモア」の悲哀感に満ちた雰囲気。
「ボルピィ物語」の冒険とファンタジィ。
「ハローによろしく」はがんばる少女への応援歌。
「おれふぁんと・・・」の、時代物だからこそのしっかり少年。
これで絵本を除く那須田さんの、ほとんどを読んでしまったことになります。新作が、待ち遠しいです。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:カワラマツバ=河原松葉:2~3mmの小さな花の集まりです。)
15:23  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2000)  世界遺産、白神山地

2007.08.18 (Sat)




6年前の「Diary」をそのまま載せます。奇しくも同じ土曜日でした。
ブログへの移行は2006年2月ですが、サイトを開設した2000年12月からずっと「Diary」を書き続けてきました。きょうで「2,000回」になります。
ささやかな情報発信と、伝えたい思いが枯れない間は、続けていきたいと思っています。

**************************************************************************************************************************
白神山地のブナの原生林の近くまで、行ってきました。
様々な植物や動物たちの生態を、ビジターセンターで見ることができます。センターの建物は、ヒバの樹で作られています。
ブナの樹が、芽から大きくなり人の背丈になるまで、150年かかるとか...。原生林は7,000万年前にできたのもだそうです。気の遠くなる世界です。その中で、雨が落葉層に貯えられ、湧き水になる...。まるで、宇宙を覗いたような気分でした。
その原生林を「開発」から守った人たちのドキュメントのビデオも見ました。「白神の湯」という温泉で、とても気持ちのいい時間を過ごすことができました。もちろん、ヒバの樹で作られています。
美しい青空と白い雲が、澄んだ空気があるから見えることも、改めて感じました。
(2001.8.18)
**************************************************************************************************************************

(写真:チガヤ=茅:穂ができて種が飛び出し始めました。これも夏の風景です:公園)
21:31  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1999)  映画「ピアノの森」

2007.08.17 (Fri)




「ピアノの森」を観てきました。
監督:小島正幸 原作:一色まこと 声優:上戸彩 神木隆之介 池脇千鶴
ピアニストを目指す小学5年生の修平は、転校先の田舎町で同級生の海(カイ)と出会う。カイが木もれ日の美しい森のピアノを自由奔放に弾くのに刺激され、修平は嫌いになりかけていたピアノへの熱を取り戻し、コンクールに向けて猛練習を始める。カイも音楽教師により見いだされ、コンクールを目指す。
音楽面では、世界的ピアニストのウラディーミル・アシュケナージが参加し、本人が劇中の主要なピアノシーンの演奏をするなど、音楽面でも世界レベルだ。

ピアノの音というのは、転がる音の連なりが美しいと思います。弦楽器とは別な魅力があります。ストーリーはうまくまとまっていて、修平とカイの音楽への感性の違いも伝わってきます。深い森の空気や光と風の、気持ちのよさが感じられます。自由にピアノを弾く楽しさも、ひたすら練習を積み重ねるピアノも、聴いていると弾き手の深い愛情になでられるようでした。
音楽映画として、充分に楽しめました。観てよかった映画です。
オフィシャルはこちら

(写真:シナハクチョウゲ=支那白丁花:純白の宝石のような花です:植物園)
20:53  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1998)  猛暑、酷暑の夏

2007.08.16 (Thu)




都内で、光化学スモッグ注意報が出ました。
一時期発生が少なくなっていたのですが、ここ10年ほど再び多くなってきたようです。発展の目覚ましい中国大陸から、汚染された大気が入ってきていることも理由だそうです。発生日は、都内がひと夏で18日、埼玉や千葉は都内からの空気が流れてくるため26日あるそうです。
37度の猛暑に加え、光化学スモッグとなると、窓を閉め切って冷房を使うしかありません。3時過ぎに、郵便を出すために往復5分を歩いたら、頭痛がしてしまいました。これもスモッグの影響でしょうか。
熱中症も怖いです。昨日の夜から今朝にかけ、埼玉、群馬で高齢者の方5人が死亡しています。

体温調節、水分補給に気をつけましょう。

(写真:シロアザミゲシ=白薊芥子:熱帯アメリカ原産の花で、プリーツの花びらがきれいです:植物園)
21:30  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1997)  ご招待されても

2007.08.14 (Tue)




先日、友人の娘さんの結婚式と披露宴への、招待状をいただきました。
そんなに親しいかというと微妙なお付き合いで、1年以上もお会いしていなかった方です。娘さんとは直接は接したこともなく、日取りも8月の25日という暑さのまっただ中です。おそらく「できちゃった結婚」だろうと思いました。横浜のホテルで距離もあり、真夏の正装は用意がありません。失礼のないように欠席のお手紙と、お祝いの品をお送りしておきました。
友人から昨日お手紙が届きました。やはり娘さんは妊娠6カ月だそうです。お相手は再婚で子ども1人がいて、元の奥さんは2人の子どもがいるので、養育費を送っていること。式の費用が全額負担だということ。お相手の親戚の出席はご両親のみ・・・。愚痴をこぼしたいらしく、延々と書いていました。
そんな結婚がうまくいくのでしょうか。式場も凍り付くのではないかと、ため息の出る内容でした。ふーっ。

(写真:キバナミソハギ=黄花禊萩:ミソハギはピンクで、黄色は珍しいようです:植物園)
20:32  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1996)  「造顔マッサージ」お試し

2007.08.13 (Mon)



(写真:アサガオ=朝顔:いただいた種からふんわり咲いた、縁の白い大きめの花が涼しげです:ベランダ)

プチ夏休みに、試したのが話題の田中宥久子さんの「造顔マッサージ」です。
皮膚が過敏症なので、じつはマッサージクリームを使うのも、初めてでした。写真のページを見ながらだったので、3分間のはずが10分もかかり、クリームを洗い流すのもひと苦労でした。慣れると3分ですから、そんなに大変ではありません。
効果は、確かにありました。緩んできているフェイスラインがすっきりし、まぶたや鼻の周辺のむくみが取れ、口元のほうれい線が薄くなり、肌に張りが出てきました。弱い首の皮膚もほんのり赤くなる程度で、肌を痛めることもなかったです。
これは続けてみてもいいかも知れないと、思っているところです。ただ、お勧めのクリームではお高いし、本とDVDセットも手が出ないので、手軽にできる方法をご紹介します。
(続きは、こちら ↓ ↓ ↓ )
21:37  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1995)  「凍りのくじら」「スウェーデンの王様」「路上の弁護士」

2007.08.12 (Sun)




プチ夏休みが、きょうで終わりです。
明日からは仕事と思うと、そろそろ緊張感を高めなければいけません。もう少しゆとりのある生活がしたいですね。海外旅行とか、北海道、せめて飛騨に行きたかったです。

先週の3作。
辻村深月「凍(こお)りのくじら」
那須田淳「スウェーデンの王様」
ジョン・グリシャム「路上の弁護士」

辻村さん。心理を深く分け入る、書き方がいいですね。ドラえもんツールが思いがけないです。
那須田さん。古楽器の音が聞こえてきそう。うらやましくなるような少年時代です。
グリシャム。うまくでき過ぎています。軽く読むのには楽しいです。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:アサガオ=朝顔:去年、通勤途中でひと目惚れして種を持ち帰った白です:ベランダ)
15:00  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1994)  甲子園の夏

2007.08.11 (Sat)




猛暑の夏の、甲子園球場は熱いです。
きょうは「大垣日大-金足農」「広陵-駒大苫小牧」の2試合を、たまたま見ていました。どちらを応援するということもなかったのですが、負けている方にエールを送っていました。金足農は追いつけず、広陵は逆転しました。勝った方の、笑顔がいいですね。
「甲子園の土」を袋に入れるシーンは、どうも違和感だけが残ります。業者がどこからか運び入れ整地した即物的な「土」よりも、持ち帰るべき大切なものがあるのではないでしょうか。

(写真:トウフサフジウツギ=唐房藤空木:別名:ブッドレア:赤いルージュの花が、夏色です:植物園)
20:15  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1993)  ヌスビトハギ・ハゼラン・ヒゴタイ・ネムノキ

2007.08.10 (Fri)




残暑お見舞い申し上げます。
34度から36度の暑さが続いています。夏の花の世界は、ちょっぴり秋を予感させるものがあります。
ベランダで、フウセンカズラが今年はたくさんの風船(実)をつけてくれました。もう、種も採れました。ハートの種が、やっぱり不思議です。3室にそれぞれ1個(合計3個)の種が、顔をつき合わせているのです。
秋になったら、数種類の花の種をお譲りできると思います。

「残暑お見舞い・・・」
・ヌスビトハギ・ハゼラン・ヒゴタイ
・ヤブミョウガ・トキワツユクサ・ネムノキ
・ニンジンボク・ハエドクソウ・コヒルガオ
・ホタルブクロ・フウセンカズラ-実&種 ほか

写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪
16:49  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1992)  「戸田橋&板橋花火大会07年」の写真

2007.08.10 (Fri)




先日の、花火大会の写真をアップしました。
光の世界を、少しでも感じていただけたらうれしいです。
11,000発の美しさ。

写真を「Flower」8月花火大会に、アップしましたので、見てくださいね~♪
16:39  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1991)  「ラッセル・ワトソン」

2007.08.09 (Thu)




去年のコンサートは、本人の体調により中止になっていました。
2001年のCDでの出会いから6年で、ようやく「ラッセル・ワトソン」のステージを聴けることになりました。8/31日東京国際フォーラムです。ずっと思っていたあこがれの人に会うようで、ドキドキです。
以下は、初めて聴いたときの感想です。

『初めは、音域の広いテナーで、若い魅力的な声だと思った。それが何曲目かに突然別な歌手の声が入り、デュエットかなと思いながら聴くうちに、唐突に理解した。彼なのだ。別人のように低音のハスキーなポップス系の歌い方でささやきかけ、嘘でしょう、というくらいに上手い。両方を喉で歌い分けられるなんて、今までにない歌手の出現だった。彼はクラシックも歌えるエンターティメントだ』

(写真:オグルマ=小車:ダンスをしているような花びらがおもしろいです:植物園)
21:11  |  音楽  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1990)  猛暑の立秋

2007.08.08 (Wed)




きょうは立秋です。
暑中見舞いも出さないうちに、残暑見舞いになってしまいました。34度の気温は当たり前という、猛暑、酷暑はまだまだ続きます。
バイクに乗るのも、この季節は大変です。ウェスで軽く汚れを落とし、紫外線カット仕様のメットをかぶると、もう汗が流れてきます。駐輪場から出ると、道路からの照り返しの熱気で全身が包まれます。陽射しもぎらぎらとまぶしく、信号待ちの時は手袋をつけた腕で顔を覆います。走っていても、前の車の排気がドライヤーを当てられるように熱く、反射光で発火しそうです。
水分補給を十分にして、残暑を乗り切りましょう。

(写真:雨の日:蜘蛛の巣に雫がついて、きらり、光っていました:ベランダ)
20:51  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1989)  バイクとパトカー

2007.08.07 (Tue)




夜、排気筒を改造したバイクが走り回る甲高い音が、嫌です。
窓を閉めても、幹線道路脇のためもろに音が響きます。疾走する快感はわからなくもないけれど、自己顕示欲で大音響を振りまいておもしろがる幼稚さに呆れます。
それを追いかけるパトカーのサイレンも、またけたたましいのです。当然、信号を無視して走るための警告ですが、古い街の狭い道路では、かえって危険を感じるのです。ニュースでときどき見かける、追いかけられた方の起こす事故や警察が起こす事故もあります。ちょっと複雑な気がします。
寝苦しい夏の夜を、せめて静かに眠りたいものです。

(写真:ハゼラン=爆蘭:雨の日:実とつぼみについた雫が、かわいらしかったです:ベランダ)
21:21  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1988)  降りそそぐ、一瞬の美

2007.08.06 (Mon)






戸田橋&板橋花火大会に行ってきました。
今年は、いままでで一番、打ち上げ場所に近いところで見ました。危険立ち入り禁止のすぐ隣です。最高の花火でした。180mにまで開く大玉の美しさに酔い、小さめで変化にとんだものに驚かされました。とりあえず1個だけの紹介です。
頭上でみごとな花を咲かせた後、残光がきらきらと降り落ちてきました。周囲から歓声が上がります。まるで光の世界の中に、すっぽり入ったような感じでした。写真ではきらめき感がないのが残念です。ぜひ実物を見てほしいと思いました。
写真の整理ができ次第、アップする予定です。もう少し、時間がかかります。

途中で入れたバイクのガソリンが、しっかりと値上がりしていました。(¥139/リットル)
20:43  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1987)  「ぼくのメジャースプーン」「ペーターという名のオオカミ」「キングの死」

2007.08.05 (Sun)




夏休みモードに入りました。
花の写真も、昨日の花火大会の写真も、ゆっくりと更新する予定です。

先週の3作。
どれも深く心に残る、いい出会いでした。
辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
那須田淳「ペーターという名のオオカミ」
ジョン・ハート「キングの死」

辻村さんは心の深くを、しっかりと描いています。学校のうさぎ事件を、ここまで書き切るとはすごいです。
那須田さん。2作目です。オオカミの群れを追って走る、少年たちが爽快です。作家の人間性の深さに脱帽です。
ハート。これもいいですね。うだつの上がらない弁護士が妹のために、必死になっていきます。デビュー作とは思えないうまさです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ハエドクソウ=蝿毒草:2~3mmの小さな花で、赤いラインが印象的です:植物園)
18:01  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1986)  戸田橋&板橋花火大会

2007.08.03 (Fri)




明日は、戸田橋&板橋花火大会があります。
川の両岸から、それも頭上で大きく開いて、11,000発が打ち上がるので、迫力があります。向かいの板橋はほとんど全席有料のようですが、戸田橋は一部をのぞいて無料です。シートを敷いて寝転んでみられるのも、うれしいです。
気象予報は、曇りで雨は降らないそうです。台風のあと風が少し心配ですが。

6年前に最期に母と一緒に見た花火が、なんだか少し遠い記憶になってきました。お盆の時期に帰省するのも難しく、迎え火を焚くこともできません。こうして、年を重ねて生きていくのですね。

(写真:06年の花火です:今年も楽しみです)
06年の写真はこちらです。「Flower」8月の花「夏・花火」よかったら、見てくださいね。
22:05  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1985)  土砂降りの雨

2007.08.02 (Thu)




ひどい雨でした。
ちょうど駅まで歩く通勤途中、雨が激しくなりました。傘をさしても、髪もぬれ、スニーカーの中に雨水が染み込んでしまいました。蒸し暑さもあるだろうと、Tシャツにパンツですが、膝から下はずぶぬれです。今年流行のオーガンジーやボイルの透ける素材の服の人は、肌に貼り付いて気の毒でした。
会社に到着した頃には、雨がやみ、そのあとの暑さはすさまじかったです。仕事でちょっと外に出るのに日傘ではなく、雨傘でした。ちょうど乾いてくれて、よかったですが、紫外線は防げませんでした。赤くなってしまった肌に、火傷の薬を塗っておきましょう。

(写真:コヒルガオ=小昼顔:5月にはサツキがたわわに咲いていた垣根の、ピンクのヒルガオがきれいです:植物園)
21:53  |  季節  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

(No.1984)  ようやく、梅雨明け

2007.08.01 (Wed)




関東地方は、ようやくの梅雨明けです。
31度で湿度が高く、不快指数が100%というところです。朝からの暑さで、うんざりしている通勤電車です。アナウンスが、舌足らずの男性の声で、溶けたアイスクリームのように気持ちが悪いのが輪をかけます。この人と、歯が欠けた演歌調の人は、聞くたびに不快度が増加します。
特別うまくなくていいので、気にならない程度に駅名が伝わったらそれでいいのです。暑さのせいですね、みんなが苛ついているのが伝わってきます。

(写真:ヤブミョウガ=薮茗荷:木陰の白い花がグリーンの実へ、そして黒い実へと変わります:植物園)
21:36  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |