2007年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

(No.2125)  よいお年を

2007.12.31 (Mon)




読みかけて放っといた3冊の本を、読了しました。
感想は休み中に書く予定です。なんだか年末モードで落ち着きませんでした。
EGO-WRAPPIN'のライブ・レポートも、なんとか載せたいと思っています。
やり残したことは、すべて2008年にできると思うと気が楽になりますね。

いつもレスをしてくださる方、ときどき忘れずにのぞいてくださる方。たくさんの皆さんと、お話ができてうれしかったです。来年もよろしくお願いいたします。
よいお年を。

(写真:サンゴシトウ=珊瑚紫豆:南国の花らしい情熱の赤がきれいです:公園の温室)
19:15  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2124)  キャッチ

2007.12.29 (Sat)






駅のエントランスに、ホストっぽい雰囲気の人がときどき立っています。
通る女性に値踏みをするような視線を投げ、近づいていきます。渋谷や新宿の駅付近ではよくいるのですが、地元でも多くなった気がします。
そういう対象年齢ではないわたしに、昨日は女性が「失礼ですが、あなたのお顔に・・・」と声をかけてきました。宗教がらみだと思ったので、きつく見返して通り過ぎました。
その前日は、眼鏡の学生っぽい男性が「あれ?あ、あの、すみません」と呼び止めようとします。そういう知り合いはいないので、これも無視しました。2日もつづけてのキャッチは、珍しいです。わたしのどこを見て、声をかけてくるのでしょうか。
年末の慌ただしさに紛れて、変な誘いにはご注意を。

(写真:ジュズサンゴ=数珠珊瑚:小さな花と艶やかな真っ赤な実がかわいい花です:公園の温室)
21:19  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2123)  新しくしてみる

2007.12.27 (Thu)




ずっと使い続けてきた、布団と枕がくたびれてきました。
特に枕が、同じ方を向いて眠るため、右半分がかさが低くなっていました。思い切って買い替えました。
デパートで実物を確かめた上で、ネットショッピングです。やはりネットの写真と、現物は違います。おそらくこんなふうだろうと、想像できる範囲でした。ネットの魅力は価格が安いことです。送料を考えても、お得です。どの商品もすべてではなく、物によっての使い分けがいいと思います。

明日一日で、冬休みに入ります。仕事始めは1月7日です。
ネットはたぶん、いつもより間が空くかもしれませんが、休まずにいくと思います。

(写真:ヒスイカズラ=翡翠葛:ヒスイ色の不思議なお花のシャンデリアです:公園の温室)
22:07  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2122)  それぞれの対応

2007.12.26 (Wed)




年末調整で住宅減税を引き切れなかった場合の、市区町村の対応がまちまちです。
数人の対象者への説明のため、A区とB市、C市へ電話で問い合わせました。
A区役所では、電話をしてくれれば用紙を送るので、(※年末借入残高の記入をして源泉徴収票と一緒に)ご返送くださいということでした。
B市は、3枚複写の用紙がまだ印刷ができていなくて2月になります。それまでは、申請に来てくれれば記入してもらいコピーを取ります。またはネット利用で用紙のダウン・ロードができるのでコピーして(※同文)送ってください。
C市は、去年の資料をもとに対象者に用紙を発送したので、(※同文)郵送してください。

C市の人は手続きが楽です。ほかにも対応はそれぞれのようです。どちらも、3月17日までの申請です。高い住民税を少しでも、安くしましょう。手続きを、お忘れなく。
と言いつつ、賃貸のわたしには、何の特別待遇もないのですが。

(写真:フウリンブッソウゲ=風鈴仏桑華:赤いシャンデリアが鮮やかです:公園の温室)
20:55  |  仕事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2121)  マスクの季節

2007.12.25 (Tue)




20日から、花粉症が始まりました。
いつもの年と同じで、水仙が咲き出す頃でしょうか。原因になるものは検査をすると出てくるのですが、特定しても薬に過剰反応する体質なので独自療法しかありません。
マスクをする。甜茶をあびるように飲む。ヨーグルトを食べる。
それくらいでしょうか。梅の花が終わる頃には治るのですが、そのあとは杉花粉で再び始まります。結局、4月の桜の頃まで引きずることになります。長いですね。

(写真:サンタンカ=山丹花:温室の花が、やさしいです。槍のつぼみと風車の花びら:公園)
21:58  |  健康  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2120)  恒川光太郎「秋の牢獄」

2007.12.24 (Mon)




Merry Christmas~!
シンプルなグラスファイバー・イルミと、ワインだけのクリスマス・イブです。ケーキもあまり食べない方なので、さらにいつもの「日常」と変わりません。
でも、何よりも今夜はEGO-WRAPPIN'「Midnight Dejavu in東京キネマ倶楽部」で過ごせることが、自分への最高のプレゼントです。
心を満たされ、頭の中でしばらくはリフレインしていることでしょう。

先週の1作。
恒川光太郎「秋の牢獄」
静かな語り口と、爆発するような展開。しっかりと作風が出来上がってきたようです。一歩踏み出した、異世界が好きです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:エリカ"クリスマス・パレード"お花のイルミですね:花屋さん)
10:59  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2119)  深夜のミステリ

2007.12.23 (Sun)




ライブ帰りの深夜、コンビニに立ち寄りました。
レジに並ぶと、前の女性の着物姿が目につきました。一瞬、浴衣かと思うような薄衣なのです。細帯で、白っぽい着物、髪はアップしています。まるで竹久夢二の絵のような、崩れた雰囲気があります。会計をしている男性も、足首までの長い濃いグレイのマントを羽織っています。七三に分けた髪をなで付け、背は160くらいでしょうか。こちらの雰囲気も、映画のワンシーンのようです。じろじろ見るわけにもいかず、足元をそっと確認すると、折り返しのあるのズボンです。着物ではありませんでした。
関係は三十路の女性と資金提供者でしょうか。つい、あれこれ想像してしまいました。撮影の途中で、お腹が空いたので入ったような、なんだか不思議な雰囲気の二人でした。

(写真:ジュウガツザクラ=十月桜:すっかり満開になっています:公園)
20:33  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2118)  EGO-WRAPPIN'「Midnight Dejavu in東京キネマ倶楽部」

2007.12.22 (Sat)




EGO-WRAPPIN'「Midnight Dejavu in東京キネマ倶楽部」ライブに12月21日行ってきました。
7年目のキネマライブは、すごい盛り上がりを見せました。よっちゃんの笑顔と張りのある声、森さんのギターの響き、4人のホーンに、高音と低音のバランスに磨きがかかったハタヤさんのピアノ、あきらっちのドラム、まふねさんのベース、最高のサポートメンバーでした。
キネマは、なんだか「お帰り!EGO」と言いたくなるいい雰囲気の会場です。選曲も昔のジャズっぽいものが入っています。
初期の頃の「ミスター・リッチマン」が、新しいアレンジで聴けたのがうれしいです。全部の曲を、いまのアレンジで聴きたいという夢の、一曲が実現しました。
あの曲、この曲。それに込めるメンバーの思いと、聴いている私の中のたくさんの思いが重なり、泣かせられました。幸せなライブです。

ライブ・レポートは24日が終わってからアップしますので、お待ちくださいね。

(写真:ブルー・ジンジャー:花の少なくなる季節に、温室の花がやさしいです:公園)
21:03  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2117)  脳内メーカー猫版

2007.12.20 (Thu)






以前に人間の「脳内メーカー」分析がおもしろかったので、猫版をやってみました。
「ミャー」は元の猫の名前で、「ごろんた」はおデブになってからの愛称です。
いつも膝の上に乗るのが好きでした。誠がたくさんと、善、温、怪、逃が少しですね。おでぶは、休がたくさんと、信、楽、遊が少しあります。
なんとなく、納得できるのがいいですね。亡くなって、もう8年です。

たまメーカー遊んでみてください。
21:41  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2116)  忙しさも先が見え

2007.12.19 (Wed)




年末調整の目処がつきました。
やれやれと、肩の荷が下りる感じがします。たかが数十人分ですが、今年は税制改正が多く気を遣いました。
心配していた、住宅減税を還付し切れない人が3人出ました。税源移譲により、住民税から差し引くことになるのですが、そのために各自が市区町村へ申告する必要があるのです。来週はその説明という、仕事が残っています。
それでも、計算はほぼ終わり、明日にはすべて確定できるところまできたのです。やれやれ。
1月の各種税金の調書作成は、年明けにゆっくりとやろうと思っています。

気持ちが軽くなったので、21日と24日のEGO-WRAPPIN'キネマライブは、心おきなく楽しんできます。

(写真:モミジバフウ=紅葉葉楓:光を透かして見える紅葉は、重なり合ったグラデーションも見飽きることがありません:公園)
20:42  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2115)  かわいいキャラ

2007.12.18 (Tue)




モバイルSuicaのCMが、お気に入りです。
白いマフラーをたなびかせて、ケータイをギター代わりにスイングしています。動きがかわいいのです。いままでポスターでは、目が怖くてちょっと引いていました。
すべてを携帯電話に入れてしまうのは、なくした時の不安や、すでに起きている暗証番号を盗まれて使用される不安が、消せません。しばらく使う気にはなれませんが、CMはかわいいです。
えきねっと「ケータイ Rock!」篇で、見られます。

(写真:紅葉=モミジ:公園は最後の、美しさです)
21:09  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2114)  女子フィギュア・スケート

2007.12.17 (Mon)




フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが、終わりました。
キム・ヨナ選手が1位、浅田選手が2位でした。納得のいく演技ができてよかったですね。緊張感の中での演技と、エキシビションの晴れやかな演技の、どちらも好きです。まだ演技を高める余地を持っている二人の、来年、あるいはオリンピックがさらに楽しみです。
国際スケート連合(ISU)の最新の世界ランキングでは、浅田真央が1位、キム・ヨナが2位だそうです。いいライバルです。

(写真:フォックス・フェイス=別名:ツノナス=角茄子:狐の顔にそっくりで、よくできてるな~と感心します。カボチャと並んでしました:花屋さん)
21:11  |  スポーツ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2113)  ジャック・リッチー「ダイアルAを回せ」

2007.12.16 (Sun)




冬晴れが続いています。
空気が乾燥し、風は身に染みます。風邪やインフルエンザも流行の兆しがあります。外から帰ったら、うがいと手洗いをして予防をしたいですね。合わせて、マスクも有効です。

先週の1作。(他に感想を書いていないのがあります。そちらは来週に)
ジャック・リッチー「ダイアルAを回せ」
短編の名手と言われていますが、ちょっと物足りませんでした。「いい人」では、ストーリーは進まないのです。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:サザンカ=山茶花:背景は銀杏の黄葉です:東大キャンパス)
14:39  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2112)  寒い時には

2007.12.15 (Sat)




暖かい甘酒が、気持ちに優しい季節になりました。
朝の最低気温が5度前後になると、飲みたくなるのが不思議です。夕方から仕込みを始めました。明日の朝には出来上がります。おかゆを潰すのと、麹と混ぜ合わせるのに腕の力が必要です。
手を動かしながら、きょうはフィギュア・スケートを見ていました。女子のショートで、まさかの失敗をした浅田真央選手とキム・ヨナ選手。明日のフリーで、がんばってください。

(写真:クスノキ=楠:東大の安田講堂前にある、巨木です。剪定もしっかりして、夏は涼しい木陰になるでしょう)
21:10  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2111)  事故の年末

2007.12.14 (Fri)




朝の駅改札の入場制限で、エントランスは人で埋まってしまいました。
早朝の事故だったのですが、遅れが回復していなかったため、昨日に引き続いて電車は混雑がひどかったです。
通勤の過酷さは、「国電=酷電」と呼ばれてしまうのです。いえ、もちろん国ではありませんが。わたしの乗る路線は、4、5年まえから一層酷くなったような気がします。
そして年末に多くなる人身事故は、少しくらい早めに出たところでなんの足しにもなりません。かえって、ラッシュの波に突っ込んでしまいます。
きょうも、お疲れです。ふーっ。

(写真:東大の赤門:外国の観光客が記念撮影をする場所ですね)
21:30  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2110)  肩もこります

2007.12.13 (Thu)






今朝の電車の混み方は、異常です。
いつもの180%からさらに上がり、230%くらいです。エスカレーターの工事で狭くなった階段をホームに下りると、5分遅れの電車が入ってきます。乗る余地がなさそうな車内に、さらに押し込んで乗るのです。中は当然、ぎゅうぎゅうです。つり革に手を伸ばすこともできません。必死に足に力を入れて踏ん張ります。倒されないように、手や肩でこちらも押し返します。
ひと駅走るたびに、繰り返される降りる人と乗る人のもみ合いが、すさまじいです。
年末のせいもあるかも知れませんが、疲れきって会社に到着です。ふーっ。

(写真:メタセコイア:紅葉した葉が輝いて、きれいです:東大)
20:59  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2109)  靴の減り方

2007.12.12 (Wed)




11月まで履いたスニーカーの手入れをして、気付いたことがあります。
左の靴の親指の付け根部分に、傷がほとんどないのです。いままでは、右足で左を擦ってしまいかなり傷めていました。体のバランスが悪いのだと、ずっと思っていました。
去年の秋から今年の夏にかけて、歯医者さんに通い噛み合わせの調整をして、首の座りが真っすぐになったのはすぐに気がついていました。でも、歩き方まで変わっていたとは、ちょっとした驚きです。
体の左右がシンメトリーは理想ですが、多少でもバランスがよくなったのがうれしいです。

(写真:東大の銀杏の大木です。落ち葉を拾う子どもと、見守るお二人の視線がやさしいですね)
20:58  |  健康  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2108)  ガスもれ警報機

2007.12.11 (Tue)




「ガスが漏れていませんか?ガスが・・・」という、女性の声でびっくりしました。
キッチンのガスもれ警報機の声です。異常な気配はなかったのですが、静かに窓を開けて換気をしました。器具を外してみると、感知部分に羽が引っかかっていたのです。
そう言えば、2カ月ほど前に羽枕の縁が痛んで、中から羽が飛び出したことがありました。すぐに拾い集め、枕はしっかりしたピローケースに入れました。
いま頃になって、空中を飛んでいたのをキャッチしたのが、警報装置だったのですね。ダウンではなく、フェザーをガスと間違えるなんて、あまり精度がよくないのではないかと思ってしまいました。

(写真:弥生美術館の前庭にいた、三毛猫です。近くの家の猫のようで、逃げずにじっとしていました)
20:52  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2107)  やっぱりブルー

2007.12.10 (Mon)






ブルーマンデーだなと、やっぱり思います。
電車の中で、ちょっと小競り合いがあり、電車が混んでやや遅れ、仕事上の行き違いがあり、ニュースが殺伐として・・・。挙げていくとますます憂うつになってきそうです。
冬晴れの青空がきれいで、プラタナスの枯れ葉が道路を転がっていく風情で、プラス思考に変えていきましょう。

(写真:ゴシック様式の東大の通路と、その柱の飾りが美しいです)
21:13  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2106)  ローザン「ピアノ・ソナタ」/ マガー「七人のおば」

2007.12.09 (Sun)

陽射しがあると暖かいけれど、外はすっかり冬の寒さです。

先週の2作。
S.J.ローザン「ピアノ・ソナタ」
パット・マガー「七人のおば」

ローザンは初めてですが、しっかりした正統派ミステリでした。おもしろいです。
マガーは、女性が大勢登場するのが、ちょっと苦手です。力関係や人間関係は興味深いです。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
18:14  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2105)  オフ会忘年会「ふろくのミリョク☆展」

2007.12.09 (Sun)




オフ会(きなさん主催)で、戦前から前後までの少年少女雑誌についてきた「ふろく展」を、見てきました。
雑誌そのものにあまり知識がなかったのですが、時代を反映した少年向けの双六(スゴロク)があったり、印刷した紙をくりぬき大きな船を作る趣向に感心しました。少女向けは明るく、ファッションや小物が多いのは、時代を超えた好みなのでしょう。少女漫画のキャラは、やはり目が大きくて苦笑です。
竹久夢二はかなりの点数の展示があり、好きな人は楽しめると思います。手動式の蓄音機はもう音は出ないのか大切にしているのか、後ろにデッキがおいてあり、微かに「宵待草」の歌曲が流れていました。
(写真:美術館の屋根にある「母子像」:弥生美術館・竹久夢二美術館)











東大の銀杏並木の写真を撮りたいと、皆さんとお会いする前に学内を散策しました。
中に入ったのは初めてだったので、映像で知っているよりも古風な歴史のある建物が興味深かった
です。「三四郎池」は紅葉が少しあり、池の水に映えてきれいでした。
(写真:東京大学安田講堂:三四郎池)

続きをお読みいただけるなら ↓ ↓

18:08  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2104)   音楽と記憶

2007.12.07 (Fri)





「4分間のピアニスト」の映画の中で流れたモーツァルトの曲が、子どもの頃の記憶をよみがえらせました。
小学校の給食時間に流れた曲なのです。食事をしながら毎日聴いていた、小曲のいくつかも思い出しました。ベートーベンの「月光」や、サンサーンスの「白鳥」などだったように思います。音楽の時間以外にも、曲を聴かせて感想を書かせられました。

本格的な読書も、この頃から始まりました。図書室の本を貸し出して、ノートに感想を書くようにと言った先生の笑顔。積極的に意志を高く持つ生き方ことを、つかんでいった時期でした。5年と6年で、図書室の本のほとんどを読んだのです。
放送部に入らされ(すべて受け身だったのです)、ミニ劇場で役をもらい、台詞に感情を入れる練習をしたことなどの記憶が、どっと押し寄せてきました。
昨日から甘美な記憶に溺れて、感傷的な気分でいます。

(写真:ツルウメモドキ=蔓梅擬の実:固い殻からのぞいた赤い実が、きれいです:公園)
21:31  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2103)  映画「4分間のピアニスト」

2007.12.06 (Thu)



(監督・脚本:クリス・クラウス 出演:ハンナー・ヘルツシュプルング モニカ・ブライブトロイ)

映画「4分間のピアニスト」を観てきました。
オープニングからの、ショッキングな映像と、暴力の匂いが緊張感をもたらします。ピアノだけではなく、さまざまな音が観ているわたしまで気が狂いそうになるほど、パワーが有ります。

自暴自棄になったジェニーが、刑務所の中でも狂犬のように暴れだします。老齢の女性ピアノ教師クリューガーは、授業に訪れた刑務所で、ジェニーの才能を見つけます。コンテストを目指して、激しくぶつかり合いながらも理解し、互いが秘めた傷を乗り越えていきます。ジェニーは少女期に父親から受けた傷や、愛する男のために人殺しの罪の身代わりになり、刑務所で出産する際の仕打ちを話します。クリューガーはナチ軍に愛する女性を殺され、ピアノの世界から隠遁しています。

ドイツの重い歴史や愛を得られなかった姿が、ピアノを通して垣間見えてきます。しかも決して饒舌ではないからこそ、深く重いのです。
手錠をはめたまま、後ろ手で引くジャズピアノや、体の中で荒れ狂う力をぶつけるようなパイプオルガンの響き、そしてステージでのピアノ弦を直接弾く音の強烈さは、激しく心を揺さぶるのです。モーツァルトやシューマンのピアノ曲が、違う曲として定着してしまいそうなほどです。

ラストにクリューガーが見せるしたたかさと、艶やかと言える怪しいまでの笑顔で優雅にお辞儀をしてみせるジェニーが印象的です。静かに降る雪が、すべてを受け止め浄化していく感じがしました。
すごい、映画ですね・・・。
21:28  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2102)  故郷のりんご

2007.12.04 (Tue)




12月に入ると毎年、故郷からりんごが送られてきます。
箱を開けると、冷たい空気が肌に触れます。故郷の空気のような気がして、うれしくなります。今年は糖度が少なめです。それでも、歯ごたえと香りが故郷の味です。
外はすっかり冬の気配です。きょうから通勤に、ダウンジャケットを着ています。電車の中や駅の構内では、汗ばむ感じもありますが、外気が入るところはちょうどいいくらいです。スニーカーも冬用を履きました。

(写真:ブライダル・ベール:1cmくらいの小さな花が、ハンギングで咲いていました:花屋さん)
21:01  |  季節  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2101)  価格の不思議

2007.12.03 (Mon)






ドラッグストアのセールは、週末です。
シャンプー、コンディショナー、トリートメントの3点セットが690円。でも、それぞれの詰め替え用は1個が840円というのは、どう考えても変です。セットだけを売りたい意図が見え見えです。洗剤も、同じ売り方です。プラスチック資源ゴミとして再生されるとしても、詰め替えの方がより環境にいいと思うのです。これでは、資源の節減にならないのではないでしょうか。
個人の力だけではどうにもなりません。じわじわと生活必需品が値上がりしていることを考えると、頭が痛いですね。

(写真:エンジェルス・トランペット:原産地は中南米のアンデス山地ですが、寒さに強くまだ咲いています:公園)
20:58  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2100)  スコット「人魚とビスケット」/マレル「廃墟ホテル」

2007.12.02 (Sun)

小春日和の、穏やかな休日です。
ベランダで秋蒔きの種が、双葉の小さな芽を出しました。2週間以上たったので、6種類の花のどれかです。たぶん、モモイロタンポポとヒメウズだったと思います。ネームプレートをつけておくべきでしたね。本葉が出たら、わかるでしょう。

先週の2作。
J・M・スコット「人魚とビスケット」
デイヴィッド・マレル「廃墟ホテル」
スコットが、おもしろかったです。ぐいぐい引き込まれて読みました。海難ものの苦手意識が吹き飛びました。
マレル。2作目ですが、あまりにもアメリカ的アクションでした。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
15:13  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2099)  師走です

2007.12.01 (Sat)




師走という言葉が出ただけで、もう慌ただしい年末までカウントダウンが始まったような気がします。
美容院も混んでいました。忘年会をはじめ、人と会う機会も多くなるからでしょうか。パーマやカラーのお客さんが多いようです。
いつもは2時間弱なのに、2時間半以上かかりました。シャンプーが終わっても、ブローまでの間に待っている時間があるのです。
紅葉の写真を撮りに行こうと思っていましたが、今週は雑用のために行けそうにありません。来週まで、待っていてくれるでしょうか。

(写真:ムラサキシキブ=紫式部:コムラサキより小さい実が、寂しくぱらぱらとつきます:公園)
19:41  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |