2008年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

(No.2150)  座布団のサイズ

2008.01.31 (Thu)




普段使いの座布団カバーの痛みが、目立ってきました。
デパートや100均ショップでは、普通サイズと言われる銘仙判55cm×59cmしか置いていません。ネットで探してみたら、ありました。八反判という59cm×63cmです。サイズの表示も、初めて知りました。模様はあまり種類がなく、ありふれた紺の地色に桜の花びらを選びました。うれしいのは1枚から購入ができることです。さっそく2枚を申し込んで、5日ほどで到着しました。
部屋がきりりと、引き締まったような気がします。

(写真:プリムラ・マラコイデス:真っ白がうれしい、桜草に似た花です:花屋さん)
21:19  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2149)  イヤホンとヘッドホン

2008.01.30 (Wed)




パソコンで音楽を聴くときに使っていたヘッドホンが、部分的に不具合が出てきました。
耳に触れる部分のパッドが取れてしまいました。長い間使っていたので、新しいものがほしくなりました。秋葉原のショップで、イヤホンを買いました。店員さんの説明でパナ◯◯ックに期待し決めたのですが、高音の違和感と、低音部が聴こえないというひどいものでした。試聴できたらよかったのにと、ちょっと残念でした。
ネットで情報を集め、セミオープンのものにしました。iPodと同じタイプです。音が悪いと、音楽を聴く気にはなれませんね。

(写真:ハツコイソウ=初恋草:別名=レケナウルティア:小鳥が鳴いているような雰囲気の、虹色がきれいです:花屋さん)
20:47  |  音楽  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2148)  そろそろ、春色

2008.01.29 (Tue)




デパートの靴のメインコーナーには、春のパンプスがずらりと並びました。
先週まではロング・ブーツだったのが、目立たない所に移動しました。ブラウスやスーツも、春らしい明るいカラーが目立ちます。真冬の寒さでも、もうブーツを買う人はいないのでしょう。多少早めですが、春の服がほしくなります。今年の流行は何色でしょうか。

(写真:ハツコイソウ=初恋草:別名=レケナウルティア:こんなかわいい色もありました:花屋さん)
21:31  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2147)  足の痛み

2008.01.28 (Mon)




4、5日前から、足の親指と人差し指の付け根部分が痛んできました。
明らかに腫れて炎症を起こしています。靴も変更してはいませんが、もしかして外反母趾というものでしょうか。とりあえず湿布を貼り、足の親指と人差し指の間に、クッション材も入れました。いくらか痛みは和らいできました。
通勤でかなり歩くので、足の痛みはきついです。冬用は紐で絞めるタイプなので、原因はそこかも知れません。指先の自由度が高い、夏用のスニーカーにしました。これで治ってくれたらいいですね。

<追記:病院で検査をしてきました。リウマチなどの大変な病気ではありませんでした。「疲労による一時的な炎症」ということで、ほっとしました。ご心配おかけしました。ありがとうございます。>

(写真:ハツコイソウ=初恋草:別名=レケナウルティア:いつのことだったかしら。小学生?:花屋さん)
21:29  |  健康  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2146)  近藤史恵2作/デクスター「キドリントンから消えた娘」

2008.01.27 (Sun)




冬晴れのきれいな青空が、気持ちのいい休日です。
先週の3作。
近藤史恵「スタバトマーテル」・「ガーデン 」
コリン・デクスター「キドリントンから消えた娘」

近藤さんのうまさは、心理に深く寄り添った群像の描き方だと思います。
題材はちょっぴり濃厚でダークですが、切り方が新鮮です。
デクスター。古きよき時代の推理がいい味です。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:カルセオラリア:ぷっくりと膨らんだ黄色の花びらがおもしろいです:花屋さん)
15:55  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2145)  楽器に惹かれて

2008.01.26 (Sat)




真冬の駅構内を歩くと、人とすれ違う度に「シュッ」とダウン・ジャケットがこすれる音がします。厳しい寒さですから、ダウンが通勤には欠かせません。
混雑するホームで、前を歩く女性と8歳くらいの女の子が仲よく手をつないでいます。お母さんの肩には、ギターケースがあります。クラシック・ギターを習っているのか、演奏家でしょうか。お家で楽器を演奏する姿や音を、想像して思わず頬が緩みます。
チェロのハード・ケースを背負う人も、ときどき見かけます。チェロから離れて、10年以上たってしまいました。体から演奏に使う筋肉がすっかり消えてしまった今、もう弾くことはないでしょう。でも、音の世界に没頭していた幸福な時間の記憶は、しっかりと残っているのです。

(写真:ストレプト・カルプス:冬に咲く花は、どれもけなげです:花屋さん)
21:29  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2144)  寒さの中

2008.01.24 (Thu)




駐車場の焼き鳥屋さんが、臨時休業していました。
おいしいので、週に一度くらいは持ち帰っていました。立ったまま2~3本を食べていく、常連さんもよく見かけます。小腹が空いていたときに、ちょうどいいのでしょう。熱々がうれしい季節なのに「しばらく休みます 店主」と走り書きの紙を張り、プレハブ全体をビニールシートですっぽり覆っていました。
店員さんが全員風邪でもないでしょうし、ご不幸があったのか、それとも経営が行き詰まったのでしょうか。まさか、鳥インフルエンザはないでしょう。どちらにしても、寂しいですね。再開を待っています。

(写真;ビオラ:白く透き通った花びらが、きれいでした:公園)
21:00  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2143)  雪が降りました

2008.01.23 (Wed)




朝から雪が降りました。
暗い空から降ってくる雪は、久しぶりです。地面ではすぐに融けてしまい、雨のときと同じです。うっすらと屋根を被っていたのも、午後からの雨で融けてしまいました。
ほんのわずかでも、雪が降ると故郷の空を重ね合わせて、うれしくなります。身にしみる冷たい空気も、苦にはなりません。電車も多少の遅れ程度で、混乱もありませんでした。
もう一度、この冬の間に降ってほしいと、秘かに願うわたしです。

(写真:ビオラ:公園のプランターで、けなげに咲いていました)
21:04  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2142)  花との出会い

2008.01.22 (Tue)




休日だけのカメラマンだと、なかなか思うような花期に動くことができません。
2~3年通っている植物園や公園でも、初めて出会う花もよくあるのです。去年の春に出会ったアメリカアサガラ=麻殻もそのひとつでした。エゴノキによく似た、小さなランプが風に揺れてきれいでした。秋には不思議な形の種を拾うこともできました。
今年もまた楽しみにしていました。でも先日行った時には、樹のあったコーナーが更地になっていたのです。大学の付属植物園ですから、新しい樹木を植えるのかも知れません。それでも、大きな樹が跡形もなくなっていると、なんとなくショックでした。

(写真:アリッサム:冬の寒さにも強い、小さな花です:植物園)
21:05  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2141)  映画「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」

2008.01.21 (Mon)




映画「魍魎の匣(はこ)」を観ました。
原作:京極夏彦 /監督・脚本:原田眞人 /出演:堤真一・阿部寛・椎名桔平・宮迫博之・田中麗奈・黒木瞳・柄本明・宮藤官九郎・清水美砂・篠原涼子ほか
京極さんは、じつは苦手な作家でなんどか読みかけながら挫折をしているのです。映像から観た、希少価値の観客だったかも知れません。上海ロケを使ったり、豪華メンバーの出演で、不思議な(変かも)雰囲気の映画でした。初めは濃いキャラの登場で少女誘拐事件から始まり、昭和の街を見せ、ラストはハリウッド映画のような巨大工場内での攻防です。わいわい大勢で見て、おもしろかったです。

「三つ数えて目をつぶれ」の、くらさん主催のオフ会新年会でした。いつものメンバーが集合し、映画の後、中華レストランでお食事をしながら、ツッコミ満載の映画が肴にされました。「なにが謎?最初から分かってるじゃん」「コートが似合う◯◯」「もっと小さな工場のイメージと違った」などなど・・・。
喫茶店も挟み、毎回感心する話題の広さと深さと、必ず共感してくれる人がいる楽しいおしゃべりでした。もう、6年くらいになるネット上の友人たちとの繋がりが、うれしいひとときです。

(写真:ミツマタ=三叉:冬の最中の蕾。あとひと月ほどで黄色の花が咲くでしょう:公園)
21:13  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2140)  近藤史恵/4作

2008.01.20 (Sun)




気になった作家の、作品世界を知りたくて連続して読むことが多いです。
先週の4作。
近藤史恵「賢者はベンチで思索する」
    「ふたつめの月」
    「狼の寓話」
    「黄泉路の犬 」
「賢者はベンチで思索する」「ふたつめの月」は前作の「タルト・タタンの夢」のシリーズに当ります。不思議な老人のキャラが、なんとも魅力です。
「狼の寓話」「黄泉路の犬 」は、新米刑事シリーズです。題材の重さに、心が痛くなるようでしたが、信じられる希望を残してくれるのが救いです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:メタセコイア:厳しい冬に、すっくと立つ凛々しい樹です:植物園)
14:29  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2139)  案内板

2008.01.18 (Fri)




駅構内には、たくさんの案内板があります。
東京駅の京葉線乗りかえの通路に、新しいものが加わりました。柱の四方向を囲むようにした案内板が数カ所できたのです。もしかしたら柱の補強を隠すためではないかと思うほど、幅があるのです。進む方向の見通しが、すっかり悪くなってしまいました。すれ違う人波は、ますます密度が高くなりました。その人の流れの中で、立ち止まって案内板を見ている人には、かえって危険な感じです。
耐震強度が騒がれているから、あえて柱の補強工事をしたのであれば仕方がないのですけど、なんだか逆効果かも知れませんね。

(写真:ハクモクレン=白木蓮のつぼみ:毛皮のコートをつけた蕾の中は、春に咲く花の準備が進んでいるのでしょう:公園)
21:06  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2138)  北風の吹く道

2008.01.17 (Thu)




通勤経路を、微調整しました。
駅近くの古い商店街の中を歩くのは、変わりません。少しだけ近道をしてみました。駐輪場への入り口もあり、人通りも多くなりました。まだ時間的には開いていない花屋さんの前を通ります。休日には切り花と鉢植えを中心に、少しのポット植えも置いているところです。夕方はそこは通らないので、どんな花を並べているかわからないのですが、それだけでも気分が変わるのが不思議です。
北風が身にしみる本格的な季節。さすがにマフラーを巻いて、歩いています。もっとも駅に着くと、外します。電車の中は暑いし、混雑してるので危険もあるのです。

(写真:クチナシの実:こんな鮮やかな実をつけていました:植物園)
21:01  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2138)  乾燥注意報です

2008.01.16 (Wed)




関東の湿度は、今の時期がもっとも低くなるようです。
癖っ毛の髪がストレートになり過ぎるほどで、逆にケープでふんわりを維持するのが大変です。
エスカレーターで、前の女性のブーツに目が止まりました。膝下までのベージュのロングがおしゃれでした。濃いグリーン系のチェックのスカートに黒のダウン。膝の辺りは素足です。でも、膝が赤くなり乾燥して白っぽくなっていては、せっかくのブーツが泣きます。
家に戻ったら、お手入れをお忘れなく・・・。

(写真:グランサム・ツバキ=椿:手のひらほどもある大きな花と、シベがきれいです:植物園)
21:03  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2137)  近藤史恵「タルト・タタンの夢」/リャマサーレス「狼たちの月」

2008.01.14 (Mon)




暖かい部屋の中で読書をしていると、うとうとと眠りに誘われます。
と言って、1年中眠いと呟いている気がしますが。

先週の2作。
近藤史恵「タルト・タタンの夢」
フリオ・リャマサーレス「狼たちの月」

近藤さん。料理ものが抜群の北森鴻さんとはまた、ひと味違ううまさです。
リャマサーレス。スペイン内戦の一断面の切り取り方がすごいです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:シナマンサク=支那万作:枯れ葉のマントを背景に、黄色のリボンが春を告げます:植物園)
16:03  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2136)  冬に咲く、けなげな花

2008.01.14 (Mon)




「冬に咲く」花の写真を、集めました。
・十月桜・ヒマラヤ桜・サンバガワ(三波川)冬桜
・ロウバイ・ウンナンロウバイ・ソシンロウバイ
・水仙"ホワイト・ペーパー"・水仙
・有楽椿"タロウカジャ"・椿"侘助"=ワビスケ

寒風を受けて、けなげに咲く冬の花がきれいです。
写真を「Flower」に、アップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:水仙"ホワイト・ペーパー":公園)
15:57  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2135)  初梅

2008.01.13 (Sun)






梅の写真の、初撮りです。
寒風が吹きつける植物園で、白梅と紅梅が1本づつ咲き始めていました。手袋をしても冷たくなる気温でしたが、梅を見るとうれしくなります。
どちらも高い枝なので、3倍ズームのカメラではこれが限界です。昼頃からは青空になったので、心は春に向かっていくようです。いえ、冬はこれからが本番なのですけど。

水仙やロウバイ、椿、侘助が見頃で、シナ万作がほころび初めていました。(植物園)
20:52  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2134)  雪ではなく、雨です

2008.01.12 (Sat)




気象予報は、あるいはきょうは雪になるかもしれないと言っていました。
昨夜から冷え込み、最高気温は5度くらいまで下がりましたが、雪にはならず、小雨が降ってきました。
暖冬の気配があります。ダウンジャケットは着ているけれど、通勤のときはマフラーをしていません。いつもは12月から使うのです。今年は首に巻くと汗ばんでしまうのです。夕方は、手袋もつけない日が多かったりします。

それでも、出かけるのが億劫なこんな日は、掃除や読書に時間を充ててのんびりと過ごすしかありませんね。

(写真:ハーデンベルギア:マメ科のちいさな花が、けなげです:花屋さん)
20:14  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2133)  鏡開き

2008.01.11 (Fri)




会社で、鏡開きをしました。
中にパックの一口サイズの餅が入っているタイプの鏡餅と、ミニサイズのお供え餅が10個です。男性社員に餅を切ってもらい、6人の女性社員が年に一度だけ登場するガスコンロで粒餡を煮ます。電子レンジで柔らかくした餅をお湯に浸けてから、餡の鍋に入れます。小皿に取り分け、いただきました。
小一時間の忙しさです。甘い物が苦手なわたしは、一口だけでした。それだけで、もう甘すぎるのです。うちの鏡開きは、もう一度お雑煮にしようかと思います。

(写真:リナリア:別名=ヒメキンギョソウ=姫金魚草:そこだけが、春の日だまりに包まれていました:花屋さん)
21:07  |  仕事  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2132)  新型車両

2008.01.10 (Thu)




古い電車で、ときどき故障を起こす通勤路線に、新型車両が登場しました。
ドアも、ドアの上の駅名表示も、つり革やポールも新しいタイプです。アナウンスも、日本語と英語になりました。他の路線ではずっと以前からありましたが、ようやくです。古い車両から順次、変えていくのでしょう。これで少しは故障による遅れが、減ってくれたら嬉しいと思った矢先、信号故障で20分も遅れました。やれやれです。

(写真:リナリア:別名=ヒメキンギョソウ=姫金魚草:明るい色が、春を感じさせてくれます:花屋さん)
21:19  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2131)  脂肪買い取り

2008.01.09 (Wed)




駅で配布されていたティッシュを、うっかりもらってしまいました。
見ると「あなたの脂肪 買い取ります 100g→\100」という文字が飛び込んできました。脂肪吸引術で吸い取り、その脂肪を買い取るのかしらとびっくりしました。よく見ると、フィットネスクラブで減らした脂肪の量に応じて、金額相当分のクラブの商品券と交換でした。1kg痩せて、次のステップに1,000円使えるのです。定期的にクラブに通い、痩せてくださいということですね。
体重が減った場合、脂肪だけとは限らない、などと理屈を並べる以前に、売るほどの脂肪量を持っていませんでした。

(写真:クモマソウ=雲間草:寒い季節も、小さな花がたくさん咲いているとうれしいですね:花屋さん)
21:11  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2130)  仕事始め

2008.01.07 (Mon)




連休明けの仕事は、地獄です。
というのはオーバーですが、郵便物や新聞の整理、年賀状のまとめも加わります。年末に照合できなかった事項の最終確認も、当然ですが残っています。新年会がなかったので、かろうじて救われたのは皮肉です。たぶん、週末になるでしょう。
連休ボケもすっかり消え、蓄積できたかと思った体重も、もうなくなってしまいました。なまっていた足は、夕方にはいつものスピードに戻っています。
愚痴ってばかりいないで、仕事をしなくては・・・。

(写真:ミニ・バラ=薔薇:小さな花がかわいらしいですね:花屋さん)
20:41  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2129)  『のだめカンタービレ』

2008.01.06 (Sun)




TV映画『のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパ』を、観ました。
漫画が原作ですが、なかなか見ごたえがありました。指揮者を目指す千秋真一とピアノを弾きたい野田恵が、学生オーケストラから出発し、失敗や気持ちを乗り越え、パリの国際コンクールで優勝するというベタな展開です。漫画のイメージをたぶんうまく使っているのと、キャラ設定が成功しているのでしょう。最初はいらいらした「のだめ」が、ふっと本気の顔を演ずる落差が、生きています。
なによりも、オーケストラのコンクールの演奏シーンが秀逸です。凱旋の日本でのオケは人数が少な過ぎましたが、やむを得ないところですね。お正月番組で、楽しめるとは思っていませんでした。やっぱり、音楽の力はすごいです。

(写真:コスツス"マローティアヌス":仲よく笑顔を見せているような、不思議なお花です:公園の温室)
19:37  |  映画  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2128)  iTunesあれこれ

2008.01.05 (Sat)




ゆったりと音楽を聴くのは、パソコンの前が多いです。
iTunesが便利なのです。歩きながらや電車の中では聴けません。音や、その奥にある演奏者の、心の響きまで聴き取ろうとして、夢中になり過ぎるのです。
EGO-WRAPPIN'のDVDを繰り返しているうちに、どうも映像を見飽きてしまいました。映像は記憶にくっきりと残るので、音だけを聴きたいと思うのです。
グ◯ってみると、ありました。違法なことなのでここには書きませんが、Macも、Winと同様に2個のソフトをDLし操作をすると、音楽をiTunesで聴けるのです。2、3時間かかりましたが、とてもうれしいです。

(写真:エクメア:厚いグリーンの葉の間に、赤い葉があり、さらに中にピンクの小さな花が見えます:公園の温室)
20:42  |  音楽  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2127)  EGO-WRAPPIN'「 "midnight dejavu" 07 」

2008.01.02 (Wed)

【東京キネマ倶楽部】2007年12月21日・24日のライブ・レポートです。

ゴールドの衣装に、雉子の羽の帽子でよっちゃん登場です。粋な江戸っ子のお祭りのようにも 見えます。
スタートはカバー曲の連続で、会場をリズムに乗せていきます。「GIGOLO」からの、聞き慣れた曲のどれもが、アレンジが変わっているのがわかります。新鮮な感じで、つい引き込まれて聴いてしまいます。すごい演奏としか言えないほど、どの曲もきっちりと立っているのです。 「色彩のブルース」のあとのよっちゃんは、黒のハットと黒のタンクトップに、ひらりとストールを肩からふわりと流したキュートな衣装です。 よっちゃんの笑顔と張りのある声、森さんのギターの響きも冴え渡り、4人のホーンに、高音と低音のバランスに磨きがかかったハタヤさんのピアノ、あきらっちのドラム、まふねさんのベース、川崎さんのトランペットの甘い響きがいいですね。カッコいいと、ちょっと惹かれました。最高のサポートメンバーでした。
「雨のdubism」。ずっと新曲と言い、1年以上も歌ってきている「涙、雨」のフレーズが耳に残っていた曲が、バラードからアップビートにアレンジが変わりました。サビの部分が一層際立って、胸に深く突き刺してくるようです。
詳しくは「EGO-WRAPPIN'」ライブ・レポを見てくださいね。
セットリストは ↓
19:57  |  音楽  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2126)   ラヒリ「その名にちなんで」/ウォルターズ「氷の家」

2008.01.02 (Wed)

冬晴れの、青空が続いています。
いいお正月ですね。

12月末の読書2作。
ジュンパ・ラヒリ「その名にちなんで」
ミネット・ウォルターズ「氷の家」

ラヒリは「停電の夜に」に続いての2作目です。アメリカに住むインド人作家です。その静かに淡々とした口調で語られるのですが、胸の奥に抱える屈託がふいに劇的な変貌を見せます。そして心に残る作品です。
ウォルターズ。せっかちなわたしにとっては、少しまどろっこしいです。おもしろいのですけど。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪
19:49  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

あけましておめでとうございます

2008.01.01 (Tue)




2008年。
今年もよろしくお願いいたします。

(写真:八重咲きベゴニア:公園温室)
10:28  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |