2008年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

(No.2204) 自意識過剰

2008.03.31 (Mon)



sakra-some8.jpg

sakra-smgn8.jpg

電車の中で、本も新聞も読まず、音楽も聴かず、ゲームもしない人が気になりました。
ひと駅ならいいですが、わたしは本を読まずにはいられません。夕方の時間帯で、アゴに手を当てて「考える人」のような男性です。混んでいなければ、絶対に足を組むタイプでしょう。痩せて色白で、40歳くらい。気障という言葉がぴったりします。わたしはマスクの下から、決して窺って見たりはしていません。
ただ、次の駅で降りるのではないかという、秘かな読みが当たってほしいだけです。

(写真:桜"ソメイヨシノ=染井吉野":満開の桜の表情に、引込まれました。芯が赤みを帯びたのも、艶やかさを感じさせます:植物園)
21:12  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2203)  近藤史恵「天使はモップを持って」「モップの魔女は呪文を・・・」/米澤穂信「犬はどこだ」

2008.03.30 (Sun)



青空がないのが残念ですが、桜を見てきました。
夕方からは雨になりました。満開を見れただけでも、ラッキーですね。

先週の3作。
近藤史恵「天使はモップを持って」「モップの魔女は呪文を知っている」
米澤穂信「犬はどこだ」
近藤さんのこのシリーズも、いいですね。心に深く入ってきます。ラノベと括りたくないと思ってしまいます。
米澤さん。こういいう探偵ものも、なかなかです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:桜"アマギヨシノ=天城吉野":大島桜と染井吉野の交配種で、妖しいほどの艶やかさがありました:植物園)
17:03  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2202)  満開の桜

2008.03.29 (Sat)

yukiyana-pibk8.jpg

yukiyana-pign8.jpg



お花見日和のきょうは、桜・染井吉野はほぼ満開です。
残念ながら仕事だったので、明日行って来ようと思っています。気象予報が、曇りなのが惜しいです。雨にならないのが、かろうじて救われます。新宿御苑をはじめ、千鳥が淵や都内の公園は相当の混雑が予想されるので、植物園に行く予定です。
通勤途中の桜は、満開を過ぎ、散り始めました。それもまた、きれいです。落ちている花びらも踏みたくないほどです。
桜は、故郷を思い起こさせ、亡くなった母の姿が迫ってきて、胸が痛くなるのですが・・・。

(写真:ピンクユキヤナギ=ピンク雪柳:青空と陽射しがあると、お花も喜びます:公園)
20:52  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2201)  ベランダ・ガーデニング

2008.03.28 (Fri)



(写真:スノウ・フレーク:グリーンのポッチがかわいい花です:ベランダ)
musikari8.jpg

(写真:ムスカリ:春らしいパープルの形が愛らしいです:ベランダ)

春や秋に、種を植えて咲かせる花もあります。
写真の白い花は、スノウ・フレークで、パープルはムスカリです。これは球根から、毎年花を見せてくれるものです。いまのアパートの前に住んでいた頃からの球根なので、15年以上前からのものです。乾燥したベランダの過酷な環境にもめげず、花を開くけなげな植物です。葉は出すけれど花が咲かなくなったコルチカムは、そろそろ諦めようかと思っています。引っ越してから2年は咲いてくれたのですが。
桜も咲き、そろそろ去年採取していた種を植える時期になりました。休日は、ベランダ・ガーデニングをしましょうか。
21:25  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2200)  ホームの危険度

2008.03.27 (Thu)



katakri8-up.jpg

毎日なので、感覚が麻痺してしまっているのが、電車のホームの危険度です。
故意に押したなら、明確な殺人です。そんなニュースが流れるけれど、通勤では毎日通らなくてはならないのです。端を通るしかないとき、立っている男性が腕時計を見るため急に上げた腕に、ぶつかったことがあります。顔をかばおうとして、とっさに下がったのです。ホームぎりぎりだったのです。
急ぐ人とぶつかるのも怖いですね。混雑し過ぎて、はずみで落ちることもあります。お互いに注意するしかありません。新しい地下鉄のように、ホームに仕切りとドアが付くことを願っています。

(写真:カタクリ=片栗:小さなパープルの春の花。Wの模様もかわいいです。助っ人7倍ズームのカメラは、5m離れても撮れました。アップはさすがに画質が落ちますが:公園)
21:16  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2199)  包丁を買う

2008.03.26 (Wed)



(写真:コブクザクラ=子福桜:11月くらいの桜の、最後のひと咲きでした:公園)

sakra-sanba.jpg

(写真:サンバガワフユザクラ=三波川冬桜:こちらは10月から1月くらいの桜です:公園)

包丁を1本新しいのを買いたいと思いました。
刃物が並ぶ売り場には、あまり立ち寄りたくなくて、牛刀をネットで買いました。軽い先端恐怖症なのです。ネットでは背中がざわつくこともなく、切れ味がよく、手入れも簡単な情報を集めることができました。注文して2日で、もう届くのもうれしいですね。
殺傷事件が続いている折り、なんだか包丁1本を買うのも、誰にともなく料理用なのよと、言い訳もしてみたくなります。
21:14  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2198)  急停止

2008.03.25 (Tue)

sakra-10up.jpg



通勤電車は、昨日は雨のための遅れです。
それも、線路に傘が落ちていたからという理由でした。発車してすぐの、急停止だったのです。まだつり革につかまっていなかったので、ドアにピシャリと打ちつけられました、体ごと。思わず、痛ッ!と声をあげてしまいました。一斉になだれてよろけた乗客が、ぶつかるのですからたまりません。
今朝はいくつかの路線が、濃霧のための遅れが出ました。それに合わせたように、乗っていく路線も遅れがちでした。内陸部はかなり視界が悪かったようです。

(写真:ジュウガツザクラ=十月桜:10月から咲き始め、最後の花を見せてくれました。冬よりも、花の表情がやさしいですね:公園)
21:18  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2197)  花冷えと雨

2008.03.24 (Mon)



kibsi.jpg

都内で染井吉野の開花宣言が、昨日発表されました。
通勤途中のお宅にある桜も、2分咲きまで進んでいました。ここが一番早く咲きます。歩道の上に張り出しているので、真下から見上げるととてもきれいなのです。開花の頃、必ずと言っていいほど寒の戻りがあり、花冷えと呼びます。美しい言葉だと、毎年思うのです。今朝は冷たい雨も降りましたが、桜にとっては開花が進む条件らしいですね。
今週末は、あちこちの桜の下で宴が繰り広げられることでしょう。

(写真:ハチジョウキブシ=八丈木五倍子:青空に縄のれんを下げたようなお花です。春の入り口ですね:公園)
20:55  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2196)  近藤史恵「サクリファイス」/米澤穂信2作

2008.03.23 (Sun)



sansyu.jpg

地面が暖かくなったのでしょう。
ベランダの鉢植えも、ムシカリやスノウフレークが花を開きました。

先週の3作。
近藤史恵「サクリファイス」
米澤穂信「春期限定いちごタルト事件」「夏期限定トロピカルパフェ事件」
近藤さん。守備範囲の広さに驚かされますね。自転車競技の世界を、深く描いてラストもみごとです。
米澤さん。キャラが一層明確になり、危うい青春の痛みが胸に沁みます。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:サンシュユ=山茱萸:青い空を埋めて咲く、黄色が鮮やかできれいです:公園)
19:57  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2195)  季節は、走る

2008.03.22 (Sat)



快晴の休日は、バイクで走ってきました。
道路はあまり混んでいなかったので、気持ちよくスピードを上げてきました。先日読んだ、近藤史恵さんの「サクリファイス」は、自転車競技です。そのスピード感だけは、少しだけ分かる気がするのです。感想は明日載せる予定です。

陽射しが強いのは紫外線アレルギーのわたしは、ちょっと困るのですが、UVカットの化粧品とヘルメット、そして花粉対策のマスクが強い味方です。公園で写真を撮るときは、帽子と日傘も必要です。ハクモクレンはもちろん、先週咲き出した花がどれもほぼ満開になっていました。うれしかったのは、冬にうまく撮れなかった子福桜、十月桜、三波川冬桜が最後の花を咲かせていたことです。大寒桜もみごとでした。
ヒュウガミズキやトサミズキ、ウグイスカグラの木の花も、カタクリ、ハナトラノオ、キクザキイチゲ、シャガ、ムラサキハナナ、スノウフレークなど、季節の花が猛スピードで咲いています。きょうから少しづつ、紹介していきます。

帰りは、隣市の温泉まで行き疲れた足をほぐしてきました。ジャグジーも、薬湯も、体に染み込んできます。仕事のストレスも、和らいでいくようです。

(写真:ハクモクレン=白木蓮:大きな木を、真っ白な花が埋めつくしています:公園)
21:04  |  健康  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2194)  携帯のCM

2008.03.20 (Thu)



印象的な携帯電話のCMが、目に入ります。
最近のお気に入りは、ソフト・バンクのお父さんがわんちゃんのストーリー性のあるものです。学校と家庭と、夫婦と子どもと生徒たち。それぞれにくすりと笑ってしまえる、いい味があります。いくつかのバージョンの中で、校長とわんちゃんのが特に好きです。撮影も、大変だろうと思いますが、できがいいですね。次はどんなバージョンで来るか、楽しみでもあります。
自分の携帯は別会社なのですが・・・。

(写真:ヒメオドリコソウ=姫踊り子草:毛皮のコートから顔を出したような、5
cmほどの春の花です:公園)
21:04  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2193)  手話のやりとり

2008.03.19 (Wed)



電車の座席の男性二人が、熱心に手話でやり取りをしていました。
まったく振りの意味がわからないので、そこの空間だけ、静かな別世界のような印象を受けます。女性のように感情を出さずに、会話をしているのは、仕事かも知れませんね。スーツではないけれど。年齢は、50歳くらいでしょうか。途中駅で、一人が降りていきました。別れの挨拶はなんとなく感じ取れました。
さまざまな障害を持つ人を見ると、その暮らしや仕事はどんなふうだろうと、つい思いを巡らしてしまいます。個性のひとつ。そうおっしゃる方もいます。わたしの周りにも幾人かいて、それぞれの人生を進んでいます。少しでも多くのことが、社会に受け入れられていくことを願うばかりです。

(写真:チャボタイゲキ=矮鶏大戟:地中海沿岸の原産の帰化植物だそうです。草丈10cmくらいの地味なお花です:植物園)
21:16  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2192)  エステ・サロン

2008.03.18 (Tue)



最近、5本指のソックスを家で愛用しています。
見た目はちょっとな・・・と思っていたのですが、これが気持ちがいいのです。指先まで血行が良くなりました。外反母趾傾向が出ていた指が、真っすぐになってきたような気がするのは、思い込み過ぎでしょうか。

先日通りかかった街で、エステ・サロンの看板でびっくりしました。15分コースからフルコース、さらにはスペシャルコースがありました。スペシャルは、お食事付きで8時間。お値段は¥99,900というものです。セレブな方は、どうぞ。わたしにはとても手が出ません。それにしても、ずっと誰かにマッサージをされたりする長時間と言うのは、優雅な気分を味わうというより、ナルキッソスに近いかも知れませんね。

(写真:カワツザクラ=河津桜:散りかけて、葉が出ていました。もう少し早く会いたかったです:公園)
21:03  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2191)  桜とメジロ

2008.03.17 (Mon)



mejiro-kan6.jpg

sakra-kanup5.jpg

sakra-kansak.jpg

sakra-kangyo.jpg

月曜日の仕事がどんなにきつくても、休日でリフレッシュできるから、なんとか仕事を続けられるのでしょう。
電車の遅れも混雑も、走ってくれるだけでいいのかも知れません。などと、皮相な言い方をしたくなるブルー・マンデーでした。アメリカがくしゃみをすれば日本は風邪を引く。とは、よく例えられる言葉ですね。仕事では、上司の機嫌が悪いと、お小言が飛んでくる。そんなことは人間ですから、よくあることです。
ふーっ。きょうも、なんとかブチ切れせずに終わりました。

(写真:カンザクラ=寒桜とメジロは映えますね。動きの速い小鳥が撮れるカメラがうれしいです。大きな木で、首が痛くなりました:新宿御苑)
21:04  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2190)  米澤穂信「インシテミル」/ アンダースン「血染めのエッグ・コージィ事件」

2008.03.16 (Sun)



sakra-okmeup.jpg

きょうも暑いくらいの、気温です。
暖かくなると、思考回路も前向きになるような気がします。仕事のあれこれも、なんとかやり過ごそうかと思えてきます。休日の効果も、大ですね。

先週の2作。
米澤穂信「インシテミル THE INCITE MILL」
ジェームズ・アンダースン「血染めのエッグ・コージィ事件」
米澤さんも、書く分野が手広いです。ホラー仕立ても、ワクワクして読めます。これもシリーズ化してほしいと思います。
アンダースン。古きよき時代の謎解きも、楽しめるようになりました。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:オカメザクラ=おかめ桜:1cmほどの小さな花で、赤いガクがかわいい桜です:公園)
14:39  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2189)  寒桜・大寒桜・オカメ桜・河津桜

2008.03.15 (Sat)



sakra-okanup.jpg

20度近い気温になり、青空がきれいな休日です。
昨夜までの雨で、空気が洗われたようです。花粉症対策と、紫外線対策をして、新宿御苑に行ってきました。寒桜・大寒桜・オカメ桜・河津桜などの桜が咲き、梅も満開でした。桜の写真を撮っていると、興奮してくるのはなぜでしょうか。染井吉野はもう少しかかりそうなので、待ち切れない気持ちが寒咲きの桜に、染井吉野の姿を重ねて見てしまうのかも知れません。
黄色のサンシュユの花もちょうど見頃で、木の根元を見るとハナニラも咲いていました。
すっかり春爛漫の、幸せな気分に浸ってきました。
きょうから、少しづつ桜の写真を載せていきますので、見てくださいね。

(写真:オオカンザクラ=大寒桜:別名:アンギョウザクラ=安行桜:地元で品種改良した桜だそうです:駅前広場)
21:22  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2188)  桜の開花予想

2008.03.13 (Thu)



気象庁の桜の開花予報では、関東の桜は4月下旬です。
毎年思う夢は、桜前線を追いかけての日本列島縦断です。九州、関東、そして四国・・・。北海道の最果てまでいくと、6月になるそうです。時間と、交通手段と、心のゆとりがほしいです。

ググってみたら、追いかけている方のサイトがありました。車を使い、2~3人で情報をやりとりしながら追いかけているそうです。10月の新宿御苑の十月桜がスタートで、6月の北海道まで、行ったり戻ったり、ジグザグのコースを走り、車中泊は当たり前のハードスケジュールです。それでも全部の名勝地は見れず、2、3年ごしで全国一周になるようです。おまけに、その期間は仕事を辞めて行くのだとか・・・。う~ん、すごいです。

夢は夢のままで、気楽に楽しんでいる方がよさそうにも思えてきました。

(写真:キクザキイチゲ=菊咲き一華:ようやく茎をのばして開花しました:けなげです:植物園)
21:13  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2187)  エスカレーター  

2008.03.12 (Wed)



駅のエスカレーター工事が、終わりました。
上りと下りになったり、電車から降りる人が多い時は、2本とも上りに、その逆もあります。あとまだ階段の工事が残っていますが、まもなくでしょう。その前のエレベーター工事も合わせると、1年以上になります。
それでもホームの昇降客の減少には、なかなか繋がりません。通勤客はますます増えているのが、現状です。電車の混雑も相変わらずです。

(写真:フラサバソウ=ふらさば草:ヨーロッパが原産だそうです。3ミリの小さな花:植物園)
21:05  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2186)  前か後ろか

2008.03.11 (Tue)



今朝は濃霧のために、あちこちの電車に遅れが出ました。
それでもなんとか仕事に間に合って、ほっとしました。そんな混雑の乗換駅で待っていたとき、ホームをうろうろしていた女性に声をかけられました。ホームを指して「ここ、前ですよね」・・・。一瞬、何を聞かれたのか迷いました。到着する電車の前側の車両かという意味でしょう、たぶん。待ち合わせをして、前の方にいてねとでも、言われたのかも知れません。でも、短い連結なら前ですが、4号車って微妙です。
更に考えてみると、折り返しの駅ですから出発することを前提に考えると、後ろに近くなるのではないでしょうか。相手もはっきりと指示していたのか。そして彼女は、無事に待ち合わせられたのでしょうか。

(写真:タネツケバナ=種浸け花:春を告げる花のひとつです:公園)
21:01  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2185)  「熊谷守一展」「写真家・藤森 武がとらえた熊谷守一の世界」

2008.03.10 (Mon)



「没後30年 熊谷守一展-天与の色彩 究極のかたち」:埼玉県立近代美術館

三つ数えて目をつぶれ・くらさんのお誘いで、プチ・オフ会のメンバーで久しぶりの美術展に行ってきました。初期から晩年にいたる124点の油彩画に、日本画33点、書16点という作品を、時系列で展示していました。初期の力強く暗く色調から、一転して明るい色と輪郭を描く過程も分岐点を見ると、納得できるように感じられました。出歩くのが嫌いで、動物や虫や花をよく見ていたというのもわかります。

「獨樂-写真家・藤森 武がとらえた熊谷守一の世界」
モノクロ写真が、言葉以上に画家の内面を映しだしていました。猫と遊ぶ繊細な雰囲気がいいですね。長い髭と、対照的に小さな目に浮かぶ感情が、印象的でした。

ミュージアムで、おもしろい雑貨を見つけました。ヨーロッパで流行しているそうです。シンプルなゼンマイと歯車で、サンバ・ダンスのような動きをするのです。購入は1個ですが、しばらく遊んでしまいました。
hoby.jpg

hoby-zen.jpg


21:26  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2184)  辻村深月「名前探しの放課後」/米澤穂信「遠回りする雛」

2008.03.09 (Sun)



暖かく、穏やかな春です。
いつのまにか陽射しも強くなり、遅れていた春の花も次々に咲き出しました。

先週の2作。
辻村深月「名前探しの放課後 上・下」
米澤穂信「遠回りする雛」
辻村さんの新作です。切り取り方と、心理に深く入り込む描き方が、うまい作家だと思います。
米澤さん。思わずにやりとする、小さな日常の推理が楽しめます。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:コゴメイヌノフグリ=小米犬のふぐり:瑠璃色のすみれの1/2の大きさです:植物園)
14:53  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2183)  卒業式シーズン

2008.03.07 (Fri)



卒業式のシーズンです。
駅の雑踏の中で、ひと際浮き上がるのは袴姿の女性たちです。淡いピンクの着物に、えんじ色の袴です。もう、3月です。旅立ち、別れ、そして4月には新社会人や新入生たちの顔が見られますね。
それにしても寒さで、桜の開花が遅れるのかと思ったのに、開花予想は例年通りの3月下旬のようです。早い時は、卒業式に桜吹雪が見られた年もありました。毎年、桜前線を追いかけたい夢をまだ持っているのです。

(写真:ハコベ:けなげな白さです:公園)
21:11  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2182)  乗り過ごす

2008.03.06 (Thu)





おもしろい本を夢中になって読んでいると、つい電車を乗り過ごしそうになります。
夕方、珍しく座ってこれたせいもあり、アナウンスが聞こえませんでした。どうっと降りる人が多かったので、顔を上げると到着駅でした。本の栞を挟むのもそこそこに、急いで降りました。
昨夜は電車で読みかけた本のラストが気になり、就寝時間を40分もオーバーして、読んでしまいました。今朝は少し眠かったので、立ったまま睡魔に襲われ乗り過ごしそうになりました。
朝も夕方も乗り過ごしそうになるのも、珍しいです。
ちなみに昨夜読んでいたのは、辻村深月「名前探しの放課後」。きょう読んでいたのは、米澤穂信「遠回りする雛」。感想は、週末にアップの予定ですが、どちらも絶賛という感じです。

(写真:カンザクラ=寒桜:古木で幹には苔が生えているほどです。初々しい花の開花です:植物園)
21:18  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2181)  引っ越しの季節

2008.03.05 (Wed)

2~3月は、人事異動や入学などで引っ越しの多い季節です。
引っ越しトラックもよく見かけます。転勤族は、大変だろうなと思います。
住んでいるアパートの駐輪場が、先週あたりからがら空きになりました。停めている自転車がわずかに12台です。部屋数の20に足りません。5年くらい前までは30台がぎゅう詰めで、はみ出していることも多かったのです。
駅周辺の新しいシティマンションへの、引っ越しも多いようです。同じ程度の家賃なら、快適な新しい部屋に住みたいですね。蛍光灯の手入れも、廊下の掃除や、ゴミの管理もろくにしてくれない、防音だけが取り柄の古いアパートでは、入居率が下がるのは当然でしょう。それでも4月くらいには、ほぼ一杯になるのが不思議です。
わたしは引っ越すのが面倒というだけの、単純な理由で引っ越さないのですが。

(写真:人懐っこい猫が、公園のベンチの女性の膝に乗っていました。白ソックス猫さん:公園猫)


(写真:猫の目というのは、透き通ってきれいですね:愛称=ミルクちゃん:公園猫)

21:04  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2180)  指名手配の写真

2008.03.04 (Tue)





仕事でどうしてもパスポートが必要になり、申請してきました。
事前にデジカメのセルフタイマーで、一人で写真を撮り、写真の規定サイズにプリントしていきました。表情がやわらかく撮るのが難しいく、30枚ほどでどうにか指名手配の写真にはならない顔に撮れました。1月のバイクの免許写真もだいじょうぶだったし、証明として人前に出せるのでほっとしています。
5年とか10年とか、長い期間使用する写真は、少しでも納得のいくものにしたいです。

(写真:ギンヨウアカシア=銀葉アカシア:別名=ミモザ:青空に咲くぽんぽんが好きです。木陰でつぼみが開こうとしているのも、かわいいですね:駐車場)
21:18  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2179)  視力が回復

2008.03.03 (Mon)



(写真:ハナモモ=花桃:07年4月撮影:公園)


きょうは、雛祭りですね。
4月に咲く桃の花と、小さな雛飾りでせめて気分だけでも、浸りたいところです。

一日中パソコンに向かっている仕事なので、目の乾燥で困っていました。ときどき目薬をさしても、夕方にはシパシパしてきていました。たまたまTVで紹介されていたことを実行したところ、乾燥が少なくなり近視も軽減された気がします。
目の水分をおおう油膜が、不足しているのだという説明でした。まつ毛の近くにある皮脂腺が詰まっているので、お風呂のときに40度くらい(バスタブのお湯の温度)のお湯に浸したタオルを、絞らずにそのまま目の上に1~2分置くというものです。1度目は、固まりが出たらしくゴロゴロしましたが、2度目は白っぽくなり、3度目からは気持ちのいい温かさだけでした。
通勤の往復の読書が、楽になりました。それまではメガネをかけていましたが、いまはかけずに読める程度になっています。簡単ですが、効果があるようです。
21:15  |  健康  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2178)  万城目学「ホルモー六景」/米澤穂信3作

2008.03.02 (Sun)

急に春らしい陽射しになってきて、うれしいですね。
電車で、たまたま座れると2駅が過ぎる頃には、眠くなってしまいます。日暮れの時間も、次第に遅くなってきています。

先週の4作。
万城目学「ホルモー六景」
米澤穂信「氷菓」「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」
万城目さんは、かすかに哀しみがいいスパイスです。
米澤さんの学園ものですが、しっかりしたミステリで成長ストーリーがうまいです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:石神井公園の池です。ヤナギやメタセコイアの影がきれいです)


(写真:鴨が仲よく泳いでいました:石神井公園)

15:33  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2177)  春をつかまえる

2008.03.01 (Sat)





練馬区の石神井公園に、行ってきました。
まだ花もほとんど咲いていない公園で、ネコヤナギ(猫柳)が帽子を脱ごうとしていました。ふわふわの猫毛が、陽射しを受けて輝いていました。
池の周辺には小鳥の姿を撮ろうという、カメラマンの列がありました。望遠レンズが壮観でした。ジョギングや散歩をする人も多かったです。

周囲を見てみると、豪邸が建ち並んでいました。高さのある木造りの門構えにも、威厳を感じます。筑年数が数十年というマンションも、ベランダや壁飾りがその時代の最高のおしゃれな素材を施しています。日本家屋も、白亜の洋館もきれいですね。
ちょっぴり、格差社会を見せつけられたようで、複雑でもありましたが。
20:38  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |