2008年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

(No.2638)近藤史恵「ヴァンショーをあなたに」/小路幸也「モーニング」「うたうひと」

2008.08.31 (Sun)



ようやく青空が見えた休日です。
空を見上げるだけで、気持ちが明るくなりますね。こんな日は、木陰で読書もいいかも知れません。

先週の3作。
近藤史恵「ヴァンショーをあなたに」
小路幸也「モーニング」「うたうひと」
近藤さんの、レストランシリーズ短編集です。おいしそうな料理と、人の心の奥に迫る、ちょっとほろ苦いテイストです。
小路さん。どちらにもバンド仲間が登場します。「モーニング」は、葬式帰りのロングドライブでの謎解きです。「うたうひと」まさにミュージシャンの悲哀。どちらも手からすり抜けた美しい過去を、すくい取るような作品です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:木もれ日が揺れます。木陰のベンチは、そこだけが明るい:公園)
16:14  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2637)  まだ続くようです

2008.08.30 (Sat)



「記録的」集中豪雨と言うそうです。
昨夜も、きょうも午後からは断続的に激しい雨です。どこにそんなに水分があったのかと、思うほどの量です。床下、床上浸水も発生しています。わたしのところは、荒川が氾濫しない限り大丈夫のようですが、過去の水害の目印の高さは、2mくらいです。その後に堤防が設置されているのです。
雨の止んだときに、ちょうど用事を済ませることができました。移動時間が短いので、バイクはこんなとき便利です。

(写真:アサガオ=朝顔・原種:小さなブルーが、けなげです:ベランダ)
21:04  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2636)  本場、サリー

2008.08.29 (Fri)



ストールの赤い裾が、ひらりと目の前に揺れました。
白地に黒、黒地に白の模様の入った、本場のサリーです。白と黒をうまく使い、ピンポイントの赤のあしらいがおしゃれです。着こなされた、本物の雰囲気があります。わたしよりも小柄で華奢な女性です。髪は後ろでまとめ、カカオ色の肌も美しいです。
インド綿のふわふわのブラウスもワンピも好きですが、仕事着としては合わないので、どうも買う気にならなかったのです。でも、綺麗なサリーを見たらほしくなりました。秋ものバーゲンが始まっています。また揺れる女心でした。

(写真:蜘蛛の巣:大きな巣の糸が、きらきらと輝いていました:公園)
22:14  |  ファッション  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2635)  EGO-WRAPPIN' ライブツアー

2008.08.28 (Thu)



7月にリリースされたシングル「Go Action」のあとの、ライブツアーが始まります。
10/25・26:EGO-WRAPPIN' live tour "THAT'S THE SHOWTIME"
      :昭和女子大学人見記念講堂

すてきなコンサートホールのようです。全席指定。始まるとスタンディングになりますが、待ち時間に座れるのはうれしいです。オフィシャルで申し込みをしました。くじ運の悪いわたしですが、当たりますように・・・。2カ月後のライブ。そしてさらに2カ月後は年末恒例キネマ倶楽部ライブ。もう年末へのカウントダウンが始まった気分です。

今日も雨です。大雨警報が出ています。今日から明日にかけて、ご注意くださいね。

(写真:ハクチョウソウ=白蝶草=別名:ガウラ:いつも揺れて撮るのに苦労します:植物園)
20:33  |  音楽  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2634)  秋の長雨

2008.08.27 (Wed)



まるで梅雨のように、10日ほど前から雨が断続的に続いています。
今朝は久しぶりの青空が見られましたが、午後には暗い厚い雲に覆われて小雨が降りました。いつもの年の10倍も降水量があるのではないかと思ってしまいます。それなのに愛媛では水不足で山火事が起きているのです。できるならパイプラインを引いて、送りたいですね。
猛暑日はさすがにありませんが、湿度が高く暑いのです。じっとりした汗をかいて、癖っ毛の髪が爆発しています。
今週一杯は、ぐずつき気味のお天気のようです。からりと爽快な秋の青空を、見たいです。

(写真:アサガオ=朝顔:2年前から咲かせている、真っ白な種類です:ベランダ)
21:07  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2633)  議事録作成

2008.08.26 (Tue)



商法の改正で、役員改選登記が2年から10年に変更できるようになりました。
そのための株主総会議事録の作成が必要でした。いままでは法務局に登記するのは、司法書士に依頼していました。間の年の作成は、内部資料なのでわたしが作っていました。最長10年ということで、2年前の登記ですからあと8年間は内部議事録でいいことになります。定款の役員変更部分の追加がありましたので、定型文書を検索し、なんとか作成です。心配なのは8年後に変更登記があることを、誰が覚えているかです。仕事のフローチャートには、しっかり記入しておきますが、わたしも在籍しているかどうかわかりません。ご年配の税理士もどうでしょう。
そして司法書士の仕事が、少なくなるのです。取引先の司法書士が「10年後、商法がどう変わるかわからないし、事務所を畳んでいるかもしれない」と言ったのは、半ば本気の言葉だったのかも知れません。

(写真:タカトウダイ=高灯台:小さなグリーンの花と実が、きれいです:植物園)
21:20  |  仕事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2632)  ワンシーズン

2008.08.25 (Mon)



通勤用のバッグは、どうしても混雑の盾になります。
ワンシーズンを保てばいいと、割り切っています。初夏に準備したメッシュの白いバッグは、やはり痛みが激しかったです。雨続きで涼しくなったのを期に、秋物に変えました。本、傘とケース、財布とカード入れ、携帯電話、スイカ、部屋のキィ、メモ用紙とボールペン、常薬、ハンカチとティッシュ・・・。化粧品がなくても、結構な荷物になりますね。
図書館に寄ると、本が数冊。そして買い物をすると、両腕が痛くなってきます。キャリーバッグにしたいくらいですが、通勤移動の煩わしさを考えるとそれもできません。
おまけに、ここ1週間ほどは毎日のように雨が降っているのです。傘を差したり畳んだりという動作も加わります。家から駅まで引くキャリーを、預かってくれるところを探そうかと、半ば本気で考えたりしています。

(写真:ナンバンギセル=南蛮煙管:ススキの根元に寄生して咲く、いつ見ても不思議なお花です:植物園)
21:00  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2631)   ディエゴ・マラーニ「通訳」/小野淳信「碧落の賦」/蒼井上鷹「九杯目には早すぎる」「ホームズのいない町」

2008.08.24 (Sun)

ここ数日の気温は10月並みの低さのようです。
暑さが復活するのか、このまま秋になっていくのか、服選びも迷います。夕方からは雨にもなるので、日傘か雨傘かも悩むところです。

先週の4作。
ディエゴ・マラーニ「通訳」
小野淳信「碧落の賦」
蒼井上鷹「九杯目には早すぎる」「ホームズのいない町」

マラーニ。これは言葉を使った、狂気との境界の世界の魅力がたっぷりです。通訳という、たくさんの言語を扱いながら、言葉に振り回され人生を狂わせてく男の物語です。
小野さん。故郷でずっと医師として数年前まで活躍されました。エッセイはすでに書いていますが、95歳で初めて小説を出されました。戦争や差別を否定し、人間への深い愛情を感じさせてくれます。
蒼井さん。小技を効かせた楽しめるミステリです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:コバノカモメヅル=小葉鴎蔓:のびやかな蔓のラインと、星形の小さな花がかわいいです:植物園)


(写真:アズマカモメヅル=東鴎蔓:花が淡いグリーンの種類です:植物園)
kamomezl-azma8.jpg
16:07  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2630)  カスピ海ヨーグルト

2008.08.23 (Sat)

カスピ海ヨーグルトを作るようになって、2年半が過ぎました。
先週、大失敗をしました。牛乳の質が落ちているのに気がつかずに、種菌に入れてしまいました。発酵が終わりフタを開けると、悪臭がありました。とても食べる気になれない匂いでした。ずっと作り続け、健康面でも血液のよさをほめられるほどでした。
ネットで検索し、「フジッコ」のフリーズドライ種菌を購入しました。来るまでが待ち遠しかったです。出来上がりは、前のものと同じ味でした。ほっとしました。なくてはならない食品になっていたのですね。

PS:大手スーパーで製品を販売をしていました。キャンペーン試食中で、食べてみました。普通においしいです。作る時間のない方は、利用されてもいいですね。フジッコでした。

(写真:ツユクサ=露草:秋の気配を感じる頃、ブルーが濃くなりその美しさにため息が出ます:植物園)


tuyuksa8.jpg
20:52  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2629)  地下4階の、蜂

2008.08.21 (Thu)

東京駅地下4階のホームで、本を読んで電車を待っていました。
後頭部に触れるものがあり、手で払ったところ、大きな虫のようなものが触れました。セミよりも大きく、蝶よりも硬い感触に驚いて周囲を見回しました。でも、すでに姿は見えませんでした。刺されたわけではなかったのですが、背中がざわりとしました。それが7月の末のことです。
今朝、同じホームの天井付近の壁で羽ばたいているものを、見てしまいました。大きな蜂だったのです。種類の区別はつきません。7cmくらいの大きさで黒っぽく見えます。クマンバチかも知れません。見回しても駅員さんはいなかったので、そのままスルーして電車に乗るしかありませんでした。
7月の虫だとしたら、怖いですね。刺されたかも知れなかったのです。それにしても、餌になるものが地下4階にあるのか、どこから現れたのか。考えると、謎は深まります。

(写真:キンミズヒキ=金水引:ちょっぴり秋を感じさせる、花のひとつです。アップで見ると、秋明菊に似た印象です:植物園)


kinmiz-up8.jpg
21:16  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2628)  モンスター・ペアレント

2008.08.20 (Wed)

フジTVのドラマで「モンスター・ペアレント」を、なんとなく引きつけられて見ています。言葉の意味は、学校に対して自己中心的で理不尽な要求を繰り返し、正常な学校運営を妨げる保護者を意味する和製英語ということです。底にあるのは子どもへの愛情かも知れませんが、見ていて、いらいらしてきます。学校は、そこまで一人一人の親に対応せざるを得ないのかと。
たまたま世界ニュースで取り上げられていた日本では、文化祭の劇で「白雪姫」を20数人全員が白雪姫になったというのです。とても劇として成り立ちません。それが『平等』でしょうか。
その前には運動会の50m走で、全員で手をつないで並んでテープを切るというのもありました。ここまでくると、言葉もありませんね。それでいて、自分の子だけはと高学歴にしがみつくのもおかしいです。
この子どもたちが社会に出ると、会社って立ち行かないのではないでしょうか。

(写真:イヌヌマトラノオ=犬沼虎の尾:沼地に咲く、小さな花がいとおしくなります:植物園)


numatora-up8.jpg
21:26  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2627)  ねんきん特別便

2008.08.19 (Tue)

会社で社員全員の「ねんきん特別便」を、配布しました。
これは事業所単位で、3月に申し込んだものです。若い人も、名前の読み違えや転職など、心配を抱えているので、確認できるのはいいことだと思います。
でも、社会保険料の収納率を上げるために、事業を廃止したり給与金額を低くするなどの組織的な改ざんがありました。給与明細を持って社会保険事務所に行って、確認するのもなかなかできません。まして10年、20年、長い方だと40年も給与明細書を保管している人は、いないと思われます。わたしも捨ててしまっています。加入年月日の確認ができたら、それでいいことにするしかありませんね。

日曜日は最高気温が25度で、梅雨明け以来初めて、冷房なしで過ごせました。翌日からはまた暑さが戻ってきましたが。暑さの峠は越えたのでしょうか。少しづつでも、秋の訪れを感じるのは、花の移ろいです。

(写真:クサギ=臭木:長いシベのラインが好きです。紅色の蕾も、いい感じです:植物園)


ksagi8.jpg
21:17  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2626)  休み明け

2008.08.18 (Mon)

休み明けは、満員の通勤電車で始まります。
信号確認で遅れ気味の電車は、乗車率200%でしょうか。乗換駅も、きょうはさすがにDTR行きの姿も少ないようです。待ち時間とひと駅が、座れてほっとするのです。
仕事始めはいつものように、上司のお小言からです。気を引き締めるのに、欠かせないと考えているのでしょう。確かに、仕事をしたくないモードですから。
ミスのないようにしてから休んだのですが、念のため、その間の確認と、月末の資金の調整で一日が終わりました。通常業務に突入です。

(写真:オニドコロ=鬼野老:3mmくらいの小さな花が、大好きです:植物園)


(写真:細部までとてもよくできている造形が、自然の力のすごさを感じさせます)
onidoco-up8.jpg

21:10  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2625)  鏑木蓮「東京ダモイ」/加藤実秋「インディゴの夜」     /蒼井上鷹「出られない五人」「ハンプティ・ダンプティは塀の中」

2008.08.17 (Sun)



休日最後は、朝からぐずついた雨です。
ときおり強くなり、晴れることはありません。やむなくTVでオリンピックの卓球を見ていました。男子はメダルに届きませんでした。女子は銅メダル決定戦の途中です。なかなか厳しそうです。

先週の4作。
鏑木蓮「東京ダモイ」
加藤実秋「インディゴの夜」
蒼井上鷹「出られない五人」「ハンプティ・ダンプティは塀の中」

鏑木さんの2作目は、乱歩賞受賞作です。句集の自費出版をのぞむ老人と、ソ連の日本人収容所時代とを、まるでタイムトラベルするように、ふたつの時代の殺人事件を追っていきます。力作です。
加藤さん。昼と夜のふたつの仕事をもつ女性が、夜のホストクラブを中心に起きる殺人事件に飛び込んでいく、ノリのいい作品です。
蒼井さん。設定に凝っていておもしろいです。日常から、ふと踏み込む殺人。軽く楽しめます。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:キツネノカミソリ=狐の剃刀:シャープな花びらとシベのラインが、きれいです:植物園)
16:53  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2624)  またまた集中豪雨

2008.08.16 (Sat)



午後から激しい風雨と雷です。
一度止んで青空も見えたのですが、夜8時過ぎくらいから再び豪雨と雷です。ニュースでは、東京湾で竜巻も発生したようです。都内では11万世帯が15分の停電もありました。電車の遅れも出ていました。
このタイプの雨が、今年はやたらに多いです。出勤日ではなかったので、助かりました。

明日1日で仕事です。短い夏休みでしたが、のんびりできたのでよかったです。緩んだ頭をそろそろ巻き上げようと思います。

(写真:コエンドロ:蝶のような花びらと、ピンクのシベがかわいい花です:植物園)
21:21  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2623)  猛暑日は続く

2008.08.15 (Fri)

猛暑日が続いています。
できるだけ朝のうちに用事を済ませたいと、早目に出ました。それでも、11時頃には道路からの輻射熱が顔を襲います。バイクで、短時間で移動できるのが助かります。当然、足への負担も少ないです。
ついでに買い物に行くと、そろそろ夏物最後のバーゲンが賑やかです。半袖のブラウスも、濃いめの秋色になっています。セーターも、グリーンやパープルが目につきます。確かにもう、夏の衣料品を買う気にはなりませんが、秋物の準備には気分的にまだなれません。案外、売り場も困る季節かも知れませんね。

(写真:コマツナギ=駒繋:少し秋を感じさせるお花の、開花です:植物園)
comatng8.jpg

(写真:セミの抜け殻:1週間の短い命を謳歌する、蝉時雨がにぎやかです:植物園)

21:18  |  季節  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2622)  自然を残すこと

2008.08.14 (Thu)



目黒の自然教育園に、行ってきました。
都会の中の貴重な自然の森で、山野草や水生植物があります。ゆったりと散歩する人の姿が見られます。できるだけ人の手を加えないという方針のため、虫が多くてわたしはちょっと苦手なのが残念です。沼の近くで、水色の入ったアゲハ蝶が飛んでいました。写真には撮れませんでしたが、きれいでした。
蝶や鳥の写真展示もあります。横に募金箱がありました。クリアボックスなので、中が見えます。千円札も多く見られます。保全のための予算が不足しているのでしょうか。
セレブな白金台を歩き、ポロシャツとジーンズで汗びっしょりの撮影ですが、気持ちが洗われるひとときでもありました。

(写真:ヤブミョウガ=薮茗荷-実:グリーンと藍色の艶のある実が、かわいいです:植物園)
21:15  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2621)  残暑お見舞い申し上げます

2008.08.13 (Wed)



暑さもいくらか和らいでいます。
それでも30度は超えるので、エアコンを消すことはできません。仕事から離れると、気持ちがだれてしまいます。昨夜は負けるのはわかっていても男子バレーを見てしまい、きょうはお昼寝をしてしまいました。読みたい本があるのですが、開く気にもなれませんでした。
夏休み1日目。たまにはこんなのんびりとした休日も、うれしいですね。

(写真:ヤブミョウガ=薮茗荷:白い花も好きですし、グリーンから藍色になっていく実も楽しみです:公園)
20:57  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2620)  ようやく痛みが引いて

2008.08.11 (Mon)



足底筋膜炎と診断されてから、いく種類かの足のストレッチを続けてきました。
最近は向こう脛にも、足の甲にも、くっきりと筋肉が見えるほどに鍛えられました。この期間ほど、足を意識して暮らしたことがありません。1本づつの指の状態の変化にも、目ざとくなりました。筋肉はすぐ落ちてしまうので、これは継続することにします。
痛みがかなり引いたので、ようやくジェル軟膏や湿布とも、離れられそうです。前傾にならないウォーキングシューズに変え、こちらも足にはちょうど適していたようです。3足は合わずに無駄にしてしまいました。

足への負担を減らすために、バッグの重量を減らす努力もしました。本はソフトカバーか、文庫本にし、化粧品は、家と会社にそれぞれワンセット置いておき、小さなおしろいと口紅以外は持ち歩かないことにしました。
食料品や、ヘア雑貨などの重い買い物は、できるだけ休日にバイクで行っています。それでも、買い忘れたものがあったりするのですが・・・。

(写真:ヒゴタイ:大きなネギ坊主のような、不思議なお花です。ほとんど蕾で、満開が見たかったです:植物園)
21:30  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2619)  鏑木蓮「屈折光」/橋本紡「九つの、物語」/小路幸也「21 twe・・」

2008.08.10 (Sun)



猛暑日を経験すると、真夏日は涼しく感じられます。
きょうは曇り空でいくらか、暑さが和らぎました。朝のうちにと、図書館に出かけ、買い物を済ませてしまいました。
明日、明後日仕事をすると、短い夏休みが始まります。それを楽しみにして、暑さを乗り切りたいですね。

先週の3作。
鏑木蓮「屈折光」
橋本紡「九つの、物語」
小路幸也「21 twenty one」
新しい大物作家になりそうな、筆致の見事な鏑木さん。医学的な知識に裏打ちされた、しっかりとしたミステリです。女性のしたたかさを感じさせます。
橋本さん。幽霊のお兄ちゃんとのユーモラスなやりとりと、9編の小説とのコラボレーションが楽しめます。
小路さん。これもいいですね。中学入学の「21世紀に 21歳になる、21人」が25歳の物語です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:フウセンカズラ=風船葛-実:小さな花から、風船のような実ができました。茶色になると、中にハートの種ができます:ベランダ)
14:46  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2618)  夏のブレスレット

2008.08.09 (Sat)



おしゃれ雑貨のお店を覗いても、なかなか好みのブレスレットを見つけられません。
カラーが好みでも、石が大きかったり小さ過ぎたりします。イメージを膨らませているうちに、自分で作ってみたくなりました。材料を買い集め、イヤリングだったブルーのガラスもばらして並べてみると、それなりの配列になりました。
ゴムテグスの結び目の処理に手間取りましたが、出来上がりです。
まだ、暑さは当分続くらしいので、いくらかでも涼し気な気持ちになれたらいいですね。
21:02  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2617)  電車の事故と、地震

2008.08.08 (Fri)



今朝は山手線の池袋駅で、人身事故でした。
始発でまだ5時前だったのに、通勤時間帯になっても止まったままです。並走路線は、乗車率250%の詰め込みでした。普通は40分から1時間で復旧するノウハウがあるはずなのに、結局4時間半かかったようです。狭いところに挟まり、車体の一部を解体しての救出だったと言います。22歳の女子大生。あまりにもイタい事故です。どんな心が死を決意させるのでしょうか。

午後の1時少し前、強い地震がありました。震度3。震源が奥多摩だったそうです。いよいよ、関東も起きるのか。前触れでなければいいですね。

(写真:アシタバ=明日葉:成長が早い花ですが、まだ咲き出したばかりです。ちゃんと開花すると白くなります:公園)
21:53  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2616)  自転車も、いろいろ

2008.08.07 (Thu)



通勤途中の路上に、鮮やかなヒョウ柄の自転車が停めてありました。
パッションオレンジに黒がくっきりと浮かんでいます。サドルからフレームまで、模様がありました。思わず、わおっと内心で叫んでしまいました。どんな男性でしょうか。それとも、女性だったりして・・・。
わたしはメタルシルバーの自転車、黒のバイクです。風景にとけ込むというか、目だたない色です。ヒョウ柄を選ぶとは、自己主張が強いのでしょうか。逆に弱さを隠して、強がってみせるとかも考えられます。たかが自転車、されど自転車。模様ひとつで、考える時間をくれました。

(写真:アメリカン・ブルー:花の中心が白く、ブルーとの対照がきれいです:公園)
21:24  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2615)  ジャケット

2008.08.06 (Wed)



夕立。そんな言葉が似合う雨でした。
昨日までの集中豪雨とはあきらかに違いますね。これくらいなら、気にもなりません。15分ほど買い物をしている間に止んでしまいました。

この猛暑の中、仕事上でジャケットにネクタイの方は気の毒です。きょう電車に乗り合わせたのは、ワイシャツの上に、メッシュのベストを着た体格のいい男性です。警備会社が似合いそうです。ベストのポケットに、手帳や小銭入れなどが入っています。ポケットの多いジャケット代わりにしているようです。
でも問題は混雑した車内で、こちらの腕がこすれてしまうことです。これが痛いのです。それがなくてもバッグなどがぶつかるのに、追い打ちをかけられました。かと言って、長袖を着るには暑過ぎます。ふー。お疲れ様。


(写真:クマツヅラ=熊葛:揺れる茎の先の、小さな花がかわいいです:植物園)
21:03  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2614)  水害

2008.08.05 (Tue)



朝から断続的な、激しい雷雨が続きました。
よく降るものだと感心するほどの、降水量です。ちょうど仕事で外に出たときは、雨の切れ間で日差しが出ていました。日傘は持っていなかったので、紫外線対策ができずにたちまち、首周りが火傷状態になってしまいました。
用事を済ませ、戻るときに激しい雨脚になり、建物の外に出られませんでした。同じように、空を見上げる人が15人ほどいて、小雨になるのを待ちました。会社に遅くなる電話を入れ、結局20分ほどしてからようやく歩けるようになりました。
豊島区では水道管の作業をしていて5人も流され、まだ見つかっていない方もいるようです。都市型集中豪雨とは言え、こんなに何度も起きるのは珍しいのではないでしょうか。

(写真:キョウチクトウ=夾竹桃:白や紅色が多いお花ですが、黄色が珍しいです:植物園)
21:07  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2613)  火災警報器・報知機

2008.08.04 (Mon)



消防法令の改正により、一般住宅にも住宅用火災警報器の設置が義務づけられました。
消防署に通報する、火災通報装置ほど設備に費用もかからないためか、アパートの全室に設置されました。電池式の簡単なもので、ガス警報機と同じような器具です。法令遵守しなければ、アパート経営にも支障が出るので、大家さんは義務を果たしたことになります。
音量もさほど大きくはなく、寝ているときに目が覚めるかどうかは疑問です。と言ってしまうと、身も蓋もない話ですね。

(写真:ギボウシ=擬宝珠:うつむいた姿と、シャープなシベの曲線がきれいです:公園)
21:11  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2612)   E.T.カーハート「パリ左岸のピアノ工房」/桜庭一樹「荒野」

2008.08.03 (Sun)



連日35度近くの気温が続いています。
冗長な本を読んでいると、つい睡魔に誘われますが、おもしろいと時間を忘れて読んでしまいます。

先週の2作。
E.T.カーハート「パリ左岸のピアノ工房」
桜庭一樹「荒野」
カーハートのピアノの描写がすばらしいです。めくるめくピアノの世界に、深く浸ってしまいました。図書館の本だったので、さっそく購入してそばに置いておくことにしました。

桜庭さん。「少女には向かない職業」より前の作品のようです。幼さの残る少女の、感性の鋭さと淡い恋の感情をからめ、一瞬の美しい時期に魅せられました。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ペチュニア:プランターからあふれそうに、ブルーの花が咲いていました:駅エントランス)
14:20  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2611)  花火の想い出

2008.08.02 (Sat)



7年前に一緒に見た花火が、元気な母との最後の想い出になりました。
白内障の手術をし退院して帰郷する前夜でした。そのわずか4カ月後に脳内出血で倒れ、何度か帰省するたびにベッドで、手を握ったりしましたが、目を開けることもなく言葉を発することもなく2年後に亡くなりました。
早いものです。5年という年月の間に、鮮やかな記憶と薄れていく存在感が、奇妙に混在しています。
きょうは恒例の戸田橋&板橋の合同の花火大会ですが、出かけずに終わりました。胸の中で、想い出にひたるだけでいいかなと思えたのです。去年までは、必死に記憶にしがみつきたかったのですが。こうして、時とともに深く沈んでいくのでしょうね。
去年の花火大会の写真は「Flower」8月に、載せています。

(写真:07年戸田橋&板橋合同の花火大会から)

21:23  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |