2009年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

(No.3003)  ワーストCM

2009.06.30 (Tue)



殺虫剤や防虫剤、そして消臭剤、洗浄剤のCMがちょっと苦手です。
そもそも見たくない虫の映像と、どうも逆ベクトルが働くのか、えげつないCMが多い気がします。どのCMも張り切って作っているのでしょうが、後味の悪いものや、ちょっと変というのが目につきます。
ひとつだけ、かわいいのがあります。プーンと飛んでくる蚊を、飛び上がって両手でぱちんと取るわんちゃんです。これくらいのものがいいですね。

(写真:アメロカロウバイ=あめりか蝋梅:いつみても不思議なチョコレート色の花です:公園)
21:01  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3002)  すぐれもの

2009.06.29 (Mon)



(写真:コエンドロ:小さな蝶か、リボン結びを思わせる、かわいい花です:植物園)

シュレッダーは、どうしても切った紙を入れる容器がかさばります。
ネットで探していたら、シュレッダーばさみというのがありました。さっそく購入です。5枚の刃が並び、サクサクと切ってくれます。ゴミ箱の上で使うと、後片付けの手間も省けます。それにしても、映画「シザーハンズ」でジョニー・デップが演ずる、両手がハサミの人造人間を連想させてしまうところが、楽しいです。100均ショップのシュレッダーの切れの悪さを考えると、高級品に感じてしまいます。

       hasami5.jpg
21:08  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3001)  スティーヴ・ロペス「路上のソリスト」/沢村凛「カタブツ」/水原秀策「メディア・スターは最後に笑う」

2009.06.28 (Sun)



午後から雨になりました。蒸し暑さは変わりません。
今週は、傘を手放せない梅雨らしい気候になりそうです。沖縄はそろそろ梅雨明けらしいですね。
ベランダではつつましく開花している鉢植えたちが、ほっと息をついている感じがします。ヒメヒオウギアヤメ、ハゼラン、フウセンカズラ、アカバナルリハコベ、アサガオです。

先週の3作。
スティーヴ・ロペス「路上のソリスト」
沢村凛「カタブツ」
水原秀策「メディア・スターは最後に笑う」
ロペスはコラムニストとして近づいた、路上の演奏家との関わりをドキュメント風に描いたものです。統合失調症という危うい心の状態を抱えた音楽家に翻弄されながら、学んでいく姿はすごいです。いま映画化され上映中です。
沢村さん。さりげない日常に潜む、心の奥をうまく切り取ってみせてくれます。
水原さん。ピアニストも含め俗物さ加減に辟易しますが、ピアノのシーンは上手いです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:コマツナギ=駒繋ぎ:馬をつなぎ止めるほど丈夫な木、というネーミングです:植物園)
15:18  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3000)  ひさしぶりに、腕時計を

2009.06.27 (Sat)



きょうも暑かったですね。
先日ネットで購入した腕時計の、ベルト部分が長過ぎるので、商店街の時計屋さんに持ち込みました。その場ですぐ7個のチップを外してもらいました。ちょうどいい具合になりました。調整中に店内を見回すと、20年前から陳列が変わっていないのではないかと思う古さでした。
お店に来客はあるのでしょうか。心配になりました。古くからのお店は、こうしてまた消えていくのでしょうか。

(写真:ナナカマド=七竈:真っ白な雪を思わせる花です。故郷では街路樹によく使われ、秋の赤い実を楽しみます:公園)
21:18  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2999)  郵便局が再開

2009.06.25 (Thu)



会社近くの郵便局で火災が起きて、ふた月が立ちました。
今朝通りかかると、職員二人が並び、再開の案内をしていました。「よかったですね」と思わず声をかけました。「ご不便をおかけしました」という挨拶の笑顔に、ほっとしました。
自転車で5分の離れた郵便局に行くのが、日差しが強くなるにつれ辛くなっていたのです。紫外線アレルギーなので、できるだけ外を歩きたくないのです。利用者としては、近くにあることがなにより助かります。
火災の後片付けも大変だったでしょう。がんばってください。

(写真:イソトマ:ほっそりとした花びらが涼し気です:花屋さん)
21:03  |  仕事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2998)  不幸中の幸い

2009.06.24 (Wed)



先日、故郷の姉が軽い脳梗塞から復帰してまもなくのことです。
ご主人が胃潰瘍で入院し、ファイバースコープ手術をしました。胃潰瘍は問題がなかったのですが、その際食道にガンが見つかったのです。まだ初期のもので、他に転移は見られなかったのが幸いでした。直ぐにガン治療を受けることになりました。
続きますね、こういうのって。ふーっ、と、またため息でした。

(写真:オオムラサキツユクサ=大紫露草:少し明るめのパープルでした:公園)
21:08  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2997)  ジューン・ブライド・・・

2009.06.23 (Tue)

tuyuksa-si9.jpg

先週末、親戚の結婚式があり盛岡まで行ってきました。
ジューン・ブライド。ホテルのチャペル。そして披露宴。彼女はモデルさんのような美人ですが、意外に地味な彼でした。案外こういう男性の方が、家庭的だったりするのかも知れません。白の打ち掛け、ウエディングの白、ピンクの濃淡のカクテルドレス。ため息の出る美しさでした。手作りクッキーのプレゼントと、招待状と席書きの四ツ葉のクローバーが彼女らしい丁寧な心づくしでした。
いくつかの結婚式に出て思うのは、どんなにがんばってもレールを外れた式も披露宴もできないことです。それがよければ満足できていいのでしょう。でも、心の中でどこか違和感を感じるのはなぜでしょう。うーん。よくわからないのです。

(写真:オオムラサキツユクサ=大紫露草:紫と言いながら、白花です。パープルのファーがきれいです:公園)
20:50  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2996)  なにやらバトン

2009.06.22 (Mon)



梅雨本番ですね。
ムシムシと湿度も高いので、不快指数100%です。美容院でのトリートメントも、ほとんど効果はなく、ワックス、ヘアスプレー、あれこれやってもほとんどだめな癖っ毛のわたしです。

こんなバトンが回ってきました。まだ続いているのもあるのですね。楽しんでみました。

1--あなたの年齢、職業、資格は?
  100歳。会社員(わたしはいつまで働くの?)。パソコン検定2級。簿記検定2級。
2--今の悩みは?
  仕事へのモチベーションが下がったこと。
3---自分の性格を一言で言うと?
  両極性の性格。
  (真面目といい加減。繊細と大雑把。負けず嫌いとあきらめ。冷静沈着とドジ)
4---ギャンブル好き?
  まったくだめ。勝とうとする気持ちがない。ゲームは好き。
5---好きな食べ物&飲み物
  果物、チョコ、紅茶。
6---嫌いな食べ物&飲み物は?
  魚、丼もの、炭酸飲料。
7---理想の彼氏のタイプ5つ、喧嘩したら自分から謝る?
 (1)痩身。
 (2)適度に話し好き。(自分がしゃべるのが面倒=笑)
 (3)女性の仕事を理解してくれる。
 (4)大型バイクを持っている。
 (5)なにも要求しないで、やりたいことをさせてくれる。(って、いらないということよね)

 自分が悪いときだけは、しかたがないから謝る。
8---バトンをまわしてくれた人は?
 (Cat’sCat)ライムさん。
9---人生談
 死に際に「わたしの人生も捨てたもんじゃないよ」と言いたい。
10---何のためなら一肌脱ぐ?
 自分のためなら、なにかできる。う~ん、自分中心の世界だ。
11---このためなら一食抜ける?
 一食抜くことにほとんど意味がない。理由がなくても、軽く抜ける。
12---趣味、特技。
 読書。音楽鑑賞。デジカメで花の写真を撮る。
13---今自由に使えるお金があったら。
 カナダにオーロラを見に行きたい。
14---将来の夢
 夢を見るほど若くはなく、過去を振り返るほど老いてもいない。

なんだか、夢のない回答になっちゃいました。バトンを指定しませんので、受け取ってみたい方は、ご自由に受け取ってくださいね。

(写真:アジュガ:どこかユーモラスなお花です:公園)
21:14  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2995)    スティーグ・ラーソン「ミレニアム 2 火と戯れる女」/西川美和「きのうの神さま」/田山朔美「霊降ろし

2009.06.21 (Sun)



朝から小雨が降っています。
それでも図書館からの借受と返却のため、出かけてきました。湿度が100%でしょうか。じめっと汗をかいて、不快です。帰りに八百屋さんに寄り、アメリカン・チェリーを買いました。そろそろ甘みが増してきたようです。

先週の3作。
スティーグ・ラーソン「ミレニアム 2 火と戯れる女 上・下」
西川美和「きのうの神さま」
田山朔美「霊降ろし」
ラーソンの「ミレニアム」第2部です。1部でも強烈な印象だった女性調査員・リスベット・サランデルを、前面に出しています。人を殺人に駆り立てるものは何か。とにかくおもしろく、ハラハラし楽しめます。ラストはどうなることかと思いましたが、3部へと続くことになりほっとしました。
西川さん。ひとつひとつのシーンが映像的にもうまく処理され、そこへ短い言葉が人の心の断片を鮮やかに描いてみせます。
田山さん。まだ発展途上という印象です。うまく成長してほしい作家です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:クレマチス:八重咲きが、艶やかですね:花屋さん)
15:28  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2994)  早くも、夏バテか

2009.06.18 (Thu)

kremats-pi9.jpg



仕事はどうにか、本決算に持ち込めたのでほっとしています。
そのせいか、どうも体がだるくて仕方がありません。複数の薬の服用による、副作用だろうと思います。数日前はお腹を壊し、その原因は漢方薬の副作用とわかったので、飲むのを止めました。そのため血行が悪くなっているのだと思われます。
次の通院日まであと10日ほど、なんとか体をコントロールしていくしかありません。
体調の悪さに必要な薬。でも必ずつきまとう副作用とどちらを取るか。難しい問題です。

(写真:クレマチス:下のパープルの改良種のピンクが、おもしろい形をしています:花屋さん)
21:28  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2993)  エスカレーターの危険

2009.06.17 (Wed)



駅の上りエスカレータでのことです。
数人前の70歳くらいの男性が乗ってすぐ、転倒しました。一段上の連れの女性は、おろおろするばかりです。立ち上がることができず、体重で滑り落ち、それでいて逆にエスカレータの上りの力で運ばれ、どうにもならないのです。後ろの男性が、強引に倒れた男性の足を引っ張り、エスカレータから引き下ろしました。めまいも起こしているようでした。
駅員の姿も見えない駅構内は、事故があると怖いですね。通勤の朝のことなので、その場を離れましたが、無事に目的地に行けたでしょうか。

(写真:クチナシ=梔:はらりと開いていく、花びらの造形がきれいです:公園)
21:07  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2992)  神田明神参拝オフ会

2009.06.16 (Tue)



14日に、「八方美人な書評ページ」八方美人男さんの主催のオフ会に参加してきました。
総勢9名がぞろぞろと移動し、御茶の水駅からほど近い神田明神へ初めて参拝しました。八方美人男さんと同じく、最近いろんなことがあったので、厄払いをしたい心境でした。だいこく様、えびす様、平将門命(たいらのまさかどのみこと)が祀られています。おみくじを引くと、大吉の確率がよく、3人が中吉、末吉で他は大吉でした。文章はそれぞれバリエーションがあり、「願望=身を慎めば必ず叶う」「縁談=男はひくてあまた。迷うべからず」に大笑いです。
飯田橋に移動し、喫茶店で、そのあとは沖縄料理のお店で、おしゃべりを楽しみました。今回は読書系の参加者が多かったので、かなり話題が集中しました。日本のミステリはいまおもしろいねとか、あの作家はだめでしょうとか、世界文学を読み直しているとか・・・。笑いの中にも鋭い視点が見えます。なんでも誉める書評を書くことを信条にしている八方美人男さんが、気の滅入る作品のリクエストを受けた話に同情しました。
青山のラム肉料理が美味しい話が、以前も聞いていたのですが、ぜひ行ってみたいです。ジュエリー、時計の話と、話題はつきませんでした。またお会いしましょう。

(写真:クチナシ=梔:バラのような美しさです。香りも独特です:公園)
21:15  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2991)  舞台裏

2009.06.15 (Mon)



毎月の試算表は、会計ソフトデータを、エクセルデータに変換して税理士さんにメールで送ります。
決算が近づくと、その他の明細資料も加わります。それを基に税理士さんから決算予想データが、出てきます。社長は税理士さんが作成したものだからといって、絶大な信頼を寄せているわけです。実はわたしが立てている予想なのです。それは経理としては口にすることでもないし、それで満足であれば問題はないことです。
ところが、今年はいつものように仮決算を催促しないのが不思議でした。仮データを送って、出してもらいましょうかと持ちかけると、君の出したデータと同じなんだろうと言うのです。そして、わたしの仮データの数字を口頭報告で聞くと、あとは本決算にすることになりました。
税理士さんが口を滑らせたのかも知れません。吉と出るのか凶と出るのか。どちらにしても、裏でわたしが作成していることを知られてしまったのは確かです。

(写真:ウマノアシガタ=馬の脚形:両手を上げて笑顔になっている、かわいい花です:植物園)
21:41  |  仕事  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2990)  貴志祐介「新世界より」/永嶋恵美「明日の話はしない」/梨木香歩「f 植物園の巣穴」

2009.06.13 (Sat)

dokdami9.jpg

梅雨入りしたとたんに、暑くなりました。
空は曇ったままですが、石川県のようにおたまじゃくしや小魚は降ってきません。これは気持ちが悪いですね。鳥が口から落としたのではないかということです。

先週の3作。
貴志祐介「新世界より 上・下」
永嶋恵美「明日の話はしない」
梨木香歩「f 植物園の巣穴」
貴志さん。魔の世界を読むのは2作目ですが、とても引き込まれて読んでしまいました。呪力を持つ世界の方が、より人間的な感情を強く表現できるのかも知れません。おもしろいです。
永嶋さん。3作の登場人物がそれぞれに「明日の話はしない」と考えて、暮らしています。それが思いもかけない方向に転がり出していきます。
梨木さん。久しぶりに、熟成した濃厚なお酒に酔わされたような、不思議な世界でした。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ドクダミ=毒痛み:匂いは苦手ですが、端正なお花です:公園)
15:32  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2989)  山菜の香り

2009.06.11 (Thu)



故郷から,細いタケノコが届きました。
モウソウダケと違い、採ってすぐなら皮を剥いてそのまま食べられます。早速ワカメと一緒のみそ汁と、あとは油揚げと豚肉などと煮物にしました。独特のシャキシャキした食感と香りが、好きです。指より少し太い程度なので、皮を剥くのに手間取ります。包丁で上から下まで1筋切って、あとは下から手で剥いていきます。根元の固いところは、節を切り捨て柔らかい部分だけ使います。
子どもの頃は父が採ってきて、家族みんなで皮剥きをしました。取り除いた皮を、指サックのようにして遊びました。懐かしい光景ですね。

(写真:ヤエドクダミ=八重毒痛み:フリルのドレスのようで、きれいです:植物園)
21:11  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2988)  ピアニスト、辻井伸行

2009.06.10 (Wed)



アメリカの「第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクール」で優勝したピアニスト、辻井伸行さんのニュースを見ました。
独奏はもちろん、オーケストラとの共演、新曲の課題など、大変難しいコンクールです。課題の新曲は楽譜を見て弾いてもいいのですが、全盲の辻井さんはすぐに暗譜しなければなりません。オーケストラと息を合わせる大変さも、想像を絶するものがあります。
優勝の発表会でピュアな喜びを表して、胸に迫るものがありました。これからコンサートやCDの発売など、忙しくなることでしょう。機会があったら、独奏を聴きにいきたいと思います。

(写真:アジサイ"シチダンカ"=紫陽花"七段花":小さな山紫陽花です。かわいいですね:公園)
21:29  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2987)  なんとかメドが

2009.06.09 (Tue)



仕事の決算のプッレシャーから、気持ちがかなり追いつめられていました。
今週に入り、ようやくメドが立ってきました。あと2件の数字の確定が出来れば、仮決算に持ち込めます。そのあとは最終的に税理士とトップの話し合いで,決まることになります。昨年の夏からの急激な売上の減少が、ラストでなんとか持ち直したのです。数パーセントの減少で、ギリギリで赤字にならずに終われそうです。会社の存続は持ち越しそうです。
なんとか次年度で回復できればいいのですが、どうなるでしょうか。まだまだ景気の回復は難しいですね。

(写真:カシワバアジサイ=柏葉紫陽花:雨の雫が、きらきら光っています:公園)
21:42  |  仕事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2986)  浴衣でもなく

2009.06.08 (Mon)

ajisai-gak9.jpg



朝の東京駅構内で、下駄履きの男性がいました。
ジーンズにシャツ。まだ学生っぽさの抜けない印象の人です。フリーターでしょうか。まだ浴衣の季節でもなく、堅い床の駅構内にカツカツと音が響くのが、どうにも違和感がありました。かっこ良く履きこなしているならいいのですが、似合っていませんでした。

季節はそろそろ梅雨入りが近づいています。わたしの癖っ毛の髪は、先週からすでに『梅雨』入りしてしまい、くるくると巻き上がっています。美容院でトリートメントをしたのですが、いくらか押さえられる程度に過ぎませんでした。ケープもムースも,付けた箇所から巻き上がるのです。なにかいい方法があったら教えてほしいです。

(写真:ガクアジサイ=額紫陽花:ブルーのシベと、白い装飾花がきれいです:公園)
21:41  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2985)  沢村凛「笑うヤシュ・クック・モ」/結城充考「プラ・バロック」/永嶋恵美「せん-さく」

2009.06.07 (Sun)



昨日までの雨が上がり、すっかり暑くなりました。
室内干しのブラウスの匂いもなくなり、気持ちも明るくなります。ベランダの鉢植えの草花も大きく生長してくるのがわかります。もう6月ですものね。

先週の3作。
沢村凛「笑うヤシュ・クック・モ」
結城充考「プラ・バロック」
永嶋恵美「せん-さく」
沢村さん。当たりくじの行方を、想像力を駆使して探しまわる男たちの姿がおもしろいです。ミステリ色は強くないけれど、ヤシュ・クック・モ展をうまく使い楽しめます。
結城さん。好みが分かれると思いますが、切れ味がよくおもしろいです。
永嶋さん。ネットで出会った主婦と中学生が、思いもかけない方向に走り出します。丁寧に心の中を描いて、日常と非日常のボーダーラインを考えさせられます。
Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:アジサイ=紫陽花:雨が似合う、ブルーが好きです:公園)
14:50  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2984)  ウグイスの鳴き声

2009.06.05 (Fri)



曇り空の昨日、通勤途中の公園からウグイスの鳴き声が聞こえました。
こんな都心部で聞くなんて、思っても見ませんでした。子どもの頃、亡くなった父と一緒に山菜採りに行った時よく聞きました。青空と草地をワラビを求めて歩きました。お弁当を広げていると、小鳥たちの澄んだ声がとても気持ちがよかった記憶があります。
その山にももう行くことはないかも知れません。大切なワン・シーンです。

(写真:サワフタギ=沢蓋木:目立たない葉影にひっそりと咲いていました:公園)
20:59  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2983)  音楽的な

2009.06.04 (Thu)



会社の始業と終業、そして休憩のときに時計にセットされたチャイムが鳴ります。
古くなったので、全部を電波時計にしました。チャイムの音が変わりました。学校のチャイムをさらにソフトにしたような感じで、始業の気分が溶け出してしまいそうです。休憩や終業は短い音楽フレーズが流れます。とてもふわりとして響きがよく、音楽的でさえあるのです。タイトルを忘れてしまった小中学で歌った記憶のある曲で、なんだか背中がこそばゆくなる感じがします。全員が一瞬顔を上げ、聴き入って苦笑してしまうのです。
「優雅ですね」「高尚な会社のイメージ」などの社員の反応に対して、購入してきたトップは「軍艦マーチはないのか」とのたまいます。いや、買ってきたのはあなたですから。

(写真:クサノオ=瘡の王:鮮やかな黄色がきれいです:公園)
21:02  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2982)  最新の銀行窓口

2009.06.03 (Wed)



新店舗になってから、初めてりそな銀行の窓口に行きました。
税金の納付のためです。混雑を避けるため、いつもは郵便局でしたが、郵便局が遠くなったのでやむなくという感じでした。ところが、待っているお客が2、3人しかいません。腰の低い男子行員2人が、番号レシートの前で挨拶と窓口への誘導をしているだけで、他には行員の姿も見えません。銀行らしくない光景に見えます。番号レシートを引くとすぐ呼ばれました。
納付書を渡し、ATMで引き出した現金を、カウンターに入れ込んであるATMのような現金収納機に投入します。金額を確認すると、納付書は行員がすでにスタンプ装置を通して待っています。電話番号を聞かれただけで、終了です。わずか数十秒でした。
これなら確かに待ち時間の短縮、作業の半機械化で人員も少なくて済むでしょう。銀行強盗もできないかも知れません。

(写真:タツナミソウ=立浪草:ネーミング通りの姿です:植物園)
20:55  |  仕事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2981)  家系の遺伝子か

2009.06.02 (Tue)



20日ほど前に、故郷の姉が入院していました。
ごく軽い脳梗塞だということですが、ショックを受けました。離れていてはなにも出来ず、そうしているうちに先週末退院し、きょうは友人のソプラノ・コンサートのために上京してきました。本来はゲスト出演して姉は歌うことになっていたのですが、今回は聴くだけにしたそうです。きょうはホテルで夕食を共にして、発病の様子などを詳しく聞けて、ようやく安心しました。軽くて、ほんとうによかったです。
舌のもつれと書き文字の崩れが気になり内科を受診し、その場から脳の専門病院に回されたのです。3日間の点滴のあと、リハビリが開始されたそうです。足や腕など体を動かすことと、発声練習などでみるみる改善したということです。退院後は飲み薬と、1日40分歩くことが課題で、減量に取り組むことになったそうです。
亡くなった母は硬膜下出血、兄も軽い脳血栓を経験しています。家系的に遺伝子があるのかも知れません。次はわたしかと思うと、なにか準備をしなくてはならない気がしてきます。

(写真:シタイトソウ=白糸草:清楚なたたずまいのお花です:植物園)
22:19  |  健康  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.2980)  コントロールされているような

2009.06.01 (Mon)



新型インフルエンザを始め、核実験やミサイル、殺人事件、芸能人のお騒がせなど、日々ニュースがあふれています。
どうもここ数年、どこのTVもネットも一斉に報道が始まり、一斉に次の話題に移っていく速度も深さも、同じように感じてしまうのです。取捨選択の自由度はいつの間にか失われてはいないでしょうか。ほんとうに、目にしているものは本当の姿なのか。一人一人が、立ち止まって考えなくて、いいのでしょうか。
心に引っかかっていたことの、忘れ去られるあまりのスピードに、不安を感じてしまうわたしです。自分を見失わないようにしたいものです。

(写真:シラン=紫蘭:ふりふりの花びらの、色艶やかなこと。ため息が出ます:公園)
21:12  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |