2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

(No.3030)  パソコン周辺機器

2009.07.30 (Thu)



長くパソコンを使っていると、本体はもちろん周辺機器がいろいろと変わります。
プリンタは2、3年ごとに買い替えています。そして外付けのMOドライブが、ついにOSに対応しなくなりました。少し古いデータが必要になり挿入したとたん、パソコンが使用不能、再起動のメッセージが出ました。3月に本体が新しくなって以来、使用していなかったのです。
検索してみると、すでにメーカーで生産中止になりOSの対応ドライバもない状態でした。業界ではMOがいずれなくなるとは聞いていましたが、こんなに早く来るとは思っていませんでした。買い直す気にはなれず、やむをえずUSBフラッシュメモリを購入し、ひそかに会社のMOでデータを落としました。あとは家で外付けのハードディスクに、入れておきます。このハードディスクが故障しないことを、願うしかありません。

(写真:サルスベリ=百日紅:白花も咲き始めました。夏の花の代表ですね:公園)
21:49  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3029)  咳喘息、その後

2009.07.29 (Wed)



咳喘息と診断されたあと、吸入薬だけでは治まりません。
参蘇飲(ジンソイン)という漢方薬は、以前から飲んでいたので併用したのですが、どうしても咳が止まりません。先週からは、麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)に変わりました。1日2回でかなり効果があり、吸入薬の回数も減りました。3回だとほぼ咳が止まるのですが、強い薬で副作用もあるので2回で我慢です。
どの薬にも必ず、副作用が付きまといます。短期間で治したいです。調べてみると3カ月から6カ月で治るか、悪化して本格的な気管支喘息になるか、どちらかだそうです。なんだか、ため息が出そうです。
長引いている1本の歯の治療は、ようやく痛みが治まりラストが見えてきました。8月くらいで完治になると思います。9カ月もかかりましたが、かなり気が楽になりました。

(写真:サルスベリ=百日紅:セミの声で見上げると、赤い花がきれいでした:公園)
20:25  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3028)  おしゃれな靴

2009.07.28 (Tue)

すてきな靴が、見えました。
黒のエナメルの、ピンヒール・パンプスです。靴底がワイン・レッドで、とてもきれいでおしゃれです。でも、下ろしたての朝だったようです。歩くたびに、かかと部分が足から離れて、いかにも歩きにくそうです。たぶん、わたしと同じで足に厚みがないのではないでしょうか。薄いインナーを入れると、歩きやすくなります。
すてきな靴を見ると、やっぱりおしゃれは足元からだと思います。いいなーと、うらやましくなります。と言いながら、ウォーキング・シューズに慣れると、もうパンプスには戻れないのですが・・・。



pabifro-zen9.jpg

(写真:パービーフロラ= マロニエの仲間です。長いシベが魅力たっぷりです:公園)
20:44  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3027)  虹がまた・・・

2009.07.27 (Mon)



朝から、強い日差しがじりじりと痛いです。
公園ではセミの合唱も始まっています。暑さが倍増するような、にぎやかな声です。冷房を入れても、暑く感じられましたが、夕方から急に暗くなり大粒の雨が落ちてきました。帰宅する時は、晴雨兼用の小さな日傘です。肩から濡れてしまいます。
駅に到着して空を見上げると、デパートの上の空にみごとな半円の虹が出ていました。たくさんの人がケータイで写真を撮っています。わたしも撮りましたが、画素数やカラー調整が不足でとても見られた写真になりませんでした。
まだ、戻り梅雨から抜けていないようですね。しばらくすっきりしないお天気が続きそうです。

(写真:ハタザオキキョウ=旗竿桔梗:ベルの形がかわいいです:植物園)
22:12  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3026)  北國浩二「リバース」/バリー・アイスラー「雨の罠」

2009.07.26 (Sun)



熱風が吹き付けてきます。
34度を超えている感じです。いつのまにか34度という高い数字に、驚きも違和感もなくなってしまいました。夏は35度が当たり前のようになっています。亜熱帯に近づきつつあるような気象にも、じわじわと慣らされていくようです。

先週の2作。
北國浩二「リバース」
バリー・アイスラー「雨の罠」
北國さん。別れた恋人を守ろうとする、未練たっぷりのだめ男を主人公にしながら、心臓移植という大きなテーマも描いています。
アイスラー。映画は見ていないのですが、シリーズ物です。鋭敏さの中にある微妙なドジさ加減は意図しているのか、文化の違いなのか、描写のくどさが惜しいです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ヒメヒオウギズイセン=姫緋扇水仙:子どもの頃の、夏の思い出につながります:公園)
15:15  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3025)  暑中お見舞い

2009.07.25 (Sat)



暑中お見舞い申し上げます。
夏バテしないように、熱中症にならないように、しっかり水分と栄養補給をしましょう。
(という自分が、一番要注意なのですが・・・)

夏休みの予定はお決まりですか?わたしは5日しかない短い夏休みなので、近場の予定です。それでも、業界では規模縮小や本社移転、経費削減で営業車を減らして自転車や電車にしているところもあるので、倒産しないだけでもありがたいという感じです。
もう少し、夢のある夏を迎えたいものです。

(写真:トウキ=当帰:レースのような花が、涼しそうです:植物園)
21:36  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3024)  戻り梅雨、そして水害

2009.07.24 (Fri)



きれいな言葉ですね、戻り梅雨。
けれどそれによって引き起こされる水害には、目を覆いたくなるものがあります。亡くなられた方のご冥福を祈ります。

今朝の通勤時、ちょうど見計らったような豪雨に見舞われました。駅までの10分の長く感じられたこと。歩道を流れる雨水、水たまり、折りたたみ傘は風でひっくり返り、頭から濡れてしまいました。雨に強い靴もさすがに中まで濡れ、パンツは膝から下は水が滴るほどです。電車に乗る前にタオルでバッグを拭き、傘は収納バッグに入れます。それでも満員の乗客の中には、傘やバッグを濡らしたままの人がいて、押し付けられてしまいます。
会社のある駅に着くと、雨は上がり薄日も差している落差はなんでしょう。濡れた衣服のまま冷房の効いた部屋にいると、風邪を引きそうになります。靴は丸めた新聞紙を入れ、水分を吸い取りました。3度取り替えたけれど、戻りの頃でも湿った状態でした。

(写真:ムラサキカタバミ=紫片喰:小さなピンクが、かわいいです:植物園)
21:26  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3023)  秒殺・・・

2009.07.23 (Thu)



辻井伸行ピアノコンサートの申し込みをしました。
ぴあ特電は20秒で繋がったものの、ソウルド・アウトの無情な音声案内が流れました。片道1時間の熊谷の会場ということで迷いましたが、やはりピュアなきれいなピアノを聴きたいと思ったのです。コンクール受賞前のコンサート予定だったのでしょう。往復の電車代を考えても、渋谷よりお得だったし、もしかしたら取れるのではないかと期待したのです。けれど、さすがのぴあ特電でした。
○◯オクを見ると、5万とか6万とかで落札されています。そこまでは無理です。やはり、ブームが落ち着いてからにした方がよさそうですね。

(写真:ムラサキカタバミ=紫片喰:ネーミングは紫ですが、白花です:植物園)
21:12  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3022)  暑いときの故障

2009.07.22 (Wed)



冷蔵庫が故障です。
よりによって、この暑いときに故障しなくてもいいのになーと、ため息が出ました。夕方買い物を入れようとドアを開けると、照明が点灯しません。庫内に冷気がありません。さーっと汗が引きました。冷凍庫の食品はまだ解けてはいませんが、上側に雫が付いています。冷蔵室も冷えていません。保存が効かなくなるのは、時間の問題でしょう。冷蔵庫は購入して9年くらい使っています。故障することなど考えたことがありませんでした。
そう言えば、洗濯機も一度うまくすすぎができなかったことがあるし、炊飯ジャーも芯の残るご飯になったし、どれもそろそろ使用期間が終了しようとしているのかも知れません。頭の痛い事態です。ヤバい。

(写真:ブラシノキ:ネーミングがぴったりの、夏の花です:公園)
21:08  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3021)  3年になります

2009.07.21 (Tue)



図書館から本を借りて読むようになって、3年になります。
新しく借りに行ったときに、カードの更新が必要ですと言われました。3年に一度、住所確認をするのだそうです。それもそうですね。
以前は年間150冊のすべてを購入していたわたしが、新しい図書館のオープンによりずいぶん助かっています。冒頭の数ページを読んで、購入するかどうかを決めていた頃を考えると、とりあえず読んでみるという挑戦ができるようになりました。思いがけない作家との出会いも生まれる機会も増えました。
それにしても、予約が多い本ベストを見ると1,000人近くで40冊の蔵書です。1冊、1人ひと月かかるとして、2年以上も待たなければならないことになります。話題の村上春樹「1Q84」です。初期に読んですでに離れてしまったので、いまさら読む気にはなりませんが・・・。

(写真:露草の葉に、雨の雫がきらりです:公園)
21:03  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3020)  道尾秀介「龍神の雨」/バリー・アイスラー「レイン・フォール/雨の牙」

2009.07.20 (Mon)



夏、真っ盛りという暑さが続いています。
土用の丑の昨日は、デパ地下もうなぎの売り場に人が集まっていました。これで夏を乗り切ろうというところですが、魚が苦手なわたしはひたすら肉・卵料理です。最近はまっているのがゴーヤチャンプルーで、週に一度は作っています。量が多くなるので、数日同じ物を食べています。夏バテせずに過ごしたいです。

先週の2作。
道尾秀介「龍神の雨」
バリー・アイスラー「レイン・フォール/雨の牙」
道尾さん。やはり長編がうまいです。雨の飛沫さえ感じさせる描写が印象的です。ふた組の兄弟(妹)が見たものとはなにか。ラストの捻りも、明るさを残してくれていいですね。
アイスラー。偶然にタイトルに雨が入っています。こちらはフリーランスの殺し屋の活躍です。細心の注意を払って行動するのに、冷徹無情ではなく少しドジなところが惜しいです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ハクチョウゲ=白丁花:垣根に咲く、小さな花です:公園)
13:32  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3019)  虹のように

2009.07.19 (Sun)



昨日に続いて、気になっていたCMの曲のフルバージョンが聴けました。
病気の母を見舞う男の子が描いた花の絵。バックに流れる曲を歌っているのが、「ji ma ma」という沖縄在住の女性歌手です。太陽薬品のCMで、曲名は「大丈夫」。曲の途中でぷっつり切れるので、全曲を聴きたいと思っていたのです。YouTubeで聴けます。
ハスキーな低い音程が好きで、少しEGO-WRAPPIN'のよっちゃんにも、一青窈にも似ています。別バージョンも含め、6曲を聴いているうちに曲数が少ないためか、変化の乏しさがものたりなく感じてしまいましたが・・・。

(写真:夕暮れのベランダから見えた、虹です。都内では、前回のように半円に見えたようです。5月の写真は→こちら←です)
21:22  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3018)  華麗なバタフライ

2009.07.18 (Sat)



華麗なバタフライで泳ぐカエルは、最近気になるCMのひとつです。
NTTデータのCMで、美しい水はタイの大学のプールだそうです。少年が泳ぐ映像に、カエルのCGをミックスしています。バックの曲は、ヘンデルのオペラのアリア「オンブラ・マイ・フ」です。歌手は白石圭美だそうです。
作成過程はこちらにありますので、興味のある方はどうぞ。

(写真:ハクチョウソウ=白蝶草:別名=ガウラ:背中合わせの、蝶の舞がきれいです:植物園)
21:00  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3017)  ボーダーライン

2009.07.16 (Thu)




デパ地下の総菜売り場の店員さんは、声が印象的です。
声だけを聞くと男性ですが、お顔は女性のように思います。けれど頭は女性店員のキャップではなく、男性の三角巾巻きです。身長は170くらいで、手の動きは繊細でいながら合理的です。どちらなのでしょうか、気になります。
会社の取引先で年に1度くらい顔を合わせる方は、見た目は中年男性ですが、そちらの方面であることを隠そうとはしていません。言葉遣いでカミングアウトしています。
すべてのことに、明確なラインはないのかも知れませんね。
健康に関しても、わたしは決して健康体だとは言えませんが、仕事をし読書やカメラを楽しめるラインには立っています。それも個性のひとつと考えるようにしています。

(写真:シモツケ=下野:淡いピンクの中心が紅色です。長いシベもピンクです:公園)
21:06  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3016)  涼し気な、インド綿のおしゃれ

2009.07.15 (Wed)



インド綿のロングスカートの女性が、すたすたと歩いていきます。
モデルさんのように背が高くスレンダーで、とても似合っています。こういうファッションは、身長が高くないわたしには真似ができません。
夕方にはインド綿のパンツの方がいました。体型はわたしと同じくらいで、きれいに着こなしています。これならなんとかなるかも知れません。探してみようかと思っています。
駅構内はさまざまなファッションが、入り乱れています。自分に合ったおしゃれを楽しみたいですね。

(写真:シモツケ=下野:白花がきれいでした。長いシベが魅力です:公園)
20:50  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3015)  梅雨明けです

2009.07.14 (Tue)



関東が梅雨明けしました。
数日前から、癖っ毛の髪が少し落ち着いていたと思っていたら、やはり梅雨明けでした。髪を気象発表の基準にしてあげたいくらいですね。
電車の冷房もマックスになり、冷えすぎの感じがします。会社のエアコンは明日修理の予定なので、きょうもわたしのデスク周辺は北極並みの冷やし方です。

ひと月くらい前から咳が出ていました。いままでも季節の変わり目にときどきあったので、いつもの漢方薬を飲みましたが、治まりません。診察を受けると、咳ぜんそくという診断でした。気管が狭くなって、少しの刺激でも咳が出るのだそうです。ストレスや冷房が誘因ということで、気管を広げる薬を吸入器で吸うことになりました。1日3回くらいの吸入で、咳がぴたりと止まっています。これは対処療法なのか、治療法なのか、しばらく様子見です。

(写真:シモツケ=下野:シベの先がきらり、金色です:公園)
21:30  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3014)  蒸し暑さもピーク

2009.07.13 (Mon)



そろそろ梅雨明けも近い感じです。
まだ湿度が高く気温も30度を超えています。それなのにこんな日に会社のエアコンの故障です。修理は2日後になります。3カ所のうちの1カ所なので、動いているエアコンで必死に室温を下げようと頑張っていますが古いので能力が低いのです。

通勤の街路樹に花が咲いていて、ふと気付くとこれはプラタナスの花ではありません。街路樹=プラタナスという思い込みがありました。葉の切れ込みが深いので、もしかしたらアオギリ(青桐)かも知れません。公園はプラタナスなので、当然同じ木だと思っていました。
雨と風で、花がたくさん道路に散っていました。
思い込みというのは、観察することも止めているのですね。もっといろんなことに関心を持ちたいです。

PS:幹に養生シートが巻かれていたので、木肌が見えませんでした。よく見るとシートの隙間からグリーンの木肌が見えました。青桐に間違いないようです。

(写真:アオギリ=青桐:高い枝に、小さな花がたくさん咲いていました:都内)
21:19  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3013)   広川純「一応の推定」/カズオ・イシグロ「夜想曲集」/平山瑞穂「戦世界のデボラ」

2009.07.12 (Sun)



蒸し暑い曇り空が続いています。
バイクで買い物に行くと、ヘルメットの中を汗が流れます。走っている爽快感は好きですが、この時期の汗はどうにも嫌ですね。

先週の3作。
広川純「一応の推定」
カズオ・イシグロ「夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語」
平山瑞穂「戦世界のデボラ」
広川さん。新しい仕掛けは特にないのですが、丁寧な推定論理の組み立てが読ませます。
イシグロさん。胸が痛くなるような、音楽や人との出会いと別れが、いつもながらうまいです。ひと夜の物語を味わってください。
平山さん。とても濃密な世界がありました。捩じれていくような、不思議な感覚です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:スモーク・ツリー:別名・ハグマノキ=白熊の木:煙るような花です:植物園)
15:11  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3012)  夏物がほしい

2009.07.11 (Sat)



春に購入したバッグが、少し小さいのでペットボトルが入りません。
それを理由に、夏用のバッグを手に入れました。軽々と艶のある新しい素材が気に入りました。もちろん通勤対策ガードになるものです。高島屋で前に見た物と素材は似ていますが、しっかり実用的でリーズナブルです。
植物素材の編み込みのものは夏用に2個あるのですが、どちらも素材も重く、持ち手が腕に食い込んで痛いのです。と、自分にあれこれいい訳をしてしまいました。

(写真:ネジバナ=捩花:珍しい白花です。たくさんのピンクの中の1本でした:公園)
21:28  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3011)  「痛勤」です

2009.07.09 (Thu)



2007年の通勤乗車率の数字がありました。
<路線=ピーク時混雑率(区間)>
山手線=216%(上野→御徒町)
京浜東北線・根岸線=214%(上野→御徒町)
  〃      =199%(大井町→品川)
中央線快速=211%(中野→新宿)
総武線=207%(錦糸町→両国)
武蔵野線=201%(東浦和→南浦和)
埼京線=200%(板橋→池袋)
東西線=198%(木場→門前仲町)
田園都市線=194%( 池尻大橋→渋谷)

当然ですが、現在はさらに混雑がひどくなっています。そして川口→赤羽は、240~260%はあると思います。情報では、この区間が日本一ということです。ドアを閉めるために、駅員が乗客を押し込むのは、川口くらいではないでしょうか。というわけで、きょうも激しい殺伐とした混雑の電車通勤でした。ささやかにできることは、バッグや手に持った本を盾代わりにして、なんとか人との接触部分を少なくしようという努力をする程度です。
湿度85%が追い討ちをかけ、髪の毛の中を汗が伝い落ちていきます。電車から吐き出されるころには、タオルハンカチは濡れてしまっているのです。
これから本格的な夏を迎える前に、豪雨、人身事故、車両事故で遅れる電車にうんざりの日々です。

(写真:ハゼラン=爆ぜ蘭:ベランダで3時になると咲き出します:別名=三時花)
21:44  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3010)  公園の猫

2009.07.08 (Wed)



いつも通る公園の猫たちも、数年の間には入れ替わっていくようです。
きょうの小雨の降る中、自転車置き場には黒猫と白黒猫がいました。以前よく見かけたサバトラ猫は、いなくなったようです。ご飯をあげている人も、去年までとは別な方のようです。野良猫さんを、ずっと面倒を見ることは難しいことです。
少しでも助かる命があるのであれば、大切な仕事ですね。報われるわけではなく、無償の愛です。

(写真:ツユクサ=露草:ブルーがきれいな季節です:公園)
21:07  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3009)  夏の着物

2009.07.07 (Tue)



タンスにしまい込んだままのわたしの浴衣は、かわいそうです。
でも美容院できっちりと着付けをしてきた、飾りをじゃらじゃら付けた浴衣にはどことなく違和感があります。夏祭りの、幼い子どもの浴衣が一番かわいいかも知れません。
夕方の駅で、絽の着物に白帯の女性を見かけました。襟の抜き方が玄人です。まとめ上げた髪に挿した飾りもシンプルな赤です。これから銀座のお店に出るのでしょうか。ふと見えた横顔が、後ろ姿よりかなり深い年輪を刻んでいました。ずっと仕事をしてきたプライドと厳しさと、どこかちょっと淋し気な風情がありました。

(写真:オニドコロ=鬼野老:2、3mmの小さな花がかわいいですね:公園)
21:14  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3008)  救急車両への反応

2009.07.06 (Mon)



朝の都心を走る、パトカーがけたたましくサイレンを鳴らします。
交差点では向かい合った車同士が停車し、狭い道路はその間を通り抜けることができません。路肩まで寄った方がいいのではないかと思っているうちに、パトカーがやはり止まってしまいました。その間に、何事もないかのように横断歩道をわたっていく女子高生がいました。パトカーが止まらずに走り抜けていたら、跳ね飛ばしていたかもしれません。女子高生の耳にはイヤホンの線が見えます。聞こえていなかったのでしょう。
サイレンの音にも、ほとんど反応を示さない状況がはっきりと見えます。救急車両の運転をする人も、大変でしょうね。

(写真:ネジバナ=捩花:別名:モジズリ=捩摺:「陸奥の しのぶもじずり 誰故に 乱れそめにし 我ならなくに」恋に身も心も捩じれるという百人一首が有名ですね:河原左大臣)
21:41  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3007)   北國浩二「夏の魔法」/エイミー・ベンダー「燃えるスカートの少女」

2009.07.05 (Sun)



梅雨の曇り空でも、紫外線が強いです。
美容院で、髪が冷房で乾燥しているかも知れないと言われました。確かに通勤、仕事の間ずっと冷房に晒されていますから。家ではまだ扇風機で我慢しています。一度冷房を入れると、夜通しつけっぱなしになります。いくらかでも遅く使用したいですね。

先週の2作。
北國浩二「夏の魔法」
エイミー・ベンダー「燃えるスカートの少女」
北國さん。年老いた体と、22歳の心の夏希の切ない思いに胸を打たれます。夢のようなやさしさの中で、吹き上げた激しさが引き起こすラストが、感傷に流されないしっかりした姿勢を感じさせます。
ベンダー。掌編の短さにあふれる詩情豊かな心の世界に、引き込まれて読みました。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ギボウシ=擬宝珠:うつむいて、夏を噛みしめるような花です:公園)
14:28  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3006)  急行電車

2009.07.04 (Sat)



駅近くで、最近しきりに署名の呼びかけがあります。
川口は急行電車が止まりません。ひと駅隣の赤羽に行って、埼京線、高崎線に乗り換えます。1路線駅のため、事故が起きるとたちまち大混乱になります。赤羽は川を超えて都内になります。次の急行が止まるのは大宮になります。ただ単に赤羽の隣だからという理由で止まらないのは確かにおかしいです。県内で16万人もの通勤客があり、大宮に次ぐ利用駅なのに、急行が止まらないのを改善してほしいという呼びかけです。
もっともなのです。新宿湘南ラインが止まってくれたら、2路線駅になり、乗り換えが楽になります。そうなることを願います。

(写真:オオアメリカキササゲ=大あめりか木大角豆:見上げる大きな花穂がみごとです:植物園)
21:47  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3005)  それぞれのスタイル

2009.07.02 (Thu)



朝の電車で、気取った歩き方の男性がいました。
身長は165くらいで、50歳代でしょうか。スーツがおしゃれでした。グレーの地模様の入ったシルクです。ラインもきれいに見え、オーダーだとひと目でわかります。こういう通勤スタイルもあるし、蒸し暑さに汗を拭き拭き、シンプルなワイシャツで重いショルダーバッグを背負うスタイルもあります。いろんなライフスタイルがありますね。
わたしはカットソ-か綿のシャツにシンプルなパンツです。夏は少しでも涼しくしたいです。

(写真:ギンバイカ=銀梅花:レースのようなシベが涼しそうでした:公園)
21:06  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3004)  夕暮れの街

2009.07.01 (Wed)



夕暮れの街は、まだ明るさを残しています。
蒸し暑さもあり、疲れの残る買い物です。ふと街路樹に目が止まると、提灯がたくさん吊り下がっていました。そうでした。今日から7月。もうすぐ七夕なのですね。古い商店街のアーケードに、わずかですが吹き流しが揺れていました。夏祭りが近づいているのです。
桜の季節が終わったと思ったのは、つい先日の気がしますが、確実に夏になっているのです。季節の花も、すっかり入れ替わっていました。

(写真:アガパンサス:きれいなパープルがひときわ、目を引きます:公園)
21:18  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |