2009年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

(No.3089)  平原綾香CM

2009.09.30 (Wed)



先日出したアルバム「my Classics!」の、好きな「アベ・マリア」はカッチーニの曲でした。
今回のCMはシューベルトの「アベ・マリア」です。流れているのは出だしの部分です。サビの部分まではいかないので、どうも引きつける魅力に欠けるような気がします。シングルは10月24日発売だそうです。聴いてみないことには全体がわからないもどかしさです。
この曲はいろんな歌手が歌っています。カウンターテナーのSLAVA(スラバ)も美しいし、セリーヌ・ディオンもいいですね。平原綾香も、祈りの気持ちが伝わるものであってほしいです。

(写真:ゲンノショウコ=現の証拠:ピンクもかわいいです:公園)
21:21  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3089)  減薬する過程

2009.09.29 (Tue)



先週から減薬を始めました。
歯痛がほぼ治まったので、頭痛薬をまず止めました。続いて、筋弛緩剤を飲み止めて3日目あたりから、咳喘息が起きない時間が長くなってきました。昨日はほぼゼロで、きょうは1度だけといううれしい状態です。副作用だったのかも知れません。頑固な肩と全身の筋肉が固くなったための筋弛緩剤でしたが、極端な凝りはありません。最悪の時期を考えると、嘘のようです。
歯も舌で触れると、じんわりと歯根が痛いような感じがしますが、再発はなさそうです。あと多少足の筋肉がつり気味ですが、いずれ慣れてくるのではないでしょうか。
去年の11月の不調から、ようやく出口を抜けたようです。あとは体の様子を見ながら、薬の調整をしていきます。ほんとうに、久しぶりに痛みや咳と離れられます。

(写真:ゲンノショウコ=現の証拠:子どもの頃は、野原にたくさん咲いていました:公園)
21:04  |  健康  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3088)  外貨両替  

2009.09.28 (Mon)



東京駅近くの銀行窓口に行きました。
取引はないのですが、外貨の両替に便利な銀行です。取引銀行と違い、まさに銀行窓口というずらりと長いカーブしたカウンターと、待ち客の多さにうんざりします。取引銀行では下限を割る、わずかな金額に20分もかかりました。おそらく外国紙幣の鑑定もあるのではないでしょうか。その間、じりじりと待つしかないのですが、近くの男性がソファの端を指で神経質に叩いているので、ますますいら立ちます。
週明けの銀行なんて、最悪だと思ってしまいました。

(写真:キツネノマゴ=狐のまご:グリーンの草地に、点々と淡いピンクがかわいいです:公園)
21:07  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3087)  サイモン・シン「フェルマーの最終定理」/小路幸也「空を見上げる古い歌を口ずさむ」

2009.09.27 (Sun)



暑いです、きょうは。
室温で29.5度ですから、外は28度くらいでしょうか。久々にレースのカーテンの、洗濯をしました。かなり埃を吸い取っていたのか、洗うと真っ白になりました。カーテンを吊るすと、さわやかな香りです。気持ちも明るくなります。

先週の2作。
サイモン・シン「フェルマーの最終定理」
小路幸也「空を見上げる古い歌を口ずさむ」
サイモン。3年前に出ていたのですね。数学論の歴史とそれに携わった人たちの思いまで、数学者になった気分で読み終わりました。全部が理解できたわけではないけれど、全体は壮大な物語になっているので、数学が苦手でもおもしろく読めます。
小路さん。6年前のデビュ-作です。顔がのっぺらぼうに見えるという設定からおもしろく、異形の世界との境界の描き方がいいです。シリーズにしてほしい作品です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ヤブラン=薮蘭:秋になると公園のあちこちで花が咲きます:公園)
15:16  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3086)  秋の日差し

2009.09.26 (Sat)



higan-si9.jpg

連休が続いたために、仕事がすっかり滞ってしまいました。
やむなくきょうは出勤でした。猛烈なスピードで売り上げ係数表を作成し、パソコンサービスで管理しているいくつかの銀行の入出金の確認もようやく終わりました。来週からは、通常のペースに戻せそうです。
それにしても、日差しが強かったです。ビルとビルの間から差し込む光に、焼かれそうでした。日傘を忘れていったのです。それでも短時間だったので、紫外線アレルギーを起こすまでにはいかなかったので、ほっとしました。秋とは言え、日差しは強烈です。
カレンダーはすでに9月も終わろうとしています。酷暑がなかったせいか、なにか忘れ物をしたような夏に、少し未練を感じます。

(写真:シロバナマンジュシャゲ=白花曼珠沙華:白とは言っても、淡いピンクや黄色があります。シベの曲線が魅力です:公園)
22:10  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3085)  歩き方

2009.09.24 (Thu)



歩き方は、一人一人違います。
駅構内で前を歩く、身長が180cmくらいのがっちりした体格の男性に、目が止まりました。もっとカッコいいはずなのに、なんだかだらしなく見えます。それとなく見ていると、気付きました。右足と右手が前に出て、左足と左手が出てくるのです。そのために体が妙に揺れるのです。そういう歩き方があるとは知っていましたが、実際に見たことはありませんでした。直らないのか、直す気がないのか、どちらもありそうです。
自分の歩く姿を見たい気がします。鏡やカメラだと意識してしまいそうです。誰かが知らない間に、撮ってくれないでしょうか。あ、それでは盗撮になりますね。

(写真:ウリクサ=瓜草:背丈が5cmほどの、小さな小さな花です。アップにするとかわいい表情です:公園)
21:21  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3084)  彼岸花の咲く頃

2009.09.23 (Wed)



higan09.jpg

季節を合わせたかのように咲き出す、彼岸花がきれいです。
たくさんの群生地がありますね。小石川植物園や新宿御苑が近場のお勧めです。古くからのさまざまな言い伝えはありますが、それらを抜きにして美しい赤だと思います。たくさんの花の間を歩いていると、異世界に迷い込むような妖しい気分になってきます。

連休もきょうで終わります。明日からまた、仕事が始まります。週明けの積み上がった書類と、処理しなければならない実務を考えるとため息が出そうです。でも、仕事をしなければ生きていけません。がんばりましょう。

(写真:ヒガンバナ=彼岸花:足元をおおうたくさんの赤に、くらくらしそうでした:植物園)
09:53  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3083)  水生大海「少女たちの羅針盤」/平山瑞穂「忘れないと誓ったぼくがいた」/辻村深月「ふちなしのかがみ」

2009.09.21 (Mon)



昨日の暑さが嘘のように、きょうは曇り空です。
出かけるのにはちょうどいい天候です。雑用を片付け、ほっと空を見上げるときれいな秋空でした。

先週の3作。
水生大海「少女たちの羅針盤」
平山瑞穂「忘れないと誓ったぼくがいた」
辻村深月「ふちなしのかがみ」
水生さん。女子高生劇団と4年後のホラー映画主演女優の現在が、交互に描かれ、なかなかスリリングです。精神的に追いつめられていく女優の心理が、臨場感あふれています。いいミステリ作家の登場です。
平山さん。記憶からフェイドアウトとしていく彼女を、必死になって止めようとする高校生の姿がけなげです。大切なものを記憶するというのは、日常でも難しいことです。
辻村さん。学校の花子さんなどを、新たな切り口で見せてくれます。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:駅付近の、見上げた空です)
21:12  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3082)  涼しくなり

2009.09.19 (Sat)



一段と涼しくなりました。
どんよりと曇っていて、バイクを走らせると薄い上着では風が身にしみます。気温は26度くらいでしょう。25度を切ると、ウインドブレーカーがほしくなります。
5連休を休めることが決まったのは、前日でした。いつものことですが、仕事があるかも知れないと思うと、休みの計画を立てられません。これから開花情報を調べて、近場の植物園に行ってこようかと思います。山歩きが苦手なわたしは、高尾山はあこがれるだけの場所です。そろそろ花の種類が少なくなります。どこか、いいところはないでしょうか。

(写真:ナンバンギセル=南蛮煙管:ススキの根元に寄生する、不思議な形の花です:公園)
17:59  |  季節  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3081)  いろんなことがある

2009.09.17 (Thu)



毎日同じような電車に乗り通勤しているのに、思いもかけない人を見かけることがあります。
隣で吊り革につかまっているマスクをした30歳くらいの女性は、音楽を聴きながら窓外になんとなく目をやっていました。低く唸るような声がどこからか聞こえ、周囲の人も辺りを見回しています。よく聞くと、隣の女性が歌っているのです。音楽に没頭するあまり、つい口をついて出たのなら短時間でしょう。マスクの中でわずかに口を動かし、確かに歌っています。自分の部屋にいる感覚なのかも知れません。でも、満員の電車の中なのです。なんとかストレスをやり過ごして乗っているのに、ますますストレスが強くなりそうでした。

(写真:ツルボ=蔓穂:20cmほどの小さな花が、たくさん咲くととてもきれいです:公園)
21:22  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3080)  花束の想い出

2009.09.16 (Wed)



社員宛に、ブーケ仕立ての花束が届きました。
誕生祝いだそうです。花屋さんが配達したのですが、その送り主は彼女のご主人で、会社の取引先の方でもあるのです。共働きで花を受け取ることができないから、ということでしょうね。でも、なんだかシラケた気持ちになってしまったのは、ひがみでしょうか。
甘い仲の良さを見せつけられてしまうのは、仕事の場では勘弁してほしいです。

いただいた花束で印象的なのは、風邪をこじらせ気管支喘息で滅入っていたときに贈られた、大きな真っ赤な薔薇の花束です。その方とは子どもさんが生まれた時期で、連絡が途絶えてしまいました。携帯も変更し、転勤して大阪に戻られたかも知れません。そういう想い出の方が、印象に残りますね。

(写真:ワレモコウ=吾亦紅:深い紅色が、秋の訪れを感じさせます:植物園)
21:16  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3079)  ベレー帽が好き

2009.09.15 (Tue)



駅の近くで、自転車の男性の後ろ姿に目がいきました。
全体を黒でまとめていて、頭にベレー帽があるのです。久しぶりに見た正統派のベレー帽です。しかも20歳代と思われる細い背中に、よく似合っています。最近また流行り始めたのでしょうか。
冬に毛糸で色変わりのベレー帽を編み、毎日の変化を楽しんでいたくらい好きだった時期がありました。同じくベレー好きな友人が亡くなり、編んだ帽子をプレゼントしたお店のママさんも亡くなってからは、辛くなりました。
ちょっとリサーチして、流行っているのだったらまた編んでみようかと思ったりします。

(写真:カリガネソウ=雁草:くるりとシベをカブト飾りにした、3姉妹のお花がかわいいです:公園)
21:26  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3079)  新型インフルエンザ

2009.09.14 (Mon)



社員の家族で、新型インフルエンザを疑われる例が出ました。
先週から休んでいる人の高校生の子どもさんが、簡易検査でA型インフルエンザと診断されたそうです。病院では簡易検査のみで、同環境の中で数人発症したら新型と判断するということ。遺伝子検査は現在は行っていないので、学校の判断に従うようにと言われて困ったこと。
幸いなことに数日後、新型ではないと思われるということでした。きょうから出社しています。会社では出入り口とトイレにアルコール消毒液のポンプを置き、洗面所にはうがい薬と紙コップを備えました。いくらかでもウィルス対策になったらいいですね。

(写真:エンジェルズ・トランペット:別名:キダチチョウセンアサガオ=木立朝鮮朝顔:華やかな大きな花がみごとです:公園)
21:08  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3078)  三崎亜記「刻まれない明日」/千澤のり子「マーダーゲーム」/沢村凛「さざなみ」

2009.09.13 (Sun)



昨日の雨も上がり、また暑くなった休日です。
ベランダ・ガーデンの最後の種の採取は、真っ白な朝顔です。ほかの朝顔より咲き始めるのも、咲き終わるのも遅いので、ようやく種が茶色になりました。あとは来春の鉢植えまで、しばらく花はなくなります。来年は、少し新しい花を植えてみようかと考えています。ほしいのは、クレオメ、絞りの朝顔、初雪草、レンゲ草・・・、切りがないほどありますが、枯らすのが得意なわたしが、育てられるかどうかが決め手です。

先週の3作。
三崎亜記「刻まれない明日」
千澤のり子「マーダーゲーム」
沢村凛「さざなみ」
三崎さん。もう読むのはやめようと思った三崎さんでしたが、「失われた街」の続編ということです。深い喪失から再生の道を見つけたようです。繊細で一人一人の心に寄り添うように描かれ、美しいです。
千澤さん。ラノベタッチ寄りですが、なかなかしっかりしたミステリになっています。小学生たちが始めてしまったゲームを、必死に解決していく展開がおもしろいです。
沢村さん。親切にされたら他の人3人に親切にする義務を負うことで、苦労していく男の話です。お屋敷の執事になり、女主人から要求される謎解きという設定も楽しめます。ラストがあっけないのが残念です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:トラデスカンチア・シラモンタナ:8年くらいベランダで咲き続けている、ピンクの夏の花です)
10:40  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3077)  雨の確率

2009.09.12 (Sat)

hazera-hi9.jpg



美容院に行く日は、雨が多いような気がします。
きれいにブローしてもらっても、一歩外に出ると癖っ毛の髪はたちまちくるくると巻き上がります。ようやく秋らしくなって、昨日まではさらりと落ち着いてきたと思ったのに、雨が降るとは皮肉です。
1年に12回行くとして、4月から10月までは雨に当たる確率が高いですね。ということは、他の月でもあるのですから、1/2以上は雨です。カットとカラーで2時間が、時間が惜しいのと、髪に何人もの手が触れるのが煩わしいので、つい億劫な気分になります。それと雨の記憶が結合するので、ますます足が重くなるのです。
おしゃれ好きな人なら、喜んで行くのでしょう。でもわたしには、先日まで通院していた歯医者さんに次ぐ、気の重い場所です。

(写真:ハゼラン=爆ぜ蘭:種を取るために今ごろまで咲かせています。茶色の袋の中に、数ミクロンの小さな種が入っています:ベランダ)
21:59  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3076)  コミュニケーションダイヤル

2009.09.10 (Thu)



チップ入りの新しいキャッシュカードが届きました。
個人での、コミュニケーションダイヤル利用で24時間残高確認や振り込み、定期預金まで取引ができるようです。家賃の振り込みには使えそうです。通帳式の定期預金も利用できるのは、便利なような、どこか不安な気分も感じますね。
支店の減少、ATMの利用箇所の減少からさらに、ATMの台数を少なくしようという、一歩かも知れないとも思います。確かにケータイひとつあれば用が足りる社会になるのだろうとは思います。でも過疎化や老齢化が進む社会に何が必要なのか、もう少し利用者の立場に立ってほしいと思ってしまいます。

(写真:ツルマメ=蔓豆:草の陰に、小さな顔をのぞかせていました:公園)
22:03  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3075)   電車の事故

2009.09.09 (Wed)



今朝は東西線で車両事故があったようです。
通勤路線とは直接は関わらないのですが、錯綜している振替路線の混雑で遅れ気味でした。それでもゆとりの時間があるので、遅刻はしません。乗換駅での20分の読書タイムが少なくなるだけです。人身事故ではその時間でさえ間に合わなくなります。出発駅がせめて高崎線が停車してくれたら、混雑は改善されるのです。ひと駅隣の赤羽までが、乗車率が高いのですから。通過していく電車を横目に、ホームを作ってくれたらいいのにと、ため息が出ます。

(写真:クサボタン=草牡丹:くるりとカールした花びらが、魅力的です:植物園)
20:53  |  仕事  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3074)  いよいよ始まったか

2009.09.08 (Tue)



10年近く使っていた、エアーポットが壊れました。
お湯を吸い上げるプラスチックの管が、劣化していました。たっぷりお湯を入れても、少ししか出てこないのでおかしいなと思っていたところ、ついにまったく出なくなりました。よく見ると、管に裂け目ができていて、取り出して触れるとポロポロと崩れました。限界まで使っていたのですね。気付かなかったのが不思議なくらいです。当然部品などありません。
近くの電気店では品揃えも少なく、結局は仕事帰りに秋葉原で購入してきました。ステンレス製なので、お湯の保温力が違います。構造的にも10年前とは違っているのでしょう。朝出かける前に入れたお湯が、夕方戻ってからでもまだ熱いのです。
次はどの電化製品がやられるか、戦々恐々です。

(写真:マルバルコウソウ=丸葉縷紅草:小さな赤が、かわいい自己主張をしています:公園)
21:06  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3073)  オレンジ。秋の流行

2009.09.07 (Mon)



朝の駅で、きれいなオレンジが目に飛び込んできました。
スポーツタイプの白いTシャツの後ろ姿です。肩から腕までのカーブと、ふちまわりに鮮やかなオレンジ色が入って、きれいです。もう一人は全体がオレンジのTシャツ。さらにもう一人は、2枚重ねのグレイの裾からオレンジがのぞいています。秋の流行色でしょうか。
そう言えば、そろそろハロウィンが近づいていますね。カボチャの色は、オレンジ。そうでした。オレンジも納得でした。

(写真:センニンソウ=仙人草:公園のツツジの上に、ツルを這わせていました:公園)
21:28  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3072)  貴志祐介「クリムゾンの迷宮」/デヴィッド・ヒューソン「聖なる比率 上・下」

2009.09.06 (Sun)



暑さがぶり返した、休日です。
布団干しには最適ですね。2日がかりで、全部の寝具をベランダに出しました。気分だけでも、さわかです。

先週の2作。
貴志祐介「クリムゾンの迷宮」
デヴィッド・ヒューソン「聖なる比率 上・下」
貴志さん。10年前に読んでいたら、もっとわくわくしたと思います。まるで火星の地のような場所でRPGゲームまがいの、生き残りを目指す凄惨な戦いが繰り広げられます。
ヒューソン。舞台が壮大なわりに、ストーリーとしてはもうひとつという印象です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:アキノキリンソウ=秋の麒麟草:シベの先が、麒麟の角に似ていますね:公園)
10:49  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3071)  平原綾香「my Classics!」

2009.09.05 (Sat)



2日発売のアルバムを聴きました。
クラシックの名曲とは別ものとして聴くと、彼女らしい歌い方がとても魅力的です。ハスキーで低音から高音まで、そして喉の強さは抜群です。女性歌手のわたしの好みで、EGO-WRAPPIN'の中納良恵(よっちゃん)、ドリカムの吉田美和、セリーヌ・ディオンなどと共通しているようです。それとは逆に、ソプラノの高音も好きというのもありますが。

先日撮ったサギ草の写真をまとめました。花から伸びる長いグリーンのカーブしたところは、距(きょ)という、唇弁の基部の一部が突出したもので、蜜を貯める袋だそうです。
写真を「Flower サギ草」に、アップしましたので、見てくださいね~♪
10:46  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3070)  いつもと同じ

2009.09.03 (Thu)



上司が海外出張で不在です。
今週は少し気が抜けるかと思ったのですが、1日に10回は電話が入り、Skypeを使っての指示も来ます。メールも頻繁に送られてきます。長電話をものともせず、ついには携帯からの連絡を社内スピーカーで全員で聞くことになったりしています。
そんなに心配なら、いえ、そうなるだろうと予想はしていたのですが、戻ってきたらいいのではないでしょうか。などと考えていて、時間差を忘れてメールを送ったところ、すぐ電話が来ました。深夜にメールを送るなと、お小言をもらいました。今朝、向こうの時間で夕方を考えて、お詫びと別件の連絡メールを送りました。
やれやれ。こんな精神状態によくない状況が来週まで続くのかと思うと、またまたため息でした。

(写真:アベリア=別名=ハナツクバネウツギ=花衝羽根空木:白い花が、ほんのりピンクに染まってかわいいですね:公園)
20:50  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3069)  チップ入りカード

2009.09.02 (Wed)



あまり使わない銀行の通帳とカードを、ATMに入れても受け付けられませんでした。
少し遠い支店まで自転車を走らせました。暗い曇り空だったので、紫外線を心配せずに行けました。銀行の合併前のものだったので、通帳の繰り越しと新しいカードの申し込みが必要でした。りそな銀行と埼玉りそな銀行の2件の手続きを済ませ、カードの説明を受けました。指静脈パターンの照合(生体認証)ICキャッシュカードへ切り替えると、来年2月以降は引き出せる金額が大きくなります。
最大の利点である不正使用を防ぐことができそうですが、逆に考えると入院したりして代理で引き出してもらうことができなくなります。手を負傷したときはどうなるのでしょう。太っていたり痩せていたり毛深かったりすると、認証が難しいという情報もあります。便利なことには、かならずリスクも伴います。どう使うかは、利用者の判断にゆだねられますね。

(写真:オミナエシ=女郎花:秋を感じさせる、花がそろそろ咲き出しました:公園)
21:21  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3068)  歯の治療が終わりました

2009.09.01 (Tue)



去年の11月から通院を始めた、歯の治療がようやく終わりました。
以前も書きましたが、奥歯の1本がさまざまな治療方法を試みても痛みが消えず、通院にも疲れ果ててしまいました。週1度の夕方の時間の束縛がかなり負担でした。6月くらいから痛みが20%くらいまで落ち着いたので、なんとか終わらせようと必死でした。
歯根膜炎はネット情報では、治療はとても大変なのだそうです。いっそのこと抜歯したらいいかと考えたりもしましたが、これはとんでもない結果を招くらしく、治療薬の刺激でさえ痛みを引き起すので、治療の間隔を開けたり、手術台でのレーザー治療も数回受けました。
痛みで全身の筋肉がガチガチに固まり、頭痛、全身痛のため内科で筋弛緩剤と歯科とは別種類の鎮痛剤をもらってやり過ごしてきました。
治療代もかかり、インプラントと同じくらいになってしまいました。歯神経を傷つけられたことを立証できるなら、訴訟を起こしたい気分です。かといってその神経戦を考えただけで頭痛が起きそうなので、やめておきますが・・・。
自己判断ですが、ひと月くらいで鎮痛剤とは別れられると思います。そうすると筋弛緩剤も不要になり、咳喘息も改善さるのではないかと期待しています。

(写真:ワルナスビ=悪茄子:のびのびと気ままな方向を向いた花に、和みます:公園)
21:52  |  健康  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |