2009年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

(No.3113)  EGO-WRAPPIN'キネマライブ

2009.10.31 (Sat)



12/22・23・25は、すっかり恒例になったキネマ倶楽部でのEGO-WRAPPIN'ライブがあります。
熱い、独特の空気が好きです。2001年から毎年参加していました。でも今年は残念ながら参加できそうにありません。年末に雑用が重なりそうなのです。スタンディングが、弱い足に与える後遺症のメンテが大変なこともあります。来年はキネマライブ10周年になるので、そのときに参加しようと思います。
参加した方の、レポを読ませてもらうことにしました。残念です。

(写真:ハナミズキ=花水木-実:紅葉と真っ赤な実が、青空にきれいです:公園)
22:00  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3112)  アップル・パイの想い出

2009.10.29 (Thu)



先日の谷中銀座で購入した、アップル・パイがとてもおいしかったです。
肉厚のパイ生地でいながらさっくり、リンゴの果実もたっぷりと入っていました。底の方に薄くカスタード・クリームがありましたが、それ以外は亡くなった母の作ったパイとよく似た味がしました。バターたっぷりで、力仕事になるのがパイ生地作りです。10数年前の味ですね。晩年は、腕に力が入らないとこぼしていました。パンプキン・パイも、あっさりのリーフ・パイもおいしかったのを思い出します。
ひさしぶりの味で、ちょっぴり感傷的になりました。わたしは食べるだけで、作る時間も心の余裕もなく過ごしていますが、いつかこんな手の込んだお菓子作りをすることもあるでしょうか。

(写真:バラ=薔薇:クジャクソウを購入した花屋さんから、折れて痛んだものをもらいました。真紅です。1週間ほど楽しめました)
21:13  |  思い  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3111)  けじめをつけてください

2009.10.28 (Wed)



先日の記事で、JRの車内マナーのポスターについて書きました。
「こどもに親がけじめをつけよう」というものでした。さすがにおかしいと指摘されたのでしょうか。ポスターが直されていました。こんどは「シメジを」になっていました。「しめじ」は「しめし」の間違いです。朝の通勤の通路であやうく吹き出してしまうところでした。誰が校正し何枚印刷したのか、担当者や印刷会社までも良識を疑われるひどさです。次回こそ、けじめをつけましょうね、JRさん。
そう言えば自転車(じてんしゃ)を「じでんしゃ」と某国営放送のベテランアナウンサーが、ナレーションしていたこともあります。周囲もなにも言えないのか、気付かないのか、思い込みなのか、不思議がしゃあしゃあと通る社会ですね。些細なことだから、かわいいものですが・・・。

<追記> そのあと調べたら、野菜シリーズのオヤジギャグのポスターのタイトルだったことが、わかりました。イラストは別な物ですから、タイトルだけ使ったのでしょう。元も、寒いですね。

(写真:ススキ=薄:青空になびく穂先が銀色に輝いていました:蓮田コスモスまつり)
22:34  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3110)  お散歩オフ

2009.10.27 (Tue)

nogesi-2-9.jpg

読書と映画サイト(三つ数えて目をつぶれ)の、くらさんのお誘いで、休日にお散歩オフ会へ行ってきました。
千駄木の喫茶店でまずはおしゃべりからです。以前来たときに入れなかった「乱歩°(らんぽ)」は、木目調の薄暗い室内で、ジャズや猫の置物やポスターなどに囲まれて、なんとも言えない懐かしい雰囲気を堪能しました。そこから路地を抜けて谷中墓地方面へ、ぐるっと回って谷中銀座へ向かいます。下町情緒溢れる谷中エリアの昭和テイストなお店で、初めての味の「愛玉子(オーギョウチー)」を食べ、銭湯を改造したギャラリーを鑑賞しました。ちょうど「芸工展」開催中で、町中いたるところで小さな展示やお店が開いていて、進もうとしても足が止まってしまうのです。看板一枚、家の表札、古いお屋敷、すべてが興味深かったです。
谷中銀座の商店街も、フライヤーを片手に歩く人で一杯です。アップル・パイを買いました。ひとくちコロッケも美味しそうでしたが、ちょっと雨が降ってきたのが残念です。夕食は「露地」というカフェダイニングバーで、料理を食べながら、映画や本の話が盛り上がります。
ネットの読書サイトの皆さんとの、長いおつきあいがほんとうに不思議なご縁ですね。また、お会いしましょうね。

(写真:アキノノゲシ=秋の野芥子:ススキの陰で、ひっそりと咲いていました:蓮田コスモスまつり)
20:37  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3109)  平原綾香のチケット

2009.10.26 (Mon)



12月の平原綾香のチケットが取れました。
赤坂BLITZです。こちらもプレ・オーダーです。ラッキーが続きます。あとは、辻井伸行のチケット待ちです。辻井さんは、オフィシャルサイトでハガキで申し込みという方法でした。いつも利用しているイープラスもぴあにも、情報が出ていません。おそらく瞬殺の特電になると思っていたのです。抽選はきょうの予定です。待つだけですが、落ち着きませんね。

(写真:シュウメイギク=秋明菊:白が秋の空気を感じさせてくれます:公園)
23:33  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3108)  小路幸也「Q.O.L.」/伊坂幸太郎「あるキング」

2009.10.25 (Sun)



昨日の朝から、雲って寒さが急に押し寄せてきました。
午後からの雨が追い討ちをかけます。きょうも小雨模様です。このまま駆け足で、秋の終わりを迎えるのでしょうか。

先週の2作。
小路幸也「Q.O.L.」
伊坂幸太郎「あるキング」
小路さん。うまく暮らしている3人が抱えていた過去を、拳銃が思わぬ形で解決していきます。うま過ぎる展開ですが、気持ちが和むのです。新作が楽しみです。
伊坂さん。野球があまり好きではないせいもあるのですが、いままでの作品とは違います。「神」的な語り口もなじめないし、どうもだめでした。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ホトトギス=不如帰:和風な雰囲気の花ですね:公園)
10:33  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3107)  税務調査

2009.10.22 (Thu)



会社に税務調査が入ると連絡がありました。
ここ4、5年はなかったので、もうそろそろかとは思っていましたが、やはりうんざりします。その前は2年ごとに定期的サイクルで来ていたため、新署長の研修ですかとトップが嫌みを言いました。そのあと間が空いたのです。でも、規模的に調査に2日で済み、資料も1年分が段ボール2個という量も調べやすく、ピンポイントもはっきりしているから、どうしてもターゲットにされてしまいます。
トップは仕事をしながら、できるだけ社内にいるようになり、税理士さんは暇を持て余し、わたしは背後の音でどうしても落ち着かなくなるのです。限りなくゼロ利益の会社は、賃金カットなどで対銀行向けに無理に利益を作ることはあっても、不正経理などしたくてもできないのです。そんな会社になぜ来るのか、もっと利益が出て内部留保している会社に行って脱税を調査すべきでしょう。時間と税金の無駄遣いだと思います。

(写真:ハタケニラ=畑韮:のびやかな茎の上に、小さな花が開いてかわいいですね:公園)
22:18  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3106)  似て非なるもの

2009.10.21 (Wed)



毎年食べるザクロは、今年はまあまあの質の物に当たりました。
ルビー色の甘酸っぱい果汁が好きです。うっかりすると汁が飛び散ってしまいます。小振りのパイナップルもよく食べています。そして去年旅行で台湾に行った時の、シャカトウの味が忘れられず、購入した沖縄のアテモヤという果物は、似て非なるものという言葉が当てはまる不味さで閉口しました。失敗でした。来年こそどこかで、入手できないか探したいです。
甘い物をあまり食べたいと思わないのですが、果物は別格ですね。おいしい秋の味覚を楽しみたいです。

(写真:シオン=紫苑:淡いパープルが日差しをいっぱいに受けていました:公園)
20:57  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3105)  筋力が戻って

2009.10.20 (Tue)



減薬を開始して、ひと月半がたちました。
筋弛緩剤の影響が大きかった、筋力の弱化がなんとか保ち直しました。顔のマッサージをしている指に、力が入るのです。その差に驚くくらいです。食料の買い物袋がずっしりと重かったのも、いくらか軽くなったようです。
ずっと続けているストレッチの幾種類かの効果も、現れてきています。外反母趾傾向が見られた足指は、大きく開くようになりました。肩の凝りも軽いです。
サプリメントの力もあり、皮膚一枚下が血管という状態から、うっすらと皮下脂肪が入り肌に艶が戻っています。
まだいくつかの症状はあるものの、いい方向になっていると思います。自分の体の管理はしっかりと、継続することがなりよりです。

(写真:ママコノシリヌグイ=継子の尻拭い:とげとげが痛そうですが、花はかわいいですね:植物園)
20:10  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3104)  フィギュアスケートのグランプリ

2009.10.19 (Mon)



フィギュアスケートのグランプリ・シリーズ第1戦・フランス杯が、終わりました。
すでにニュースでご存知だと思いますが、ほんとうに華麗でみごとなスケートでしたね。優勝したキムヨナのジャンプと表現力、2位の浅田真央の一段と成長したスケーティングと力強さ、3位の中野友加里の鮮やかな火の鳥のイメージの演技、見ていてすごい!と感心し、うっとりと見とれていました。どこまで進化するのでしょうか、スケートは。2年前に比べただけで、全体の力量がアップしていたのを感じられました。満点に限りなく近づいて、評価点が厳しくなったりしませんようにと、思わずにいられません。
女性の筋力や骨格や体力を、最高の程度まで高めて、結果として体がぼろぼろになったりしなければいいのですがと、つい心配してしまいます。
男子は織田信成が優勝です。好きな小塚選手は、どこの大会に出場でしょうか。もう少し華やかな雰囲気作りをしてほしいと願いながら、楽しみにしています。

(写真:クジャクソウ=孔雀草:淡いパープルとピンクがきれいで、ベダンダ・デビューです。白も、濃いブルーも欲しいですね。)
20:32  |  スポーツ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3103)  トム・ロブ・スミス「グラーグ57」/小路幸也「高く遠く空へ歌ううた」/小路幸也「そこへ届くのは僕たちの声」

2009.10.18 (Sun)



いまにも雨が降り出しそうだった昨日とは違い、さわやかな秋空です。
ネット購入の苗や種の植え付けの準備をしています。ひと冬が超せたら、たぶん来年以降は咲いてくれるはずという、比較的管理がやさしいお花ばかりです。来春からの開花が楽しみです。

先週の3作。
トム・ロブ・スミス「グラーグ57」
小路幸也「高く遠く空へ歌ううた」
小路幸也「そこへ届くのは僕たちの声」
スミス。絶望的な体制の下で、翻弄されながらも必死に生きる力を持とうとしている一人一人と、その家族の描き方がすごいです。ぐいぐい引っ張られて読んでしまいました。
小路さん。「高く・・・」表情を表せない少年と、犬笛、空が高く感じる場所の設定がいいです。
「そこへ・・・」少年たちのもつ不思議な力。なかなかすごい事件になるのですが、どうしても児童書要素から抜けられないのが惜しいです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:シモバシラ:霜柱:真冬の朝、根元に氷の花を咲かせるそうです。見たいなと思いながら、朝起きの苦手なわたしは行ったことがないのです:植物園)
10:54  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3102)  ポール・ポッツのチケット

2009.10.17 (Sat)



2010年3月の、ポール・ポッツのコンサートチケットが取れました。
珍しくプレ・オーダーです。一般発売の特電は、いつも全滅なので、プレでだめだったら諦めるつもりでした。話題になってからの人気ぶりを考えると、奇蹟的です。いまから楽しみです。
ほかにもオーダーしているのが1件、来週からプレ受付のものが1件あります。全部が取れたら、自分のくじ運が上昇してるのかも知れませんが、まさかほかの2件がだめだったりして・・・。来週が勝負です。

(写真:アメジスト・セージ:暖かなマフラーになりそうな花です:公園)
22:04  |  音楽  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3101)  いらいらを募らせる

2009.10.15 (Thu)



朝の通勤電車に、4、5人の女性がにぎやかに乗り込んできました。
ホームでのおしゃべりを、引きずったままです。いらついている他の乗客への、気遣いもなにもありません。大声で笑い声を上げ、終わることがありません。数駅過ぎた当たりで、その近くにいた女性客が、降り際にバッグで彼女たちを押しのけて行きました。たちまち今度はその女性への悪口雑言を、口々に言い出しました。
乗客同士のトラブルなど起こしたくないので、みんなじっと我慢しています。ぎゅう詰めの電車でいらいらしているのに加えて、注意をして逆切れされてはたまりません。
きょうも、疲れました。ふーっ。

(写真:セキヤノアキチョウジ=関屋の秋丁字:秋の風を受けて、ゆらゆら揺れていました:植物園)
21:06  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3101)  じわじわと新型インフルエンザ

2009.10.14 (Wed)



cosmos-2pi9.jpg

cosmos-re9_20091013200139.jpg

電車の中で、マスクをしている人が増えてきました。
まだ仕事関係では聞いていませんが、じわじわと広がっているようで怖いですね。マスクは用意しましたが、まだ暑くてとても着けられません。薄手の綿ジャケットでも汗が出るのですから、マスクがあったら大汗になるでしょう。

今朝は山手線で未遂事故があったようで、そちらから振替で乗り込む人が多く、身動きができない混雑でした。15分の遅れで、せっかくの乗り換えホームでの落ち着いた読書タイムが、ほとんど取れませんでした。仕事に行く前の、気持ちのゆとりが消えてしまいました。

(写真:コスモス=秋桜:風で揺れてしまうので、後ろ姿が多くなりました。光が透けて、きれいです:蓮田「コスモスまつり」)
21:26  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3100)  コスモスと笑顔

2009.10.13 (Tue)



cosmos-sipi9.jpg

cosmos-ki9.jpg

cosmos-zen9.jpg

先日の蓮田市の「コスモスまつり」の、写真です。
電車で30分とバスで15分ほどで到着です。休耕田に植えた花の数に、まずは圧倒されました。こんなにたくさんのコスモスを見たことはありません。4枚目の写真の5倍くらいの広さです。珍しい種類は特にはなく、先日の台風でかなり痛んでいましたが、それでも笑顔になってしまう花の美しさでした。
帽子も飛ばされてしまう強風で、カメラを向けてもシャッターを切るときには画面から消えてしまいます。なんとか揺れの治まる合間に100枚ほど撮ることができました。その中でピントがあっていたのは半分くらいでした。
花をいただくこともできたのですが、せっかく咲いた花を、持ち帰る途中で萎れさせるのもかわいそうだったので止めておきました。入り口で農産物が少しと、炊き込みご飯や焼きそばやジュースが並んでいました。炊き込みご飯が、ごぼう味が利いておいしかったです。不揃いの里芋と、銀杏とチンゲンサイをゲットして戻りました。
やはりきれいな花との出会いが、なによりも気持ちを明るくしてくれますね。
20:18  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3099)  大崎梢「ねずみ石」/リチャード・スターク「汚れた7人」/小路幸也「brather sun 早坂家のこと」/沢村凛「脇役スタンド・バイ・ミー」

2009.10.12 (Mon)



さわやかな秋晴れの連休も、きょうで終わりです。
昨日は蓮田市の「コスコスまつり」に行ってきました。写真は整理してから載せます。休耕田に植え付けたコスモスが、先日の台風で痛んでいるのが残念ですが、それでも充分きれいでした。
きょうは洗濯や掃除、ベランダ・ガーデンの整理、パソコンのOSのバージョンアップと、やることが残っています。これで気持ちも切り替えられそうです。

先週の4作。
大崎梢「ねずみ石」
リチャード・スターク「汚れた7人」
小路幸也「brather sun 早坂家のこと」
沢村凛「脇役スタンド・バイ・ミー」
大崎さん。本格ミステリには物足りないけれど、祭りの空気と不思議な気分を、うまく使っています。
スターク。初めて読みました。もう死語に近いかも知れないハード・ボイルドの書き手です。
小路さん。どうしてこんなにも優しい心を描けるのだろうと、いつも思ってしまいます。
沢村さん。タイトルはうまいのですが、もうちょっとひねりがほしかったです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ハツユキカズラ=初雪葛:淡いピンクとグリーンの斑入りがきれいです:ベランダ)
10:38  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3098)  幼児返り

2009.10.11 (Sun)



ブレスレット作りが楽しいです。
デザインに飽きて使わなくなったネックレスを、バラして作っています。秋色で紅茶色のものがほしいのですが、どうしても地味になってしまいます。ピンクはちょっと冒険ですが、あまりカジュアルになり過ぎずに仕上がりました。ビースだけではなく、石を使うと落ち着きが出るようです。
以前に作ったものと、毎日いろいろと組み合わせて楽しんでします。腕時計もおもちゃみたいですし、まるで幼い女の子のようだと苦笑です。ブレスレットは自分で楽しめたらいいので、それもいいのではないでしょうか。
21:07  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3097)  買い物モード

2009.10.10 (Sat)

ときどきですが、買い物モードになってしまうことがあります。
10月に入ってから、ネットショップで果物と花や衣料をかなりたくさん買いました。ストレスと関係があるようですが、ストレスはいつものことと割り切ってきました。以前は母が亡くなったとき二十数万円、そして今回はもっと少ない数万円というささやかな規模なのです。それでも日々つつましく暮らしているわたしにとっては、大きな出費です。それでいて、癒されるかどうかというと、効果のほどは微妙です。
そもそも今回のストレスの原因が、判明していないのですから、なおさらです。

(写真:ギンモクセイ=銀木犀:写真では淡い黄色ですが、見た目は白に近いです:公園)
usgimok9.jpg

(写真:ヒイラギモクセイ=柊木犀:真っ白な花です。どちらも淡い香りがいいですね:公園)
moksei-hira9.jpg

12:14  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3096)  台風の通過

2009.10.08 (Thu)



台風18号が、ちょうど朝の通勤時間帯に通り過ぎていきました。
荒川に架かる橋が強風でのろのろ運転だろうと予測して、強い雨の中早めに出かけ駅に着くと、やはりまだ運転している電車は50%台でコンコースは人で身動きができません。改札も止まっています。振替の南北線の駅行きのバスは、長い行列ができ20分待ちくらいです。小雨になったので、15分を歩くことにしました。途中から青空が見えてきて、うらめしい気分です。
乗り換え駅では、頼みの山手線も運転中止という状態です。南北線で飯田橋まで行き、東西線に乗ろうとしたら、全滅に近いJRからの乗り換え客でこちらも運転見合わせです。降りた駅から会社まで遠くなりますが、有楽町線で行くことにしました。
満員の湿った空気を吸いながら、運よく咳も出ずなんとか到着したのは1時間近くも遅刻の時間でした。

晴れた空に、金木犀が香っていました。

(写真:キンモクセイ=金木犀:どこで咲いていても、香りが届きますね:駅公園)
22:07  |  仕事  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3095)  郵便の信頼性

2009.10.07 (Wed)



数日前、郵便配送の下請けの車が炎上したそうです。
積んでいた郵便物や配達物がすべて燃えたと。配達記録や書留は控えがあるから追跡もできるけれど、通常郵便物はどうなったかは調べることもできません。いくら頭を下げられても、消失したものはもとに戻せないのです。
会社では請求書はほぼ全部(金額が少ないものは通常で)、簡易書留で出しています。郵便物を受領したか、しないか、確認ができないと、電話をかける労力と気遣いと電話代が必要です。わたしが担当になってから、変更しました。以前の会社で大事な手形を紛失した経験から、身に染み付いていたのです。アルバイトの配達員が、面倒になって自宅に隠したとか、川に捨てたという事件もありました。
あまり、郵便局(事業)を信用していないのです。仕事上のトラブルに繋がることは、できるだけ避けておいた方がいいと思います。

(写真:イブキトラノオ=伊吹虎の尾:ピンクの小花がきれいです:植物園)
22:46  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3094)  秋のジャケット

2009.10.06 (Tue)



夏物のさらり素材のジャケットから、コットンの秋物に替えました。
でもまだ少し暑いです。雨特有の湿度の高さからかも知れません。7分丈のブラウスと長袖で、気温に合わせて調整も必要です。夕方の電車はやはり冷房が効いていて、ちょっと空気が冷たく感じます。会社でずっと冷房のなかにいるのとは、違う空気です。
雨の日はいつものことですが、乗り換え路線の遅れは朝は10分、夕方は30分遅れでした。結局振り替え路線で戻ることになりました。
やれやれ。きょうもため息ひとつ・・・。

(写真:コスモス=秋桜:連休にはどこかで見られるでしょうか:公園)
20:07  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3093)  秋の果物

2009.10.05 (Mon)



昨日は久しぶりに、栗ごはんを炊きました。
餅米を買い忘れたので、少しモチモチ感が不足ですが、味はまあまあというところです。熊本産の栗がおいしかったので、助けられました。数日前にこちらも数年ぶりに、長なすの漬け物が仕上がったので、一緒にいただきました。
季節は秋の長雨期に入ったようです。雨の中、果物屋さんには柿やぶどうがおいしそうに並んでいます。傘を差しての買い物はできるだけ避けているのに、つい買ってしまい、荷物が重い帰宅になりました。いつになくパイナップルも毎週のように食べているし、あとはザクロがほしいです。やっぱり、食欲の秋でしょうか。

(写真:コスモス=秋桜:なつかしい写真が見つかりました。数年前に撮ったものです)
19:56  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3092)  ジェフリー・アーチャー「ケインとアベル」/平山瑞穂「ラス・マンチャス通信」/大村あつし「無限ループ」

2009.10.04 (Sun)



昨日の十五夜の月は、残念ながら朝からの雨のあとの曇り空で見られませんでした。
きょうは晴れているので、今夜お月見をしましょう。

先週の3作。
ジェフリー・アーチャー「ケインとアベル 上・下」
平山瑞穂「ラス・マンチャス通信」
大村あつし「無限ループ」
アーチャーは、二人の壮大なアメリカン・サクセス・ストーリーの愛憎を読ませます。現代アメリカ史を背景に、人々の心理の絡みや駆け引き、信じることなどが、おもしろく強烈な印象を持って描かれています。今年の本の中で、最もおもしろかったです。
平山さん。損なわれた人の側からの描写が、不思議な雰囲気を持っています。
大村さん。「打ち出の小槌」の器械を手に入れた男の、精一杯の暴走が皮肉です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:シュウカイドウ=秋海棠:珊瑚色の茎が印象的です。来年まで育てられるでしょうか。以前の庭にたくさん咲いていました:ベランダ)
10:50  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3091)  ベランダ・ガーデン

2009.10.03 (Sat)



昨日、仕事先の花屋さんで、かわいい花に一目惚れしてしまいました。
高さが30cmくらいで、花の大きさが3cmくらいの小さなピンクの秋明菊です。衝動買いをしてしまいました。机の足元に置き、退出のときには買い物バッグに入れて、目立たないようにしてきました。
わたしが花の写真を撮っていることも、会社のなかでは誰にも知らせていません。もちろんHPのことも、PhotoShopを使えることも当然秘密事項です。
満員の通勤電車を無事守り、ベランダに到着です。秋に咲くのはベンケイソウだけの淋しいベランダが、かわいいピンクで華やかになりました。室内にはその前に、ネットで購入したシュウカイドウがあります。運送で痛んで、わずか数輪の花しか残っていない鉢植えは、来年まで大切に育てようと思っています。

(写真:シュウメイギク=秋明菊"福娘"(たぶん):という種類のようですが、かなり新種があるのではっきりはしません:ベランダ)
22:48  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3090)  同じ本でも

2009.10.01 (Thu)



電車で珍しく途中まで座ってきました。
いつものように本を読んでいると、手元が陰りました。顔を上げると目の前に、本の先端部分を向けられていました。立って本を読んでいる男性の、たぶんテキストらしい大判の本だったのです。わたしは思わず掌で顔をカバーしました。先端恐怖症の傾向もあるので、絶対に嫌な状態でした。さすがに男性も気付いて、本を立てて持ってくれました。でも同じ状態になるのではないかと、気になって落ち着きません。2駅先で降りてくれたのでほっとしました。
立って本を読むときに、自分も不注意なことがあるかも知れません。気をつけようと思いました。

(写真:クジャクソウ=孔雀草:秋色のパープルがきれいです:公園)
21:40  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |