2009年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

(No.3160)  故郷の味

2009.12.30 (Wed)

sansyuyu-mo9.jpg

故郷からうれしい味が届きました。
りんごとジュース、お新香、芹(セリ)などです。休みの間に果物があるのは、いいですね。お新香も家族の手作りなので、故郷の味がします。芹は鍋物には欠かせませんが、近くの八百屋さんではお高く丈も短いのです。充分育った濃い味がなによりの、贈り物でした。
きょうは年賀状も作り、投函できました。一筆添えながら、どうしていることかと思いめぐらす時間が好きです。高校の友人とは、同窓会でも会えず、ずっと年賀状だけという人もいます。
明日で2009年も終わります。さまざまな思いを込めて。よいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。

(写真:サンシュユ=山茱萸-実:帰省のときに撮った写真です。わんちゃんは、親戚の家の穏やかな"ルーシー"。かなりのお年ですが、いつまでも元気でね)



21:37  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3159)  フィギュアスケート・全日本選手権

2009.12.29 (Tue)



ようやく復活した浅田真央が、全日本選手権最終日優勝し五輪初出場を決めました。
安藤美姫、そして逆転で鈴木明子が入り、男子も期待通りの高橋大輔、小塚崇彦、織田信成の3人です。それにしてもエキシビションでも、浅田真央、鈴木明子が美しかったです。高橋の滑りも成長が感じられます。

先日のアカサカ・サカス広場ではペアのスケートが見られました。間近で見ると、かなり迫力がありますね。選手権などの演技を実際の見てみたいと思いますが、寒さとかぶりつき席は難しいだろうと考えると、やはりぬくぬくとホット・カーペットに座ってTV観戦しかなさそうです。

(写真:赤坂駅の階段イルミをようやく見られました。次々と変わるので、全部は撮れませんが、少しだけ雰囲気を感じてください)
akask-kai9_2.jpg

akask-kai9_4.jpg

akask-kai9-_3.jpg


10:55  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3158)  光原百合「最後の願い」/松本祐子「8音符のプレリュード」/辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」/垣根涼介「君たちに明日はない」

2009.12.27 (Sun)



昨日は仕事でした。
そのあとの忘年会ですが、経費節減で銀座まで歩いていくことになりました。ひと駅でも、いままではタクシーだったのです。ドイツ料理店での飲み放題で、料理が30分ほどで食べ終わってしまい、追加料理を頼むことになりました。トップ同行なので、幹事やわたしの責任ではありませんが。恒例のプレゼント抽選で、わたしはラジオが当たりました。去年はポータブルTVで、電気製品が続きました。もっともどちらも使わないと思います。

2週分の4作。もっと読んでいるのですが、レビューが追いつきません。休みに大量アップになると思います。
光原百合「最後の願い」
松本祐子「8音符のプレリュード」
辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」
垣根涼介「君たちに明日はない」
光原さん。出だしの歌詞がどうにも邪魔でしたが、全体としては縦糸と横糸がいい味わいの織物になっています。日常のミステリを、劇団旗揚げと絡ませ、楽しめます。
松本さん。よくある青春ものという面もありますが、脇役で主人公のひたむきさに引かれます。
辻村さん。どうも方向が好みではなくなってきました。
垣根さん。シリーズもの2作目。クビ切り役という設定が楽しめます。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:エリカ"ホワイト・ディライト":ネーミングそのままに、白いエリカが絶妙な美しさです:ベランダ)
11:18  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3157)  今年のクリスマス・イブ

2009.12.24 (Thu)



夕方のデパ地下は、混雑していました。
ケーキとお惣菜売り場は行列ができていました。お酒コーナーはそこそこの人出です。ケーキはやはり小さなものに人気があるようです。通常のサイズよりいくらか大きく、デコレーションが多いもので、結構お高いのです。きょうでなければ意味がないと思うほどの甘いもの好きではないので、わたしはスルーです。チキンも特別の食べ物という気もしません。飲食店の呼び込みのお兄さんが、サンタクロースの服の上にロング・ダウンを羽織っていては、やる気なしというのが見え見えです。というわけで、いつものお買い物をして帰宅しました。
クリスマス・リースもミニ・ツリーも何年も同じものだと、いまいち気持ちの高揚もなく、なんとも代わり映えのしない部屋の空気ですね。
今年の自分へのプレゼントは何にしようかと、ちょっと思案中です。こちらの方が、ときめきます。

(写真:センニンソウ=仙人草-実:夏の白い花はもちろんきれいですが、実から出ている毛を仙人のヒゲに見立てたのですね:公園)
21:46  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3156)  平原さんちのコンサート

2009.12.23 (Wed)



赤坂BLITZでの、平原綾香の初ライブに行ってきました。
タイトル通りの平原さんちの音楽を聴いたという印象です。メインは平原まこと(父)のサックスバンドで、肝心の綾香の曲は6曲ほどでした。「クリスマス・リスト」は、小休止にはいい曲ですがオープニングでは力不足です。シューベルトの「アベ・マリア」は歌い込んできた感じで、なかなかでした。aika(姉)の歌は音の広がりがありません。バンドのピアノやギター(ベースギターはよかったですが)やドラムも、アマプロ的な演奏で、平原綾香以外の曲は眠ってしまいました。好きな方、ごめんなさい。アンコールの「Wonderful World」で盛り上がって終わりました。ブラック・コーヒーを飲もうとして、オーダーを間違えて午後のミルク・ティを飲んだ気分でした。

EGO-WRAPPIN'のバンドのすごさを改めて思い知らされました。よっちゃんのコミュニュケーションのパワーも、わずかなMCでも曲で伝わるものがあるのです。自分の中で作り上げた平原綾香のイメージは、家で聴いていようと思いました。

(写真:アカサカ・サカス近くのイルミが、降り注ぐようにきれいです。ガラス窓が美しさを倍増します)
21:44  |  音楽  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3155)  花の北限

2009.12.22 (Tue)



故郷の友人に春に送っていた、いくつかの花の種があります。
夏の日照不足が予測されたワタは、やはり花が咲くまでに至らなかったそうです。原種朝顔の小さなブルーが、かわいい花を咲かせてくれたとうれしそうでした。関東辺りが北限の花も多いのです。ベランダ・ガーデンをすることなど考えられない厳しい冬なのです。それでも花好きな彼女とは、植物園の花の話題で盛り上がりました。次回は、暖かい季節に会いたいものです。わたしの方に来てもいいし、帰省してもいいですし・・・。
お互いの種の交換を約束して、しばらくのお別れです。

(写真:エリカ"クリスマス・パレード":クリスマス・ツリーを飾っているようなお花です:花屋さん)
21:16  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3154)  故郷は雪でした

2009.12.21 (Mon)

yuki-dodan9.jpg

仕事を数時間早退して乗った新幹線は順調に走り、夕方には到着です。
雪は思ったほど積もってはいませんが、さすがに身にしみ込む冷気が違います。春に軽い脳梗塞を経験した姉と、胃潰瘍検査で食道ガンが見つかり手術をした義兄は、落ち着いた暮らしに戻っていました。義兄は体重が8キロ落ち、髪も薄くなり老いが進んだ感じです。幸いリハビリの効果が上がり、普通の会話ができる程度まで回復していました。何よりも、少しの晩酌を楽しめるようになったことが、何よりでした。九州の妹とも4年ぶりに会えました。
父が12年前、母が6年前他界し、今回はそれぞれの13回忌と7回忌の法要でした。寒いお寺の礼拝堂と墓地でお経をあげ、その後料亭で懐石料理をいただきました。1歳になった親戚の男の子が、愛嬌を振りまいてくれました。6月に結婚式を挙げた夫婦も仲の良さを見せ、静かに両親の世代が終わり、次へと受け継がれていくのだなと感慨深いものがあります。
姉の家に泊まり、今年は豊漁だったというハタハタの煮魚がおいしかったです。ナマコやいろんなお漬け物も懐かしい味でした。
翌日は20代からの友人と、ホテルの喫茶店でおしゃべりでした。お互いの近況や仕事での思いや、体調など話題は尽きません。ケーキや軽食を挟んで、紅茶とコーヒーで楽しい時間を過ごすことができました。まだ故郷は、故郷として迎えられたのがうれしかったです。

(写真:ドウダンツツジが雪に埋もれていました:弘前の庭)
22:20  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3153)  年末調整も準備ができて

2009.12.17 (Thu)



ようやく全員の書類が揃い、少しづつ入力していたので早めに給与計算ができるはずでした。
それが上司の不在のため、新人二人の給与の決済がもらえないのです。最終的に明日になり、結局は例年通り押し迫ってしまいました。
以前はもっと人数の多い会社で、電卓を叩いての手計算をしたことを考えると、雲泥の差で楽勝だとは思いますが・・・。

今朝の東海道線の事故をニュースで知り、JR駅に行かずに振替の地下鉄に直接向かったので、遅刻をせずに済みました。事故が続きます。もう、うんざりです。
今年は年末年始の曜日が悪く、28日まで出て4日から仕事始めです。短い冬休みになりましたが、それを楽しみに、残りの日をしっかり仕事をしますね。

(写真:ウインター・コスモス:小さ目の花が、たくさん咲くときれいですね:花屋さん)

<追:18日から20日まで、用事のため帰省します。その間は、コメントのご返事が遅くなりますので、すみません。よろしくお願いします>
20:31  |  仕事  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3152)  季節の変わり目

2009.12.16 (Wed)



季節の変わり目や年末になると、体調の悪い人の訃報が届きます。
会社の上司のご尊父が亡くなり、本社のほぼ全員がお通夜とお葬式に参加してきました。電車で40分ほどの距離があり、葬儀場特有の冷気と、お香の匂いで咳がぶり返してしまいました。95歳という天寿を全うした方ですので、お清めの席も明るい雰囲気でした。
宗派が違うと、お経や式の進め方もずいぶん違うものですね。静かにつぶやくようなお経の席の隣から聞こえるのは、にぎやかな全員コーラスのような読経です。お寺とは葬儀やお墓参りのときだけのおつきあいなので、故郷のお寺の宗派も覚えていません。これも困ったものですが。
ご自分の家の宗派を、ご存知ですか?何かあった時のために、確認しておこうかと思いました。

(写真:ヒイラギ=柊:トゲトゲの葉が、見ているだけで痛そうなのです:公園)
22:11  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3151)  テンプレート

2009.12.15 (Tue)



久しぶりに、テンプレートをクリスマス・バージョンに変えてみました。
トラックバックを無効にするタグの変更が面倒で、ついいつも同じものを使い続けてしまいます。先日ようやく少し時間が取れたので、カスタマイズしてなんとかイメージを壊さずに変更できました。
クリスマス・イルミの写真を撮りにいくのも億劫になってきたし、部屋の飾りも毎年同じでは飽きてきます。せめて夜だけでも、気分だけは感じられるようにしたかったのです。
考えたものより、少し暗くて夜っぽかったかなとは思いますが、クリスマスまでおつきあいください。

(写真:フイリヒイラギ=斑入り柊:少し前に撮ったものです。小さな花が、寒さに震えていました:公園)
22:37  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3150)  忘年会シーズン

2009.12.14 (Mon)



先週末あたりから、忘年会シーズンに入ったようです。
どこも人で一杯です。そんな中、くらさん(3つ数えて目をつぶれ:読書と映画のブログ)のお誘いで、いつものメンバーで忘年会に行ってきました。新宿の「老辺餃子舘」で、初めてのお味の前菜(甘酢大根のワサビ味)から、おいしい主役の餃子各種までをたっぷりといただきました。メニューがたくさんあって、とても数回通っても食べきれないほどです。おもしろそうということで注文した「皇帝鍋」が、ドラの音とともに卓上に乗りました。一瞬照明が消え、青い炎が燃え上がります。きれいです。照明が付きましたが、炎が顔にかかりそうになる勢いで、鍋の金属とまざってグリーンに燃え盛り、思わず歓声が上がります。おいしい、おいしいとそればっかり言いながら、お腹が一杯になりました。

話題は映画や漫画、本はもちろん、あちこちに広がっていきます。待ち合わせのちょっとしたハプニング続きもネタになり、笑顔のはじける夕べでした。いいメンバーだなと、毎回思うのです。それぞれの話題には深く突っ込みますが、プライバシーにはそこそこの距離感を保ちながら、7年も続いています。
来年の映画スケジュール雑誌を追いながら、早くも「こうして観ていくと、1年があっというま」という言葉に、全員が頷いてしまいました。
今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

(写真:サザンカ=山茶花:青空に、淡いピンクのまじった白花がきれいです:公園)
20:44  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3149)  ジェフリー・アーチャー「ゴッホは欺く」「プリズン・ストーリーズ」

2009.12.13 (Sun)



きのうの冬晴れの青空から一転、きょうは曇って寒いです。
一日ごとに雨が降ったり、気温が高かったり低くなったりと、体調管理に気をつけなくてはいけないですね。

先週の2作。
ジェフリー・アーチャー「ゴッホは欺く 上・下」「プリズン・ストーリーズ」
アーチャーは、キャラが類型的なのがちょっと気になりますが、ストーリーのおもしろさに引き込まれて、つい読んでしまいます。「ゴッホ・・」は、9.11の臨場感がすごいです。ここが書きたかったのでしょうね。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:タイワンサザンカ=台湾山茶花:小さな花が、凛として咲いていました:公園)
10:49  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3148)  生き残るために

2009.12.10 (Thu)



あちこちの取引先の、不況を乗り切るための話が聞こえてきます。
経費削減,人員削減,規模縮小・・・。会社では仕事の性質上、通常のコピー用紙より厚さのある良質のものを使ってきましたが、ついに削減対象に上がってきました。ある程度の質を保ちながら、価格の安いものにするのです。長い取引歴のあるところを切ることになります。その交渉中に、見積もり合わせをしている会社の営業担当者が退社するという報告がありました。営業力のある、それでいて素直な性格のいい人ですが、どんな事情があったのでしょう。30代ですから、先行きはある程度わかっていてのことだとは思いますが、転職がうまくいくことを願います。
そういうわたしも、あれこれありますが、自分の立場で最良の選択をし進むしかありません。来年はどんな年になることのでしょうか。3日連続の電車の人身事故にも気が滅入ります。さあ、もう少しがんばりましょう。

(写真:ドウダンツツジ=満天星躑躅または灯台躑躅:春の小さな鈴の花も愛らしく、秋には紅葉がきれいです:公園)
22:22  |  仕事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3147)  エレベーターに向かい

2009.12.09 (Wed)



帰りの電車の乗り継ぎ駅で、ドアが開くと同時にエレベーターに向かって走る人がいます。
しかも必死の走りの、35歳くらいの男性です。そんなに急ぐなら階段かエスカレーターを駆け上がった方が、早いと思います。小さなエレベーターは11人用ですが、体重のある男性が乗るとすぐ、重量オーバーの警告のアナウンスが流れます。車椅子優先は守られていますが、ベビーカー優先は車体が大きいだけに難しいところがあります。1台と数人なら乗れますが、2台乗り込もうとするお母さんもいたりします。旅行帰りのハード型のキャリーバッグを引いた人たちは、当然のように入り口を固めています。
確かに地下4階から地上に出るのが大変なのですが、我先に駆け込む姿を見ると、なんだかなとため息をつきたくなります。

(写真:ハナノキ=花の木:カエデ科の、紅葉が美しい木です。炎のように見えますね:公園)
21:36  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3146)  年末になると

2009.12.08 (Tue)



今朝の電車の事故は山手線でした。
載っている電車が並走しているので、すでに超満員なのに、乗客が無理矢理乗り込んできます。骨が折れそうになり、踏ん張ってようやく体を支えます。「押すなよ」という、いらついた男性の声が聞こえます。お互い様ですからトラブルにならないようにと、車内には微妙な空気が流れます。降りる時は、肩掛けのバッグは止めてください。顔や腕をこすられてしまいます。
乗換駅でほっと、ひと息つきます。年末になると、人身事故が多くなります。どうしようもなくなるのだろうとは思いますが、迷惑をかけずに死ぬことはできないものでしょうか。こちらも、必死になって仕事をしているのですから。
でも無理でしょうね・・・。

(写真:モミジ=紅葉:楓の"実":しっかりとプロペラになっています。どこかに着地して、芽が出ますように:公園)
20:45  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No3145)  いよいよ冬到来

2009.12.07 (Mon)



kotei-dariazen9.jpg

今朝の冷たい気温13度のまま、一日中寒かったです。
夕方からは風も強くなり、木枯らし2号でしょう。歩道は銀杏やいろいろな木の葉が転がり、文字通り木を枯らす風だなと改めて思います。
明日からは、ダウン・ジャケットにしようと思っているところです。道を歩く人が皆、足早に通り過ぎていきます。商店街のクリスマス・イルミも、LEDの青と白が多いためか寒そうに感じます。エコと木の保護のためにはいいのですが、暖かさがないというのは仕方がないのでしょうね。
いよいよ年末の慌ただしさと、気持ちが追われる感覚で、身も心も寒くなります。お風邪を引きませんように。

(写真:コダチダリア=木立だりあ:別名=皇帝ダリア:5~6mの高さ。なぜそんなに高いのでしょうね・・・:公園)
20:41  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3144)  垣根涼介「借金取りの王子」/朝倉かすみ「ほかに誰がいる」

2009.12.06 (Sun)



昨日の夕方から夜にかけては雨が降りましたが、きょうはさわやかに晴れ上がっています。
気持ちもリフレッシュする休日です。これでまた、明日からの仕事に向き合えます。

先週の2作。
垣根涼介「借金取りの王子」
朝倉かすみ「ほかに誰がいる」
垣根さん。ミステリではありませんが、文章もうまいしおもしろいです。リストラを請け負う会社という設定が、新鮮です。
朝倉さん。恋する究極の形を、見せられた気がします。不思議な距離感で読ませます。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ジャノメエリカ=蛇の目えりか:小さな花がきれいな季節になりました:公園)
10:30  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3143)  長谷川きよしライブ

2009.12.05 (Sat)



長谷川きよしのライブに行ってきました。(ライブハウスBACK IN TOWN:新宿・曙橋)
大人の雰囲気の落ち着いた客席は満席で、黒のバック幕の前に、長谷川きよしさん登場で、盛大に盛り上がりスタートです。
1曲ごとにイントロで空気が変わり、別な詩情あふれる音楽世界が繰り広げられます。ギター1本ということを忘れてしまうほど音が広いのです。「40年、まだベストではない」というアルバムより、少し中低音部が強調されたPAがちょっと気になりました。
揺らぎのある歌声がのびやかで、とにかくすばらしいです。強さと柔らかさ、緩急自在に声を出せるというのは、すごいですね。声にカラーがあり、ストーリーや詩情あふれる街の風景が紡ぎ出されていきます。知っている曲も、まるで違う曲に聴こえます。
全体としてはシャンソンテイストで、「ふるいみらい」は30分の組曲だそうで、その中から4曲のコンパクトバージョンで聴きました。リズムもよく、このCDもほしいです。曲の説明もうまく引き込まれます。初期の頃の曲も新鮮です。
「たとえ空が落ちて 地が裂け崩れても ただお前だけを愛するわたし・・・(愛の讃歌)」エディット・ピアフの原曲に近い訳詞が、心に深く入ってきます。曲のよさが必ず伝わるはずという、強い意志を感じました。
アンコールの「公園の手品師」、銀杏が戯れる風景が鮮やかに浮かび上がり、すてきでした。音楽に対して真摯で誠実な方ですね。しっかりしたステージを、楽しめました。

1月に本拠地にしている江古田で、リクエスト・ライブがあります。もう少しリラックスした空気の中でのライブも聴いてみたいです。長谷川さん自身が音楽をどう楽しんでいるのか、知りたいのです。

冷たい雨の中、地図を見ながら探して迷いました。店に電話を入れ、通りかかった地元の方らしい人にまた聞いて、ようやくたどり着きました。30分も冷たい雨の中を歩いたので、昨日は寒気と喉の痛みを覚え、早々と休んできょうは回復しました。

1.Fly Me To The Moon
2.Over the rainbow
3.黒いオルフェ
4.別れのサンバ
5.鳩笛
6.見果てぬ夢
7.風のささやき
8.涙

9.夜はやさしい
10.コムダビチュード ~いつも通り~
11.ラ・ボエーム
12.黒の舟歌
13.ふるいみらい
14.愛の讃歌
--アンコール--
公園の手品師

(写真:イチョウ=銀杏:お気に入りの写真です。2年前の東大での撮影です)
10:50  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3142)  ついに発熱患者が

2009.12.02 (Wed)



社員で発熱で休んだ人がいます。
いよいよ新型インフルエンザかも知れません。わたしの席からは最も離れた人です。でも事務所内ですれ違ったりはするし、なんとも言えません。隣の席や向かいの席の人は、戦々恐々と言ったところです。もう一人発症したら、新型で間違いないということになります。あと数日が、怖いですね。

それにしてもトップの機嫌の悪さと言ったら、最悪です。しかも何を言っているのか、含みがあるのでしょうか、いまひとつストンと落ちない言い方です。借入がほぼ決まり、新人も入り、想い通りに進んでいるのですから、あとは仕事をこなしていくだけでしょう。お願いですから、八つ当たりは止めてください。

(写真:イチョウ=銀杏:枯葉がカサコソと、音が聞こえそうです。そう言えば、紅葉狩りという美しい言葉もありますね:公園)
22:01  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3141)  駐輪場

2009.12.01 (Tue)



ときどき、区役所まで自転車で行くことがあります。
建物の古さはいいとしても、駐輪場の石敷きの石が異常にごつごつしているのです。歴史的価値があるので変えていないのかも知れないのですが、まるで不揃いの石を敷き詰めたようなものです。
きょうも駐車しようと足を降ろした途端に、チャリが転倒してしまいました。タイヤを噛んでしまうのです。ゆっくり走ると、ハンドルを取られるし、本当に危ない場所です。
変える気もなさそうな役所で用事を済ませ、走る街並は初冬の景色です。銀杏もプラタナスも風で枯葉を巻き上げ、吹き付ける風は冷たいです。そろそろマフラーもほしいですね。

(写真:イチョウ=銀杏:きらびやかな、金色の舞・・・:公園)
21:43  |  仕事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |