2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

(No.3226)  おもしろCMと、苦手なCM

2010.03.31 (Wed)



最近ツボにはまったのが、『フランスパン工房』のCMです。
美輪様と江原さんがコンビニの店員で、レジでお菓子を客に勧めるのです。ヤンキー風の男性が断ると、床が開いて奈落に落とされてしまいます。二人がレジに立つだけでおもしろいのに、シレッと床を落とし「次の方~」という表情に、爆笑でした。いろんなバージョンがあるようなので、ちょっと楽しみにしています。
苦手はウルオスのCMの桑田さんです。潤っているとは言っても、あれだけの人数がキスする必然がなく不潔な感じがし、曲も夜聞くには騒々しいです。
NTTコミュニケーションズの元バレリーナらしい老婦人の、えらそうな台詞が嫌ですね。
メガネがなまいきそうな子どもが「世界と繋がっている。今の時代の方が好き」は、繋がっていない時代も知らないから、比較の台詞がありえないです。意見広告っぽいのが、どうも苦手のようです。

(写真:ハナニラ=花韮:ブルーもきれいですね。やはりライン美人です:公園)
20:40  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3225)  暖かさが待ち遠しくて

2010.03.30 (Tue)



tamasyajn-uo10.jpg

ちらりと覗くだけと思っても、春物のTシャツやカットソーを見ると、つい衝動買いしてしまいます。
真冬並みの寒さが続いているので、早く気持ちも伸びやかになる暖かさが待ち遠しいのです。と、言い訳をしておきましょう。今年ははっきりしたカラーが目立ちます。もう少しくすんでくれると、もっとほしくなります。鮮やか過ぎると、仕事場では浮き上がってしまうし、かと言って、モノクロやベージュは地味過ぎます。仕事着は、難しいですね。

(写真:タマシャジン=玉沙参:花びらの開き方が、とてもおしゃれです。原産地はアルプス高原の岩場で、日本で栽培しているお花です:ベランダ)
20:18  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3224)  桜は2~3分咲き

2010.03.29 (Mon)



hananira-bksi10.jpg

九段下のお堀の桜は、まだ2分咲きでした。
きょうもダウン・ジャケットを着ても寒い一日でした。雪さえ降ってきそうな冷たい風です。それでも桜は咲き進んでいくようです。通勤途中の、一番早く開く木はもう5分咲きでした。見上げると、ほんとうにきれいですね。暖かくなると、気分も盛り上がるのですが、あまりの寒さで花見の席の話題も出ません。もちろん会社の花見は、決める前から欠席予定です。風邪気味を理由にします。

(写真:ハナニラ=花韮:もうかなり咲いていますね。ラインがきれいです:公園)
22:16  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3223)  北森鴻「うさぎ幻化行」/岸田るり子「ランボー・クラブ」/T・ジェファーソン・パーカー「カリフォルニアガール」

2010.03.28 (Sun)



染井吉野が開花しました。
寒さはまだ3日は続くそうですが、週末には見頃になるようですね。たくさんの春の花も咲き、脳内がハイ・テンション状態です。

先週の3作。
北森鴻「うさぎ幻化行」
岸田るり子「ランボー・クラブ」
T・ジェファーソン・パーカー「カリフォルニアガール」

北森さん。音響技術者が残したメッセージの音源を、義妹が訪ね歩いて気付いた音の謎を解き明かしていきます。それもとても哀しく心が痛むラストが、北森さんらしくないのが読者としては残念です。
なお、北森さんは心不全のため2010年1月ご逝去、48歳の若さでした。この作品が遺作になると思われますが、シリーズ途中のものもあり、北森作品を たくさん読んできた読者としては、 毎回楽しみにしていたので、とてもとても惜しいです。心よりお悔やみ申し上げます。

岸田さん。色覚障害の少年の視点で展開する事件がおもしろいです。ただ読後に残る印象の薄さがもったいないです。
パーカーは、1960年代のカリフォルニアという時代背景が生んだ最悪の病巣としての、猟奇的な殺人事件を描きながら、記者の信念、教会と地域の信者とその家族の 複雑な心まで深く描いた良質の作品です。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ユキヤナギ=雪柳:満開ですね。桜とほぼ同じ時期に咲きます:公園)
11:01  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3222)  パソコンの不調か

2010.03.25 (Thu)



この1年ほどは、落ち着いて使っているiMacですが、ちょっとした不具合が起きています。
使い終わった後、パソコンへの負荷を減らすために「終了」ではなく「スリープ」にしています。その際に、スリープしてもすぐまた立ち上がってしまい、再度スリープのコマンドキーを操作、また起動するという繰り返しになることがあります。時には十数回繰り返して、ようやくスリープになったりします。
もうひとつは、たぶん冷却ファンの音だと思われる雑音です。

以前懲りているサポートセンターに電話をすると、やはりマニュアル通りの答えが返ってきます。冷却ファンの音だという点と、スリープ・メニューをマウスで操作して、マウスが動くのではないか、再起動、PRAMクリアなどなど・・・。その他に方法がないかと聞くと、別な部署のカスタマー・センターに繋ぐというのです。
そのあとのやりとりはトラウマになるほど繰り返した経験があるので、取り次いでもらわなくていいと断りました。
もう1年の保証期間はあるけれど、故障なのかどうか、悩みどころです。
(検索してみると、外付けハード・ディスクとの関連がありそうです。)

(写真:トサミズキ=土佐水木:赤いシベがきれいです:公園)
22:19  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3221)  映画「NINE」

2010.03.24 (Wed)



映画「NINE」を観てきました。

監督:ロブ・マーシャル
出演:ダニエル・デイ=ルイス ジュディ・デンチ ニコール・キッドマン ペネロペ・クルス マリオン・コティヤール ケイト・ハドソン  ソフィア・ローレン

1964年のイタリア。天才映画監督グイドは、撮影を間近に控えた新作の構想に行き詰まったうえ、女性問題が災いして妻に愛想をつかされてしまう。彼は幻想世界に逃げ出しながら、人生や女性たちとの関係に思いをはせていく。

豪華なキャストのミュージカルで映画です。たぶん往年の名優たちだと思うのですが、映画をあまり見てこなかったので、名前を知らなさ過ぎて残念です。ダニエル・デイ=ルイスのダメ男っぷりが、みごとです。
妻役のマリオン・コティヤールの歌もいいです。衣装係のジュディ・デンチは75歳とは思えない、歌のパワーがすごいです。ソフィア・ローレンは「ひまわり」を観たことがあります。ひまわり畑を歩く姿が強烈な印象でした。彼女は76歳でしたか。スタイルと貫禄にはびっくりです。
ダンサーたちの華やかさと、映画全盛期のきらめきと、そのあとの落差が印象的です。音楽も映像も楽しめます。あっという間の2時間でした。少し残った物足りなさは、何だったのでしょうか。
21:48  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3220)  ロッピーが消える

2010.03.23 (Tue)



ロッピーの愛称でした。
「ぴあ」のローソンでの受付機が、どうやら消えそうです。ローソンがぴあとの提携を打ち切るという、ニュースが流れました。以前はロッピーで、発売日にチケットを購入したこともあります。でも最近はプレ・オーダーや特電が多くなり、発売日にぴあ店頭でもなければ、手続きに時間をかけてはいられないのです。瞬殺のチケットの購入など、とてもできません。あとは受け取りだけになるし、イープラスも多いし、ロッピーの利用頻度は低くなっていたことでしょう。
店頭の閉鎖だけではなく、ロッピーが消えるほどぴあは厳しいのかも知れませんね。

(写真:ヒュウガミズキ=日向水木:ふんわりとした黄色が、日差しを受けてきれいです:公園)
20:24  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3219)  乾ルカ「メグル」/鏑木蓮「救命拒否」/ヘニング・マンケル「タンゴステップ」

2010.03.22 (Mon)



風邪もようやく治りかけています。
体力が戻ってきたのが、よかったです。そのために、連休の予定がすっかり狂ってしまいました。休み明けの仕事を考えると、きょう1日休みなのに気持ちの準備をしなくては・・・。と、仕事人間の思考です。

先週の3作。
乾ルカ「メグル」
鏑木蓮「救命拒否」
ヘニング・マンケル「タンゴステップ 上・下」
乾さん。短編の切り取り方がおもしろいです。味付けではホラー系にもなる題材も、うまく処理しています。印象的な作品です。
鏑木さん。テーマはおもしろいのですが、関西弁がどうも読みにくいです。これからも理詰めで進むなら、ちょっと引いてしまいそうです。
マンケル。長いけれどひたひたと押し寄せてくる人間の哀しみが、事件の解決だけではないおもしろさです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:カタクリ=片栗:うつむいた立ち姿が好きです:公園)
09:13  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3218)  木の花が咲き出して

2010.03.21 (Sun)


(写真:サンシュユ=山茱萸:黄色の花が満開でした:公園)

昨日は、バイクでもジャケットがいらない暖かさでした。
でも夕方からは強風が吹き荒れ、明け方あまりの音の大きさに目を覚ましました。建物の周囲を、風が渦巻いているのが見えるような音です。それも朝には収まり、曇りですが日差しもあります。雨の予報がずれて、よかったです。
いつもなぜか雨の日に美容院に行く予定になるのです。せっかくブローしても、美容院を出てすぐ癖っ毛が巻き上がります。安心して行けます。

(写真:カエデ=楓:公園)
葉が無くこのカエデの花を更に赤くした花が、たくさん咲いている木を見つけました。カメラを持っていなくて、撮れずに残念です。検索すると、ハナノキ(雌花)のようです。木が赤く煙って見えます。秋の鮮やかな紅葉と違い地味ですが、とてもきれいでした。

momij10.jpg
10:42  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3217)  桜の開花予報

2010.03.19 (Fri)



1日暑い日の後は、気温が急降下します。
3月も中旬に入ったのに、この真冬並みの12度というのはちょっと経験がありません。まだダウン・ジャケットを着ています。一度は春物に変えたのですが、あまりの寒さにあわてて逆戻りしました。今年の大雪や寒さは、30年に一度の異常気象だそうです。北極からの寒気団が大きく張り出しているためとか。異常気象だというのはわかりますが、その原因の特定は難しいようですね。
桜の開花予報が出て、関東は23日ということです。でもこの寒さではとても咲くとは思えない感じがします。

珍しく風邪気味が長引いています。咳と熱っぽさがありますが、仕事が繁忙期のため休むこともできません。いえ、わたしは定時に帰宅しますが、他の社員は残業、休日出勤が続いているのです。山を越えた時に、全員がダウンしてしまうのではないかと思うほどです。みんな体力あります・・・。とても真似ができません。

(写真:アリッサム:菜の花と同じ仲間のお花です。精一杯、小さな花びらを開いてけなげです:花屋さん)
21:49  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3216)  心身ともに調整して

2010.03.17 (Wed)



きっちりと自分で自分に課したルールを、パーフェクトに守りました。
というのは、20代の頃です。朝起きてからの手順や、仕事をしている間も、夜遅く帰宅しても掃除洗濯や炊事はこなすという性格でした。キッチンの水回りはピカピカに磨き上げていました。あるとき、とても疲れてしまい、ちょっと手抜きをしました。お風呂上がりになにもせず夕涼みをしたのです。それだけで楽になれました。子育て奮闘パパの本を読み、多少汚れがあっても死にはしないという言葉が衝撃的でした。

いまは逆にあれこれ理由を付けてはサボるのが、すっかりうまくなりました。それでも身にしみた習慣があります。服や下着を身につける順番を、なかなか変えられませんでした。仕事に着て行く服は、上下のブラウスやカットソー、パンツは組み合わせを変えて、できるだけ同じバージョンを避け、下着は使う順番通りに並べて引き出しに入れます。均一に使い込んでいけるように、したいのです。
それもここ最近は、下着にこだわってもこだわらなくても、痛み方にそんなに違いはないと気付きました。ふっとまた、味を占めました。心身ともに調整をして、無理をせずに楽しんで暮らしていきたいと思えるようになりました。
でも、通勤地獄を切り抜けて疲れ、仕事の場のアップ・テンションに振り回されてしまいます。ふーっ。

(写真:アリッサム:小さな花の集まりがかわいいです:花屋さん)
22:05  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3215)  地震のときの行動

2010.03.15 (Mon)



昨日の夕方5時ころ、震度3の地震がありました。
福島県沖を震源とする地震のようです。地殻が続いているのか、かなり強い揺れでした。照明器具が揺れ、めまいのようで気持ちが悪くなります。とっさには何もできないのは、いつものことです。思わず手を伸ばして押さえたのは、やはり愛用のパソコンでした。このパターンが時々あります。
ドアを開けるのは入り口まで離れているので、できそうにありません。ガスは自動的に止まるはずですし、家具が倒れてきても、わたしの力では防ぎようがありません。そんな強い地震だったら、立っていることさえできないでしょう。
そう考えると一番困るのは、逃げ出せる程度で火事も発生するときでしょうか。避難用の備品をなかなか購入しないのは、そんなことを考えてしまうせいです。いえ、言い訳ですが・・・。

(写真:オオイヌノフグリ=大犬のふぐり:ブルーがかわいい、春の花ですね:公園)
22:31  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3214)  日明恩「ロード&ゴー」/小路幸也「リライブ」

2010.03.14 (Sun)



暖かいと、バイクで走るのも気持ちが軽やかになります。
ロングコートから短いジャケットになり、手袋もエスキモー手袋とわたしが呼んでいる分厚い皮から、通勤に使っている薄い皮にしました。スロット操作も楽ですね。道行く人の表情も明るく見えます。あちこちで用事を済ませるのに、困るのが駐輪場です。駐輪場は自転車だけでバイクは禁止。駐車場は自動車だけという図書館には、文句の一つも言いたくなります。やむを得ず、スーパーの駐車場に停めていくことになります。90分可なのが助かります。ただ、美容院に行くときは困るのです。2時間はかかりますから、オーバーしてしまいます。結局歩いていくしかありません。もっとも、せっかくのふんわりヘアをヘルメットで潰すのも忍びないという理由もありますが。

先週の2作。
他に2冊読みかけたのですが、100ページほどで放り出しました。
日明恩(たちもりめぐみ)「ロード&ゴー」
小路幸也「リライブ」
日明さん。テレビドラマで見たいと思わせる作品です。キャラもよくあるパターンですが、展開と消防署員のちょっぴり複雑な情熱に味があります。電車を乗り過ごしました。
小路さん。ある時点に戻って人生をやりなおせたら、という願望はせつないですね。その結果がどうなるかは、誰にもわかりません。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:コウグイスカグラ=小鶯かぐら:花がウグイスカグラより、大きめです。別な花かと思う印象の違いがあります:公園)
09:11  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3213)  今年の花粉症は

2010.03.13 (Sat)



2月の半ばからの花粉症が、今年はなぜかとても軽いのです。
いつもならマスクと鼻に塗り薬、そして甜茶を飲んでも、喉に花粉が溜まる感じや鼻づまりがあるのです。新型ウィルス対策で11月からマスクをしていたためと、花粉の飛散が少ない気象条件もあるかも知れません。
いずれにしろ、そろそろ収束宣言になる時期です。少し鼻水が出ますが、この程度の症状なら楽勝ですね。

先週の2日の雨の休日計画のあれこれを、きょうは快適にこなしていこうと思っています。

(写真:ウグイスカグラ=鶯かぐら:寒い寒いと言ってるうちに、春の花が開花が進んでいきます:公園)
09:41  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3212)  トレンチコート

2010.03.11 (Thu)



バーバリのベージュのトレンチコートを着た男性に、目が吸い寄せられました。
背が高くきっちりと分け目のあるヘアスタイルは、懐かしい感じさえします。抜けるような肌の白さで、指のほっそりとした30代と思われる人です。知性的でいながら謙虚な雰囲気を漂わせていました。ベルトなしの着こなしの少し堅苦しさがあるのは、どんな職業でしょうか。ホテルマン。デパートのアパレル関係。思わず想像してしまいます。鴬谷駅で降りていきました。
人は見かけの30秒で相手の印象を決めてしまうそうですね。確かに、まとっている空気感まで、人によって違います。振り返って、自分がどう見られているかなどとは、考えないことにしましょう。

(写真:ユキワリイチゲ=雪割り一華:枯れ葉の下から咲き出したお花は、自然からの贈り物です:公園)
22:11  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3211)  ピアノのブランド

2010.03.10 (Wed)



先日スタニスラフ・ブーニンの演奏の放映がありました。
ショパン・コンクールで話題になった時に、すごいピアニストが出たと興奮して聴いたのに、いつか意識から消えていました。久々の演奏は、落ち着いた厚みのある音で成熟した香り高いものでした。気になったのがピアノのブランド名です。初めて見た「FAZOLI」で、イタリア新進気鋭のピアノブランドのようです。4本ペダルで音に広がりを持たせたものだそうです。ヤマハやスタンウェイに迫る音だということです。
FAZOLIを使っている日本の演奏家はいるのでしょうか。ちょっと音を聴いてみたいですね。なかなかチケットが取れない辻井伸行をしばらく諦め、他のピアノを聴こうかと悩み中です。

(写真:ウチワノキ=団扇の木:レンギョウに似た白い花です。秋には、実が団扇のようになるそうです:植物園)
22:32  |  音楽  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3210)  春の雪・・・

2010.03.09 (Tue)



午後からの雨がみぞれになり、夕方には雪に変わりました。朝までに積もりそうです。
湿った雪は、傘を重くします。マフラーはしていなかったので、襟元が寒いし、手袋を通して冷気がしみてきました。道路には、うっすらとシャーベット状の雪が積もり始め、靴底に雪がくっついてしまいます。住んでいた故郷ではこの程度の雪では大丈夫な、雪国仕様のブーツです。こちらの靴は、わずかな溝しかありませんので、歩くのが怖いです。一歩一歩を確かめながら戻りました。
そんなお天気でも大丸の店内は、活気にあふれていました。あちこち見てしまうと、衝動買いをしそうだったので、エレベーターで11階のチケットぴあに向かい、チケットを受け取っただけでまっすぐ戻りました。食品街では、買い物客が行列を作っていました。洗練された接客態度はさすがですね。地元のデパートでは、お客と通路ですれ違う店員さんが、間を割って通って行きます。せめて少しお客に道を譲ったらいいのにと、呆れてしまう光景が多いです。求めても無理だろうとは思いますが。

(写真:ミツマタ=三つ又:ベルベットの花びらから、春の香りがただよいます:公園)
21:57  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3209)  ぴあ店舗

2010.03.08 (Mon)



コンサート・チケットをネットで予約しました。
受け取りをぴあ店舗にし、駅近くのコーナーに行くと「ぴあ店舗は閉店しました」と張り紙がありました。その場所はリリアのチケットセンターになっているのです。不況で利用客が減ったのでしょうか。数年前は店頭発売のチケットのために、行列を作ることもあったので少しショックでした。
店舗の閉鎖など思ってもいなくて、調べてみることもしませんでした。コンビニ受け取りの方がよかったと、後悔しても遅いですね。
あとは都内の店舗で受け取るしかありません。国際フォーラムや大丸東京店にあるようなので、行ってみることにします。

(写真:コゴメイヌノフグリ=小米犬のふぐり:小さな花が精一杯、背伸びをして日差しを受けていました:植物園)
22:55  |  音楽  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3208)  ジェラルディン・ブルックス「古書の来歴」/朝倉かすみ「深夜零時に鐘が鳴る」/小島達夫「ベンハムの独楽」

2010.03.07 (Sun)



きょうも冷たい雨で、せっかくの休日なのに出かけられません。
平日は多少の雨は気にしないのですが、お休みの時はあれこれ計画を立てているので、できないとがっかりします。

気を取り直して。先週の3作。
ジェラルディン・ブルックス「古書の来歴」
朝倉かすみ「深夜零時に鐘が鳴る」
小島達夫「ベンハムの独楽」
ブルックス。これは期待以上のおもしろさです。500年にわたる古書に関わった人々の歴史があり、ミステリのどんでん返しもあります。現代の科学検証から、500年前の宗教弾圧まで、よくこれだけの分量で抑えられたものです。紙質も薄く、いくらか腕への負担が少ないのもうれしいです。
朝倉さん。ここちよい、時間が流れて行きます。タイム屋文庫も登場します。
小島さん。見る角度によって色が違うという、タイトルがよくわかる掌編集です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:セントウソウ:小さな花の集まりが可愛い、春の花です:公園)
09:41  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3207)  三寒四温というけれど

2010.03.06 (Sat)



今週はまた季節の変わり目で、気温が上がったり下がったりでした。
寒暖の差は10度もあり、春のジャケットとダウンを交互に着たりします。体調がおかしくなりそうです。四寒二温という感じがします。夜は雪になるのではないないかと感じるほどの、冷たい雨もありました。

1昨日は、朝の電車故障か信号故障かで遅れ、ホームが人で埋まり改札止めになるほどでした。なんとか途中から地下鉄の振替にしましたが、それもまた遅れているのです。なんという日でしょう。そして昨日の夕方は、人身事故です。西日暮里で止まったままです。いろんな路線を考えても、大回りになるものばかりです。諦めてそのまま待つことにしました。それでも30分ほどで運転が再開されたということは、死亡ではなかったということでしょう。やれやれ。

(写真:オウバイ=黄梅=別名:迎春花:なかなか春にならない感じですが、お花は春を迎えています:公園)
11:29  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3206)  ポール・ポッツ コンサート

2010.03.04 (Thu)



待ち遠しかったポール・ポッツ(会場:国際フォーラム Aホール)を、聴いてきました。
2年ぶりの来日ということです。ニュー・アルバムからの曲や、あの「誰も寝てはならぬ」まで、22曲をたっぷりと聴かせました。真摯な歌への姿勢と、思いを込めたのびやかなテノールが、響きました。弦とピアノのバックは、押さえ気味で歌を引き立てていたようです。
ゲストのソプラノ・幸田浩子の声が、華やかにそれでいて、デュエットではポールの前に出ない歌い方に好感を持ちました。高音の小鳥のさえずりと言われるコロラトゥーラという声が、ほんとうに美しいです。久々に本格的なアリアを聴けました。幸田浩子のコンサートを聴いてみたいと思いました。
ポールは、曲の幅も広がり、低音もきれいに出ていて、なによりも歌で伝えようという静かな熱さが、胸を打ちます。思わず身を乗り出して、聴いていました。
CDを通しての声も、ライブで聴いても、声に漂う悲しみという感情が残るのは、ミサで歌ってきたせいでしょうか。もう少しだけ、明るさもほしいという、聴き手の欲は募ります。
惜しかったのは照明の自己主張の強さと、客席へのライトの強さで、まぶしくて見ていられません。手をかざすと、バックの演奏が見えなくなるし、なんとも嫌でした。

1.Overture(序章)
2.グラナダ
3.ピアノ(Memory)
4.Che Gelida Manina(冷たい手)
5.La prima Volta(あなたがいてくれたら)
6.Duet Libiamo(乾杯の歌=デュエット)
7. Lasia Ch'io Pianga(涙が流れるままに:ヘンデル=幸田浩子)
8.Je veux vive(幸田)
9.Core'n Grato(カタリ・カタリ)
10.I'm Yurs
11.Tristesse(別れの曲:ショパン)
12.カルーソー

13.E Lucevan le stelle(星はきらめき:トスカ)
14.Mario Lanza Medley
15.Dein Ist Mein Granzes Herz
16.アベ・マリア(幸田)
17.カリヨン(幸田)
18.Duet-Sei Con Me(デュエット)
19.Une Giorno Per Moi(ロミオとジュリエット 愛のテーマ)
20.アメイジング・グレイス
21.Time say Goodbys
-----------
22.Nessun Dorma(誰も寝てはならぬ)

(写真:モモ=桃"源平":1本の木に、白と赤が不思議な混在で咲く、お花です:公園)
21:25  |  音楽  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3205)  足元がちょっと

2010.03.02 (Tue)



通勤ではいろんな人を見かけますね。
夕方の駅構内のエレベーターで、巻き髪で生成りのロング・コートに茶のブランド・バッグの女性が歩いていました。典型的なお嬢様スタイルです。キメ過ぎのスタイルは、自分ではあまり着ないので、つい目についてしまうのです。歩き方もいいし、でもなんだか違和感がありました。足元を見ると、黒のパンプスのヒールに泥がべったりと付いているのです。それもまだ乾き切っていない泥です。都内のどこを歩いても、滅多に見ない状態です。
あれこれ、想像してしまいました。新幹線で遠方から来ている。家の近くは雨か雪でぬかるんでいた。荷物を増やしたくないので、パンプスを履いて出かけた。そして、いろんな視線に晒される場所に慣れていないので、気付かなかった。知っているなら、化粧室でティッシュで拭き取っているでしょう。
自分を振り返ると、そろそろシューズの踵を修理しなくてはならないのに、寒くて出かけたくなくてサボっているのです。後ろから見たなら、やっぱりみっともないでしょうね。

(写真:モモ=桃:明日はひな祭りだというのに、寒過ぎますね。去年の写真です。咲き出すのは桜と同じ頃です:公園)
22:48  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3204)  腕時計に必要なもの

2010.03.01 (Mon)

ブレスレット感覚の時計を、いくつか気分によって着けています。
ネット購入なので、ベルトの表示サイズのほとんどは長くて手首からすっぽりと抜けてしまいます。調整付きで頼んでも、平置で16センチと言いながら手元に来ると18センチあります。地元の商店で依頼すると高過ぎるので、ついに安い道具を購入しました。ネットで使い方を検索し、やってみるとあっさりと完了です。これなら自分でいつでも調整できます。
いえ、これから先、また買い物に走るという言い訳ではありません。

こんな道具で、できてしまうのです。(溝の部分にベルトを挟み、小さなドライバーをピン山に当て、ハンマーで軽く叩くとコマが外れます。ニッパは使いませんでした。)
tool-tokei.jpg
20:14  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |