2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

(No.3274)  美容院のポイント

2010.05.31 (Mon)



いまの美容院は、癖っ毛のわたしの髪をとてもうまく扱ってくれます。
ヘア・カラー、カット、ブローでちょっといい金額になります。カラーは毎月ですが、最近はカットは2カ月に1回にして出費を抑えようと努力しています。ポイント・システムの変更があり、利用回数によってポイントが多くなります。わたしはもう100回を超えているので、5倍のポイントが着きます。ただ7月までは旧ポイントのまま、10%割引の方を使っています。8月からはポイントでの割引だけになります。いくらかいままでのシステムの方がお得な感じです。

美容院の経営も大変なのかも知れません。以前は予約制度もなかったので、混んでいることが多かったのです。最近は予約がうまく効率を上げているのか、客数が少ないのか、あまり混雑は見られません。
お店の雰囲気にも落ち着きが出てきて、美容師さんたちも余裕で挨拶をしてくれるようです。お客の要望にしっかり対応してくれ、気持ちよく過ごせるようにもなりました。いまさら別な美容院に行く気はないのですが、ときどき、自分でカラーをしようかと思ったり、いや難しいなと迷ったりします。

(写真:エゴノキ:最近のブームのミニ盆栽です。高さはわずか10cmあまり。好きなお花なので、なんとか枯らさずに育ててみようと思っています:ベランダの新顔)
20:15  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3273)  吉永南央「紅雲町ものがたり」/石持浅海「リスの窒息」/朝倉かすみ「ロコモーション」

2010.05.30 (Sun)



昨日の土曜日出勤は、強引に早めに終わらせました。
作表に、毎回残業してまでご機嫌を取る気はないのです。かわいげのない社員ですね。それにしてもまた寒いです。どんよりとした曇り空は、さすがに紫外線も届かない雲の厚さです。傘を持たずに歩けるのは、楽でほっとします。

先週の3作。
吉永南央「紅雲町ものがたり」
石持浅海「リスの窒息」
朝倉かすみ「ロコモーション」

吉永さん。うまいですね。60~75歳の気丈な女性キャラ設定がいい雰囲気です。日常会話から推測し行動に移す、巧みな展開がおもしろいです。これからどんな変貌を遂げていくのか、楽しみな作家です。
石持さん。両親が殺害された直後に考える狂言誘拐とは。ちょっと無理があり過ぎます。
朝倉さん。わたしが苦手とする、周囲に流されていく女性を描いています。北国の冷たい空気感が伝わって来ることに引かれて読みました。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ハクウンボク=白雲木:エゴノキに似た花が、枝を重くするほど、たくさん咲いています:公園)
09:04  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3272)  卓球の世界選手権団体戦

2010.05.29 (Sat)



卓球の世界選手権団体戦を、連日観ています。
女子は韓国を3―2で破り、準決勝進出を決めました。平野早矢香、石川佳純、福原愛がよく戦っています。平野選手は腰の動きが安定したためか、気持ちの強さもあり、せり勝っていきます。石川選手のキレのある動きが好きで、多少の粗さはあっても応援したくなります。福原選手もがんばっています。
女子と同じく銅メダルを獲得した男子は、水谷選手がいいですね。絶対に勝つためにきちんと試合運びの作戦を立て、粘って勝利に向かう姿勢がすごいです。ジュースで20-18まで持っていく精神力と体力には、感心しました。岸川選手も、前回までより気持ちが強くなった感じがします。

以前は地味なスポーツだと思い、あまり卓球は見なかったのですが、最近の選手たちの活躍でおもしろさを知りました。ただ、カット・マンを相手にすると、見ていていらいらします。それも促進ルールが適用されたので、少し改善された感じがします。

最後まで、がんばれ。準決勝のきょうは、男子も女子も中国との対戦です。最大の相手ですね。
<PS:残念ながら中国に敗れましたが、それぞれにいいシーンを見せてくれました。次の試合をまた楽しみにしたいです>

(写真:ハナビシソウ=花菱草:別名:カリフォルニア・ポピー:都内のお庭でみごとな群生でした)
19:40  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3271)  低体温のリスク

2010.05.27 (Thu)



咳が出て、寒気がします。
3月はあっというまに気管支炎になったので、今回は早めに別の病院で受診しました。
「お熱を測ります」といって、額に向けられたのは赤外線体温計でした。約3秒で測定でき精度は±0.2度以内というすぐれものだそうです。結果は、夕方にもかかわらず35℃でした。いつもの35.8~36℃より低くなっています。普通は36.5℃~37℃といわれていて、体温が理想体温より1℃下がると体内酵素の働きが50%低下、免疫力が37%低下、基礎代謝が12%低下し、さらにガンが発生しやすくなるそうです。ちょっと怖い話ですね。原因はストレスや冷房などによる自律神経失調だといいます。(去年の咳喘息の時と同じ・・・)わたしはあまり冷えを感じないのですが、体温が低いのです。37℃では高熱でふらふらになります。

抗生物質と痰を切る薬と、咳を治し体を温める漢方薬(麻黄附子細辛湯=マオウブシサイシントウ)が出ました。咳が長期に続くなら、もう一度受診するよう言われました。
昨日の夜と今朝の服用で、咳がぴたりと止まり、体も暖かくなりました。電車に乗ったときも会社でも、マスクをつけずにいられました。おまけに頑固な肩凝りが、あっさりほぐれていました。これはいいかも知れません。風邪が治ったら、冷気で咳き込む咳喘息の相談をしてこようと思います。

(写真:モッコウバラ=木香薔薇:ほんのりと上品な香の薔薇です。あちこちのお庭から咲いている薔薇は、いろんな種類がありますね。わたしは育てられませんが:都内)
20:28  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3270)  懐かしい曲

2010.05.26 (Wed)



ショッピングモールで、口笛が聞こえました。
あまりうまくはないですが、ふっと懐かしい感じの旋律で、耳を澄ませました。応援歌だったか、校歌だったか。小さな女の子の声で「お父さん。それ、なんの歌?」と聞いていました。答えは聞こえませんでした。妙に懐かしいので、頭の中でリフレインさせると、曲を思い出しました。
『若い力と感激に 燃えよ若人胸を張れ 歓喜あふれるユニホーム 肩にひとひら花が散る 花も輝け希望に満ちて 競え青春 強きもの』
不思議に覚えているブラス・バンドの曲でした。ついでに小中高校の校歌も思い出しました。出だしが似たような旋律です。思い出すこともなくなっていたのに、わずかな旋律が記憶を呼び覚ます力に、驚きました。
『空青く大気澄み 心を広く丘の学び舎 ・・・ 励まん励まん ◯◯◯の子ら』小学校の校歌。
『黎明甲田の雲晴れて 旭映岩木の嶺高く ・・・ 羽ばたきて 弘前◯中 ああ栄えあれ』中学校。
『青雲高く津軽野明けて ・・・ああ我が◯高 栄えあれ』こちらは、高校です。
高校野球の閉会式で流れる校歌も、どこも似た印象ですね。いまひとつ個性的な曲がないのは、作られた時代が同じなのでしょう。

(写真:フジ=藤:今年も名勝地に行けませんでした。ちょうど紫外線アレルギーが強い時期と重なり、断念してしまいます:公園)
21:12  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3269)  表の作成は、えんえんと続く

2010.05.25 (Tue)



会社の本決算の時期になりました。
3月には仕事の山場が終わり、仮決算を出しました。今回は税務署提出になるので、数字の間違いがないように注意が必要になります。土曜日出勤から作成を始めた、取引銀行用と、営業計画用の内部資料の2種類の、年間の売上と損益計算書です。土曜日は、上司に後ろにくっつかれての作成だったため、倍以上の時間がかかりました。営業から出てきた計画の数字がなっていないと、差し戻しになり、わたしは月曜日から再度取りかかっています。明日で終われるかどうかも怪しい感じがします。

上司がワードしか知らない時はまだ作りやすかったのですが、中途半端にエクセルを覚えると、返って要求が面倒になります。経線の種類まで注文を出さないでください。見た目をきれいにできるイラレと違い、たかがエクセルですから、できる範囲に限度があります。大事なのは数字の実態でしょう。見た目をよくしたかったら、デザイン部に仕上げてもらってください。(と、口に出したいです)

そして銀行用は試算表ベースで作るのに、前期処理をした数字まで入れろというのは、あとで銀行担当者から数字が違うと言われるのがオチです。
さらにやり直しが続く営業用の数字に、営業職の社員が低い数字を入れるのは、無理な目標を入れ、あとで責任を取れと言われたくないからです。それを押し付けた数字を入れても、計画通り数字が上がるほど経済状況は甘くはありません。
愚痴愚痴・・・。という連続の、残業続きです。もうそろそろ妥協しましょうよ。

(写真:シバザクラ=芝桜:お花の写真も、ぜんぶが状態のいい、気象条件もいい、撮る体調もいいとうことは、なかなかありません。どこかで妥協しなければ、全部ボツ写真になってしまいます:公園)
21:34  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3268)  掃除を始めると

2010.05.24 (Mon)



昨日の雨の休日は、気になっていた窓拭きでした。
肘の痛みで、見なかったことにしていた窓です。肘の調子もかなりよくなったので、恐る恐るスタートです。洗剤のしみ込んだ使い捨てペーパー・タオルで拭くと、驚く程よく汚れが落ちます。窓ガラスはそれだけでは汚れが縞模様になってしまいます。やはりスクイジで拭くことになりました。
窓は半年ぶりにきれいになったので、ついつい、ついでに窓の縁やレールの桟や、網戸までブラシでこすったりしてしまいました。
汚れが床に落ちたので、ついでに部屋の全部に、おニューの小型サイクロン掃除機をかけました。古い掃除機が吸い取りが悪くなっていたのと比較すると、すごい吸収のよさです。持ち手を外すとハンディ・タイプにもなり、端を掃除するのにいい感じです。
フローリング部分は、ネットで刺激された自動お掃除ロボットの廉価版で、掃除してみました。イスやゴミ箱などを予め移動しておくと、ころころと転がって拭いてくれます。猫の手よりはいいですが、雑巾で拭き取るようにはいきません。手抜きのときに便利です。
数時間もかかった、大仕事になってしまいました。キッチンと浴室は、次回にします。すっきり明るくなった部屋と、腰と腕に軽い痛みがでてきたので、気持ちは複雑です。

(写真:シラユキゲシ=白雪芥子:蓮のような葉と、真っ白な潔さのあるお花が好きです:公園)
21:00  |  思い  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3267)  吉永南央「Fの記憶」/井上夢人「魔法使いの弟子たち」/バゼル・ジョシュ「死神を葬れ」

2010.05.23 (Sun)



朝から曇り空で、まもなく雨が落ちてきました。
土曜日出勤は精神的に、疲れますね。少し気持ちが緩んでいるからでしょうね。1日の休日では回復しないなと、体も疲れがたまっていくのを実感します。いえ、来週も土曜出勤なのです。6日連続で仕事がきつくなってきました。ずっとパソコンを使っているので、右腕と肩が凝り固まってしまいます。筋弛緩剤を飲んでも、右は固いままです。

先週の3作。
吉永南央「Fの記憶」
井上夢人「魔法使いの弟子たち」
バゼル・ジョシュ「死神を葬れ」

吉永さん。うまいですね。心のトゲのように、25年経ったいまも記憶に残る「F」の存在を描きます。切り口のよさと、各章のオチのうまさが際立ちます。最終章が優し過ぎたのが惜しいです。
井上さん。もともと饒舌な作家ですが、ウィルスパニックからSF超能力にまで大きく広げた話を、どこに着地させるのか心配しながら読みました。ミステリ的SFという感じです。
バゼル。ドラッグ、ノワール、スプラッタと、苦手な分野なのですが、息継ぐ暇のないブラックユーモアな展開から目を離せなくなりました。シュワちゃんを怜悧な医師に置き換え、さらに面白くしたような映画的な、微妙な作品です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:アストランチャ・マヨール:不思議なグリーン系の花です。レース・フラワー、いえフキノトウに少し似ているでしょうか:ベランダの新顔)
10:54  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3266)  住民税の書類

2010.05.20 (Thu)



6月からの住民税の書類が、社員全員分の区市町村から送付されてきました。
毎年のことですが、無駄の多い用紙の仕分けもうんざりします。年末に源泉徴収票の控えを区市町村に送るとき「納付書は不要」と記載しているのに、凝りもせず送ってくるところがあります。しかも税額¥0円の人の用紙まであります。
表紙、裏表紙、納税義務者決定書、「個人別税明細」、「その会社控え」、各書類の記載説明書、税額の計算式説明書、「退職者の連絡書」、途中入社の切り替え申請書、会社の住所変更連絡書、そして納付書・・・。
「」の3種類だけでいいのです。ほかは速攻でゴミ箱です。印刷費、紙の無駄を省きましょう。誰か、「事業仕分け」をしてください。

(写真:カラスノエンドウ:烏の豌豆:草地に咲いている、小さな花がかわいいです:公園)
20:16  |  仕事  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3265)  新しいマークを

2010.05.19 (Wed)



通勤の駅構内で、エスカレーターの前の女性のリュックに、見慣れないマークがありました。
「おなかに赤ちゃんがいます」という文字と、イラストです。車の後ろに見かける若葉マークやシルバー・マークとは違い、マタニティ・マークは控えめな印象です。もしかしたら手作りかと思ったのですが、検索してみると駅で出しているのですね。
Unknown.jpeg
こんなほほえましいマークを見つけたら、いくらかでも押したりせずに、混雑の電車に乗れるでしょうか。もっと大きくないと目立たないかも知れません。でも大きいと恥ずかしくて付けないこともありそうです。安心して通勤できるように・・・は、ならないですよね。ふーっ。
きょうも、プチ・トマト詰め放題の女性専用車の通勤電車に揺られながら、そんなことを思っていました。

(写真:アメリカアサガラ:エゴノキに似たベル状の花が、かわいいです:公園)
20:57  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3264)  話題の「おめざ」に

2010.05.18 (Tue)



夕方の駅構内に、行列ができていました。
わずかなスペースではいつも、郷土物産の販売をしているところです。店の周囲にぐるりと並んでいるのは、ほとんどが女性です。幟には「TVおめざで話題のクリーミー・スウィーツ」とあります。ロール・ケーキか、チーズ・ケーキのようですが、あまりの人波で確認できません。「はなまるマーケット」の番組でしょう。あまり見ることのない時間帯ですが、長寿番組のようですから、かなりの数の「おめざ」が紹介されているのではないかと思います。最近なのか、数年前かもわかりません。
どちらにしろ、あまり食べたいと思わない甘さのものが多いので、スルーしました。疲れたときには、ときどき甘いものが欲しいときがありますが、デパ地下のケーキも甘過ぎます。甘さ控えめがあったら、食べてもいいかも知れません。

(写真:エゴノキ:通勤途中の木が、きれいに咲き出しました。風に揺れる、撮影泣かせのお花です)
20:41  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3263)  季節の香り

2010.05.17 (Mon)



故郷の季節の味というのは、しっかりと染み付いているものですね。
デパ地下で三陸産のホヤがあったので、どうしても食べたくなりました。久しぶりに捌きながら、磯の香に浸りました。お昆布を入れたガラスの器に盛りつけました。1時間ほどで、味が馴染みます。うーん。これがおいしいのです。関東ではあまり食べられない海産物のようですが、舌はたちまち三陸を旅行したときのことを思い出しました。ウニもアワビも食べたいです。デパ地下ではさすがに手の出るお値段ではないので、お財布はあまり緩められません。
ちょうど故郷から送られてきた山菜もあります。しばらく故郷の香を楽しみます。

(写真:エリカ"ホワイト・ディライト":年末にゲットし、白から深紅色になって1月まで花が咲いていました。それが今ごろ再び、開花しました。蕾もたくさん見えます。四季咲きでしょうか:ベランダ)
21:38  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3262)  伊藤計劃「虐殺器官」/石持浅海「まっすぐ進め」/詠坂雄二「電気人間の虜」

2010.05.16 (Sun)



晴れた休日は、それだけで気分がさわやかです。
連休にちょうど桜が咲いた故郷では、冷害の心配をするほどで、まだ霜注意報が出ているそうです。山菜もほとんど採れていないようです。
スーパーで、山ウドが並んでいたので、茹でて三杯酢でいただきました。ワラビはもうしばらくしてからでしょう。故郷の山菜を食べたいと、郷愁にかられます。

先週の3作。
伊藤計劃「虐殺器官」
石持浅海「まっすぐ進め」
詠坂雄二「電気人間の虜

伊藤さん。近未来の軍隊で、人造筋肉や痛覚神経の遮断を施した兵士が、殺戮に対する負うべきものを 見つけていく展開に、驚かされました。思考の強靭さが文章の硬質さになり、強烈な思考も細部もみごとです。
石持さん。魅力的なキャラ立ちで、日常の謎を解きながら人の心の奥を描いています。過去への、きっぱりとした姿勢が印象的です。
詠坂さん。電気人間というあり得ないことをうまく題材に、料理に仕立てています。さらりとし過ぎかも知れません。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:コリダリス・チャイナブルー=別名:ヒマラヤエンゴサク(延胡索):不思議な水色の花が、見頃を迎えました。ほんとうにきれいなカラーです:ベランダ)
11:27  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3261)  バイクの必需品

2010.05.15 (Sat)



himehiogi-hi10.jpg

今年はなぜか、強烈に感じる紫外線です。
バイクのヘルメットは紫外線防止仕様になっていますが、それでも顔に湿疹が出ます。ほんとうは違法かも知れませんが、スモーク・シートを貼りました。車用シートなので、カーブではなかなかぴったりとはいかずシワがありますが、かなりの効果があります。まぶしさを避けることもこんなに楽なのかと、うれしいです。フル・ヘルなら対応シードがあります。息苦しさがあって半ヘルにしているので、これで妥協しておこうかなと思いました。
ただ、いままで以上に周囲への注意がしっかりと必要です。

(写真:ヒメヒオウギアヤメ=姫緋扇菖蒲:数年前にのこさんからいただいた種で、今年はたくさん咲いています。ツボミから開花していく様子が、新鮮です。マジシャンの指先のよう:ベランダ)

PS:細い花びらは、これで開花した状態のようです。突然変異かも知れません。この茎だけで、ほかのツボミは普通の開花です。数日後しぼんで、枯れてしまいました。
15:20  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3260)  パンプスの行方

2010.05.13 (Thu)



通勤のトラブルは、いろいろありますね。
今朝の電車も相変わらずのプチ・トマト詰め放題状態の混雑で、押し入る気にもなれず1本見送ろうと思いました。車内に入った女性が、あわてて降りてきました。彼女の片足にパンプスがありませんでした。ホームと電車の隙間に落としてしまったようです。乗車駅は隙間があまりない方ですが、やはり落とし物を時々見かけます。
女性専用車のアナウンスをしていた駅員に、事情を伝えていました。次の電車との合間に、長いポールの先に挟む道具で拾ってくれるのでしょう。
新宿の山手線ホームの広さは危ないです。パンプスならいいけれど、人が落ちるのではないかと思うほど広いのです。通勤は危険が一杯です。

(写真:セリバヒエンソウ=芹葉飛燕草:木陰で飛び交う、お魚の花です:公園)
20:54  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3259)  コンピュータ、あれこれ

2010.05.12 (Wed)



Mac愛用の知人が、家族のためにWindowsのデスク・トップPCを購入しました。
Winは会社で使っているけれど業者がケアしているので、設定はわからないそうです。出張サポートを依頼し家族にも知識を持たせようという考えでした。設定サポートに現れた男性は、しばらくするとあちこちに電話をかけ始め、首を傾げていたようです。説明ではIMEの日本語入力ができず、メーカーのサポート・センターは休みで、後日連絡するまで、とりあえず英語入力で使ってくれと言ったそうです。
知人がMacのキー配列と同じかと、スペース・キーの隣のキーを押すと、日本語入力になったそうです。お粗末なサポートというか、秋葉の某大型店の下請けですね。

数日後、iTunesを入れ音楽を聴くとステレオにならない、スピーカーの片側が聞こえないことに気付きます。購入店に連絡し、パソコンに問題がありそうということでシステム担当者(こちらも下請け)が確認にきて、モニターのポートの不具合と判明したそうです。2日後、モニターの交換に来た別の下請け業者がモニターとケーブルも全部交換していったあと、今度はモニターの電源が入らなかった・・・。知人がケーブルを確認したところ、モニターの電源ケーブルがなかったようです。すぐ届けろと電話をしましたが、配送業者の都合で結局翌日になり、ようやく通常の仕様になったそうです。

販売店は販売しかしないのですね。あとは全部下請けです。Winも大変、Macはアップルのサポートセンターが大変で、どっちもどっちというところですね。

(写真:トキワマンサク=常磐万作:白いリボンのような花びらが、きれいです:公園)
20:57  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3258)  雨のしずく

2010.05.11 (Tue)



電車の中で、濡れた傘やバッグのしずくが困り者です。
巻いている傘やバッグでも、触れると服が濡れます。夕方の電車で、前に座っている男性のビジネスバッグに丸いしずくの後があります。その上を見ると、折り畳み傘を短くしただけで布の部分を止めていない女性がいました。しかも手首にぶら下げているので、電車が揺れる度にしずくがポタポタとビジネスバッグに落ちています。
男性は注意する気がないようなので、わたしが言うとかどが立ちそうでそのままでした。しばらくすると、男性は降りていきました。
折り畳み傘を愛用しているわたしは、ペットボトル・カバーを利用しています。さっと入れてしまうと、周りに気を遣う必要がないのです。デパートやスーパーでは、長傘用のビニール袋は用意していますが、さすがに折り畳み用はありません。自分で工夫しましょうね。

(写真:オーニソガラム"ヌータンス":4月半ばに咲いた一輪は楚々とした雰囲気でしたが、たくさん咲くと賑やかですね:ベランダの新顔)
20:44  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3257)  変形性膝関節症

2010.05.10 (Mon)



engosk-cyaibl-up10.jpg

ひと月ほど前から、歩くと膝が痛むようになりました。
整形外科でレントゲンで見ると、半月板という軟骨がすり減っているそうです。クッションが無くなり、大腿骨と脛骨の接触部分を包み込む関節包の内膜(滑膜)に、刺激が加わると炎症が起こり痛みを引き起こすという説明でした。40歳を過ぎるとよく見られる症状だと言われました。ショックでした。

治療として、1週間おきに5回、膝に直接ヒアルロン酸の注射をします。あとは軟膏と湿布と痛み止めの薬です。あちこち体にガタが来ているな・・・と、思い知らされます。肘がほぼ治ってきたら、今度は膝ですか。ふーっ。と、またため息の週明けとなりました。

(写真:コリダリス・チャイナブルー=別名:ヒマラヤエンゴサク(延胡索):なんとも不思議な開花の様子です。鮮やかな水色のお魚が、逆さ泳ぎをしているような・・・:ベランダの新顔)
20:56  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3256)  吉永南央「オリーブ」 /鬼塚忠「カルテット!」

2010.05.09 (Sun)



晴れて青空がきれいな休日は、一番の気持ちの切り替えになります。
ベランダは日差しを受けて、猛烈な熱さになっています。鉢を直に置くと熱いそうなので、あまり高さのないものを下敷きにしたいと思いました。100円ショップであれこれ探して、1cmの角材を見つけました。1mの長さがあるので切って使うことにしました。問題はノコギリが、こんなに木屑が飛ぶと考えなかったことです。ブルー・シートを敷いたのですが、部屋中に飛び散ってしまいました。なんとかできたので、ほっとしました。あとは次の機会に、日よけをなにか考えることにします。

先週の2作。
吉永南央「オリーブ」
鬼塚忠「カルテット!」

吉永さん。2作目です。こちらがおもしろいです。短編集。失って初めて、その大切さがわかり胸にしみます。お勧めです。
鬼塚さん。題材が面白いのですが、どうにも隔靴掻痒という感じでした。自分で演奏したことのない(おそらく)作者が精一杯書いたのはわかるのですが。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ベロニカ・クレーター・ブルー:濃い青がとにかくきれいです。小さな花がたくさん咲きました。支柱を立てるのが遅かったので、茎が曲がったのが残念です。デルフィニウムのような青です:ベランダの新顔です)
09:54  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3255)  冬から、夏へ

2010.05.08 (Sat)



thiarera-tp10.jpg

4月の寒さは、ダウン・ジャケットが必要だったほどでした。
暖かくなるのかと心配しましたが、一気に夏の気温になりました。10度から25度という変化です。会社に訪問する営業のスーツの方も、冬物から夏物に変えたり戻したりしていたと言います。これで冬物のクリーニングができると言っています。ただ、体が付いていっていないとも。
プチ・トマト詰め放題状態の女性専用車の混んだ電車は、冷房が入っても汗が流れる状態です。それでいて、冷気を受けると咳が出るので春用の長袖ジャケットは欠かせません。昨日の夕方は蒸し暑さと雨で、梅雨に入ったのかと思った感じでした。
通勤帰りの人並も、足早に帰宅していき、スーパーもデパ地下も早々と商品を撤去してしまいました。仕事帰りこそ必要な食品がないと、夕食が寂しくなりますね。

(写真:ティアレラ・ピンク・スカイロケット:花穂が8割ほど咲きました。上まで咲くと、下から落花してしまいます。はじけるようなシベがかわいいです:ベランダの新顔)
09:27  |  季節  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3254)  映画「アリス・イン・ワンダーランド」

2010.05.06 (Thu)



映画「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきました。
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ ミア・ワシコウスカ 他

美しい娘に成長したアリスは、退屈な婚約者からのプロポーズに困惑し、その場を逃げ出す。庭園に現れた懐中時計を持った、白ウサギの後を追って穴に転がり落ちたアリスが辿り着いたのは、ワンダーランドと呼ばれる不思議の国だった。赤の女王が君臨する暗黒世界で、チェシャ猫や青芋虫、帽子屋マッドハッターと出会う。アリスは救世主としてワンダーランドを救うことができるのか。

予告通りの面白さでした。怪しい驚きに満ちた世界の人間や動物などの、動きとカラーがすごいです。小さい頃のワンダーランドの記憶を忘れているアリスが、「これは夢の中のことだ」と言い聞かせようとし、一方の動物たちもアリスであることに疑問を持ち、選択を迫る白の女王は無理強いはしません。
アリスの人間としての迷いを描いて、ディズニー映画としてはちょっとした深さを感じさせます。俳優もなかなかうまく表現していました。ジョニー・デップは、こういう役がほんとうにうまいですね。目や顔の皺ひとつの動きで、感情を表現してしまうのです。ラストはお約束通りのハッピー・エンドで、楽しめました。

悪役の赤の女王より、善役の白の女王の方がちょっと底意地が悪い感じを持ったのは、わたしだけでしょうか。赤の女王はたぶんひねくれて妹より愛されなかったと思い、権力とそれ故のスペードの騎士の愛を求めた人間臭さにかわいさがあります。逆に白の女王は自分では手を汚すことなく、自分基準の美しい世界に君臨するわけですから、いいとこ取りですよね・・・(以下略=苦笑)。
21:35  |  映画  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3253)  鯉のぼり

2010.05.05 (Wed)



きょうは「子どもの日」ですね。
公園ではピアノ線に並んだ鯉のぼりが、たくさんひるがえっています。風の抵抗を考えると、支える線と支柱にかかる重力は相当なものでしょう。
最近はマンションが増えたせいか、お家の庭から鯉のぼりを立てているのを見かけなくなりました。寂しいですね。イベント会場でしか、見ることはありません。

紫外線アレルギー湿疹が出てしまい、遠出はあきらめました。近場で短距離。完全防備ファッションで、これから出かけます。

(写真:鯉のぼり:公園はにぎやかな子どもたちの歓声が響きます。写真の左右下に見えるピンクの木は、昨日の写真のハナミズキです)
09:11  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3252)  ホット・カーペット

2010.05.04 (Tue)



暖かくなったので、さすがにホット・カーペットを片付けました。
カバーのカーペットはいつも、折り畳んで洗剤を入れたバスタブに1時間ほど浸けておきます。後は足で踏んでだりブラシで汚れを落とし、水を何度か変えます。バスタブの縁にかけておき、軽く水切りをします。ベランダまではブルーシートに乗せて、引きずっていきます。その時、死体の運搬をしている感じがするのは、ミステリの読みすぎでしょうか。
広げてベランダの柵にかけてお終いです。
いえ、これが重労働なのです。これで寒い季節にまたご厄介になるので、ひたすら我慢ですね。

カーペットを外した後の部屋の掃除をして、パソコンデスクの下に平織りのラグを敷きます。押し入れの整理と、網戸や窓の掃除は次の機会にしましょう。

(写真:ハナミズキ=花水木:くっついた指を今にも開きそうな、ピンクのホウ=苞。真ん中の黄色のシベに見える部分のひとつひとつが、小さな花です:公園)
09:45  |  季節  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3251)  紫外線対策

2010.05.03 (Mon)



紫外線予防のローションをしっかりと塗って、外出しました。
戸外に出ていたのは30分にも満たなかったのですが、戻ると首筋がかゆくてたまりません。いつもの紫外線湿疹とは違う感じで、赤くなっています。もしかしたら、新しく購入したローションが合わなかったのかも知れません。
炎症止め軟膏を塗り、きょうになってようやく赤みも落ち着いてきました。やれやれ。去年と同じ物に変更しなくては。
冬の間に油断していた肌が、驚いてしまうのでしょうか。明日と明後日に、少し遠出をしようと思っているので、紫外線対策に頭が痛いです。
いつもの対策はこんなふうです。化粧品はUVケア、顔と首と手から腕はUV+++のローション、日傘、帽子、長袖、首を守るマフラー、道路からの反射がひどいときは案外マスクも役立ちます。
周囲の人から見たら、絶対に怪しい人ですね。

(写真:ハナミズキ=花水木:まるで飲茶を思わせる咲き始めのかわいらしです:公園)
10:06  |  季節  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3250)  乾ルカ「夏光」/光原百合「時計を忘れて森へいこう」/小島正樹「扼殺のロンド」

2010.05.02 (Sun)



暖かく青空の見える連休は、それだけでうれしいですね。
昨日は冬用のタオルケットなどの大物と、パンツ数本の洗濯でした。よく乾きますね。あまり風もないので、飛ばされる心配もせずに済みます。
きょうは、どこかに出かけようと思いつつ、もうお昼です。午後からにしましょう。しっかりと紫外線対策をしての、お出かけです。

先週の3作。
乾ルカ「夏光」
光原百合「時計を忘れて森へいこう」
小島正樹「扼殺のロンド」

乾さんのデビュー作です。タダものではありません。時代の空気感まで描かれ、絶望的な残虐な場所に留まっている人の、心の動きが見事に伝わってきます。編集者がホラーに進ませなかったのは、正解です。
光原さん。森の案内人に高校生が、人との間の行き違いを相談するとさらりと別な見方を示してくれます。世界が広がっていくのです。なにより、森の美しさ、人の美しさが心にしみます。
小島さん。警察組織の背景もなく事件だけを追いかけていて、そこに人の感情がなければ、うまい文章展開も印象に残りません。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ストロベリー・キャンドル:燃えるような赤がきれいな、巨大なクローバーという感じの花です。100円ショップの種でした:ベランダの新顔)
11:13  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3249)  デパートのユニクロが

2010.05.01 (Sat)



銀座の「フォーエヴァー21」が開店して、話題になっています。
地元の「そごう・西武」にも、「ユニクロ」がオープンしました。若者層の獲得が狙いだと思いますが、人気はどうでしょうか。東京駅で購入していたわたしには、特に魅力的とは感じられません。新しいブランドなら覗いてみようかと思うのですが、夕方の忙しい時間に7階まで行ってるゆとりもないので、じつはまだショップを見ていないのです。
いま履いているジーンズがだめになった時には、利用するかも知れません。やはり、安いだけではなくおしゃれな物がほしいと思います。むしろいままでの「ハニーズ」の方が、買いやすい気がします。

(写真:ハナビシソウ=花菱草:きれいに咲いていた時には、強風で撮れなかったので開き過ぎていますね。100円ショップで種を購入です:ベランダの新顔)
10:57  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |