2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

(No.3351)  騒音とストレス

2010.08.31 (Tue)



毎日のように、猛暑日の記録を更新している感じです。
最高気温が37度、最低気温が27度(熱帯夜)が延々続いています。きょうは郵便を投函するために、わずかな時間を外に出ただけで、熱風に体が包まれて皮膚が痛くなります。事務所に戻って冷房で冷まして、体を落ち着かせてからでないと仕事ができませんでした。

家に戻っても窓を開けることもできません。暑さと、騒音がひどくなっているためです。すぐ前の道路のアスファルトが溶けていびつに固まり、スピードを出す車がそこでバウンドするのです。ひどいのは荷物や道具を積んだトラックです。1カ所でバウンドすると、そのあと着地するところが歪み、さらに道路が壊れていきます。

先日市役所に電話をかけて、なんとかならないかと聞いたところ、配管工事後の業者の責任なので連絡しておくと言うことでした。昨日の夕方、業者らしい人と配管をした喫茶店の店主が話しているところを見かけました。どうするか相談しているようです。話の終わり頃「誰が電話をしたのだろう」と、いまいましげな口調が聞こえました。
暑さでアスファルトも溶けるだろうし、交通量が多いのですから、市の責任もあるような感じもします。少しでも騒音が解消されたらいいのですが・・・。わたしって、クレーマーでしょうか。

(写真:カリガネソウ=雁草:不思議な形のシベが、宝塚ジェンヌを思わせます:公園)
21:40  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3350)  デパ地下の謎

2010.08.30 (Mon)



夕方には暑さで体力もなく、熱い料理を作る気力もないことがあり、デパ地下の野菜と果物売り場に並んだ、新しい惣菜コーナーでときどき買うようになりました。
その奥に「こだわり野菜」が並び、誘われます。果物はおいしいのは確かですが、量も多くお高いので敬遠してしまいます。

以前はなかった買い物かごが置かれたことで、2、3個入れるとお買い得品に目が行って、気付くとそれなりに買ってしまいます。魚売り場から野菜・惣菜まで買い物かごに入れて精算できます。これも以前はなかったことです。売り場ごとの対面販売が面倒だと思っていたので、釣られている気がします。
レジの機械を見ると、小さく「7&i」のマークがあります。これは提携しているのか、レジの機械だけを使用しているのでしょうか。いずれにしても商売がうまくなったようです。
それでも果物と野菜は近くの八百屋さんで買うのが、美味しいです。時に応じた選択の幅が広がったのは、うれしいですね。

(写真:ツルボ=蔓穂:07年の撮影です。見事な群生が、忘れられません:新宿御苑)
22:00  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3349)  乾くるみ「スリープ」/石持浅海「君がいなくても平気」/藤村いずみ「ルート246 華麗なる詐欺師・倉田梨り子1」/「 ルート246 2」

2010.08.29 (Sun)



まだまだ続きます、暑さ。
ベランダでは鉢植えの葉が、枯れ始めたものがあります。強いはずの朝顔の新種は、葉を充分に延ばせずつぼみも出てきません。直射日光を避ける日よけシートも、日照りをいくらか弱くする程度の効果です。9月に咲く予定のつぼみを持った花が、そろそろヤバい枯れ方です。
体力も気力も、なんだか途切れそうです。昨日は一日、眠ってばかりいました。コアラになった気分です。

先週の4作。
乾くるみ「スリープ」
石持浅海「君がいなくても平気」
藤村いずみ「ルート246 華麗なる詐欺師・倉田梨り子1」
     「ルート246 華麗なる詐欺師・倉田梨り子2」

乾さん。いや~、おもしろかったです。筑波の研究所で冷凍冬眠させられ、30年後の世界で目覚める少女が目にしたものとは。ラストのひねりもいいですね。
石持さん。一緒に酒を酌み交わす、社内のチームの目の前で殺人が起きます。連続事件の犯人は、同僚で恋人。だが証拠はないという心理を、みごとに描き出しています。
藤村さん。「必殺仕返し」は、痛快です。真夏の読書は、楽しめるものがいいですね。TVドラマになったそうですが見ていないのですが、女優さんの名前を聞いただけでそれは違う、と思ってしまいました。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:オニドコロ=鬼野老:里芋に似た葉と、小さな花がきれいです:公園)
10:12  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3348)  家族の物語を想像してみる

2010.08.28 (Sat)



いつもの整形外科医院のことです。
受付は医師の30歳くらいの健康的な娘さんと、姉と思われる愛想の悪い70歳くらいの方、少し前はお母様のような年配の方もいました。
腰の牽引などの補助をしているのが、たぶん奥さんでしょう。いつも目線を下にして少し暗い印象がします。髪をアップにしたスレンダーな、65歳くらいでしょうか。先日ふと後れ毛を掻き揚げる仕草に、かつての着物美人を感じました。かなり髪は薄くなってはいます。
もしかしたら銀座のお店で仕事をして、ご主人がほれこんで結婚したのかも知れません。しかし、仕事柄から、姑や小姑にいびられ、従ってきたけれど内心には強いものがあります。娘は父親似ですが医師の資格はありません。後継者の息子がいないので肩身が狭いけれど、年齢的には安定した今の暮らしはほかにありません。でもそろそろ一家の主導権を握りたいと思っています。
などと、真夏の妄想をしてみました。

(写真:コバノカモメヅル=小葉の鴎蔓:木陰のグリーンの中で、ツルを伸ばす生命力の強くて小さなお花です:公園)
10:46  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3347)  けんか慣れしてないと

2010.08.26 (Thu)



昨日の朝も、未遂事故で電車が遅れました。
最大の混雑区間が過ぎてから、ようやく文庫本を広げることができました。でも背中の骨に、固いバッグが当たって痛いし、ふくらはぎにもバッグが当たり、痛いのに動かせないという状態です。なんとか我慢していました。
ドアのすぐそばに立っていた女性が、妙にわたしに視線を向けているのです。間に2人入っているので無視していました。数駅で間の1人が降り、その女性が近くなると「本を読むと他のお客さんの迷惑ですよ」と、いきなり注意してきました。わたしに対してのようなので顔を上げると「本を立てて迷惑です。公共の場なのだから」と続けます。
確かに本を立てていますが、それは周りの人にぶつからないように気を遣っていることです。ちょっと嫌な気分でした。

「あなたは音楽を聞いていますよね。それもマナー違反じゃないですか」というと「音が聞こえますか?しないでしょう。問題になりません」。なんだか都合のいい言い方に聞こえました。車内でけんかをしたくもないので「本がないと混雑に耐えられませんから」とやり過ごそうとすると、「それはあなたの勝手な都合でしょう。公共の場ですから」と尚もかぶせてきます。

さすがに腹も立ったので言い返そうとすると、ドアが開き降りていきました。その女性に迷惑をかけたわけでもなく、正義ぶった物言いと言い逃げの態度への怒りだけが残りました。昨日は一日中、やりきれない気分でした。言いやすい相手だと見られたことが悔しいですね。ましてけんか慣れしていないと、言葉でやり返すのも難しかったです。という愚痴でした。

(写真:ミソハギ=禊萩:夏の盛りに咲く、たくましいお花です:公園)
22:13  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3346)  満月がきれい

2010.08.25 (Wed)



夕方の空に、大きな満月が浮かんでいました。
もうひと月ほどで、中秋の名月を迎えるのですね。あまりの暑さの連続で、秋を忘れていました。気がつくと、マンションの草地から、虫の声が聞こえています。鳴き声だけではコオロギなのかどうかは、わかりません。
真夏日は東京では1年で46日が最高記録だそうですが、そろそろ記録を越す勢いのようです。それでも、いくらか日差しが弱くなった気がします。季節はゆるやかに、秋へと移行中です。

それにしても、満月が大きくブレて見える乱視が強くなったような気がしました。1/3が重なった横並びの月の上下に、さらに2個見えます。あまり外では眼鏡はかけないので、調整の必要は感じませんが、こんなきれいな月ならくっきりとした姿を見たいですね。

(写真:クサギ=臭木:木陰の花がうらやましいです。長いくるりとしたシベが好きです:公園)
21:17  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3345)  電車の遅れ

2010.08.24 (Tue)

sagiso10.jpg

朝の電車が、あちこちで遅れていました。
並走する高崎線の事故で乗車率が高くなり、「女性専用車両」の中止で、男性客が入ってきます。押し込みの痛さが、やはり全然違うのです。プチ・トマトの中に、人参が入ってきたような感じです。ポールにも吊り革にも手を出せず、ぎゅう詰めで5分遅れで乗換駅まで行きました。

乗換駅からの電車も、別な事故があったため5~10分遅れです。隣り合ったホームのどちらが早く発車するのか、本を読みながらアナウンスに耳をそば立てていました。でも結局わかったのは、30秒前の「◯番線から電車が発車します。閉まる扉にご注意ください」が聞こえてからです。降りて、隣のホームの電車に乗り込むのに、ぎりぎりのタイミングです。お願いですから、1分前に「◯番線の電車が先に出発します」というアナウンスを入れてください。JRさん。

(写真:サギソウ=鷺草:水鳥が水辺に似合うように、お花も水辺がいい雰囲気です:2009年8月、昭和記念公園)
21:42  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3344)  ゆかた姿

2010.08.23 (Mon)



夕方の東京駅で、ゆかた姿が揺れます。
藍地に鮮やかな模様の女性と、白地に小さな模様の男性が合わせて6人ほどいました。女性の足元はもちろんハイヒール・サンダルです。足さばきがなんだかロング・スカートみたいだと思って目をやると、外国人でした。前裾を、左右に開いて歩いています。TDL帰りかも知れません。笑顔がこぼれて、ゆかた姿をお互いにからかっているようです。片蝶結びの帯もすっかり崩れて、斜めになっています。結び直したのか、逆転している帯もあります。
襟足もほどよく抜けているし、こういうのもいいですね。無理にコテコテと飾らずに、かえってすっきりして見えます。普段からこんなふうに着るチャンスがあったなら、着こなしもうまくなるでしょう。タンスの中に何年も眠らせておかずにね。

(写真:イヌヌマトラノオ=犬沼虎の尾:沼地に咲く、小さな花たちの季節ですね:公園)
20:46  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3343)  平山瑞穂「プロトコル」/石持浅海「ガーディアン」/打海文三「ピリオド」/万城目学「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」

2010.08.22 (Sun)



暑い。と言うのも、飽きてきました。
日本中が暑いのですものね。ベランダの鉢植えの、葉が枯れてきたものがあります。毎日欠かさず水やりをしても、日よけシートを張ってもまだ熱いのでしょう。秋に咲く予定の花は、咲いてくれるのでしょうか。
連日酷使しているエアコンが壊れないかと、心配してしまいます。できるだけ連続運転しないように、ときどきOFFに努めています。
予報では緩やかに秋が来るという、詩的な表現でした。つまり、なかなか涼しくはならないということです。幸い夏バテはしていないので、もう少し気持ちだけがんばります。

先週の4作。
平山瑞穂「プロトコル」
石持浅海「ガーディアン」
打海文三「ピリオド」
万城目学「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」

平山さん。英語の綴りにこだわりを持つ論理的な思考回路の有村ちさとが、ネット通販会社のセキュリティや漏洩事件に巻き込まれます。ちさとも、友人・家族のキャラも関係もおもしろいです。事件の後処理に、にやりとさせられます。「寝た子を起こすな」。
石持さん。強力なバリアの力を持つ冴の周辺で起きる事件と、娘に引き継がれた力。わたしにもその力があったら、おもしろい人生になりそうな気がします。
打海さん。ザクザクと早い展開は嫌いではありませんが、人物造形が くっきりしないのが残念です。
万城目さん。猫本は好きですが、あまりにも狭すぎる日常で物足りなさが残ります。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:リコリス:別名:ナツズイセン=夏水仙:暑い日差しの中に咲く、しっかりもののお花です:公園)
10:47  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3342)  大曲花火大会

2010.08.21 (Sat)



大曲花火大会(競技会)が8月28日にあります。
日程を調べていた時の病気だったので、今年は諦めました。かなりの強行日程の予定でした。日帰りバスツアーは休むこともできない印象でした。こちらからでも、故郷から出発しても状況は同じです。5万人の町に、70万人が詰めかけるため、トイレに行くのも、会場から抜け出すのもバスが運行するのも、気が遠くなりそうな時間がかかるようです。それでも見てみたいと思っていたのです。

いつかは行きたい旅行リストが、また長くなりました。
カナダのオーロラの旅。オホーツクのシャーベット状に凍り付く波と流氷。西表島のひと夜のサガリバナ。桜の開花を追っての日本縦断。そして大曲花火大会。
ああ、いつかきっと・・・。

(写真:キツネノカミソリ=狐の剃刀:秋の気配をちょっぴり感じさせてくれます:公園)
12:01  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3341)  復活しました

2010.08.19 (Thu)



ご心配を、ありがとうございました。
ようやく回復に近づきました。16日に、36.7度(平熱が35度なので、普通に換算すると38度くらい)の熱を出しました。抗生物質の効果と保冷剤で体温を下げ、翌日はほとんど一日中眠っていました。18日は午後からは起き上がれるようになり、回復に向かいました。病院の再検査で、かなりよくなっていると言われ、4日分の薬を追加処方されました。

きょうは出勤しましたが、上司の視線は幽霊が出たという反応に近かったです。山積みされた書類を突き崩しても、次々と書類の作成を要求されます。まだ本調子ではないのだから、もう少し加減してよねという気分でした。
勧奨退職者が1名。おそらく次の仕事先の面接のために有給を使っている人が1名。上司が辞めさせたいと考えている社員がさらに2名予定者がいます。あとひと月は、こんな仕事の後処理をするのが憂鬱です。
もう少し、がんばろう・・・。

(写真:タマアジサイ=玉紫陽花:淡い藤色の蕾が咲くと、白になります。シベがかわいいお花です:公園)
21:15  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3340)  体調が

2010.08.16 (Mon)



連休のあたりから、頭痛と腹痛と排尿痛が起きました。
病院がちょうど休みだったので、きょう、ようやく診察を受けました。今朝は真っ赤な血尿があり、めまいもありました。急性膀胱炎の比較的重い症状という診断でした。

2、3日、お休みをいただきます。コメントへのご返事も遅れると思いますので、すみません。しばらくお時間を下さい。

(写真:ボタンクサギ=牡丹臭木:通勤途中のお庭で、毎年きれいに咲きます)
20:33  |  健康  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3339)  キャサリン・マーシュ「ぼくは夜に旅をする」/藤崎慎吾「祈望」/辻村深月「光待つ場所へ」

2010.08.15 (Sun)



きょうで短い夏休みが終わります。
残暑はまだまだ続きそうです。ブルー・マンデーを思うとため息が出そうです。
冷蔵庫と洗濯機の掃除、あちこちの排水口の掃除、これでしばらくは匂いを気にせずに済みそうです。

先週の3作。
キャサリン・マーシュ「ぼくは夜に旅をする」
藤崎慎吾「祈望」
辻村深月「光待つ場所へ」

マーシュ。少年の死の国の冒険と、両親への思い、ユーリへの淡い思い、夏の夢としていいできだと思います。
藤崎さん。殺人衝動と、実際に殺人をする境界とはなにか。真摯に見極めようとする姿勢に、好感を持ちました。
辻村さん。ラノベで軽く読める素材だと思うのです。胸の中をそこまで分析し、えぐらなくてもいいのに、無理に『文学』的にしてしまったという感じがします。もう読まない作家に振り分けをしますが、残念です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:シクンシ=四君子:貴重な漢方薬にもなるそうです。かわいらしいモビールにも見えます:公園温室)
09:17  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3338)  感覚のズレ  

2010.08.14 (Sat)



デパートで、インテリア・寝具フロア改装のためのバーゲンをしています。
タオルなどは在庫一掃という雰囲気で、たくさんの商品が並んでいます。押し入れに頂き物のタオルがあるし、寝具もスルーです。新しいタイプの枕がほしかったけれど、ありませんでした。無圧布団など、いつの商品だろうと思う感覚の古さです。
ガラス製の白鳥の置物も、子どもの頃に憧れたものですが、いまどき3万も出す人がいるとは思えません。怪し気な(失礼)CDやDVDも楽器にも、魅力は感じません。ぐるりと回って、収穫はありませんでした。
こういうものを在庫で抱えていたのかと思うと、体質的な古さと感覚のズレを思わずにいられません。せっかく西武との統合をしたのですから、もっと魅力的な売り場になってほしいですね、そごうさん。

(写真:ツユクサ=露草:鮮やかなブルーが、ちょっと暑さを忘れさせてくれます:公園)
09:51  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3337)  ときどき雨

2010.08.12 (Thu)



台風4号の影響で、雨と風がざっときては上がり、夕方からはしっかり雨になりました。
数年ぶりに友人と銀座で会いました。待ち合わせの三越は改装中で、元から狭いのに更に売り場を縮小していて窮屈でした。
外に出て、喫茶店に入りました。少し精神的にも体も、丸みを帯びてきた感じがしました。よくも悪くもプライドが高くて、自己主張の強い彼女とは、それでも長い友人です。故郷で小・中学校が一緒でした。あちこちに飛ぶ話の中で、ご主人の会社も不況で収入が減ったと、ちらりと愚痴をこぼしました。それでも猫とインコがいる話では、やさしい面を見せるのです。独断的な、でも娘に対するしっかりした育て方には共感できる、愛すべき涙もろい人でもあります。またときどき会うことを約束して、別れました。

(写真:オエノテラ・ミズーリエンシス:マツヨイグサにそっくりの花です:公園)
21:31  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3336)  短い夏休み

2010.08.11 (Wed)

yuugesyo-aka.jpg

明日から(12日~15日)は、短い夏休みです。
あとは土日に続けて1日の連休を取れます。9連休の会社もあるようで、うらやましいですが、休みがあるだけいいとしなければと思っています。通勤電車は、今週に入ってから20%減の乗車率です。押し合わずに済む距離感を持てるのがうれしく、ほっとします。

毎年ぎりぎり近くにならないと休みが決まらないので、どこへも出かける日程は立てられません。それ以前に給与カットで、お財布の紐をさらに絞らなければならないのです。
でも正社員の仕事がなく、アルバイトを続けている親戚を考えると、さらに胸が痛みます。
ちょっとだけ気持ちを緩めて、体力・気力をアップしたいですね。

(写真:アカバナユウゲショウ=赤花夕化粧:小さな紅色が、草地に映えてかわいいです:公園)
20:56  |  季節  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3335)  花火大会も終わり

2010.08.10 (Tue)



先週末「戸田橋花火大会&いたばし花火大会」がありました。
両岸で11,000発は見応えがあります。のんびりシートに寝そべって見られる、貴重な会場です。
午後の暑いさなかに河原で待つ気力がなく、今年は諦めました。翌日の「たたら祭」川口オートレース場花火大会もありました。
花火の音が聞こえると、未練がましくベランダから、つい見てしまいました。去年までは2/3は見えたのですが、春に建ったマンションでほとんど見えなくなりました。わずかに上部が見える程度です。残念。やっぱり来年は、会場に行こうかと思います。いえ、今年も行くつもりだったのですが・・・。

(写真:07年の花火大会です。「Flower」8月の花/夏07花火大会に、写真がありますので、よかったら見てください)
21:33  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3334)  アイスの夏

2010.08.09 (Mon)



スーパーでいつも30%引きの、箱アイスを買っています。
ガリガリ◯ん、あずき、抹茶ミルク、カル◯スなどを、よく食べます。甘すぎるものは苦手なので、最近はチョコ系は遠慮しています。
とりあえず帰宅して1本、風呂上がりに1本、休日は暑い日中に2~3本と、体温を下げるために食べています。
先週末は半額セールで、夕方にはお店の冷凍棚がほとんど在庫がなくなっていました。この暑さで、例年以上の売上だそうです。なかには品薄の商品もあるらしいです。
食事もかなりがんばって摂っているのですが、朝の鏡には頬が痩け始めた顔があります。う~ん、どうしたら体力を保たせられるでしょうか。

(写真:ルリマツリ=瑠璃茉莉:涼し気な表情がいいです:花屋さん)
20:46  |  季節  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3333)  石持浅海「八月の魔法使い」/藤村いずみ「あまんじゃく」/中野順一「想い火」

2010.08.08 (Sun)



昨日は立秋でした。
暑さの頂点に当たる日で、これ以降は処暑で残暑になりますね。あまりの暑さで、休日くらいは家にいようと思ってしまいました。そうなると、目につくのはあちこちの汚れです。昨日はキッチン周りを掃除してしまいました。汗だくで・・・。

先週の3作。
石持浅海「八月の魔法使い」
藤村いずみ「あまんじゃく」
中野順一「想い火」

石持さん。会社にとってあってはならない「工場事故報告書」をめぐる、推理劇です。総務部と企画部という地味な部署が、意外に会社を動かしているのだと改めて感じさせてくれます。密かに黒幕と呼ばれていたかつての自分を見るようです。
藤村さん。外科医で「必殺仕事人」の嵩男は、弁護士・横倉の仲介で、ターゲットを仕留めていきます。雨の情景の反則的な美しさが、いいですね。ラストの組織の説明は陳腐で削除したかったですが、面白かったです。
中野さん。先が見え過ぎて、文章も作文的で残念です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ヌスビトハギ=盗人萩:あまりのかわいさに、心を盗まれてもいいかも知れないと思わせるお花です:公園)
10:00  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3332)  夏もの最終商戦

2010.08.07 (Sat)



デパートなどで、夏物の最終セールです。
どこを見ても、ふりふりの薄い素材の服ばかりです。まだこんなに在庫を持っていたのかと、つい笑ってしまいます。年齢を問わず、通勤でもカジュアルでも見飽きるほど着ています。ご年配の方が着ると、エプロンのように見えてしまい、ちょっと体重がおありの方は園児服にも見えたりします。
着てみたいのは、さらさらインド綿素材の襞たっぷりのタンク・トップのロング・ワンピ。背が高くスレンダーで、髪をアップにして、足さばきも鮮やかに着こなしてみたいです。これも、かなわぬ夢で終わりそうですが・・・。

暑さの連続で、さすがに少々バテ気味です。朝起きて30度を超えている気温にうんざりします。歩いて駅に着くまでにひと汗かき、電車の中で急冷され、また歩いて汗。会社の中ではずっと冷蔵庫です。
心が凍るのは、社長訓示がますます精神論にヒート・アップしてきていることです。解雇者3名。1名はすなおに受け入れ、会社都合による解雇。1人は労基法のひと月の予告解雇手当てを要求し調整中。1人は即答を避け思案中。その後処理はわたしの仕事です。

(写真:ハイビスカス:2段のフリルは、流行のデザインですね:公園温室)
11:07  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3331)  住民票の謎

2010.08.05 (Thu)



高齢者が住民票のある居住地に不在、というニュースが賑やかです。
100歳以上、85歳以上の訪問をするというのもわかります。不明のまま年金が支払われているというのに目くじらを立てるのもわかります。
でも、それ以前に消えた年金問題はどうしたのでしょう。まったく解決していません。こちらはどうするつもりなのか・・・。
住民票そのものが、届出制になっています。死亡届を出すと埋葬許可が降ります。スムーズに届け出がされるという前提の上に立っています。実態が法をすり抜けざるを得ない状況に陥っていた場合、自治体はもちろん家族も地域も希薄な繋がりでは雲をつかむような話です。

借金の取り立てに追われ姿を消した家族を、知っています。住民票は残したままだそうです。DVで離婚もできず逃れた人もいます。学校に通う小さな子は、住民票がなくても通学できるようになったのは、いくらかでも救われます。
でも、国民年金の未納者を「居所未登録者(不在者)」として自治体が処理した件数が、 2006年度末のデータで69万人いるそうです。つまり納付率を上げるために、住民票を削除したのです。どこかで転入届けが提出されない限り、不在者扱いになります。
さらに、ホームレスが数万人単位で存在しているのを見ただけで、住民票の実態との乖離を感じます。

高齢者だけではなく、根本的には住民の実態が反映されていない住民票なのです。逆に国民総背番号制にしてみたところで、そこから外れる人の数はかなり多いのではないでしょうか。もちろんきちんと守られなければならない情報には、立ち入ってほしくはありませんが、個人情報の壁という言い訳に使わないでください。

会社でのストレスで、ついあまり取り上げまいとしている時事問題に触れてしまいました。ふーっ。

(写真:ハイビスカス:夏を謳歌しているのは、南国の花だから・・・:公園温室)
21:29  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3330)  気にし過ぎ

2010.08.04 (Wed)



ようやく足の爪を診察してもらいました。
歩き方や靴との適合などで、爪に刺激が加わったせいで爪先が浮いてしまった状態だそうです。角をカットしたのが、やはりよくなかったようです。伸びるのを気長に待つしかないとも。テープで浮きを止めておくと、早めに治るというので、傷バンを張っています。
あとついでに、足の小指の爪が壊れているのは水虫ではなく、刺激によるものだと言われました。CMを見て、もしかしたら爪水虫かという心配は杞憂でした。

地元の皮膚科にどうも行く気になれず、会社の近くにしました。てきぱきと診断してくれ、余計な薬も出さず、安心しました。以前、地元の皮膚科で頭皮が痒いと診察を受けたところ、ステロイド・ローションを5本も出されたことがあります。それ以来、どうも拒否反応を起こしてしまいます。
心配し過ぎはよくないけれど、ときどきは自分の体の変調を診断してもらうのもいいかも知れませんね。

(写真:ハクチョウソウ=白蝶草:別名=ガウラ:たくさんの蝶が飛び回っているようなお花です:公園)
21:00  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3329)  花の香と記憶

2010.08.03 (Tue)



花の香で、ふっと昔の記憶を呼び覚まされることがあります。
通勤途中の公園のエンジュ(槐)が、小さなマメ科のグリーンの花を散らし始めました。3m以上の高い木なので、写真を撮るのは難しいですが、懐かしい記憶を刺激する香が漂ってきます。
子どもの頃遊んだ河原に、白い房を付けるハリエンジュ(針槐=ニセアカシア)がありました。落ちた白い花が、川の流れに乗って流れてきます。それを拾おうとして、転んで水を飲んでしまいました。浅い川ですが、子どもにとっては膝上の深さは怖いのです。大泣きをして、一緒に遊んでいた誰かに助けられて、ずぶ濡れで家に帰りました。そんな故郷の懐かしさに繋がる、花の香なのです。

(写真:サルスベリ=百日紅:通勤途中の赤煉瓦のおしゃれなマンションのアプローチで咲いています。4階の窓まで届く高さは7mもあるでしょうか。見事に満開です。ずっと上を見上げて花の香に酔い、下に落ちた花びらを眺めていました。汗だくで・・・)
salsberi-pi10.jpg

salsberi-pi10-zen.jpg
20:55  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3328)  サガリバナ・ツアー

2010.08.02 (Mon)

sagari.jpg

lrg_19468932.jpg

サガリバナ・ツアーに参加したいと毎年思っています。
6月下旬から7月上旬の、沖縄の西表島です。サガリバナは、奄美大島以南の河口の湿地に自生するネムノキに似た大きな花です。多数のシベの花が数珠つなぎになって垂れ下り、夜に咲き、朝には散ってしまうはかない花です。カヌーでできるだけ水面を揺らさないように進み、鑑賞する趣向です。なんて幻想的でしょう。考えただけでワクワクします。来年は行けるでしょうか。

(写真はツアーのサイトからお借りしました)
21:38  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3327)  ドン・ウィンズロウ「犬の力」/藤ダリオ「出口なし」

2010.08.01 (Sun)



蒸し暑い日が続いています。
いろいろと気持ちを切り替え、暑い夏を乗り越えていきたいです。新生姜の甘酢漬け作りが、順調です。体温を上げてくれるのがうれしいです。ただ季節ものなので、作り置きするには場所がないのが残念です。

先週の2作。
ドン・ウィンズロウ「犬の力 上・下」
藤ダリオ「出口なし」

図書館でも人気でなかなか借りられなかったウィンズロウを、ようやく読めました。いや~、すごいです。削り取って無駄を削ぎ落としたハードな文章と、展開の早さでぐいぐい引きつけられて読みました。壮絶な麻薬戦争の30年に、全力で立ち向かう人の心理の裏表が描かれて、決してヒーローものではありません。清濁混沌とした人物が、屹立しています。すごい作家ですね。
藤さん。ゲームを楽しむ感覚が新鮮です。オチが読めてしまいますが、楽しめます。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ブラシノキ=ブラシの木:コップ洗いに重宝しそうなお花です:公園)
09:58  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |