2010年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

(No.3400)  福田和代「オーディンの鴉」/深水黎一郎「ジークフリートの剣」

2010.10.31 (Sun)



パソコン用のイス下に敷いている平織りのラグを洗濯し、ホット・カーペットに替えました。
通電しなくてもカーペットだけでも暖かい気分になります。膝掛けで足元を覆うと、完璧です。オイル・ヒーターで日中は充分ですね。

先週の2作。
福田和代「オーディンの鴉」
深水黎一郎「ジークフリートの剣」


福田さん。監視カメラ、メール、ネット、クレジットカード、IC乗車カード、 Twitterでのつぶやき、mixiでのおしゃべりなどの履歴に含まれてる個人情報が、ネットに流れたらほんとうに怖いです。自分も家族も丸裸で社会から抹殺される恐怖です。そして裏の巨大組織の底知れない存在感を、うまく出しています。おもしろいです。

深水さん。仕掛けにこだわる作者らしいラストがいいですね。世界的テノール歌手の住む世界、オペラ、音楽、声楽に ついての描き方が多少生半で、キャラが少し馬鹿っぽさが強いのが難点です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ネコノヒゲ=猫の髭:長いシベがそのままのネーミングです:花屋さん)
09:59  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3399)  女子バレーボール世界選手権

2010.10.30 (Sat)



女子バレーボール世界選手権の初戦、対ポーランド戦はフルセットで僅差で勝利しました。
2ゲーム連続で負けても、選手の表情が自信を持ち自分たちのバレーをするという強い意志を感じました。いままでは一喜一憂して流れに巻き込まれて負ける感じでしたが、精神面での強さがまったく違いました。若手のプレーも大きく向上して、一人のスター選手だけではなく誰もがアタックが打てるというのも頼もしいです。
そして長身の選手(それでも海外の選手と比較すると低いのですが)のブロックも見事です。一人一人がいきいきして、失敗しても明るく跳ねのけていくいく姿勢もいままでとは違いました。

荒木、竹下、栗原、木村、迫田、佐野、中道、井上、山本、山口、石田、江畑、井野、濱口の14名の活躍が楽しみです。
今夜はペルーとの第2戦ですね。明日はアルジェリア、2日コスタリカ、3日セルビアまで、連日TVに釘付けになりそうです。

(写真:キチジョウソウ=吉祥草:花が咲くと「吉事」があるというお花です:公園)
13:40  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3398)  今年も、お鍋

2010.10.28 (Thu)



キルティング・ジャケットでも寒いほどの、冷たい雨の一日でした。
なじみの皮の手袋も着けています。まだ暖房は入れたくないし、ホカペも出していません。やむなくオイル・ヒーターを引っ張り出しました。ほんわりと温もった空気がやさしいです。真冬は暖房の他に、このヒーターを背中に背負いたくなるほどですが、いまはこれで充分です。
デパ地下のセールに引かれ、鍋物を作りました。ようやく白菜の1/2カットで130円と、いくらか価格は落ち着いてきたようです。肉の甘さとネギと白菜が体にしみ込みます。ふーっ。暖まりました。

(写真:ジュウガツザクラ=十月桜:律儀に10月になると咲き出す桜です。やさしい色合いが好きます:公園)
21:34  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3397)  明日は木枯らし一号かも

2010.10.26 (Tue)



ネックのあるカット・ソーを、この秋初めて着た今朝はまだ汗ばんでしまいました。
ところが夕方には冷え込み、夏のパンツでは震え上がるほどです。明日から15度まで気温が下がるらしいので、あわててコーデュロイ・パンツを引っ張り出しました。明日はマフラーも必要かも知れませんね。初旬はまだ30度を超えていたのに、急に秋が顔を出し、下旬にはもう冬ですか・・・。
体が付いていかず、少し喉が痛い感じがします。炎症止めを飲んで、本格的な風邪にならないようにします。

(写真:ヒペリカム・アンドロサエマム-実:初夏の花が楽しみです。秋はこんなにきれいな赤い実がなります:ベランダの新顔)
21:13  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3396)  ほっと和んだ翌日は

2010.10.25 (Mon)



昨日は従妹が遊びにきました。
新宿で食事を一緒にしたことはありますが、初めてのことでした。微笑ましくなるくらいの、チョウ天然系です。数字や言葉で言い表すわたしと逆で、「ああいう形で、こうなって」と身振りで表現するのがおかしくて、つい笑ってしまいます。
夏に会った後で、部屋で怪我をしてアキレス腱の近くを切り、入院し松葉杖生活をしたそうです。掛け時計を取り付けるつもりで壁に立てかけておき、散らかした物が上に載っていたのを踏んでしまったと。ガラスが割れて腱を切ったというのです。呆れてしまうやら、おかしいやら、かわいそう半分でした。たぶん周りの人たちからもさんざん言われたでしょうから、そそっかしいねと言うだけに留めました。
夕食の支度を手伝うというので、茄子の皮剥きと細切りを頼みました。その間に3品を作り、茄子の煮物に取りかかろうとしたのですが、まだ彼女は終わっていません。遅過ぎます。彼女の食事作りの時間を想像してしまい、唸ってしまいました。せっかちなわたしでは、とても一緒には暮らせないです。
車の免許を取りたいというので、即却下しました。「都内の交通事故が増えるから」と。そんな楽しいおしゃべりで過ごした日曜日でした。

週明けのきょうは、いつも通りの忙しさの仕事でした。疲れました。ふーっ。

(写真:ツリフネソウ=釣船草:くるりと尻尾を巻いた姿が、かわいい花です:公園)
21:52  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3395)  北國浩二「サニーサイド・スーサイド」/藤崎慎吾「クリスタルサイレンス」

2010.10.24 (Sun)



来週は秋晴れが続くそうです。
きょうは少し雲が厚いのが残念ですが、動き回るのにはちょうどいいかも知れません。

先週の2作。
北國浩二「サニーサイド・スーサイド」
藤崎慎吾「クリスタルサイレンス 上・下」

北國さん。現代のいじめの構造や、若者の 不安感や不信感を徹底して描こうとしています。読者を巧みにミスリードさせての、ラストの どんでん返しはうまいです。解決までの過程をもっと描いてほしかったのは、読者の欲張りでしょうか。
藤崎さん。デビュー作です。現在の感覚と繋がった先の未来感が、リアルです。ネットワーク上の仮想空間に繰り広げられる交流や闘争、不可解なクリスタルフラワーは美しい外観とは違うブラック・ホールのような存在など、ぐいぐい引きつけられて読みました。いままで苦手だった、他のSFが読みたくなってしまいました。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ツルバキア"シルバーレース":斑入りの葉のグリーンに、やさしいピンクの小さな花がかわいいです。オリヅルランに似ています:ベランダの新顔)
10:25  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3394)  1分間の、記憶の欠落

2010.10.23 (Sat)

itadori-tn10.jpg



昨日の夕方、帰りがけに郵便物をポストに入れていくことになっていました。
いつも通る道です。電車の乗換駅で、ふと投函したのか気になりました。会社を出てからの記憶をたどっても、ポストの少し前から1分ほどの記憶がないのです。電話で同僚に社内とエレベーター・ホールの辺りを確認してもらいましたが、ありませんでした。
どうしても気にかかり、引き返しました。通路を逆に戻ってみても、ポスト辺りの記憶がないのです。会社で上司に伝え、相手に月曜日に確認するからいいと言われ、ほっとしました。

短期記憶回路がショートしたのでしょうか。怖いのはアルツハイマーや認知症です。脳が萎縮したり、すかすかになる前兆だったりして・・・。

SP:郵便は無事配達されていました。記憶だけの欠落だったのですね。

(写真:イタドリ=虎杖:ネーミングは、若い芽にある斑点が虎の模様に似ているところからだそうです。少し前の花が、種になっていました:公園)
17:58  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3393)  Apple Storeを騙る、詐欺メール

2010.10.21 (Thu)



Apple Storeのロゴの入ったメールが3通届きました。
登録してあるメルアドとは違うアドレスだったので、変だなと思いました。1通を紹介します。
「 To was claimed.
Order number: 0615845 date of receipt: order total of 01/10/10: 889.99 dollar store credit that To is claimed

Commodity number description unit price
1 Even if you like Digital45 write the review, it reports on the problem for 437.99 dollars of what.
Subtotal: $569.99
Tax: $0.00
Order total: $160.99
Please have it for your record.
Please look at the following for the condition of relating to this order.

Apple Ltd.
You can find iTunes store Terms of Sale and Sales Policies by executing your iTunes application, and clicking Terms of Sale or Sales Policies.
The answer of FAQ to the iTunes store can be found by http://www.apple.com/support/itunes/store/」

注文した物の請求をするというものです。
もちろんダウン・ロードもしていませんし、購入もありません。英語を訳してみても意味がわからないのです。リンク先を、うっかりクリックしようものなら別なサイトに飛んでしまいそうです。
メルアドを変更しておいてよかったと、ほっとしました。新iPhoneやiPodの発売時期を狙ったのかも知れませんね。
皆さんも、ご注意を。

(写真:シャクチリソバ=赤地利蕎麦:シベ先の赤と、中心の黄色がアクセントです。実ができていますね:公園)
21:26  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3392)  携帯電話契約、世界人口の8割に

2010.10.20 (Wed)



fujibaka-red10.jpg

国際電気通信連合は、携帯電話の契約数が年内に世界人口の8割近い53億に達する、との見通しを発表したというニュースがありました。そのうちの72%は、発展途上国だそうです。通信エリアでは、世界人口の90%をカバーしているとも言います。世界的に、携帯電話の普及は飽和状態に近づいているのですね。
そこまで普及しているのかと、ちょっと驚きのニュースでした。台数的に望めないとすると、あとは日本やアップルのように機能で買い替え市場を広げるしかないのでしょうね。

(写真:フジバカマ=藤袴:1枚目は普通の種類で、2枚目は葉も茎も赤い種類です。秋の訪れのお花です:公園)
22:03  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3391)  CMに使われる楽器

2010.10.19 (Tue)



azami-tn10.jpg

ソフトバンクのCM「流しのAyu」編も、楽しいです。
中年男性・宮史郎のギターに合わせての「ただの雨」という曲が、いい味を出していますね。 浜崎あゆみさんの持つ楽器は「ヴィブラスラップ」という打楽器のようです。
カウンターで飲むお父さんと、中で目をつむっている女将さんの室井佑月の表情も、なんとも言えない雰囲気があります。「あんたビッグになれるよ」「サンキュ」のやりとりにも、にんまりです。
新しいおじいちゃん(松田翔太)編も、湯豆腐を食べ合うバージョンが楽しいです。「劇団では喰えないだろう」と突っ込むと、若尾文子さんが「次郎がいるからいいじゃない」という、やりとりににやりですね。

(写真:ノハラアザミ=野原薊:最後のお花のようです。もうお別れですね~、綿毛になって:公園)
21:54  |  音楽  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3390)  劇団文化座『大つごもり』 原作:樋口一葉 

2010.10.18 (Mon)



koyaboki10_20101017110244.jpg

劇団文化座 『大つごもり』
原作:樋口一葉 脚色:久保田万太郎 演出:原田一樹
会場:劇団文化座アトリエ

明治の中頃、東京は芝白金台町の地主である山村嘉兵衛宅の大晦日の一日。下女のみね(水原葵)が台所で忙しく働いている。そこに、奥様に借金のお願いをしてくれていた返事を聞きたいと、叔母の息子が使いに現れる。だがみねはまだ奥様から承諾をもらっていなかった。そして慌ただしい中、遊び人で嘉兵衛の長男(皆川和彦)がふらりと帰ってくる。

小さなアトリエで間近に見る演劇は、息づかいも聞こえそうな空間です。井戸や台所、下駄の鼻緒のすげ替えなどの小道具が、時代を感じさせ一気に引き込まれます。奥様役の年期の入った演技が、貫禄です。けなげな下働きのみねが、情に揺らぎ、でき心でお金を盗んでしまうという辺りが、もう少し細やかさがほしかった気がします。良心の呵責に苛まれる表現が、いまひとつ伝わらなかったのが残念な感じでした。若手育成とうたっているので、これからに期待です。

樋口一葉の作品を読んだのは、中学生の頃だったでしょうか。そのときには見えなかった、大人の事情や心理を理解できると、違った作品のように思えます。10数年ぶりの演劇鑑賞でした。生身の人間の演技のパワーに、圧倒される感じでした。

姉と故郷の言葉で話し、食事をして一緒に床に就くのがこんなにうれしいとは、やはり故郷が恋しくなっていたということかも知れませんね。

(写真;コウヤボウキ=高野箒:枯れ葉色の秋に、淡いサーモン・ピンクのリボンがすてきです:植物園)
22:10  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3389)ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト「モールス」/日明恩「それでも、警官は微笑う」

2010.10.17 (Sun)

suif10.jpg

夏日の秋の休日です。
暑いけれど、空気は秋ですね。昨日は故郷の姉とお芝居を見てきました。そのお話は明日にでも書きますね。

先週の2作。
ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト「モールス 上・下」
日明恩「それでも、警官は微笑う」


ヨン。ひさしぶりの、現代の吸血鬼ものでした。いじめを受ける少年が出会った不思議な少女との、成長物語でもあります。吸血鬼が現代に生きていたらという設定も楽しめます。
日明さん。警察官と麻薬取締官のキャラが立って、コミカルでいて捜査の執念の火種も見え、おもしろく読めます。少しくどくて、いらつきましたがデビュー作ということで納得です。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:スイフヨウ=酔芙蓉:朝、二日酔いのお花の色です。日中は真っ白で、夕方から深夜にかけ紅色になるそうです:公園)
11:23  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3388)  故郷の秋の味

2010.10.16 (Sat)



故郷から、菊の花びら(食用菊)、栗、りんご、梨が送られてきました。
さっそく菊は茹でて、半分は冷凍し残りは数日でいただきます。菊は黄色とパープルの2色で、微妙に味が違います。香りは黄色の方が強く、パープルは甘みが濃いです。どちらも酢醤油が合います。
栗はグッド・タイミングです。せっせと茹でて皮を剥き、栗ごはんにしましょう。やはり母の味を真似て、炊き込みご飯風栗入りです。材料が少し足りません。あとで買い物をしてきます。

(写真:数日前の夕焼けです。家の中まで入ってくる故郷の夕焼けとは、比べようがありませんが、それでも雰囲気は似ています)
10:32  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3387)  野球セール

2010.10.14 (Thu)



西武ライオンズはパ・リーグで2位でした。
その日から「感動をありがとうセール」がずっと続いている、デパートがあります。毎日あの単調な応援歌が流れ、ハッピを着た店員さんがお買い得の声を上げています。でも実際に商品が格別安くなっているわけではなく、5~10%値引きがほとんどです。声の割に品揃えが足りません。デパ地下は更にだめで、いつもの雨の日セールの方がお得感があります。ただ単に景気付けをしている感じですね。

きょうも電車の混雑がひどかったです。朝夕ともに混んでいるので、なにか大きな行事でもあるのかと思ったほどです。

(写真:シュウメイギク=秋明菊:きれいなネーミングですね。ベランダの鉢植えは、咲くことができずドライ・フラワーになったしまいました:公園)
21:34  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3386)  お弁当を再開

2010.10.13 (Wed)



暑さが和らぎ、コンビニで昼食を買うのも飽きてきたので、お弁当を再開しました。
あっさり系のものですが、混雑する店に入らなくてもいいので気分は楽です。作るのに飽きたら、またコンビニになるかも知れませんが・・・。

それにしても今朝の電車の混雑はすさまじかったです。急病の乗客救護で遅れたため、ホームは改札止め寸前の人込みです。電車を1台見送っても、混雑は同じです。吊り皮につかまるどころか、後ろから押されて座っている人の上から腕を伸ばして、車両の壁に手をつくしかありません。不自然な体勢のまま、次の駅まで息を止めるようにしてやり過ごしました。次の駅でも人が入れ替わっただけで、混雑は一層ひどくなりました。
秋葉原でかろうじて座り、2駅だけ凝った腕を伸ばすことができました。

(写真:ソメワケハギ=染分け萩:紅白が入り交じり絞りができ、不思議な味わいです:公園)
21:42  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3385)  栗ごはん

2010.10.12 (Tue)



昨日は時間の余裕があったので、栗ごはんを炊きました。
もち米はネット通販です。できるだけ重い買い物を持たないために、便利です。栗はいつもは殻付きのものを使うのですが、皮むきの負担を考えて剥き栗です。
しっかりだし汁も使ったのに、栗がいまいちの味でした。やはり手抜きは味に違いが出るようです。お弁当用に持参しても、柔らかくて美味しいので、今度は殻付きの栗で炊いてみようと思っています。
それにしても秋野菜の高騰はすごいですね。長ネギ1本で100円。いつもならたっぷりの束の小松菜が、わずか2~3本で100円です。束なら600~800円の計算です。白菜は1/8のカット販売で200円、1個ならなんと1,600円です。お助けはモヤシでしょうか。すき焼きも高級な夕食になってしまいそうです。

(写真:シラハギ=白萩:夏日の秋で汗ばむほどでも、萩が咲くと季節を感じます:公園)
21:46  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3384)  ボストン・テラン「死者を侮るなかれ」/藤崎慎吾「ストーンエイジCOP」

2010.10.11 (Mon)



からりと晴れ上がった秋空は、ほんとうにさわやかで美しいですね。
希望のある未来が待っていそうな(根拠もなく)、明るい気持ちにさせてくれます。バイクでは日差しが強すぎるのですが、それでも快走、疾走したくなります。
休日の最終日です。

先週の2作。
ボストン・テラン「死者を侮るなかれ」
藤崎慎吾「ストーンエイジCOP」

テラン。犯罪と復讐と裏切り、濃縮された負のパワー、容赦ない罵倒雑言が飛び交う壮絶な世界なのに、なぜか全体は荘厳な叙事詩を思わせます。母と娘がお互いの喉首に噛みつくように、剥き出しの感情で反発しながらも、人間の多面性を学び自分の人生を選択します。殺されかけた警官の再生のストーリーもすごいです。
藤崎さん。SFでありながら、「いま」を描いています。ミニ整形の手軽さで、顔も臓器も簡単に交換し、好きなキャラの顔に変え、常に体の若さを保つことができる世界のなんとも言えない不気味さがあります。その世界で人間の存在意義まで突き詰めていく、描き方がいいです。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ススキ=薄:巻層雲の流れる青空に、輝くススキの穂がきれいです:公園)
09:41  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3383)  ハロウィン限定品

2010.10.10 (Sun)

trakan-szre10.jpg

trakan-gun10.jpg

パン屋さんで、ハロウィン限定品が出ていました。
いつもは休日用のクルミ・パンが並ぶ棚に、カボチャのパイがありました。目と口からカボチャが見えます。お味はちょっと甘過ぎましたが、たまにはこういうパンもいいですね。

雨も上がり、空が明るくなってきました。出かけるのにはよさそうです。用事を済ませてこようかと。

(写真:トラディスカンチア・シラモンタナが、最盛期を迎えました。雨の雫がつぼみに触れると、ルビー色に染まります。ほんとうに宝石のルビーのようです:ベランダ)
10:21  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3382)  目を引くカラー

2010.10.09 (Sat)

sarasyoma10-3.jpg

sarasyo-pu10.jpg

駅の雑踏の中で、目に飛び込んできたカラーがあります。
濃い紫の深めのベレー帽でした。ブラック・ライトを当てたら発光するんじゃないかという、ショッキング色です。背の高い女性なので、帽子だけが歩いているようです。紫が「勝負色」なら、この色はまさに「挑発色」ですね。
ファッションはすっかり秋色に染まってきました。あんなに暑かったのが、ほんの少し前だったのが信じられない感じがします。通勤服のハンガーも、さすがに夏物と秋物の入れ替えをしました。

しっとりと雨の休日です。

(写真:サラシナショウマ=晒菜升麻:こちらも2年前の写真です。真っ白な花穂が大きい、シベのお花です。)
11:37  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3381)  地デジ対応策

2010.10.07 (Thu)



ここ数ヵ月、マンションのポストに入っているのがケーブルテレビのお知らせです。
「オーナー様のご要望により・・・」チューナーやモデムなどの設置を無料でするので、設置日を連絡するようにというものです。共同アンテナ設置の負担から逃れたいオーナーと、CATVの思惑で進行しているようです。
ただし、小さな文字で「プランにより地デジ視聴が可能です」とあり、要するに有料プランだとわずかにわかる書き方なのです。以前加入していてトラブルになったのも、こういう強引な勧誘が原因だったのです。そんなところと、契約する気にはなれません。
NTTの勧誘が来たときに、オーナーにアンテナを設置することを勧めてもらいたいと言うつもりです。密かに来訪を待っているのですが、そんなときに限って来ないのです。やれやれ。まあ、まだ時間はありますから。

(写真:イヌショウマ=犬升麻:数年前に神代植物園に行った時の写真です。真っ白なシベの花に感激したのでした)
21:56  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3380)  騒音が少し小さくなって

2010.10.06 (Wed)

akiuna-up10.jpg



夏にあまりの車の騒音で、市役所に苦情の電話をしてからかなり時間が経ちました。
ようやく部分舗装され、トラックが通ってもバウンドする音がなくなりました。通過するだけなら、まだ我慢ができるので、ほっとしました。あの2段、3段飛びはほんとうにうるさかったのです。

改善されないのは暴走族のバイクのマフラー音と、カーチェイスをするパトカーのサイレンです。バイクに取り付けたスピーカーで流される音楽も、窓を開けた車からの大音量の演歌も、遮る物がなくうるさいですね。
やむを得ない救急車は、救急病院が近いためです。いつか自分がご厄介になるかも知れませんので、ちょっぴり心配しながら聞くことになります。

夏よりもなぜか読書量が落ちたのは、頭脳もクール・ダウンしてしまったのでしょうか。

(写真:アキノウナギツカミ=秋の鰻掴み:鰻さえつかめる茎のトゲが痛いです。枯れ色もきれいです:公園)
21:45  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3379)  むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)

2010.10.05 (Tue)



夜眠りにつく時や、夕方の電車で座っているときに、足がむずむずすることがあります。
むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)という病気だということが、最近認識されてきたそうです。不眠症の一種でもあるようです。
わたしの場合は足首から先に血が集まり過ぎている感じがして、びくっびくっと動きます。筋肉の不随意運動です。対処法は、横になったまま足を高く上げて足首を動かすと治ります。座っている時はそんなこともできないので、爪先を立てたり足首を回してやり過ごすようにしています。それでも動く時があるので、反対側の足で押さえたりします。
治療薬もあるということなので、次回病院に行ったときに相談してみようかと思います。これも病気のひとつとは知りませんでした。ネットの便利さを、改めて感じました。

(写真:セキヤノアキチョウジ=関屋の秋丁字:秋の光を受けて、小さな紫がきれいです:公園)
21:49  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3378)  通勤電車のブルー

2010.10.04 (Mon)

ginmok10.jpg



月曜日の朝は、乗務員の急病による遅れで20分の改札止めに遭いました。
振替路線では確実に遅刻になるので、なんとか改札再開に賭けました。ようやく乗り込んだ電車は遅れながらも、乗り換えの電車にすれすれで間に合いました。小さな判断勝ちでした。会社にはいつも通りの到着です。やれやれ。

週明けで月末締めが重なり、机の上の書類は崩しても崩しても新たに加わり、なんとかメドがついたのが夕方の5時でした。その間も上司から仕事の指示が飛び込んできます。ストレスは万病の元ですが、どうにもなりません。
郵便を投函するために外に出ると、金木犀(キンモクセイ)が香りました。ほっと心が和みます。花の移ろいが、季節を感じさせてくれます。

(写真:1枚目はギンモクセイ=銀木犀。2枚目がキンモクセイ=金木犀です:公園)
20:51  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3377)  有川浩「シアター!」/乾くるみ「カラット探偵事務所の事件簿(1)」

2010.10.03 (Sun)



きょうも秋晴れのさわやかな日です。
ベランダの花が終わった鉢植えを整理し、ついに咲かなかった絞りの朝顔「フライング・ソーサー」も片付けました。かわいい花を咲かせ続けたハゼランも終わりです。期待したサラシナショウマはつぼみのまま、枯れてしまうでしょう。かすかな望みを捨てず、もう少し見守ることにします。来年のための朝顔の種は、もう一度注文しようと思います。

先週の2作。
有川浩「シアター!」
乾くるみ「カラット探偵事務所の事件簿(1)」

有川さん。弟思いの鉄血宰相・兄は、解散の危機が迫っていた弟の甘ちゃん劇団の「経営」を始めます。タッチも軽く楽しめますが、最後が腰砕けなのが残念です。
乾さん。暑い夏の午後にうとうとしながら読める軽さです。「スリープ」以外はどうも、合いませんでした。
「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:アサガオ=朝顔:遅咲きの真っ白な花が、輝くほどきれいです。暑さにも強い、しっかり者のお花です:ベランダ)
09:58  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3376)  秋晴れの空

2010.10.02 (Sat)



日差しの明るい、秋の午後です。
少し雲が多いけれど、さわやかなというより暑い秋空です。今年は彼岸花の写真を撮っていないので、以前の写真になります。
赤は彼岸花。白は白花曼珠沙華。白花は淡いクリーム色から濃い黄色、ピンクがかったものまで多様です。
そしてなぜか必ずと言っていいほど、アゲハチョウが飛んで蜜を吸っていくのです。いい取り合わせですね。
(写真:公園)

higan-tyo10.jpg

higan10.jpg


higan-ki10.jpg
14:17  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |