2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

(No.4024)  ツートン・カラー

2011.11.30 (Wed)



ふわりと揺れる髪が、追い越していきました。
セミロングの20代の女性です。髪がなんと、ツートンでした。下の1/3がブリーチした髪で、上がほどよい赤みのある黒です。ツッパってブリーチしたけれど、髪も傷むし流行も下火になり、元に戻そうとしているところでしょうか。鮮やかなカラーは、一時の流行でしたね。いまはほとんど見かけません。

わたしはメラニンが少なかったのか、元々が茶系の髪で嫌でした。黒にあこがれていました。髪は染められるし、爪も思いのままの時代です。楽しめるときにあれこれ試してみるのが、若さの特権です。

(写真:マルバノキ=丸葉の木:小さな手裏剣を思わせる、不思議なお花のひとつです:公園)
21:12  |  ファッション  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4023)  姉妹そろって

2011.11.29 (Tue)



海外旅行も国内も、あちこち歩いている姉は、年に何回も都内のコンサートや演劇鑑賞に故郷から出てきます。
家にも毎年1、2回は泊まっていきます。先日も来たのですが、その姉が方向オンチだということを思い知らされました。電話が来て「いま◯◯のコンビニの前。迷ったみたい」というのです。そのコンビニはあちこちにあるのに、他の目印が出てきません。駅からどの道を歩いたかと聞くと「白いトナカイの飾りのある道を・・・」と。いやそれは季節ものですから、わたしはまだ見ていません。
タクシーも走っていなかったらしく元の道を戻り、なんとか30分後に到着しました。◯◯のところで曲がったら見慣れた道に出たそうです。その店の看板をわたしが知らず、後日見てみたら◯◯チャンポンの2階の目立たないものでした。クリスマス・イルミに見とれて、その下の黄色の鮮やかな看板は目に入らなかったようです。いままでもきっと迷ったことがありながら、方向オンチだという自覚がなく口にしなかったのでしょう。

わたしは自覚しているので必ず地図を持ち歩き、真っすぐ目的地に向かいます。電車は大丈夫ですが、それでも地上は迷います。姉妹そろって、方向オンチだったとは。やれやれ・・・。

(写真:クリスマス・カクタス:まるでウエディング・ドレスの華やかさです:花屋さん)
21:53  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4022)  フィギュア・スケートと、男子バレー

2011.11.28 (Mon)



フィギュア・スケート男子は、16歳の羽生結弦選手がGP初優勝でした。羽生選手と浅田選手が、今季GPファイナル(12月:カナダ)に進出です。しなやかで表現力豊かなスケーティング、高度なジャンプ・スピンも見応えがあります。12月のファイナルが楽しみです。

パワーと身長差がある男子バレーは、見ていると落ち込んでしまいそうになります。昨日の対エジプト戦で初勝利です。きょうの対中国戦は、なんとストレート勝ちでした。あとは明日のアメリカ戦、12月2日~4日のロシア、イタリア、ブラジル戦です。どこまで頑張れるか、応援しています。

(写真:クリスマス・カクタス:濃いピンクのグラデーションと、シベ先がおしゃれですね:花屋さん)
21:50  |  スポーツ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4021)  初野晴「1/2の騎士」/彩坂美月「夏の王国で目覚めない」/三上延「ビブリア古書堂の事件手帳-栞子さんと奇妙な客たち-」

2011.11.27 (Sun)



空気が乾燥しています。
癖っ毛のわたしが、ストレート・ヘアになれるうれしい季節です。冬晴れが続くので、部屋の湿度には工夫したいですね。

先週の3作。
初野晴「1/2の騎士」
彩坂美月「夏の王国で目覚めない」
三上延「ビブリア古書堂の事件手帳-栞子さんと奇妙な客たち-」


初野さん。アーチェリー部主将で喘息持ちの女子高生・マドカが出会ったのは、最も無力な騎士、男子高生の幽霊 「サファイア」でした。走ると息が上がってしまうマドカが、彼の力も得て必死に犯人と立ち向かっていきます。
「幸運のさる」を見つけた中学生が次々と姿を消していく・・・「もりのさる」。
盲導犬が飼い主の前で無残に殺されていく・・・「ドッグキラー」。
目的不明の家宅侵入者に狙われた女性たち・・・「インベイジョン」。
花を使う毒物散布犯を追う・・・「ラフレシア」。
1,000度の炎を自在に操る犯人とは・・・「グレイマン」 。
しっかりした構成と伏線の張り方と、それぞれの キャラも立ち個性的で印象に残ります。考えをめぐらせようとするマドカの 姿勢が好きです。しばらくぶりに手に取り、すっかり大物作家になっていて新鮮な驚きを覚えました。

彩坂さん。新しい家族になじめない高校生の美咲は、謎のミステリ作家・三島加深のファンサイトで仲間を知り、〈ジョーカー〉という人物から「架空遊戯」に誘われ、役を演じながらのミステリ・ツアーに参加します。指令に振り回され、時間を限られ、架空のはずの推理劇で次々と人が消えていきます。初対面の7人が陥る心境がおもしろいです。ただ伏線が弱く先が見えがちなのは、これからに期待したいです。

三上さん。鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている「ビブリア古書堂」の店主は、若くきれいな栞子さんでした。長編の本を読むと頭の痛くなる大輔は、祖母の遺品の中から出てきた「漱石全集」を見てもらう ため店主の元を訪れ、行きがかりからアルバイトとして働くことになります。いわくつきの古書に書かれたサインや宛名から、本に関わる人たちの人生の断片を見てしまう栞子さんの推理力に、引きつけられます。 人と本の間にあるものに向けられる視線が暖かく、いい本との出会いをしたくなります。その一方で、栞子さんが 放火犯を逮捕させる策を労するなど、ミステリとしてもしっかりと伏線を張りひねりがあります。シリーズ化のようです。

(写真:イチョウ=銀杏:黄色の世界。黄葉に惹かれます:公園)
08:30  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4020)  フィギュア・スケート:ロシア大会

2011.11.26 (Sat)



フィギュア・スケート:ロシア大会で、女子は浅田選手が久しぶりの優勝です。
あえてトリプル・アクセルを、レベルの高いダブル・アクセルにして臨んでいます。ルッツで少しバランスを崩したものの、ひとつひとつのジャンプ、スピン、曲の解釈も最高でした。前回のオリンピックから滑りを基礎から直したという忍耐が、再びの優勝という結果になったのがうれしいです。
男子ショートは、16歳の羽生結弦選手が2位です。しなやかで成長期にあるスケートが、うっとりするほど美しいです。明日のフリーが楽しみです。

(写真:イチョウ=銀杏:みごとな枝の広がりです。広い公園ならではの剪定でしょう:新宿御苑)
21:19  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4019)  幻想的な、イチョウの落葉

2011.11.24 (Thu)



都内の銀杏が、ようやく色づき始めました。この季節になると決まって思い出す光景があります。

イチョウの大木から、雪が降るように葉が落ちる、幻想的なTV映像です。早朝から数時間で、ほとんどの葉が落ちてしまうのです。葉ずれのかすかな音だけの、静謐なとき。それも、グリーンのままで・・・。降り積もる落葉は10cmの厚さになりました。
もう10年くらいも前の、印象的なシーンでした。お寺か神社で、そのあとを静かにホウキで集めている和服姿も、記憶にあります。場所の名前もわからず、毎年のイチョウを見るたびに思いだしていました。

数年前にネットで見つかりました。その当時にはなかったHPが、たくさんできていたのです。樹齢1,200年という古木で、岐阜県高山市の飛騨国分寺でした。豪雪の年は、グリーンのまま落葉するそうです。遠いことと、いつ落葉するか当日までわからないので、出会うタイミングが難しそうです。でもいつか、目の前で見てみたいと今年も思いを馳せます。

(写真:イチョウ=銀杏:数年前のお気に入りの写真です。幼い姉弟の手元を見つめる両親のやさしまで伝わってきます:東京大学)
22:28  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4018)  数字の続き

2011.11.23 (Wed)

bara-pi10_20101028212237.jpg



マンションの建設ラッシュはまだ続いています。
1年間に4,000~5,000人の人口増加もあります。世帯数20万のうち、マンション・アパート住まいが12万世帯です。朝の通勤帯に駅に通じるたくさんの道路を歩く人が、ほとんど行列を作る様子はすごいものがあります。

この状況に対応していないのが電車の路線です。京浜東北線1本で、隣駅の赤羽(都内)からは数本あります。このひと駅がすさまじいラッシュになることは当然です。一旦楽になってもそのあとも乗客は増えますから、上野-秋葉原は再度の混み混み状態になるのです。
新たな路線を作るより、素通りしていく高崎線、宇都宮線の停車駅にし、ホームを作ればかなり緩和になるかと思います。
そう思っても一向に動きがないので、明日もまたラッシュに乗るしかありません。

(写真:バラ=薔薇:秋のお花は、どこか、はかな気に見えます:公園)
16:24  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4017)  数字が好きで調べました

2011.11.22 (Tue)

nagi-ikada10.jpg

nagiikada-mi11.jpg

埼玉県は面積の割にたくさんある市の数は、全国1位で40市です。全部の市の名前を言えとなると、たぶん半分くらいしか挙げられません。
人口は720万人で全国5位、人口密度も4位と高いのです。さいたま市が122万人で全国787市の10位、川口市が58万人で25位です。
都内通勤者の転入が相変わらず増加しています。川口市では他市への通勤者が5年前の調査から、最近のマンション建設ラッシュでさらに増え14万人と言われています。労働力人口27万人、就業者25万人ですから、実に50%が通勤しています。

(写真:ナギイカダ=梛筏:葉脈の上に花が咲き、赤い実がつきます。花は数ミリの小ささです:公園)
20:16  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4016)  カニ鍋

2011.11.21 (Mon)



なかなか手のでないカニですが、頂き物がありました。ズワイガニの大きめのポーションです。しゃぶしゃぶ用のタレと昆布まで着いていました。昆布は少なかったので、自前のものを使いました。土鍋でキノコや白菜などの野菜を加え、最後にぽんとカニを落として食卓へ運びます。テーブル用のコンロがないのですが、少量なのでこれで間に合うのです。

美味しかったです。少し香りが足りませんが、贅沢は言いません。お味が良ければ許せます。これで当分カニは食べなくてもいいかも知れません。

(写真:ベニバナチャ=紅花茶:グリーンに見えますが葉も赤っぽく、不思議な感じです:公園)
22:02  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4015)  上遠野浩平「私と悪魔の100の問答」/水生大海「善人マニア」/伊予原新「お台場アイランドベイビー」

2011.11.20 (Sun)



体調を整えるため、休日はほぼ休養しました。
咳なので冷たい風にさらされたくありません。というのを口実に、ごろごろ寝転がって本を読んでいました。

先週の3作。
上遠野浩平「私と悪魔の100の問答」
水生大海「善人マニア」
伊予原新「お台場アイランドベイビー」


上遠野さん。親の事業が失敗して世界のすべてが敵に回っていたとき、高校生の紅葉は人形のハズレ君 (シンプルハート)と、助ける代わりに100の質問に答える契約をします。悪魔との一方的な会話の意味不明さと、人形のハズレ君の怪しい動きと、だからこそ操作する者の存在に引きつけられてしまいました。友人の舞惟(まい)の不思議と、ラストの急展開とオチが印象に残ります。おもしろいです。

水生さん。真面目で努力家の珊瑚と、他人をアテにしていい加減な翠は、中学での事件のあと二度と会わないはずでした。けれど珊瑚の結婚を目前に、最悪な形で再会します。珊瑚の思考は息苦しく、翠のその場しのぎの思考も嫌でしたが、珊瑚の不倫相手と奥様とその息子との絡みも、なかなか伏線がうまくできています。最後に運命の天秤がどちらに傾くのか、ラストまで目が離せませんでした。

伊予原さん。近未来の東京を壊滅寸前までにした大震災から4年後、息子を喪った刑事くずれのヤクザ巽丑寅は、不思議な魅力を持った少年・丈太と出会います。消えていく子供たち、埋蔵金伝説、姿なきアナーキスト、不気味に姿を変えつつある街を追います。時期的には震災前に描かれた作品ですが、あり得そうな世界です。意欲的ですが、キャラが類型的な人物像で、素材を 詰め込み過ぎて、構築し切れていない感じがします。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:チャ=茶:葉の陰にひっそりと咲く花は、茶席に似合います:公園)
09:28  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4014)  咳が止まらない

2011.11.19 (Sat)



冷たい雨の休日です。
先週から激しい咳が出やすくなり、吸入剤を使い咳止めの漢方薬も飲んでいます。また咳喘息が始まったようです。気管支や肺に異常はなく、冷たい風や乾燥した空気、食べ物を飲み込むなどの刺激で起こります。

マスクをしても、呼吸ができないほどの発作に襲われます。電車の中では最悪で、周囲の人が引くのが伝わり、悪いなと思います。でも落ち着くまでどうしようもないのです。しゃがみ込んで苦しむので席を譲ってくれる方もいますが、お礼の言葉を出すこともできません。吸入剤を吸うと10分ほどで落ち着きます。

以前は重度の肩凝りで使っていた筋弛緩剤が原因とわかり、それからはずっと飲んでいません。あと考えられるのは、いま飲んでいる漢方薬3種くらいです。1種づつ飲み止めてみましょうか。ああ、副作用に弱い、困った体質です・・・。

(写真:ミセバヤ=見せばや:写真は去年のものです。今年は気候のせいか、ごくわずかしか花がありません:ベランダ)
10:37  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4013)  ワールドカップ女子の、対アメリカ戦ストレート勝ち

2011.11.18 (Fri)

ワールドカップ女子の、対アメリカ戦はストレート勝ちでした~!(おめでとう=拍手)
第1セットが29-27で勝ち、あとはすべての選手が自分の役割をパワー全開でやりきりました。

全体では4位だったので、オリンピック出場は次回に持ち越されたのが残念ですが、きっと次回で手にできると思います。(イタリアが2大会連続で優勝、アメリカは2位でした)
いい試合をたくさん見せてくれてありがとう。次の活躍が楽しみです。
21:34  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4012)  ワールドカップ女子対ドイツ戦、勝利

2011.11.17 (Thu)



ワールドカップ女子の、対ドイツ戦も勝ちました~!
フル・セットです。1、2セットではなかなかブロックが決まりませんでしたが、3セット目から次々にブロックでスパイクを止めました。
それが大きく勝ちを引き寄せたような気がします。全員が気持ちをひとつに、それぞれの力を発揮していきました。ラストは、見ているわたしまでガッツ!ポーズでした。
明日の対アメリカ戦が最終です。頑張れ!

(写真:ヤエハクチョウゲ=八重白丁花:夏から初冬まで長く咲いてくれます:公園)
22:10  |  スポーツ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4011)  ビーフシチューがおいしい

2011.11.16 (Wed)



今年は作れなかったビーフシチューを、ほぼ1年ぶりくらいに作りました。
と言っても、煮込むのに時間がかかり平日は無理なので、先週の休日です。格別凝ってもいなくて、ローリエを入れて野菜に香り漬けをするのと、仕上がりに多めに赤ワインを入れるだけです。ワインは辛口が合います。余裕のあるときは少しお高いビーフを使い、給料日前なら外国産の切り落としでも充分いただけます。

きょうは寒かったので、今週末も作ろうかと思っています。

(写真:レウイシア:こちらも色違いでゲットしたお花です:ベランダの新顔)
21:06  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4010)  ストールがほしい

2011.11.15 (Tue)



またまたデパートで、魅力的な大判のストールが目を引きました。
入り口すぐの前の、目立つコーナーにたくさん並んでいます。ウールのソフトなタッチで、軽くて暖かそうです。柔らかなツートン・カラーも魅力的です。
これは身長が165cmほどあり、巻き付けてさっそうと歩くとカッコいいだろうなと夢を見たくなります。でもわたしでは裾を引きずりそうです。かと言って家で使うには、袖がないと不便で普段着使いには向きません。お値段もかなり張ります。というわけで、スルーでした。残念。

(写真:レウイシア:ようやく見つけてゲットしたお花です。うまく育ってくれたうれしいです:ベランダの新顔)
20:47  |  ファッション  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4009)  靴をネットで購入

2011.11.14 (Mon)



kotei-daria9.jpg

まさかの先週の雨の日の出来事でした。通勤途中で嫌な感触があり、サンダルに履き替えると、靴下が濡れていました。靴底の爪先に、針金であけたような小さな穴があります。鋭いものを踏み抜いたのかも知れません。

通勤で去年までは13,000歩ほど、今年は怪我のため10,000歩に止めていますが、結構歩くのでいつも2足を交互に履いています。それでも酷使していて、春には踵の補修をしていましたが、爪先の方は気をつけていませんでした。

もう1足同じものがあるので当面は間に合うのですが、せっかちなわたしはさっそく同じブランドでネット検索しました。あっさりと見つかり、しかも在庫処分セールで購入時の40%引きでした。さっそく2足申し込みです。履いてみないとわからない靴は、いつもはネット購入しないのですが、安心ですね。

(写真:コウテイダリア=皇帝ダリア:見上げると首が痛くなる高さです。数年前のお気に入りの写真です:公園)
21:31  |  ファッション  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4008)  バレーボール女子、ブラジルに勝利

2011.11.13 (Sun)

やりました~!!
世界ランキング1位のブラジルに、ストレート勝ちです。すごいです。
これまでの惜しくも破れたもやもやも、晴れました。
この力で、頑張れ!
21:15  |  スポーツ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4007)  ヒキタクニオ「ベリィ・タルト」/山田彩人「眼鏡屋は消えた」/永嶋恵美「あなたの恋人、強奪します」

2011.11.13 (Sun)



昨日のフィギュアスケート・グランプリ女子、鈴木選手が1位、浅田選手が2位でした。
トリプルからダブルアクセルに切り替え、あとは優雅にそして緩急の切り替えも表現力もすばらしい浅田選手に拍手でした。男子フリーは高橋選手の4回転の失敗はあったものの、ショートの完璧さがものをいい1位、小塚選手は2位でした。

バレーボール女子の対韓国戦は、がんばりました。一人一人が力を出し、そしてチームとしてまとまりいい結果になったと思います。きょうはブラジル戦です。

先週の3作。
ヒキタクニオ「ベリィ・タルト」
山田彩人「眼鏡屋は消えた」
永嶋恵美「あなたの恋人、強奪します 泥棒猫ヒナコの事件簿」


ヒキタさん。アイドルにスカウトされ時代の寵児となった美少女リンを巡って、すさまじい争奪戦が繰り広げられます。体をしぼっていく少女の、肌の美しさや妖しいほどの目の美しさに引き込まれます。リンを始め周囲のキャラが濃厚で際立っています。特筆もののカリスマ美容師でオカマの仁と、小松崎がリンの母親と関わる展開は、美しくも壮絶でした。ヒキタさんのこだわりが随所に描かれ、独特の世界に浸ることができます。

山田さん。頭を殴られ演劇部の部室で藤野千絵が目覚めると、八年間の記憶が失われています。部員の美貴に助けられ、文化祭で念願の「眼鏡屋は消えた」を上演させるため、かつての同級生・涼介と共に事件の真相を探り始めます。記憶と現実、時間系列の曖昧さ、涼介の推論の構築がなかなかおもしろいです。大円陣は久々に見る展開で、千絵の最後の決め台詞が生きています。

永嶋さん。「泥棒猫」ことヒナコが男心を強奪して、依頼人を救うこのシリーズは楽しませてくれます。「鳥かごを揺らす手」で、お金持ちの優しい「泊め男」の姿が怖いです。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:サザンカ=山茶花:八重咲きも咲き出しましたね。寒い季節の美しい花です:公園)
09:09  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4006) フィギュアスケート・グランプリ

2011.11.12 (Sat)



昨日は、フィギュアスケート・グランプリ・シリーズ第4戦ショート・プログラムでした。
浅田真央選手がトリプル・アクセルが1回転半になりましたが、全体としてはとても美しくそれでいてしっかり高得点の滑りを見せてくれました。監督が変わってから、滑らかなスケーティングになった気がします。以前はジャンプ重視で力強さがありましたが、小塚選手と比べると粗い感じがありました。大きな成長だと思います。きょうのフリーの活躍を期待したいです。

バレーボール女子の対セルビア戦は、ストレート負けでした。中国戦でもそうでしたが、接戦なのにあとひとつ及ばないのは、なぜなのでしょうね。頑張ってほしいとしか言いようがありませんが、応援しています。

(写真:サザンカ=山茶花:急に寒くなった気温のせいか、空気が澄んできれいになった気がします:公園)
09:02  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4005)  バレーボール

2011.11.10 (Thu)



ワールドカップ・バレーボール女子は、18日まであと6試合です。
現在6位にいます。上位3位までに、オリンピック出場権が与えられます。その後は男子が20日から12月4日まであります。試合のある日は買い物も手短に済ませ、TVの前に飲み物を準備してわずかなタイムアウトやCM以外は、ずっと見ています。選手の個性とチーム力と意思の強さなどで、まったく違う試合になるので目が離せません。

男子は世界ランキングが下にいて、パワーだけで決まり過ぎていまひとつおもしろくない感じがします。それでもきっと見ると思いますが・・・。

(写真:サザンカ=山茶花:不思議な花びらの種類ですね。シンプルも八重も楽しめます:公園)
20:32  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4004)  甘酒の季節

2011.11.09 (Wed)



肌寒くなると、甘酒がほしくなります。
以前は手作りをしていましたが、肘を痛めたり怪我が続いてからは作っていません。スーパーで、無添加、無加糖のパックを見つけました。これがしっかりした麹で作られて、思った以上においしかったです。
母の作り方を真似しての手作りですが、手抜きで今年もいこうかと思ってしまいました。

(写真:サザンカ=山茶花:ピンクのグラデーションもきれいです:公園)
21:31  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4003)  故郷の香りが届いて

2011.11.08 (Tue)



立冬のきょう、故郷から香りのお届けがありました。
食用菊とりんごです。菊は花びらをはずし、お酢で湯がきます。あまり大きな鍋がないので、15回で40分ほどもかかりました。上げ次第、水で冷やします。すぐ食べる分は冷蔵庫へ、残りは冷凍しておきます。
八百屋さんに並ぶ菊とは、香りが違います。ポン酢でいただくときも、香りが味わえます。

今年は故郷ではりんごの収穫が少なかったらしく、価格が高いそうです。いつまで送れるかわからないと言いつつ、毎年届けてくれます。次は、年末のおいしいフジがまた楽しみです。

(写真:サザンカ=山茶花:冬を待ちきれない、早咲きの山茶花が咲き出しました。青空に映えます:公園)
21:07  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4002)  背の高いお兄さん

2011.11.07 (Mon)



帰宅途中の狭い商店街の道路です。
身長が190cm以上ありそうな男性とすれ違いました。知人で190は想像できますから、それより5cmは高い感じです。ホスト風のさら髪とスーツです。
少し進むと、後ろ姿が190の男性が歩いています。頭はタオルで結び、裾の膨らんだズボンから、建設業作業員という雰囲気です。
わたしが出会う少し前に、二人はすれ違っていたかも知れません。職業も服装も対照的な男性たちの、暮らしをあれこれと勝手に妄想してしまいました。どちらがいいとかという問題でもありません。それぞれの生き方なのですから・・・。

(写真:レウイシア:なんとも魅力的なお花です。むじゃきな笑顔が一杯です:花屋さん)
20:41  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4001)  永嶋恵美「災厄 」/葉山アマリ「29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。」/深水黎一郎「人間の尊厳と八◯◯メートル」

2011.11.06 (Sun)



バレーボール・ワールドカップ(W杯)女子は、対アルゼンチン戦でストレート勝利でした。前日のイタリア戦とはまったく違う好調です。各選手がいきいきして、目が離せませんでした。

同じ放映時間にフィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦があり、織田選手2位・羽生選手4位・村上選手6位でした。録画してあとで見るより、どちらも見たくてチャンネルを数分おきに切り替えて見ていました。16歳の羽生選手のしなやかな表現力と4回転ジャンプなど、成長がめざましいです。どんなふうに完成度の高い演技を身につけていくのか、楽しみです。切れ長な目が魅力です。

先週の3作。
永嶋恵美「災厄 」
葉山アマリ「29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。」
深水黎一郎「人間の尊厳と八◯◯メートル」


永嶋さん。妊婦連続殺人事件の容疑者は男子高校生の弁護を、夫が引き受けることになり、妊娠5ヵ月めの妻・美紗緒の恐怖が始まります。周囲の視線が集まり、 ポストに入れられる週刊誌や脅迫文やカミソリの刃で、外出もできなくなります。犯人、弁護士とその妻、弁護士事務所のメンバー、妻の主婦仲間など、それぞれの側の心の表裏一体の「殺意」が描かれています。ごく普通の誰の心の中にもある優越感や劣等感が、 憎しみや悪意、さらには殺意に変わる瞬間を、巧みに描いてすごい作品です。

葉山さん。29歳の派遣社員の「私」は恋人も友人も趣味もなく、孤独な29歳の誕生日を迎えます。けれど悲観した「私」は死ぬほどの力もなく、ふとTVで目にした華やかさの象徴 ・ラスベガスで豪遊してから死にたいと思い、そのために残りの1年を生きることにします。日本感動大賞大賞受賞作品で、たぶん編集部の大幅な手の入った作品ですが、シンプルな真っすぐさが爽快です。20代だからこそできる熱さは本物だと思います。

深水さん。たまたま入ったバーで、男から「八〇〇メートル競争しないか?」と奇妙な「賭け」を持ちかけられます。「人間の尊厳を賭ける。その証明に負けたら土地の権利書をやるよ」 といいます。方や5万円の賭けで土地が手に入るのでしょうか。短編集の題材は、表題作の賭けだったり、北欧を旅する青年が遭遇した話とか、 ハネムーンの夫婦とかで、特異なものではありません。ただそこに漂う強面の雰囲気は、独特のものがありました。人間の心の闇をすくい取った印象が残ります。今までと違い、好き嫌いが分かれる作品になりました。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:コウヤボウキ=高野箒:くるりの花びらと長いシベが、とても魅力的です:公園)
08:57  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4000)  映画「ミッション:8ミニッツ」

2011.11.05 (Sat)

8ミニッツ

映画「ミッション:8ミニッツ」
監督:ダンカン・ジョーンズ 出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン他

シカゴで乗客全てが死亡する列車爆破テロ事件が発生した。犯人捜索のため政府が遂行する極秘ミッションに、米軍エリートのスティーブンスが選ばれる。事故犠牲者の事件発生8分前の意識に入り込み、その人物になりすまして犯人を見つけ出すという作戦だった。失敗すれば必ず8分後には元の自分に戻るスティーブンスは、何度も繰り返される転送によって「死」を体験する。親近感が増す同乗者の運命は毎回悲惨な結末を迎え、自らも肉体的な痛みを伴うため、苦悩は深まり次第に作戦への疑惑を抱きはじめる。

設定がおもしろそうだと観てきました。無限ループではなく、成功すればテロ以前に立ち戻ることができるならばという、わずかな希望に向かっていきます。女性司令官とミッション立案者との対立や、乗客とのやり取りがスリリングです。現実世界のスティーブンスの姿が、途中である程度悲惨な状況を想像できます。映像的には生身なだけきついですが、微笑が効果的です。そしてラストの新しい世界は、実現したらいいかも知れないという明るいものでした。
08:19  |  映画  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3999)  窓掃除をして

2011.11.03 (Thu)



改修が終わったベランダ側の窓が、かなり汚れてしまいました。
そうなるだろうと、工事通知のあとは手をかけずにいて正解でした。少し曇り空で、掃除するのにはほどよいお天気です。外を見るたびに、ぴかぴかのガラス窓というのは気持ちがいいものです。

春咲きの球根から、早くも芽が出始めました。すっくと立ち青々とした芽には強い生命力を感じます。過酷なベランダの環境で、10年近くも咲かせてくれている花もあります。葉は出るのに、花が咲かないままのものまで、花の表情はさまざまです。これから花が少なくなる時期です。ちょっぴり冬を越して咲いてくれる鉢植えを、増やそうかなと思ったりします。

(写真:レウイシア:とても好きな花ですが、なかなかゲットできません。数年前のお気に入りの写真です:花屋さん)
08:37  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3998)  銀行の通帳

2011.11.02 (Wed)



取引銀行のATM設置出張所が、休止中です。
結局取引店まで行くしかありません。夏場は紫外線アレルギーで自転車は乗れません。というわけで、通帳の記帳が3カ月近くできませんでした。ようやく行くと、当然のことですが記帳時間の長いこと、長いこと。数ページがようやく終わったところで、通帳の繰り越しの開始です。そこからがまた長いのです。記録方法も以前と比較するとかなり早くなったのですが、それでも時間がかかります。

ちょっとだけ座れる小さなイスでもあったらいいのですが、その間立ったままです。何もすることができない、待つだけの時間というのは本当にじりじりしてきます。せっかちな性格には辛いです。
やっと出てきた通帳を見ると、すでに残り1ページしかありません。次回はまた繰り越しに時間がかかるのですね。やれやれ。

(写真:ハツコイソウ=初恋草:ふんわり甘いピンクのツートンが、かわいいです:花屋さん)
20:50  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.3997)  自転車で走る

2011.11.01 (Tue)



日差しが弱まったので、仕事で外に出るときに自転車で走りました。
歩道を歩く人の動きを見極めて、間を縫って走るのは結構気を遣います。自転車同士はお互いの動きを読めるので避けられますが、人は思いもよらない方向に歩くので際どい走りになってしまいます。

雑踏の中で、資金繰りの心配もせず仕事ができる層が多いのだろうと思います。うらやましくもあり、そこに関わった仕事をしてこれた密かなプライドもあります。なんとか会社には生き延びてほしいのです。あれもこれもなんでも雑用はこなしますから・・・。

(写真:シンジュノキ=真珠の木:白から紅色への変化がかわいらしいです:花屋さん)
20:40  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |