2012年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

(No.4191)  幻の花、サガリバナ

2012.06.30 (Sat)



sagari-re11.jpg

sagari11.jpg

sagari-otign11.jpg

sagari-oti11.jpg

11年7月。幻の花、サガリバナを見に西表島に行ってきました。
夜咲いて朝には散ってしまうサガリバナは、シベだけの大輪の花です。花の大きさは7cmくらいで、花穂60cmほどになります。
まだ明けない早朝3時半に集合です。小さな遊覧ボートで川を走り、満潮でマングローブの木の2/3が海水に覆われていました。鏡のような水面を進むと、川面に落ちた花がたくさん浮かんでいます。それがとても幻想的で美しいのです。舟でさらにポイントに近づくと、甘い香りが漂ってきます。
木によってはグリーンっぽいもの、真っ白、淡いピンクから濃いピンクまであります。台風にも遭わず、花が見れたのはとてもラッキーでした。カヌーのコースもありましたが、腕力のないわたしは舟にしてよかったです。
2泊3日のほぼ花だけを見るツアーは、6時間かけての贅沢な旅でした。もう、1年が過ぎたのですね。
(詳細は11年7月の記事をご覧になってください。)
21:06  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4190)  階段の上り下り

2012.06.28 (Thu)



kyotik-si9.jpg

kyotik07.jpg

メトロ線が地下4階を走っています。
古くからの駅なので、地上に出るのにどうしても階段を上る必要があります。ちょっとした10段ほどを2回。あとは踊り場が3カ所ある、合計50段を一気上りです。これがきついのです。朝から結構な筋肉運動になります。疲れているときは、最後の5、6段が足が動けなくなりそうな感じがします。
1階分のエレベーターがある出口は、遠回りです。さらに紫外線アレルギーのわたしはできるだけ地下を通りたいのです。どちらを取るか考えると、やはり階段を上るしかありません。
日中に銀行に行くときも通るので、2往復する日は疲労困憊です。やれやれ。

(写真:キョウチクトウ=夾竹桃:ピンクも白も、オレンジ色もそれぞれに雰囲気が違いますね:公園)
20:39  |  健康  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4189)  炊飯ジャーがついに

2012.06.27 (Wed)



どの電気製品も十年以上が経ち、去年から少しづつ買い替えています。
今回は炊飯ジャーがだめになりました。通常は土鍋をガスにかけて炊いていますが、栗ごはんとか、お客さんがあると使っていました。
先日、故郷から送られてきた細筍で、タケノコご飯を炊きました。ところが炊きあがり音が鳴り、ふたを開けるとまったく炊けていません。コメと汁がそのままです。もう一度試そうとスイッチを入れると、今度は芯の残ったものと固い米が混じった状態です。ついにジャーが壊れたのです。ダメモトで3度目のスイッチを入れると、炊けましたがまるでおかゆのようです。
アキバの電気店では値段はそこそこでしたが、展示品を持ち上げてみると重いのです。お持ち帰りは無理です。配達は送料追加ということで、いつもの通りネットで炊飯ジャーを注文しました。2日後に到着予定です。

(写真:キョウチクトウ=夾竹桃:夏の花のイメージですが、もう咲いています:公園)
20:57  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4188)  あこがれのストレート

2012.06.26 (Tue)



大型バイクから降り立ちヘルメットを外すと、ストレートヘアがはらり、というのが癖っ毛のわたしの夢です。
混んだ電車の中で吊り革にもつかまれない状態です。前の人が腰までのストレートヘアを、背中に垂らしています。電車の揺れのたびに、閉じた文庫本を持つ手に絡みます。手を動かすこともできず、引っかけてしまいそうでした。遠慮しながらそっとお願いをしました。「恐れ入りますが、引っかけてはいけないので髪を前に流していただけないでしょうか」女性は、黙ったまま前に髪を変えてくれました。
怒らせはしなかったようで、ほっとしました。怒りっぽい女性だと大変です。毒づかれたりしては一日が台無しになりますから。ほっ。

(写真:シライトソウ=白糸草:繊細な、楚々とした雰囲気がすてきなお花です:公園)
21:09  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4187)  癖っ毛に変化

2012.06.25 (Mon)



癖っ毛に変化がありました。
梅雨真っ最中のこの時期なのに、髪がある程度まとまっているのです。表面の毛の巻き上がりが少なく、地肌に近い方はストレートです。毛の太さも以前よりあるようです。
もしかしたら、カルシウムやビタミンDを飲んでいることで変化してきたのでしょうか。それとも痛み止めの副作用で、発汗が多くなり血行もよくなったからかも知れません。
梅雨をあまりストレスなく遅れるなんて、何年振りでしょう。うれしいですね。

(写真:ヤエドクダミ=八重蕺草:ひだたっぷりのドレスのような華やかさです。数年前のお気に入り:公園)
20:57  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4186)  デヴィッド・ゴードン「二流小説家」

2012.06.24 (Sun)



nej_up.jpg

nej_pi12.jpg

ぐずついたお天気が続いています。
急に暑くなったり寒くなったりで、こまめに服を調整しています。会社では冷房の効く範囲にバラツキがあり、カーディガンを脱ぎ着していますが、どうも冷え過ぎの感じがします。風邪を引きそうです。

先週の1作。
デヴィッド・ゴードン「二流小説家」
しがないゴースト・ライターのハリーは、かつてニューヨークを震撼させた連続殺人鬼・ダリアンから、告白本の執筆を依頼されるのです。死刑執行を3ヵ月後にひかえた死刑囚の本は、ベストセラー作家になり周囲を見返す魅力があり、ハリーは、刑務所に面会に向かいます。

ハリーが言われるままに取材に訪れた先で、ダリアンが後ろから付いてきてしでかしたような、残忍な殺人事件が起こってしまいます。殺し方が過去のダリアンと、そっくり同じなのです。ハリーは第一容疑者扱いされながら、これまでの作家家業で身に付けた推理で、なんとか危機を切り抜けていきます。
ダリアンの語るストーリーが本当なのか嘘なのか、混沌とした虚構の世界です。しかもハリーは彼に動かされているのではないかと感じてしまいます。入れ子細工の迷宮に足を踏み出したかのようです。

作中のヴァンパイア小説やSF小説がじつにうまく、熱狂的なファンがいるのも頷けるレベルなのです。でも、もっとも作家になりたかったのはダリアンだったのかも知れません。ラストまでくるりくるりと幾度も結末が反転し、テンポもよく推理もみごとで、すっかり虜になりました。他に翻訳されていないのが残念です。 ハヤカワ・ポケミスは、粒ぞろいでおもしろいですね。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ネジバナ=捩花:白は数年前のお気に入りです。まるでガラス細工のような繊細さです。
   ピンクは見かけと違い、毎年増えていく暑さにも強い花です:ベランダ)
09:27  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4185)  平日と土曜日と

2012.06.23 (Sat)



昨日は雨の影響と、別路線の人身事故で流れた乗客で、またまた電車が混雑していました。
今週は2回の改札止めです。もう慣れっこですと、気丈に言い放ちたいところです。実際はあまりのぎゅう詰めで酸欠になったようで、降りた途端に体の力が抜けそうになりました。かろうじて始業時に間に合ったので、よしとしましょうか。
土曜日の電車は、平日の2~4割程度の乗車率でした。出かけるときも戻りも、楽に座れました。たぶんTDLからのファミリーが、楽しそうに余韻を味わっているような雰囲気でした。見ている方も笑顔になれる、そんな違いのある一日でした。
それにしても駅構内で見かける、ドアのガラス戸に顔をへばりつかせている客に「どうしてそこまでして乗るの?」という、ふざけたポスターに腹が立ちます。「どうして混雑を解消しないの?」と、詰め寄りたい気分でした。

(写真:ナナカマド=七竃:秋の赤い実と対照的に、真っ白な花がりんとして美しいです:公園)
21:01  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4184)  「一とき避難場所」

2012.06.21 (Thu)



「一とき避難場所」。公園の表示です。
「いっとき=一時」ひとまずの避難場所を、書き方を迷って書いた印象があります。「いっとき」という言葉を幼い子がわかるのか、大人なら「一時」の方がすんなり受け入れられます。
地震や水害などでパニックになったときに、すぐに頭に浮かぶいい言葉があったらいいですね。さらには、「一時」の次の避難場所の表示もほしいと思ったりしました。

(写真:キンシバイ=金糸梅:以前の庭にも咲いていました。光を受けると、輝いて見えます:公園)
20:50  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4183)  台風の余波が

2012.06.20 (Wed)

utgi-tuk8.jpg



昨夜の暴風雨から、一転しての青空になりました。
6月の台風上陸は8年振りだそうです。さらにもう5号台風が南から近づいています。梅雨前線に添って動いているので、雨がまた激しくなるということです。また大雨被害が出なければいいですが。

朝は台風の余波で、電車が遅れと本数の減少で大変な混雑になりました。改札止めがあり、振替路線では1時間遅れになるので、じっと入場を待ちました。ようやくホームに出ても、とても乗り込めそうにない人の波です。反対車線をひと駅乗り、あまり混まない駅からの乗車にしました。20分遅れで会社に着きました。

(写真:ツクバネウツギ=衝羽根卯木
    ショウキウツギ=鐘馗卯木
:卯木の一輪一輪の、表情が違いますね。ショウキはかわいいのに毛深いです:公園)
20:45  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4182)  台風4号が直撃しそう

2012.06.19 (Tue)



昼からの雨が、次第に強くなってきました。
夕方帰る頃はまだ弱い雨でしたが、さきほどから強く降ってきました。雨台風だそうで、雨量は300mmの予報です。電車が動く間に戻れて、よかったです。明朝の通勤時が少し心配です。そのあとは降らないようです。
台風が近づいたときの、息詰るような蒸し暑さは苦手です。湿度95%ではないかと、苦笑してしまいます。じっとしていても、汗が噴き出してきます。髪は巻き上がり広がり、ひどい状況です。乗客同士の接触を避けたくても、体がくっついてきます。暑いです。ふーっ。やれやれ。

(写真:ヒペリカム " カリシナム " :丸いパフのシベの形と、シベ先のピンクが華やかです:公園)
20:28  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4181)  首が右に傾いて

2012.06.18 (Mon)

ajisai-st9.jpg



通勤途中で、首が右に傾いて固まっている男性を見かけました。
気になって情報を見てみました。リウマチや筋肉の病気の他に、首からくる新型の「頸筋症うつ病」というのもあるようです。パソコンや携帯電話の普及で、うつむき姿勢の生活が増えたため首に負担がかかり、頸筋の異常から自律神経を介してさまざまな身体症状が現れるということです。
そういう病気もあるのですね。大変です。

(写真:アジサイ " シチダンカ " =紫陽花 " 七段花 "
カシワバアジサイ=柏葉紫陽花
:繊細な七段花と、ゴージャスな柏葉。種類もたくさんあって、この時期は目を楽しませてくれます:公園)
20:36  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4180)  森谷明子「白の祝宴 逸文 紫式部日記」/「望月のあと 覚書源氏物語『若菜』」

2012.06.17 (Sun)



ajsai_yama12.jpg

湿度が高いです。
ゆったりと過ごす休日に、大物の洗濯ができないのは困ったものですね。ベランダの花にはうれしい雨でしょう。

先週の2作。
森谷明子「白の祝宴 逸文 紫式部日記」
    「望月のあと 覚書源氏物語『若菜』」


森谷さん。2作共にとにかくおもしろく、電車を乗り越すこともしばしばでした。
「望月のあと」は、疫病や盗賊や放火で乱れる世情を歯牙にもかけず、「この世をばわが世とぞ思う 望月の」と歌に詠み栄華を極める道長の企みは、更に高みを目指していきます。式部は、道長が別邸にひそかに隠す謎の姫君を物語に忍ばせた『源氏物語』を書き、時の大権力者に対する式部の意外な知略が潜んでいました。
陰謀、欲望が渦巻く内裏で、『源氏物語』の熱心な読者の女房たちが伝える感想を受けて、式部が物語中の人物について考えこんだり、こうあらねばならぬと改めて確信して進んでいきます。作者と読者のやりとりで、文学とは実人生と虚構の密接な関係によってできていると伝えてきます。狭い宮中での人生の機微が、巧みに描かれています。

「白の祝宴」は、若宮誕生に伴い式部は道長に命ぜられ「お産日記」をまとめることになります。強盗・放火と不穏な動きが続き、平安の都は親王誕生の祝宴に影を差します。お産で宿下がりしている彰子中宮の土御門邸に、中納言家に押し入った盗賊一味のひとりが逃げこみ姿を消します。
式部に仕える成長した阿手木(あてぎ)は、その夫義清、糸丸や小仲という童たちと共に日々を取り仕切っていきます。抱える辛さや願い、高貴の方のいたましい運命、彼女に寄せる女房や童たちの思いが錯綜します。謎が、しきたりや人の動きの中に紛れそうになりながら、ラストで明確に姿を表わします。作者のこのきっぱりとした信念はどこからきているのでしょうか。姿勢が好きです。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:アジサイ " アナベル "& ヤマアジサイ=紫陽花 " アナベル "& 山紫陽花:大好きな白と、淡い紅色の山紫陽花もすてきです:公園)
10:09  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4179)  自販機の種類によって

2012.06.16 (Sat)



今朝も静かに雨が降っています。
晴れて日中は気温が上がりますが、朝夕は長袖でないと肌寒く感じられます。梅雨寒ですね。通勤は半袖の上に長袖のジーンズのジャケットをはおります。室内はちょうどOA機器の熱が集まる場所のようで、暑いです。ラッキーなのは後ろに非常階段に通じるドアがあることです。半開きにしておくと、心地よい風が入ります。

会社はキ◯ンのすぐそばなので、近くの自販機はすべてそのメーカーです。好きな爽健美茶や十六茶はなく、生茶が苦手なわたしは、途中駅で購入しています。お客様に出すのは生茶です。

(写真:ビヨウヤナギ=美央柳:お気に入りの数年前の写真です。光とシベのきらめきが最高です:公園)
08:53  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4178)  「のみでしょうか」

2012.06.14 (Thu)



simotke-re9.jpg

「のみでしょうか」と言われて、言葉に詰まってしまいました。
レンタルDVD店でのことです。主語は何でしょうか。1枚はレジに置き、もう1枚を探してもらった店員さんからかけられた言葉でした。「これでいいでしょうか」なら、わかります。2度聞き直したところ「お探しのDVDは、これだけでしょうか」ということなのです。月に1、2度の利用では、理解不能なお店用語でした。

(写真:シモツケ=下野:紅色も赤もすてきです。銀色と金色のシベがおしゃれです:ベランダと公園)
20:28  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4177)  「鍵のかかった部屋」「Wの悲劇」「リーガル・ハイ」

2012.06.13 (Wed)



TVドラマ3本「鍵のかかった部屋」「Wの悲劇」「リーガル・ハイ」を見ています。がんばっていますが、でもたぶんワンクールで終わりでしょうね。

「鍵のかかった部屋」は、原作の貴志祐介を読んでいてあまりぱっとしなかったのですが、うまい切り口の映像になっています。大野智、佐藤浩市主演で密室の解明に特化し、人間的な心の機微も盛り上がりも切り捨てたことでおもしろくしています。

「Wの悲劇」は、10代の武井咲主演です。ストーリーは古風ですが、好演していると思います。薬師丸ひろ子も演じ、大人への転機になったそうです。シャープな強い目が魅力的です。

「リーガル・ハイ」は絵的にもストーリー展開も漫画タッチにしています。境雅人の人を食ったようなキャラと、対照的に真面目でドジな新米弁護士・新垣結井、執事役の里見浩太朗という組み合わせも、どこまで本気かと微妙に笑わせてくれます。

(写真:シモツケ=下野:雨の木の下で、真っ白なシベがきれいでした:公園)
20:44  |  映画  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4176)  また電話の故障

2012.06.12 (Tue)



朝から、電話回線が1本通じません。
通話中の音がします。「0」発信も使えません。設置業者への問い合わせでは、受話器がきちんと架台に戻されていないのではないかということで、全器を確認しましたがだめです。業者が来てNTTとやりとりをして、交換台の故障という結論でした。
先日の契約していない通信業者に接続したFAXの不具合といい、NTTさん、しっかりしてください。

(写真:ボック・セージ:やはりブルーが好きで、白との対照がきれいです:ベランダ)
20:01  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4175)  お財布を拾って

2012.06.11 (Mon)



出かけようと駐輪場に行くと、隣のチャリのカゴに二つ折りの男性のお財布があります。
見なかったことにしてスルーもありですが、キャッシュ・カードやクレジット・カードも入っています。そのままにしておくと、道路も近いので通りすがりの人に盗られるかも知れません。悪いけど名義を見てみましたが、知っている方ではありません。カードの紛失の手続きの煩わしさを知っているので、大家さんにお届けして連絡してもらうことにしました。本人に渡ったようで、よかったです。

(写真:アジサイ=紫陽花:土が酸性かどうかで花の色が変わると言います。種類も違うのかも知れません。ピンクもいいですね:公園)
20:23  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4174)  森谷明子「千年の黙(しじま) 異本源氏物語」/ジャック・カーリイ「デス・コレクターズ」

2012.06.10 (Sun)

ajsai_sz12.jpg

ajsai_blue12.jpg

梅雨の晴れ間の青空がきれいです。
男子バレーはきょう対イラン戦が最終日です。
(1)オーストラリアがフルセットで勝敗を決め、日本がイランに3―1または3ー0で勝つ。
(2)日本がフルセット3ー2で勝ち、かつオーストラリアがフルセットで敗れる。
オリンピック出場の厳しい戦いになります。がんばって。
(PS:オーストラリアが中国に勝ち、アジア枠でオリンピック出場です。日本は残念です)

先週の2作。
森谷明子「千年の黙(しじま) 異本源氏物語」
ジャック・カーリイ「デス・コレクターズ」


森谷さん。帝ご寵愛の猫が姿を消します。源氏物語十一帖を中宮に献上した式部は、その写本が世に出ると共に、一帖が失われていることに気づきます。平安の世に生きる女性たちを取り巻く謎とその解決に紫式部が動き出します。
紙が貴重な時代に、草本から次々に写本されていくさまが新鮮でした。こんなふうに広く読まれていくのかと驚きがあります。式部の像形が興味深く、仕える小少将や友達の小侍従など登場人物もうまく動かしています。少女たちが成長していく姿と、式部の作家としての悩みや進み方、矜持も納得がいきます。絶対的な権力を持つ大臣への復讐は、作家ならではの印象的なものでした。作者の、ミステリとして成立させる確固とした推理、構成力がすばらしいです。

カーリイ。死体を蝋燭と花で装飾した連続殺人事件を、異常犯罪専従の刑事カーソンが追います。30年前に死んだ大量殺人犯の絵画が鍵だと知り、殺人鬼ゆかりの品を集めるコレクターの世界に潜入します。
兄との微妙で絶妙な関係が、単なる連続殺人事件に終わらずおもしろくしています。テンポのいい展開が、ぐいぐい引きつけて読ませるのです。ヘビィな食事のようであとで胃に重くなるのですが、また読みたくなります。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:アジサイ=紫陽花:お庭のフェンスからあふれて咲く花がみごとです。雨にしっとりとぬれて、叙情的です:近所の庭)
17:59  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4173)  関東は梅雨入りです

2012.06.09 (Sat)



例年より数日遅れの、梅雨入りです。
ふさわしい雨が、昨夜からずっと降り続けています。通勤途中で見る花も、ツツジから紫陽花へと変わっていきます。どしゃ降りでなければ、多少の雨は空気が和らぎ気持ちもほっとします。

腰痛も座骨神経痛も肩の腱鞘炎も、治療を続けてもほとんど回復しません。強い鎮痛剤の回数が増えました。やはり最初は前身が痒くなり、胃が痛くなります。朝起きたときの痛みがマックスで、つかまって歩くみっともない格好です。誰が見ているわけでもないからいいのですが、効き目が現れるのは出かける頃です。なんとか仕事にいけるのが助かります。治るのか、痛みを止めるだけなのか、難病でもないのに悩ましい毎日です。

(写真:ストケシア:花びらの先のギザが、華やかですね。周りも明るくなります:ベランダ)
08:46  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4172)  男子バレー オリンピック最終予選 あと2戦

2012.06.07 (Thu)



男子バレーがいいところまで追い上げてきました。
27日の試合、対オーストラリア戦では 3:0のストレート勝ちです。昨日の対中国戦での宇佐見選手のアクシデントで、1:3で破れました。きょうはセッター復活でスパイクを次々に取り、怒濤の勢いでした。
あとは、9(土)対プエルトリコ、 10(日)対イランの2戦で出場を決められます。がんばって。

1 セルビア     (勝ち点=15)(勝試合=5:負試合=0)
2 イラン      (    11)(勝=4:負=1)
3 オーストラリア  (     9)(勝=3:負=2)
4 日 本      (     8)(勝=3:負=2)
5 中 国       (     8)(勝=2:負=3)
6 韓 国       (     6)(勝=2:負=3)

(写真:ブルー・スター:今年もきれいなブルーが、夏の訪れが近いことを告げています:ベランダ)
21:49  |  スポーツ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4170)  気持ちを切り替えて

2012.06.06 (Wed)



新事務所にもようやく慣れてきました。
銀行ATMはすぐそばですが、銀行までは10分、郵便局が5分、往復では結構かかります。通院の10分がちょっと辛いです。
住民税の書類整理を放り出したままだったのが、なんとか追いつきました。あとは決算処理が待っています。いよいよ追いかけられてきます。あとひと月、頑張っていかなければ・・・。気持ちを切り替えて、進みます。

(写真:オレガノ " ケントビューティ " :ほんとうの花が咲きました。こちらもかわいい濃いめのピンクです:ベランダ)
21:44  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4169)  新宿御苑のオフ会

2012.06.05 (Tue)



先日、新宿御苑のお散歩からスタートのオフ会でしたが、途中から合流させていただきました。

くらさん
のお誘いで、いつものオフ会メンバーです。3月以来で半年ぶりの方もいて、会えてほんとうにうれしかったです。
お互いに深入りはしない、いろんな状況をそれぞれに抱えています。でも会ったときは、本や映画の話題で盛り上がれるのです。和のお味の喫茶店では、抹茶ラテやあんみつが、お手前茶碗のような器で出てきました。やさしい手触りです。小さなスプーンに乗った、クッキーのひと切れもうれしいです。

そのあと近くのイタリアン・レストランで、ピザやパスタ、リゾットなどのいくつかの種類を、みんなで美味しくいただきました。動きがどことなく初々しいスタッフのひたむきさも、いい雰囲気でした。
スイーツ男子のメンバーが、今回はコーヒーでした。休日にケーキの端切れをもらい、ホイップ・クリームを作ったので、まださすがに食傷気味だそうです。ハンド・ミキサーなしで、よく作りましたねと、賞賛されました。

仕事のあれこれのストレスも、吹き飛んでいくようでした。またお会いしましょうね。

(写真:キキョウソウ=桔梗草:すっかり定着した、もらい花です。和的な小さな紫色:ベランダ)
21:51  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4168)  体温の違い

2012.06.04 (Mon)



混んだ電車はサウナ状態です。
薄着の季節なので、触れる他の人の体温がもろに伝わってきます。わたしの平熱が35,8前後なので、ほとんどの人の体温を熱く感じます。まるで湿度のあるカイロを押し付けられているようです。
朝は空気がひんやりしているので、ホームまでは半袖で寒いくらいでしたが、たちまち汗が噴き出してきます。この状態が10月まで続くのかと思うと、うんざりします。早くも根を上げたくなっているわたしです。

(写真:セダム " パリダム " :購入した苗のもらい花です。土の乾燥を防いでくれそうな気がします:ベランダ)
21:10  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4167)  大島真寿美「それでも彼女は歩きつづける」/狗飼恭子「遠くでずっとそばにいる」

2012.06.03 (Sun)



どんよりと暗い空は、雨の予報が当たりそうです。
昨日の男子バレーは、対ベネズエラ戦で3:0でストレート勝ちです。3セット目の接戦ははらはらして見ていました。5日からは対アジア戦です。がんばってほしいです。

先週の2作。
大島真寿美「それでも彼女は歩きつづける」
狗飼恭子「遠くでずっとそばにいる」


大島さん。映画監督・柚木真喜子に翻弄された6人の女性たちの、それぞれの視点で描いた連作短編小説です。個性的な柚木の姿が興味深かったです。長いセンテンスの文が作る独特の空気感が濃厚に引きつけます。最終章の十和のあがきと、書き始めた脚本と、現実とのリンクの果てがおもしろいです。お酒に酔った後のような、不思議な読後感があります。

狗飼さん。27歳の朔美は、事故で10年分の記憶を失ってしまいます。仕事の夢を諦め、家族や恋人にさえ嫌われていたのではないかと思う、居心地の悪さを味わいます。タイムスリップで未来の自分に会うような、記憶喪失です。もし自分だったらとぞっとしました。過去に向き合うことの大変さと、人生をやり直すことができるおもしろさと、もろい自分を見つめるストーリーは意外に真摯なものでした。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:オレガノ " ケントビューティ " 淡いピンクの葉が花のようです。シルバー系の葉もつつましく清楚です。もうじき開花しそうです:ベランダ)
09:13  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4166)  男子バレー オリンピック最終予選

2012.06.02 (Sat)



久々の、土曜日休日でほっとしています。
日差しもあり、雨続きだった中で、一番穏やかなつかの間の休日かも知れません。

男子バレーのオリンピック最終予選が昨日から始まりました。対セルビア線は0:3でストレート負けです。パワーや物理的力学的な戦いは、女子とは全く違う世界です。長く見ていると圧倒されてしまうので、雑用をしながらの観戦です。
ベネズエラ。韓国。中国。オーストラリア。プエルトリコ。イラン。強豪を相手に1位か、アジア1位でオリンピック出場という難しい試合です。がんばってください。
それにしても昨日のアナウンサー、まだいたのですね。自己陶酔の台詞は聞きたくありません。途中で音声なしで見ていました。

(写真:ピンク・テイカカズラ=ピンク定家葛:今年もたくさんの花が咲き、甘い香りがやさしいです:ベランダ)
08:49  |  スポーツ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |