2013年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

(No.4366)  ネットと「友だち」

2013.02.28 (Thu)



パソコンやスマホで盛んな、コミュニティサービスの「Twitter」「mixi」「Facebook」「SNS」「LINE」「Path」のほか、音声通話やビデオ通話サービスの 「Skype」「Kakao Talk」「comm」「GREE」が急激に増えています。入会時の個人情報登録が、どこまで守られているかを考えるとどうしても疑問を持ってしまいます。
現実には一人であり孤独だけれど、ネット上ではたくさんの「友だち」を持てます。1時間以上スマホが手元にないと、落ち着かなくなりなにをしていいかわからないほどの依存症も多いようです。
ネットの中での、恋愛や暮らしを作るサービスもあります。ネットを利用すると、どうしてもを落ち込みやすい危険をある程度わかったうえで、関わっていきたいものです。

(写真:ゲイシュンカ=迎春花:別名:オウバイ=黄梅:いいネーミングですね。寒さはまだですが:公園)
09:42  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4365)  映画「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」

2013.02.27 (Wed)



監督:ジョン・マッデン 出演:ジュディ・デンチ/ビル・ナイ/トム・ウィルキンソン/マギー・スミス他

「神秘の国インドの高級リゾートホテル」のパンフレットに惹かれて、イギリスの未亡人イブリン(ジュディ・デンチ)ら、それぞれの事情を抱えた高齢の男女7人が到着しました。けれど、彼らを待ち受けていたのは「近いうちに豪華になる予定」というオンボロのホテルと刺激的すぎる異国の文化でした。
若い経営者の恋や、老年の紳士が胸に秘めていた、初恋の青年との再会も胸に迫ります。人間の尊厳を持ち続けながら、インド時間に合わせゆっくりと前に進もうとする柔軟な姿勢がすばらしいです。こんな風に年を重ねていきたいものだと、ほろ苦さと希望を感じさせてくれます。
08:38  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4364)  映画オフ会

2013.02.26 (Tue)




くらさん
のお誘いのオフ会で、映画とお食事を楽しみました。
映画は「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」で、日比谷シャンテはほぼ満席でした。イギリスの高齢の男女が終の住処をインドのホテルにしようと到着しますが、パンフレットとは大違いの古い建物でした。街の喧噪、食事、習慣の違いを受け入れていく物語です。年を重ねた女性の強さと美しさ、ロマンを持ち続ける男性が印象に残ります。

有楽町のポルトガル料理店で、お食事会です。いつものメンバーに10年振りに参加の方も加わり、その後生まれたお子さんがもう小学生高学年だそうです。映画、本、小学校で読み聞かせのボランティアをしている方の話、高齢の家族と自身の高齢になったときの話、税金の話と、話題は尽きません。周囲のお客さんのご迷惑になったかもしれないほどの、盛り上がりでした。
お肉とリゾットの料理もおいしく、特にデザートの丸ごと焼きリンゴのワイン漬けは絶品でした。

毎回感じることですが、ネットを通じて知り合ったオフ会のつながりは不思議です。年に3〜5回のペースで、もう10年以上になるのです。庭園巡りや子ども図書館、科学館、鉄道博物館、美術展、映画、動物園など自分では行く機会のない場所の経験も楽しいです。年齢の違いや、それぞれの仕事やプライベートの変化も抱えながら踏み込み過ぎずに、本や映画の話題でつながり続ける、大切で貴重な関係だと思います。またお会いしましょうね。

(写真:ミツマタ=三つ又:ベロアの花が好きなんです:公園)
09:15  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4363)  森谷明子「FOR RENT 空室あり」/神永学「イノセントブルー」

2013.02.24 (Sun)



寒さはまだ続きそうです。
お庭や玄関先の鉢植えの梅が、咲いているのを見かけます。そこだけが早い春を感じさせます。

先週の2作。
森谷明子「FOR RENT 空室あり」
神永学「イノセントブルー」


森谷さん。桂子は、観察眼に優れている年下の恋人・塚本と暮らしています。彼の肩にある痣の秘密は母親の死に関わっているらしく、過去を調べようと16年ぶりに故郷のアパートを訪れます。そこで祖父母の相次ぐ死の真相と、それに繋がる彼と姉と母との過去が現れます。
塚本に関わるそれぞれの人が、小さな日常の出来事に過ぎないことに大切な意味を見出していきます。それが彼にとっては、過去への手がかりです。過去に目新しさはありませんが、おもしろい展開だと思います。ただ、二十歳の男性を「少年」と書くのには違和感がありました。

神永さん。海辺のペンションオーナー・森川は、海辺で倒れていた男・才谷を助けます。才谷には「前世」を見せる不思議な力があり、森川は殺人の情景を体験します。けれど納得がいきません。偶然引き寄せられた宿泊客は、それぞれ心に悲しみを抱えながら巻き込まれていきます。
ピアニストの千里はストーカーに追われ、客室にまで侵入してくる事件を起こします。「前世」「現世」は繰り返されるしかないのか、ペンションのアルバイト・陽子の前向きな姿勢で、空気は変わっていきます。ファンタジィとしてさらりと楽しめます。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね〜♪

(写真;ヒウメ=緋梅:赤の強烈さと梅のかわいさがアンビバレンツ:公園)
08:51  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4362)  髪の悩み

2013.02.23 (Sat)



ヘアカットしてきました。
脱毛症になってから2度目です。カラー、シャンプーなしのカットだけです。希望より少し短めになってしまいました。美容師が変わって1年になるのに、なかなか意向が伝わりにくいです。カットの腕もイマイチですが、美容院を変えるのは脱毛が治ってからにしようと思っています。
カラーは9月が最後です。脱毛が改善されようやく短い毛が生え始めたばかりなので、自宅でシャンプーのときに、地肌に刺激の少ないカラートリートメントをしてます。トリートメント剤は15分置いてから洗い流します。入浴の最初にしてのんびり入っていればいいのですが、長湯が苦手なのです。先にシャンプーとトリートメント剤を済ませてから、入浴するので、手間がかかって少し面倒だなと思います。1年くらいの我慢ですね。

(写真:ウメ=梅:ようやく咲き出した花が、初々しいです:公園)
09:10  |  ファッション  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4361)  駅までの道

2013.02.22 (Fri)



駅までの近道の歩道は、交通量が多いです。
狭くて人とすれ違うのにも気を遣う幅ですが、加えて歩道側にある追突防止ポールが幅を狭くします。狭いので水はけのための傾斜も強く、マンションやコンビニ付近は、車の出入りのためにさらに傾斜が強くなります。下を見て歩かないとうっかり高低差で転けてしまいます。子どもを乗せた自転車がよく通りますが、車1台がかろうじての幅の車道はぶつかりそうではらはらしてしまいます。
少し遠回りになりますが、いまは大通りの歩道幅も広い道を使っています。狭い道路で、いかに神経をすり減らしていたかを改めて感じます。時間に追われない暮らしの、特典です。

(写真;ウメ "トヤデノタカ " =梅 " 塒出の鷹 " :柔らかなピンクの重なりがきれいです:公園)
08:53  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4360)  甘酒でほっと

2013.02.20 (Wed)



昨日の昼前後に、粉雪が舞いました。
4度目の雪があるとは思ってみませんでした。例年0〜3回がせいぜいです。気温も低いままです。故郷の雪の量も、いつもの1.5倍といっていますし、ぬくぬくとホットカーペットとオイルヒーターで過ごしました。
スーパーで米と麹のみの甘酒を見つけたので、小袋を数個確保してきました。腕や腰のトラブルで、数年前のように手作りできないので手抜きの甘酒です。ちょっと薄目ですが、生姜を加えてほかほかに温めると美味しいです。

(写真:コウバイ=紅梅&メジロ:日当りのいいお庭で咲いているのを見つけました。写真は去年のものです:公園)
10:14  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4359)  引っ越しのトラック

2013.02.19 (Tue)



いつまで、この寒さが続くのでしょうか。
寒風が吹き付ける中、毎日のように、あちこちのマンションの前にトラックが止まっています。転勤族は大変ですが、会社の人事異動ができる大きな会社や官公庁はまだ恵まれている方でしょう。リストラや会社の倒産などで退居するしかない場合は、先が思いやられます。
政治では、物価上昇で景気が良くなると甘い期待を振りまいていますが、庶民の感覚との落差の大きさは果たしていつ縮むことでしょう。
どんよりと暗い空の影響か、ちょっと暗い気持ちになります。

(写真:ネコヤナギ=猫柳:帽子を脱いでもぬくぬくの手触りです:公園)
08:34  |  仕事  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4358)  季節の鍋物

2013.02.18 (Mon)



タツ鍋。恒例の故郷の味を楽しんでいます。真鱈(マダラ)の白子を、故郷ではタツと言います。タツとネギを、お酒とお醤油だけのシンプルな味付けで、充分に美味しいのです。ただ今年の育ちの悪い野菜と同じく、鱈の成長も悪いのか、白子も小さくお味がこじんまりしているのが残念です。
それでもちょっぴり贅沢なお味を、あと数回は食べようと思います。

(写真:ピンクネコヤナギ=ピンク猫柳:寒いときには、帽子も必要ですね:公園)
16:04  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4357)  東野圭吾「白夜行」

2013.02.17 (Sun)



強風は北風です。
朝の気温が0度と、真冬の寒さです。外に出ると頬が冷たくなり、手袋を着けた手が凍えてしまいます。「早春賦」の曲が似合います。『春は名のみの風の寒さや・・・』一人でそっと口ずさんでみます。

先週の1作。
東野圭吾「白夜行」
大阪の廃墟ビルで質屋の主人が殺され、容疑者は特定されず、事件は迷宮入りします。暗い眼をした被害者の小学生の息子・桐原亮司と、ガス事故で死んだ容疑者の女の娘で美しい少女・西本雪穂は、仲良しでしたがその後、別々の道を歩んで行きます。にも拘らず二人の周囲に幾つもの犯罪が起き、担当刑事は執拗に事件を追いかけていき、20年後ついに事件の真相に近づきます。

あくまでも刑事が目撃者の証言や、現場検証などから推理はするものの、実際に何があったかは読者に想像させます。美しく成長した雪穂と、表に出ない亮司、20年も執拗に追う刑事の姿が秀逸です。幼い二人の殺人事件そのものさえ、雪穂の策略だったのではないかと思えてきます。初期作品とは思えないうまさです。たまたま見た再放送のドラマでは、事件絡みの純愛映画になっていますが、原作を読んでみたいと思ったきっかけです。ただその頃に一度読んだ記憶もあるのですが・・・。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね〜♪

(写真:サンタンカ=山丹花:風車を思わせる花が集まって、きれいです:公園温室)
09:33  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4356)  ロシアに隕石が

2013.02.16 (Sat)



落下してきた隕石が上空で爆発したそうです。
降り注ぐ隕石片や、衝撃波で窓ガラスが割れたり屋根や壁が壊れたりして、ロシアでは負傷者が多数出ているようです。2回の爆発がなく、大きな隕石がそのまま落下していたらさらに大惨事になったかも知れません。
通常では意識しない宇宙との接点と、そのパワーの前では人間はなんと無力なことかと感じます。

地上では朝から北風が強く、建物のドアを揺らしています。春一番はいつ頃になるのでしょうか。

(写真:ハーデンベルギア:マメ科の花の春ですね。まだ縮こまっているようです:花屋さん)
08:55  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4355)  氷を割る

2013.02.14 (Thu)



朝の駐車場で、男の子が遊んでいました。
わずかな水たまりにできた氷を割ろうと、靴で力一杯踏んでいました。懐かしいです。わたしも子どもの頃はよく割っていました。パリンという音も楽しく、学校へ行く道々探して歩いたものです。
舗装道路ではなかなか水たまりができませんが、子どもの目線には見えるのですね。目的に向かって脇目もふらず歩く大人には無理ですが・・・。

(写真:ハクモクレン=白木蓮:まだ固いつぼみでしっかり寒さから保護されています:公園)
08:29  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4354)  3度目の雪

2013.02.13 (Wed)



sakraso-bk10.jpg

明け方、寒さで目覚め外を見ると、雪が降っていました。
屋根が白くなる程度で、道路に積雪はありません。日中の気温は高くなる予報ですので、今回はすぐ融けてしまうと思われます。電車にもほとんど乱れはないようです。これで、この季節最後の雪になることでしょう。風はまだ冷たく、ダウンジャケットとマフラーは、2月一杯までは必要かも知れませんね。
空気の乾燥は相変わらずで、15〜20%と低いです。部屋の中にいる時間が長くなったので、バスタオルを大き目のハンガーに広げてかけておきます。昼と夜の2回、濡らすとちょうどいい湿度になります。仕事をしていた時はしょっちゅう爪が割れましたが、この冬は2回だけなので効果が出ている感じがします。
もうすぐ、春。まちどおしいですね。

(写真:プリムラ・マラコイデス:淡雪のような、春を告げる花ですね:花屋さん)
09:39  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4353)  ヒキタクニオ「紅い三日月」

2013.02.11 (Mon)



フィギュアスケート四大陸選手権の女子は、浅田真央選手の優勝、2位鈴木明子選手、3位村上佳菜子選手という結果になりました。それぞれに美しいスケーティングでした。お疲れさまでした。次の試合が楽しみです。

先週の1作。
ヒキタクニオ「紅い三日月」
父を銃殺した杉山に、ちょうど帰宅した塔子は重傷を負わされてしまいます。一命を取りとめ半年間の昏睡状態の後、奇跡的に快復します。杉山への判決に納得がいかない塔子に、担当刑事の犬伏は、「捜査に強い圧力がかかり、十分な捜査ができなかった」と告げるのです。さらに犬伏は、警察も捜査できない事件を扱う文目屋(あやめや)という「殺しの集団」の存在を塔子に明かします。塔子は殺人の訓練を受けることを決意します。

登場人物の造形や、心理の微妙な変化、シーンの描き方が、さすがヒキタさんです。力が入っています。それにしても、それぞれにドラマがありそうな魅力的なキャラ揃いです。銃を手にしたら、実際こうだろうなと説得力があります。いまの警察組織の限界と、殺しの集団も現実感があります。現実に仕事を頼みたい人が大勢いるだろう社会を、思ってしまいます。

(写真:シラウメ=白梅:今年の開花は遅いですね。花たちは咲きたくて、うずうずしているかも:公園)
09:22  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4352)  フィギュアスケート四大陸選手権

2013.02.10 (Sun)



hatuyuki2_tuyuk13.jpg

フィギュアスケート四大陸選手権が始まりました。
男子ショートは羽生結弦選手が1位、高橋大輔選手は4位スタートです。羽生選手のひとつのミスがあり、それでもしなやかで力強く、軽やかなスケーティングがすてきです。高橋選手の4回転の着地ミスと他のジャンプでの転倒と、思わぬ展開です。2位の中国のハン・ヤン選手がシニア初で、技量の高さを印象づけました。
フリーで、4回転ジャンプ3回を飛んだケビン・レイノルズが優勝でした。羽生選手は1回目はきれいに飛びましたが、2回目がダブルになるミスがあり惜しくも2位でした。次の課題も把握しているし、さらに成長してくれると思います。残念ながら高橋選手は7位でした。若手選手の活躍が目立ちます。

女子のショートは、浅田真央選手が2年振りのトリプルアクセルを成功させました。長い精神的な立て直しの辛さを思うと、見ている方もほっとしました。鈴木明子選手、村上佳菜子選手も続きました。きょうのフリーが楽しみです。

男子の4回転ジャンプは4年くらい前には、世界的にも数人しか飛んでいません。それがフリーでは2回そして3回へと、レベルがアップし続けてどこまでいくのだろうと思ってしまいます。女子も3回転+3回転は当然入り、3回転半のトリプルアクセルが最高ですが、こちらもまたアップしていくのでしょうか。

(写真:ハツユキツユクサ=初雪露草:冬の紅色の葉がきれいです。花は夏です:ベランダ)
09:35  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4351)  北風が寒く

2013.02.09 (Sat)



yukiyana_tb13.jpg

昨日の風は、身にしみ込む寒さでした。
連休は晴れですが、水曜日にはまた雪の予報が出ています。春はまた後退したようです。

数回の通院で治るかと勝手に想像していたペインクリニックは、3カ月を経過しました。激痛の神経根ブロックは効果があり、右足はほぼ治まっています。あとは左側の腰と足に続く神経の痛みです。処方薬と、硬膜外ブロックも位置を変えてみたり、鍼も打ちましたがこれは返って痛みが強くなり、試行錯誤をして次の根本治療の方針が見えてきたと医師が言いました。ただ2月は学会のため日程が取れず、3月に1泊入院することになりました。
痛みというのは難しいものなのですね。

(写真:スノードロップ:うつむいたけなげな花姿が、愛らしいです。
    ピンクユキヤナギ=雪柳:花芽の中に、小さなつぼみが見えます:ベランダ)
09:14  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4350)  いろんなサービスがあり

2013.02.07 (Thu)



便利というか、不思議なサービスがありました。
途中で放り出したジグソーパズルの、作成代行サービスがあるそうです。驚きました。あとは、デジカメで撮った写真をパズルに仕立ててくれるサービスですが、ビッグピース350枚が限界のようです。マイクロピース1,000枚はできないようです。自分の写真でお気に入りと言っても、見ていると飽きるだろうし、何枚も作るのも金額的には大変です。
飽きっぽい性格が、まずは問題ですね。困ったものです。パズルのほかに、時間を忘れさせてくれるものがほしいです。

(写真:シナマンサク=支那万作:枯れ葉のコートに守られているようです:公園)
08:59  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4349)  2度目の雪

2013.02.06 (Wed)



朝からみぞれのような雪が降っています。
今回は気象予報が当たりましたね。電車は通常の70%の運転のようです。夕方にかけて気温が下がり、凍結が心配です。

故郷では2月が雪のピークです。融けないままの根雪は50cmほどです。早朝、除雪車の音で目が覚めて、積雪があったことを知ります。市の予算で冬場で仕事の少ない建設会社などに依頼して、除雪車で幹線道路や市道を確保していきます。
会社員は、玄関前の雪かきをしてから仕事に行き、会社の雪かきをし、仕事から帰るとまた家の雪かきをするのです。融雪溝は9時以降でないと水が流れないので、休日だけの利用でした。商店街は開店前に、融雪溝に雪を落としてからお客様を迎えます。みぞれのような雪は3月上旬に降り、それが融けると春になるのです。

雪が降ると胸がしっとりと潤います。懐かしさと、湿度で空気が柔らかくなるのです。部屋の中から窓の外を見て、きょうはぬくぬくと読書をしましょう。

(写真:ストックと雪:駅のプランターの花は雪に強いですね:市内)
08:15  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4348)  円形脱毛が回復へ

2013.02.05 (Tue)



暖かい日が続いていましたが、明日は雪になるそうです。
通勤の足の混乱が起きませんように。

全頭型円形脱毛に変化が出てきました。毛の根元に1cmほどの産毛のような白い毛が出てきました。抜ける毛の量も当初の半分程度に落ち着いています。医師はこのまま薬を続けて、半年から1年経過観察をしていくと言います。やはり退職して仕事のストレスが無くなったのが、体は正直に表すのだと思いました。髪が薄くなるのは女性としてはやはり心配でしたので、ほっとしました。
顔の産毛の成長が早かったり、まゆ毛が濃くなってきたのが副産物ですね。

(写真:マンサク=万作:春は黄色の花が多いですね。故郷では満作の開花からひと月後に、染井吉野が開花します:公園)
09:14  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4347)  中山七里「いつまでもショパン」

2013.02.03 (Sun)



setubn-2.jpg

節分のきょうは、昨日の気温20度から一気に10度まで下がる予報が出ています。
立春。確かに地面が暖かくなり、気の早い早春の花が咲いています。花粉症も強くなってきました。梅、桜の開花が待ち遠しいです。

先週の1作。
中山七里「いつまでもショパン」

ポーランドで行なわれるショパン・コンクールの会場で、殺人事件が発生します。しかも手の指が全て切り取られるという奇怪なものでした。会場の全員が足止めされ、取り調べを受けます。コンテスタント・岬洋介は、動揺しながらも鋭い洞察力で事件を密かに検証していました。すると世界的テロリスト・通称「ピアニスト」がワルシャワに潜伏しているという情報を得ます。そんな最中、会場周辺で次々にテロが発生するのです。

伝統のショパンのピアノとは何か。父からの厳しい要求が出され家系のプレッシャーに揺れるヤンは、、音楽院学長で審査員のカミンスキと話しても答は見つかりませんが、一次、二次、三次予選とコンクールを勝ち進んでいきます。ロシアのガガリロフ。中国のリーピン。日本の岬と、盲目の榊場。フランスのエリアーヌ。それぞれに優勝を目指しながら交わされる会話に、思いがにじみ出ます。ヤンが聴く一人一人のショパンの演奏の描写が、すばらしいです。音楽を言葉で伝える難しさをなんなく超え、陶酔していく演奏の中に一緒に引き込まれていきます。 爆発テロ事件の動揺を押さえ込んだコンテスタントたちの姿が、音楽の力を深く心に刻みます。ラストもみごとでした。

(写真:セツブンソウ=節分草:秩父では群生が見られるそうです。数年前のお気に入りです:公園)
08:58  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4346)  ドラマ「スペック」

2013.02.02 (Sat)



全編再放送のドラマ「スペック」を見ました。
TVでは数回、DVDで数本しかみていなかったので、ようやく全体の流れがつかめて楽しめました。捜査一課未詳事件特別対策係。大食で正義を貫く特殊能力を持つ当麻紗綾(戸田恵梨香)刑事と、融通が利かないが熱い魂を持つ瀬文焚流(加瀬亮)刑事が、世界の頂点に立とうとする勢力との壮絶な戦いをします。記憶を書き換える能力や、時間を止める能力のニノマエなど様々な力を持つの敵たちと、人間的に断固として持つ矜持が体にしみ込んだ当麻と瀬文の、全力を出し切っての戦いはすさまじいです。ラストでニノマエたちを倒しますが、実は記憶を書き換えられていた当麻の弟だったと知る衝撃と悲しみと敵に対する怒りに、見ている方も熱くなりました。
秋には最終編が出るようです。楽しみです。
spec.jpg

(写真:レウイシア:花茎が頭をもたげようとしています:ベランダ)
09:06  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4345)  コーラスの見学に

2013.02.01 (Fri)



先日、「童謡コーラス」の見学と体験に行ってきました。
思ったより参加者が多く、たぶん女性だけ40人くらいでしょうか。顔見知り同士の笑顔が交わされ、和やかな雰囲気です。隣の方に聞くと、発声練習やパート分けもなく歌うだけだから楽しくて、続けているそうです。挨拶の後、講師のピアノに合わせてすぐに歌が始まりました。イスに座ったままなので、腰痛のわたしは助かります。

お借りした楽譜付きの童謡を次々に歌っていきます。季節に合わせた雪の曲が多かったです。知らない曲も楽譜があるし、簡単な旋律なので歌えます。ただ、30分休みなく歌ううち、途中で息が続かなくなるのがわかります。日常で話すことも、まして歌うこともないので、呼吸が追いつきません。続けたら体によさそうな気がしました。
次回までに参加を決めることをお約束してきました。ただ2月と3月の通院日が医師の都合で、曜日が重なってしまったのが残念です。移り気なわたしの気が変わらなければ、4月から参加したいと思っています。

(写真:スノードロップ:芽を出してすぐ花を咲かせようと、せっかちは管理者似かも:ベランダ)
08:39  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |