2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

(No.4410)  マーセル・セロー「極北」

2013.04.29 (Mon)



連休の図書館は、静かでした。
いつもは子どもたちの姿があるコーナーに、数名いる程度です。きっと、家族旅行でしょうね。大人の来館者も少ないです。ネット予約していた2冊を借り受けました。駅周辺や公園は混雑していました。近場で手軽な時間を過ごすのも、いいですね。わたしは紫外線を避け、早々に部屋に戻りました。

先週の1作。
マーセル・セロー「極北」
セロー。かつて開拓に夢を持って家族で入植したシベリアの地は、雪が全てを包む廃墟となっていました。生き延びたメイクピースは墜落した飛行機を目にし、故郷への旅に出る決意をします。途中のわずかな居住地や部族の集落を過ぎると、基地と呼ぶ集団がありそこで囚人にされてしまいます。ゾーンと呼ばれる放射能に汚染された地帯から、部品を運ぶ仕事に就かされます。その中で青く光るフラスクを手に入れ、脱走するのです。
緊張感のある極寒の描写と、取り残されて生きているメイクピースの生々しい命をつなぐ行動に引き込まれていきます。けれど、あくまでも架空の放射能と細菌兵器で汚染されている都市は、書き割りに過ぎません。ときどき訳者・村上春樹の斜に構えたきどりがふっと見え、悲惨さも現実感が薄くRPGゲーム的な展開に感じてしまったのが残念です。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね〜♪

(写真:タチイヌノフグリ=立ち犬のふぐり:2、3mmの極小の花を、初めてのマクロ撮影成功です:市内公園)
08:32  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4409)  国内旅行が増えたと

2013.04.27 (Sat)



わたしのお財布には、ちっとも回って来ない「アベノミクス」効果です。
値上げだけは確実に来ています。玉子が98円から138円にいきなり上がったのは、飼料高騰の影響でしょうか。今年の連休は、海外旅行はもちろん、国内旅行も見直されているそうです。東京がおもしろいと話題のようです。アジアは鳥インフルエンザが怖いですが、海外は燃料サーチャージが6月から値上げで、最後のチャンスかも知れません。
どこへも遠出ができないわたしは、いつもと変わらない休日です。腰の鎮痛剤でひたすら眠く、読書が進まないのが悩みの種です。

(写真:ハナニラ=花韮:木陰で慎ましくというのが、珍しいたたずまいでした:市内公園)
09:27  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4408)  アピオスの味

2013.04.26 (Fri)



故郷から姉が持ってきてくれたお土産があります。
蕪や大根のお漬け物、シソの葉に包んだ柔らかな梅干し、そして初めて見るアピオスでした。「アピオス」は「ほどいも」とも呼ばれるマメ科の地下茎の芋だそうです。1mにも伸びるほそい根にネックレスのようにできるといいます。殻付きの落花生より少し大きめで、電子レンジ用スチーム容器に少量の水と塩を入れるとゆであがります。ほくほくして、ピーナツ味のジャガイモという感じでした。肴にもお八つ代わりにもなります。
故郷を離れてからの新しい話題は、うれしくもあり、ちょっぴり哀しいものですね。

apios13.jpg

(写真:ハツユキツユクサ=初雪露草:冬のツートンの葉の美しさと、これから咲く白い花が楽しみです。3年目でようやくつぼみができました:ベランダ)
09:08  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4407)  辻井伸行・佐渡裕・BBCフィルのリベンジ

2013.04.24 (Wed)



東日本大震災の当日が、横浜みなとみらい公演日でした。
故郷の姉が聴きに来ていて、ホテルで地震に遭いました。演奏者の方たちは、バスで移動中だったそうです。周囲の状況やTV映像から、次第に戸惑いから恐怖に変わりますが運転手の落ち着いた態度に冷静に会場入りをしました。けれど演奏会中止が決まり、35Km離れたホテルにバスで9時間かかって到着します。翌日にはそれでも残りの公演を続ける気持ちはありましたが、原発事故を受けイギリスの本部から帰国命令が下されます。大事な仲間を残して脱出することに悲しみと憤りを覚えたそうです。見送りにきた辻井伸行と佐渡裕に、もう一度日本に戻り公演する約束をして帰国したのでした。

今回、もちろん姉も聴きに来ました。サントリーホールで、メンデルスゾーン、ラフマニノフ、ベルリオーズと、全く同じプログラムとメンバーの演奏は、すばらしかったそうです。最後はオールスタンディングで、いつまでも拍手が鳴り止まなかったといいます。なによりも、音楽で心を通わせる演奏家も聴衆も、音楽の持つ偉大な力を心から喜んだことでしょう。わたしも聴きたかったです。

(写真:マツバウンラン=松葉海蘭:ほっそりとしたしなやかな茎と、パープルの小さな花が好きです:公園)
09:52  |  音楽  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4406)  映画「リンカーン」

2013.04.23 (Tue)



映画「リンカーン」
監督・製作: スティーヴン・スピルバーグ 出演:ダニエル・デイ=ルイスほか

エイブラハム・リンカーンは、1865年大統領に再選された。アメリカの南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を永遠に葬り去る、合衆国憲法修正第13条を下院議会で批准させるまでは、戦いを終わらせないという強い決意があった。そのためにも、国務長官らと共に憲法修正に必要な票を獲得するための議会工作に乗り出す。

政治の切り口でした。真っ向勝負の議論と、票集めのための裏工作など現代と同じですね。心理作戦や立場のエサのちらつかせたり、世論と議員たちからの抵抗を全力で受け止め、断固として法案を通そうとする強い意思を貫きます。「1年で10歳老けたね」と周囲から言われるほどの、集中力の維持は想像を絶するものがあったことでしょう。ユーモラスなやりとりもあり、全体としては暗い印象はなく、ラストの暗殺シーンも、静謐(せいひつ)な印象的なものでした。
奴隷制度や南北戦争を知っていると、どれほどの抵抗があるのかがより深くわかると思います。アメリカの歴史的な一瞬を、みごとに切り取った映画でした。それでも2時間半は長かったです。それとともに銃社会の変革は、底深い根とも言える開拓時代、南北戦争や奴隷制度解放、差別撤廃、などまだまだ遠い道筋のように思います。

(写真:モッコウバラ=木香薔薇:マンションの階段に絡まり、香り高い花です:市内)
09:04  |  映画  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4405)  緒川怜「冤罪死刑」

2013.04.21 (Sun)



昨日は予報通り午後から雨になりました。
友人とお茶をしたファミレスの、窓際の席が寒いくらいでした。歴史好きで江戸の地図を片手に、建造物やお墓を見て回る健脚に驚かされます。ご高齢になられたのだと感じたのは、少し耳が遠くなったために会話がずれたり、ご家族の話題が多くなったせいでしょう。以前は嫌になるほど、執筆中の小説の話だけだったのです。
カラオケで思い入れのある懐メロを歌われ、ジャンルが違い過ぎわたしは選曲に困りましたが、楽しそうなのでよかったです。

先週の1作。
緒川怜「冤罪死刑」
緒川さん。3年前の少女誘拐殺人事件の山崎被告は、弁護士・希久子に無罪の弁護を依頼したのです。同じ頃、性犯罪と連続殺人事件で死刑執行を待つ栗原を、通信社記者で心理学者・大谷が接見していました。冤罪事件の、目撃証言に挟み込まれた意図、被害者の母の告発、埋葬された記念品など疑惑が多く、事件を洗い直す恩田と希久子は、次々と意外な事実に突き当たります。
死刑執行シーンのリアリティに引き込まれます。二人の被告の接点などストーリーもおもしろいです。ただ、些末な描写が多く、肝心の被告や事件の描写とのバランスが悪いのか、散漫な印象を残してしまいます。構成をもう少しドラスティックにしてほしい、読者のわがままです。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね〜♪

(写真:ナガミノヒナゲシ=長実の雛芥子:小さなオレンジが、風に揺れています:市内)
09:00  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4404)  またまた、寒の戻り

2013.04.20 (Sat)



また寒い1日になりそうです。最高気温が11度、夕方から明日1日は雨の予報です。空はどんよりして、いまにも雨が落ちてきそうです。
きょうは午後から、故郷の小説仲間とお茶の予定です。亡くなった親友を偲ぶ会が都内であったようで、帰る途中で立ち寄ってくれることになっています。自費出版で4作を発表し、地元新聞に小説やエッセイを執筆している方です。年齢的に体力が維持できないと、昨年で小説を書くことを止めたそうです。
故郷で活躍している方たちの、明るい近況が聞けたらいいですね。

(写真:サツキ=皐月:マンション前にきれいに整えられ、頂上から咲き出したばかり:市内)
08:39  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4403)  紫外線も強烈になって

2013.04.19 (Fri)



街路樹のハナミズキが、どこも満開です。
白花と赤花の木が、青空に映えて美しいですね。寒の戻りもありますが、暑過ぎず気持ちのいいウォーキングとショッピングができます。

それとともに、強烈になってきた日差しと紫外線に要注意です。紫外線アレルギーで、少し浴びただけで皮膚が真っ赤になり猛烈に痒くなります。日焼け止めクリームをしてもだめなときは、火傷用の軟膏が治療効果があります。アレルギーと知らなかった頃は対策も取らなかったので、顔や手や腕にシミを作ってしまいました。
長袖のいまは、顔と首周りを保護するだけで済みます。紫外線100%カットの深い帽子と、マフラーとマスクです。気温が上がるとマスクは辛くなります。衣類も肌の露出部が広がります。帽子から、55〜60cmの日傘に変えます。11月くらいまで、長いバンパイアスタイルが続きます。

(写真:シャクナゲ=石楠花:桜と一緒に咲き始め、そろそろ満開を迎えます:市内公園)
08:29  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4402)  それって・・・

2013.04.17 (Wed)



momo_re13.jpg

どうやら品薄が原因のようです。
イチゴの旬は過ぎたのかと思ったのは、ずっと続いてきた品薄のためのようです。粒が小さなだけで傷物ではないイチゴが並びました。1日置くと味が落ちますが、お安いので2パックをカゴに入れました。横で選んでいた30歳前後のペアが、フィルムの隙間から3粒を取り、隣のパックに入れ量を多くした物をカゴに移しました。
それって・・・ですよね。あまりに迷いのない動きは、いつもそんなことをしているのかも知れないと思わせるほどです。ちょっとしたショックでした。

(写真:モモ=桃:白は大きな木で、滝のように花が咲いていました
         ピンクはシンプルにきれいな姿です:公園)
08:39  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4401)  声を出そうと

2013.04.16 (Tue)



仕事をしていたときは、打ち合わせや伝達以外は、ほとんどパソコンに向かっていました。
ニートになった今は、病院で医師に症状の説明をする程度です。もともとおしゃべりではなく、声量がありません。カラオケはそれでも歌った時期もありましたが、一人ではなかなか機会がありません。
ネット検索をして、コーラスのカルチャー講座を探しました。腰の状態を考えると、立って本格的に発声するのは難しいでしょう。見つけたのが、童謡の合唱サークルです。月に3回。ピアノの伴奏でイスに座っての1時間半が、無理をせずにできそうです。4月から参加しています。
知らない曲も楽譜を見ながら歌い、あっという間に時間が過ぎていきます。音が揺らぎ発声がぜんぜんなっていないことを、痛感しました。徐々に歌えるようになったら、ボイストレーニングを受けてみてもいいかも知れません。とりあえずは続けることですね。

(写真:ハナカイドウ=花海堂:うつむいた桜にも見えて好きな花です:公園)
08:57  |  音楽  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4400)  日明恩「そして、警官は奔る」

2013.04.14 (Sun)

mizkire2_13.jpg



八重桜を見ると、桜餅を食べたくなります。
とは言え、餡は苦手なのでみたらし団子を買いました。1本食べると甘さで充分になります。残り2本はとりあえず冷蔵庫へ、3日がかりで食べるか廃棄になるか微妙なところです。1本売りのお店があって、遠慮なく1本だけ買えたらいいですね。

先週の1作。
日明恩「そして、警官は奔る」
日明さん。警視庁蒲田署の武本は、「冷血」な刑事・和田と共に、不法滞在外国人を母に持つ幼女監禁事件を追います。武本の上司・潮崎は警察の内部を変革しようと、国家公務員1種試験を通過し配属を待っています。武本を助けたいと独自に事件の調査を始め、彼らは、子供の人身売買や虐待の現実を突きつけられます。ひそかに治療に当たる医師、風俗で働く母親の子を保育をするのぞみの、笑顔の下の顔と向きあうことになるのです。
警察としての正義、人間としての正義、両立しないときにどうするか。不器用だが真っ直ぐな武本。目の前の不幸な子どもたちを救おうとするのぞみたち。縦割りの警察組織内部の対立と、警察という仕事と自己の正義との葛藤、それらが絡み合い袋小路に追い詰められる一人一人を、丁寧に真摯に描かれています。問題に背を向けない、仕事への精一杯の努力をここまで深く書く作家は珍しいのではないでしょうか。読み終わって、すがすがしい作品です。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね〜♪

(写真:ハナミズキ=花水木:赤も青空に映えてきれいです。次々に咲く花に心が和みます:公園)
09:29  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4399)  イチゴは、そろそろ終わりか

2013.04.13 (Sat)



mizkisi_o13.jpg

mizki_sisora13.jpg

昨日の朝は風が冷たくて、手袋復活でした。
日差しを浴びたハナミズキ(花水木)の街路樹が、とてもきれいです。白と紅が交互に植えられているとこともあります。散り残っている染井吉野や大島桜、満開の八重桜と並ぶ花水木、美しい春をゆったりとした気持ちで感じられるのがうれしいです。

品薄気味だったイチゴは、ようやく甘味が出てきたと思う間もなく、そろそろ旬が終わりそうです。小粒の「とちおとめ」も充分食べました。仕事帰りには残り物しかないことが多かったです。朝に買い物をすると、野菜や果物がとても新鮮です。そんな春を味わっています。

(写真:ハナミズキ=花水木:総苞の白が花びらのようにきれいです。咲き始めのくるりも、青空に向かっているのも好きです:公園)
09:15  |  季節  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4398)  火傷の湿潤療法

2013.04.12 (Fri)



sakrayae_13-3.jpg

コーヒー・ドリップへの、注ぎ口が細くて使いやすいステンレスケトルを買いました。
ところが次第に傾けた時、蓋がずれ熱い蒸気が指を直撃しました。小指と薬指が赤くなり、急いで流水で冷やしました。15分たってもひりひり痛み、氷水でも痛みは取れません。病院に行くほどでもなく、ネットでググってみました。
湿潤療法という治療方法がありました。早速、冷やした指を、食品用のラップでぴったりと巻きました。空気に触れずにいると、痛みと赤みが急速に引きました。水ぶくれは翌日滅菌針でつぶし、跡が残ることもなく治りました。ネット情報で助かりました。

(写真:ヤエザクラ=八重桜:フリルの花びらも、魅力がありますね:公園)
08:17  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4397)  映画「津軽百年食堂」と「津軽そば」

2013.04.10 (Wed)



sakra12_gyoico.jpg

映画「津軽百年食堂」のTV放映を見ました。
故郷の「津軽そば」は、そば粉だけで作るという工程が違い、関東のそばとは味が全く別です。帰省したときは必ず食べます。元になった「三忠そば」のご主人は親戚で、コスパを考え作るのを止めようかと思っていたところ、映画でお客が増えたため継続することになったそうです。おばあさん役は劇団「弘演」主宰の秋本博子さん。姉の友人です。映画は5月に地元のシネコンでアンコール上映されるそうです。映画の詳細はこちら。

今年の桜の開花予想は4月25日、満開は30日だそうです。「弘前さくらまつり 2013」は4月23日〜5月6日です。お時間がある方は古木に咲く見事な桜と、出店(おばけ屋敷付近)している「三忠そば」の「津軽そば」を味わってみてください。

(写真:サクラ"ウコン"=鬱金:薄黄色の八重の花びらは、幻想的です。
    サクラ "ギョイコウ"=御衣黄:野菜のようなグリーンは、葉と見間違えそう:公園)
09:07  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4396)  ツイッター始めました

2013.04.09 (Tue)



ツイッター始めました。
「プロフィール」からご覧ください。ブログの他に、情報の広がりができたらいいかなと淡い期待です。いままではできなかったけれど、時間を持て余す現在ならと思いました。楽しめたらいいですね。

(写真:ニショクフウリンオダマキ=二色風鈴苧環:花屋さんでまたひと目惚れでお持ち帰り。尻尾のように見える「距=キョ」がないのが好きです:ベランダ)
08:34  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4395)  室積光「史上最強の内閣」

2013.04.07 (Sun)



昨夜は豪雨でした。
朝は風が強いです。ベランダの鉢植えを、位置変えして倒れないようにしていました。ドラマ「女織田信長」を見ました。元宝塚ジェンヌはどうしても立ち居振る舞いが類型的で、わずかな目の表情演技ができない感じがします。特に女性役がだめですね。天海祐希は嫌いじゃないけど、いつもいまいちです。

先週の1作。
室積光「史上最強の内閣」
室積さん。北朝鮮が、日本にむけた中距離弾道核ミサイルに燃料注入の報が入ります。支持率低迷と経済問題で打つ手なしの政権与党・自由民権党の浅尾総理は危機に直面し、「本当の内閣」に政権を譲ることを決意します。アメリカをすら「あないな歴史の浅い国」と一蹴する京都出身の二条首相たちは、ド派手な登場をするのです。龍馬ふうの坂本外務大臣、山本防衛大臣、高杉総務大臣、忍者ふうの官房情報調査室長たちの創意のもと「鉄砲玉作戦」を発動したのでした。
アメリカを交渉の場に引き出し支援を出させようとする北朝鮮の姿は、2年前に書かれたものですがタイムリーな作品です。いまの日本に「こんな内閣があったら」さぞ痛快だろうと思います。2年前は北朝鮮書記長の次期候補と見なされた男性の、日本での破廉恥映像すら利用し、TV女性アナウンサーを笑い飛ばします。教育問題への皮肉もあります。自国内で国民が飢え膨大な死者を出したことがない、アメリカの本音と感覚への洞察力。北朝鮮へ残していたスパイとの情報交換。そのしたたかな対応と哀しみはなかなかです。架空の内閣ですが、ぱっと出てさっとやってササっと幕を引く、まさに明治維新の勇者の集まりです。
彼らの言う、日本人の戦争への深いところの反戦感覚への信頼を、わたしも信じたいです。時期が時期だけに、笑い飛ばせたらいいですね。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね〜♪

(写真:モクレン=木連:枝の幾何学模様に惹かれました:市内公園)
09:23  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4394)  恥、恥じらい

2013.04.06 (Sat)



「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき:詠み人知らず」
太田道灌は急な雨で入った民家で、蓑(ミノ=雨具)を貸してほしいと言いいますが、娘は山吹のひと枝を差し出します。道灌は怒ってその場を立ち去りましたが、あとで家臣から娘は蓑ひとつない貧しさを山吹(実が付かない花)に例えたと聞かされて自分の無学を恥じ、それ以降歌道に精進したと言います。あまりにも有名ですが、好きな歌です。

近頃は「照れ」はあっても、「恥じらい」が少ないように思います。更には「恥」も、自分の不明を恥じることから、他者に自分のプライドを傷つけられることへと質が変わっているような・・・。

(写真:ヤマブキ=山吹:ぼかし機能を使うとおもしろい雰囲気が出ます:市内公園)
09:48  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4393)  明日はまた嵐

2013.04.05 (Fri)



昨日ときょうは晴れますが、明日はまた嵐になる予報が出ています。
先週満開の染井吉野は7分散りで、咲き遅れた枝が最後の花を付けていました。大島桜は開花期間が長いですね。まだ見応えのある木が多かったです。枝垂れ桜は3分散りでしょうか。21度の昨日の気温は前日差11度という、厳しさです。
ベランダでは秋に赤い実を付けたヒペリカム・アンドロサエマムに、小さな黄色の実が残っていたのが1cmに満たない花を咲かせました。実ではなくつぼみのまま越冬し、6月の開花時期の前に咲くという珍しい現象です。
異常な暑さだった年と、気温の安定しない春に、花の体内時計も狂ったのかも知れません。

(写真:ヒペリカム・アンドロサエマム:小さな花を必死に咲かせました:ベランダ)
08:03  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4392)  最近のメイク

2013.04.04 (Thu)



暴風雨が去り、今朝は久しぶりの青空です。
通勤の方は大変だったことでしょう。ニートのわたしは、雨だと出かけなくていいのがほっとします。皆様、お疲れさまです。
最近のメイクは急速に進化をしているようです。2枚付けまつ毛、黒目を大きく見せるコンタクトやカラーコンタクト、そして目袋メイクというのは初めて知りました。まゆ毛もいくらか太くなってきているし、バブル期に近づいている気がしないでもありません。化粧落としも大変でしょうね。
TVCMの美髪、美肌、ダイエット、腸内菌、若返り・・・。ぜんぶやったら、女性全員が美しくなるでしょうか。

(写真:ホトケノザ=仏の座:ユーモラスな表情がかわいい、春告げ花です:市内)
08:33  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4391)  引っ越ししたようで

2013.04.03 (Wed)



yukiyana_pi13.jpg

ベランダから衣類がぶら下がっていた、上の階の住人が引っ越したようです。
10日くらい前からガタガタ物音が続き、一人暮らしの男性にしては随分時間がかかっている様子です。数日後にはベランダに脹らんだゴミ袋がたくさん置かれていました。もしかしたら、ゴミに埋もれていたのかも知れません。2カ月ほど留守がちでした。その前は、私の出勤時間とほぼ重なって出かけていました。もしかしたら仕事を失い、女性の元に転がり込んでいたのか、そのまま同棲するのか、新たに部屋を借りたのか、様々に勝手な想像をしてしまいました。

わたしももう少し家賃の安い部屋を探してみましたが、安いところはそれなりの悪条件があります。環境がいいところは更にお高いし、ネット検索をしてみて諦めるしかなさそうです。

(写真:ピンクユキヤナギ=ピンク雪柳:4年目の鉢植えは花付きが少なくなりました:ベランダ
   :川縁のいきいきしている花はきれいです。鉢植えがかわいそうになりました:市内)
09:56  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4390)  最後の桜

2013.04.02 (Tue)



sakrasida_eki13.jpg

きょうは本降りの雨です。
昨日は前日の雨が小降りで、桜の散りは3分とまだ充分にきれいでした。
駅裏の公園の枝垂れ桜並木を、久しぶりに歩きました。先週末の花見の宴会のあとの、静かなこの時期が好きです。枝の短さが気になりましたが、花は満開です。友人なら剪定が、肥料が、など言ってくれそうな気がします。

紫外線カットの深い帽子をかぶっていたのですが、うっかりマフラーを忘れ、襟なしのカットソーで30分ほど歩きました。夕方には首が痒く真っ赤になり、いつもの火傷用の軟膏を塗る羽目になりました。

(写真:シダレザクラ=枝垂れ桜:数年振りにいい時期に撮れました:市内公園)
09:14  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |