2014年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

(No.4695)  東京混声合唱団コンサート

2014.09.30 (Tue)



nobotan_sikon_gn14_1.jpg
(写真:シコンノボタン=紫紺野牡丹:濃い紫は秋の色ですね:市内)

東京混声合唱団「日本の合唱の名曲 山田和樹 音楽監督就任記念コンサート」(神奈川県立音楽堂)
指揮:山田和樹/ピアノ:前田勝則/尺八:関一郎

スタートは舞台には指揮者だけ、会場のどこからか心地よいハミングが聞こえ、団員が客席の階段を下りてきます。次第に森の声を聴いてるような歌になっていきます。心が洗われるような美しい声が響きました。ステージに立ったところでMCも交えながらのプログラムが進みます。ソフトでエレガントな物腰で、音楽の高みへと団員も客席も導いて行きます。聞き慣れた曲もリズム感があり、指揮者には声の美しさを最大限引き出す力があるようです。コーラス経験者が客席にたくさんいらしたようで、最後はアンコールではなく「大地讃頌」を一緒に合唱しました。笑顔で席を離れて行く終演の姿がいいですね。

指揮者・山田和樹は、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者であり、スイス・ロマンド管弦楽団、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者も兼任しています。世界からその躍進ぶりに注目を集め、来年からは日本フィルでマーラー交響曲全曲演奏がスター トします。楽しみです。

プログラムはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
10:13  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4694)  故郷の味

2014.09.25 (Thu)



sakrara_oti14_1.jpg

故郷の姉から、高原とうもろこし、大きな栗、食用菊、枝豆、ミョウガ、唐辛子が送られてきました。
さっそく栗を茹で、皮むきです。専用鋏を使っても半分で、手が疲れてしまいました。それでも充分な量なので、栗ごはんを炊きました。もち米があり、出し昆布、干し椎茸と揃っています。美味しくできました。半分は冷凍しておきます。栗はきょう、明日で皮剥きをしておやつでいただくことにします。
ミョウガの田楽、甘酢漬け、キャベツと枝豆とナスとの浅漬け。故郷の味ですね。生食トウモロコシ、茹でた菊、枝豆も格別の味です。

台風の影響の残りの雨と風が心配ですが、午後から神奈川までコンサートに出かけます。姉と会場で合流予定です。そのあと3日家に泊まり、あちこちのコンサートとお芝居です。お天気だけが心配です。

(写真①:サクララン=桜蘭:ほぼ丸くふんわりと咲きそろいました。ひとつ目は花茎4本だったので、うれしい
   ②:サクララン:ドライフラワーにしてみました:ベランダ)
10:13  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4693)  残暑、そして芸術、スポーツの秋

2014.09.22 (Mon)



sawagikyow14_1.jpg

明け方窓を開けられないくらい寒いのに、朝練で歩き始めると汗ばんできます。
日差しもきつく、通勤の人もまぶしそうです。26度予報ですから、28度までは上がりそうです。ふらふらと進行方向が定まらない台風16号は、24日頃に接近するかもしれないと予報が出ています。うまく逸れてくれるといいのですが。25日、26日、28日はコンサートとお芝居にいく予定なのです。

今シーズンのフィギュアスケートの国際大会が始まりました。昨日のロンバルディア杯は、1位のドーンブッシュに続き、惜しくも2位の無良崇人選手。女子は宮原知子が優勝しました。10月11日のフィンランディア杯は羽生結弦選手が出場します。CSテレ朝2とBS朝日で録画放送があります。わたしはネットのライブ中継を見る予定です。NHK杯のチケットがなかなかチケットが取れないコアなファンたちがいます。ダフ屋のオクションに多数出ていて法外な値がつけられています。スケート連盟も「嵐」公演に見習って、しっかり取り締まってほしいです。

PS:フィンランディア杯。羽生結弦選手が腰痛のため欠場。勇気ある決断だと思います。しっかり休んで笑顔でリンクに戻って来ることを、ファンは望んでいます。

(①:コスモス:近場でも、お花は咲くのです
 ②:サワギキョウ=沢桔梗:秋らしいパープルですね:公園)
11:34  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4692)  大森望・日下三蔵[編]「さよならの儀式 年間日本SF傑作編」

2014.09.18 (Thu)



hazeran14_1_20140917093533840.jpg

どうやら、このまま本格的に秋になるようです。
日中の暑さはさすがに、30度以下の日が多くなりました。しばらくは音楽漬けの日々になります。コーラス練習の追い込みと、演奏会。故郷の姉と一緒の、コンサート3本とお芝居1本を予定しています。芸術の秋ですね。

今回は1作。
大森望・日下三蔵[編]「さよならの儀式 年間日本SF傑作編」宮部みゆき・藤井太洋・草上仁・小田雅久仁・門田充弘他16名による、短編集です。
藤井太洋「コラボレーション」新しい時代のトゥルーネットの世界で、古いネットワークのデータを持っている高沢は、陳に新しい組織に誘われる。構築していくシステムの魅力に、うまく乗せられる高沢。予想通りおもしろく、世界を広げて行ってほしい作家です。

他にも数作、興味を持ちました。いつもは手を出さないSFもおもしろいなと、新鮮でした。 軽く、SFを読んでみたくなりました。

「Book」読書日記に、作家ごとの感想があるので、見てくださいね〜♪

(写真①ガウラ=白蝶草:赤と白が、きょうの風に揺れていました:市内
   ②ハゼラン=爆蘭:夕日を浴びて。そろそろ最後のお花になりそうです:ベランダ)
17:53  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4691)  デング熱と公園

2014.09.16 (Tue)



torakan14_1.jpg

デング熱の発症例が増えていますね。
媒体する蚊の「ネッタイシマカ」と「ヒトスジシマカ」ですが、狭い公園であれば薬の散布で済みます。けれど動植物をできるだけ自然に近い状態で管理している場所では、対応に苦慮しているようです。広大な敷地の新宿御苑は7日からすでに一週間以上閉鎖されています。ヒガンバナも萩も、秋の草花を見ることはできません。
症状が怖いのは確かですが、過剰対策のような気がします。入り口に注意事項を明記し、あとは各自が注意していく方がいいのではないでしょうか。絶対に蚊の被害を出さないなんて、できないでしょうに。

(写真①:マルバハギ=丸葉萩:塀を乗り越えるしたたかさと、しなやかさ。美しいです:市内
   ②:トラデスカンチア・シラモンタナ:10年以上毎年花をつける、ベランダの主的お花)
08:15  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4690)  術後のサポート

2014.09.12 (Fri)



turigane_ninjn14_1.jpg

今朝は室温で26度、外は20度くらいでしょうか。
まだ日中の予報は27度で暑くなりそうですが、セミの声もほとんど聞こえません。秋になったのを実感できます。
ペインクリニック科の診察でした。コルセットを外してから、ずっと微妙な腰の痛みと原因不明の頭痛がありました。やはり筋肉が落ち日常の動作で負荷がかかり、腰が痛み肩凝り、頭痛に繋がっていたようです。漢方薬1種類と、就寝時の筋弛緩剤の1/2量の薬を追加になりました。副作用が出るかを見るため、次は2週間後です。この術後のサポートが、精神的にとても安心なのです。整形外科ではボルトのズレも起きていないし問題ないと、ひと月後の診察予定があるだけですから。あと2ヵ月ほどの療養期間を、前向きに送れます。

(写真①ヒメシャジン=姫沙参:淡いパープルも秋の気配です
   ②ツリガネニンジン=釣鐘人参:白が楚々として、美しい:市内)
08:26  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4689)  十六夜の満月

2014.09.09 (Tue)



moon_super14_1.jpg

中秋の名月の昨夜は雨でした。
今夜は十六夜ですが、満月だそうです。さらに今年最後のスーパームーンになるようです。朝の風で雲も飛び、夜空に美しい月が出てくれたらうれしいですね。
供えるのは、甘いものが苦手なわたしは白い花の実にしておきましょうか。

(写真①:シロシキブ=白式部-実:ほんとうにお団子に見えますね:公園
   ②:スーパームーン:コンデジではこれくらいが限界でしょう)
18:40  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4688)錦織選手、決勝進出/準優勝おめでとう!

2014.09.07 (Sun)



sakraran_up14_1.jpg

世界戦エイトでもすごいのに、ランク1位のジョコビッチとの準決勝で錦織選手が勝利です。
まだ24歳。明後日の、日本人初の決勝戦が楽しみです。ネットのライストで放映されますが、深夜放送はさすがに見られないです。早起きできたら、ラストだけでも見たいです。錦織選手はスポーツ界を変えていく一人ですね。
フィギュアスケートの羽生選手も、フィギュアを変えていきます。そしてジュニアのすごい選手がぞくぞくと出てきています。男子の宇野昌磨、川原星、本田太一選手や、女子の樋口新葉、本郷理華、宮原知子などが続いています。ジュニアの世界大会では1位ロシア、2位日本というケースが多くなっています。これからも目が離せません。

PS:錦織選手、準優勝おめでとう〜〜!

(写真①ギンモクセイ=銀木犀:ベランダの四季咲きです。淡い香りがすてき。
   ②サクララン=桜蘭:アップにするとベロアな花びらと、中心部の幾何学模様が不思議:ベランダ)
10:49  |  スポーツ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4687)  遮光ネットを外し

2014.09.04 (Thu)



8月は曇り空が多かったです。
いずれにしろ、日差しの方向も変わったのでベランダの遮光ネットを外しました。物干ポールにあらかじめネットを留め、便利な挟み棒で持ち上げただけなので外すのも楽でした。鉢植えの花たちも、久しぶりの空気を喜んでいるようです。
ゼフィランサスの白と黄、露草、サクララン、四季咲き木犀が咲いています。ミセバヤがそろそろ蕾を付け始めました。サザンカの花芽もしっかり出ています。小菊も準備を始めました。気温は30度近いけれど、秋の花たちに移行し始めたようです。

コルセットなしの3日目です。慣れない腰が痛いのか、少し頭痛がします。無理をしない生活をあと2ヵ月で、完治するのですから、掃除も見て見ぬ振りでやり過ごしましょう。

(写真:ワレモコウ=吾亦紅:我もまた紅なり。秋の象徴のお花です:公園)
14:11  |  季節  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4686)  宇月原晴明「かがやく月の宮」/両角長彦「ハンザキ」

2014.09.02 (Tue)



otokoesi10.jpg

2作の紹介です。
宇月原晴明「かがやく月の宮」
両角長彦「ハンザキ」


「かがやく月の宮」「竹取物語」が秘匿されていた真の姿を見せる。竹から産まれたという逸話も、五人の公達の尋常ならざる貢物も、すべて竹取翁の仕掛けた罠だった。翁の術中にはまった帝は禁裏を抜け出し、竹取館へ向かう。愛しのかぐや姫と邂逅を果たした帝は、しかし、病に伏してしまった。天照大御神の末裔は一体、何を見たのか。姫が昇天する夜、月が真実を照らし出す。

噂だけのかぐや姫を取り巻く、人物像が実在感を持って登場します。そして翁の張り巡らせた計画にまんまと乗せられ身を滅ぼす男たちが、強烈な印象を残します。帝でさえ病弱をかこつ身でありながら、逢いたい思いに走らされる、ある種の狂気の世界です。微かにつかんだと思った姫の香りから、頭の切れる帝が出したかぐや姫の正体が、とても興味深いです。映画でも描かれていたなかった、月の裏側のような描き方が新鮮でした。ブラックなジブリ映画にしてみたい誘惑に駆られます。

「ハンザキ」競馬解説者の娘の誘拐事件、弟分がヤクザに持ち掛けられた高額のポーカーゲーム、ルーレットに耽溺する政治家に仕掛けられた罠。破天荒な凄腕ギャンブラーの半崎が、地下格闘技で「命」を賭けたゲームに挑む。

短編とショートの組み合わせが、前作に続きうまいです。長編より向いているかも知れません。1時間のドラマにしてもおもしろそうです。余計な描写は削除されていながら、スリリングな心理が伝わってきます。

「Book」読書日記に、作家ごとの感想があるので、見てくださいね〜♪

(写真①オミナエシ=女郎花:秋の花の代表ですね。
   ②オトコエシ=男郎花:対して雰囲気の違うお花です:公園)
15:39  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4685)  サクラランの開花

2014.09.02 (Tue)



sakrara_tb14_1.jpg

久しぶりの、からりとした青空が広がっています。
昨日の診察でコルセットなしでいいと言われました。痛かったり、負荷がかかりそうなときに使用する程度でいいそうです。昨日は室内を恐る恐る歩いてみました。朝練はようやく慣れているせいか、問題ないです。重心がほんの少し違うのか、ときどき足がもつれて苦笑いですが。

ベランダのサクラランのつぼみを、昨日見つけました。今朝はもう、開花です。4シーズン目でようやくです。葉が病気になったときの対処も間違っていなかったようです。新宿御苑旧温室で見たのは何年前のことでしょう。あの感激がようやく、手元に。うれしい朝です。

(写真①サクララン=桜蘭:造詣がきれいですね:ベランダ
   ②サクララン=桜蘭-つぼみ)
10:33  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |