2015年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

(No.4762)  フィギュアスケート世界選手権大会

2015.03.29 (Sun)



kyuri15_1.jpg

フィギュアスケート世界選手権大会が終わりました。
なんだか壮絶な試合だったという印象です。各選手たちが怪我や高熱を押して滑り、気持ちをコントロールして自分の出せる力を振り絞っていました。
ゆづくんは、よく銀賞を手にしたと思います。まだお腹の傷も足首の捻挫も完治せず、さらに股関節も痛めていたと終わってから知りました。3月に練習を再開してからも、週に数日1日数時間しか練習できなかったとは言葉もありません。オーサーとメール連絡をして指導を受けたとは言え、実地の指導とは違います。病気と怪我と孤独と向き合っての練習だったのです。
盟友ハビエルの優勝を笑顔で讃えながらも、自分がまだできたであろう演技を表彰式前まで確認し「悔しい」と言わせる強さに改めて畏怖の念さえ持ちます。彼のファンであることを誇りに思います。小塚、無良選手のがんばりにもどれほどの思いがあったことかと、胸が痛くなりました。

女子の宮原知子、本郷理華、村上佳菜子選手も全力を出せたと思います。ラジオノワ選手が高熱での演技も、よく滑り切りました。
アスリートは言い訳をしない。強い自己コントロールで、自分を高みに引き上げていくだけです。ライストでエキシビションを見ながら、それぞれの人生に思いを寄せています。

(写真①:桜=染井吉野:満開に近い木もあります。桜につながる想い出が胸に迫ります。
   ②:キュウリグサ:桜の足元の2mmほどの美形。わたしの希望の大きさほどの:市内)
15:46  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4761)  フィギュアスケート世界選手権大会

2015.03.27 (Fri)



yukiyana_pi15_5_1.jpg

yukiyana15_8_1.jpg

フィギュアスケート世界選手権大会が始まりました。
女子ショートで1位のトクタミシェワ選手が、単独ですがきれいにトリプルアクセルを飛びました。女子史上6番目。伊藤みどり選手は3A+3T、浅田真央選手は3A+2Tですから、その技がいかに難しいかがわかります。ただ、今までの3回転+3回転ジャンプから一段上にレベルアップしたのは確かです。宮原知子選手や樋口新葉選手も練習を始めていると聞きます。改めてフィギュアのスポーツ面が、アップしそうです。
夕方から、男子ショートがスタートです。最終グループは、町田選手の代わりにデニス・テン選手が入ったGPFと同じメンバーです。ゆづくんの奇蹟を祈りたい気持ちです。

(写真①②=ピンク雪柳:主役はわたしと、つぼみが主張しています。強風で波のよう。
   ③=雪柳:白も美しいです:市内)
14:18  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4760)  桜の開花

2015.03.24 (Tue)



sakra_owsima15_1.jpg

ゆづくんが、世界戦出場で上海入りしました。
メディアやテロ対策もあって、強固な守りの入国だったようです。表情は固く無口のままです。ただ、スキップしてダッシュで駆けて行ったのは、足は大丈夫のアピールだったのでしょうか。チームジャパンのトレーナーも、着用禁止だと聞きます。会場もペットボトル、水筒も禁止とか。
手術の後カナダのトロントに戻らず、一人日本で練習をしていました。コーチのオーサーとは、メールで指示や指導のやりとりをしていました。一人でのモチベーション維持は大変だったでしょう。でも、ゆづくんの闘争心は強いものがあります。しっかりと復帰できていると思います。いまごろはクリケットチームの仲間たちと笑顔でじゃれ合っていることでしょう。
選手たちが安心して実力が出せるよう、怪我をしないよう、TVで応援したいと思います。

(写真①:桜・染井吉野:市内で一番早い木で、開花を確認です。
   ②:大島桜:ひと足早く、見頃を迎えました:市内)
12:14  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4759)  テニスTV観戦

2015.03.23 (Mon)



anemone_paup15_1.jpg

anemone_sipa15_1.jpg

BNPパリバ・オープン戦はジョコビッチ優勝で終わりました。
錦織選手は初の4回戦進出でしたが敗退です。時差で早朝3時、5時スタートの試合を見るのは大変でした。決勝戦は1時間遅れのスタートだったので、全部観ることができました。準決勝で敗退したラオニッチ選手も惜しかったですね。流れをどう持って来るのか、作戦を考えている表情、メンタルが揺れ出したり崩れたりもおもしろかったです。すっかりテニスにもハマってしまいました。

次はマイアミ・オープン戦が25日開幕で、錦織選手は第4シードで出場です。去年は4位ですから、今年は優勝の期待がかかります。年間の必要出場数もあり、大きな大会、中規模の大会、いろんな組立ても必要なようです。2〜3時間の試合も過酷です。体調管理をどこにピークを持っていくのか。怪我や疲労のメンテ、コーチやトレーナーとの連携も大切でしょう。厳しいスポーツですね。

(写真①ローダンセマム:シルバーリーフがお気に入りの、新顔です。
   ②③アネモネ:今年も咲いてくれました:ベランダ)
13:46  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4758)  大寒桜(安行桜)が見頃

2015.03.20 (Fri)

春ですね。咲き出すとお花たちは駆け足です。写真の整理が追いつきません。うれしい悲鳴です。

sakra_nami15_1.jpg

(朝ウォーキングのコースのひとつです。ビルとマンションの隙間の、小さな公園。メトロ駅が近い)



(もうひとつのコースです。小学校の前に、並木ができました)

sakra_angyo15_8_1.jpg

(枝が若くのびやかです。花も初々しさがあります)

sakra_owkan_oti15_1.jpg

(ついばんだ犯人はヒヨドリかも知れません。ツツジが開花したように見えます)
18:46  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4757)  吉永南央「青い翅」

2015.03.14 (Sat)



jintyoge15.jpg

寒さを言い訳にして1月・2月にサボっていた、朝練(ウォーキング)を再開しました。
あちこちのお庭に見えるお花が、すっかり春の装いです。寒緋桜の鉢植えもありました。プラムも満開です。知らなかった道に、大寒桜(安行桜)の街路樹も並んでいました。寒さのための遅れを取り戻そうとしているようです。

今回の1作。
吉永南央「青い翅」
版画家の黒木が消えた。美しい蝶「ユリシス」の木版画を託された親友の善如寺は、黒木の才能を信じ、この「複数性に頼らない、絵画のような版画」を大切に守ってきた。だが18年後、善如寺は4枚もの複製の存在を知る。それらは偽物なのか。あるいは黒木に裏切られていたのか。衝撃を受けた善如寺が探偵に依頼した調査は、思わぬ人物へと波紋を広げてゆく。

濃密な文章が、文字空間を想像させます。鱗粉がキラキラ輝く青い蝶の映像と重なるような、美しくはかなげで妖しいシーンに魅せられました。異なる視点の人物が語る、黒木像。伝説的な版画家の最後に迫る、息詰るようなシーンがうまいです。丁寧な人物像の描写で、黒木のイメージと、世知に丈た善如寺の行動がうまく対比されています。本格ミステリとして、なかなかのできです。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。興味のある方はどうぞ〜♪

(写真:ジンチョウゲ=沈丁花=白花・赤花:もうすっかり春です:市内)
17:56  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4756)  生き方を考えてみる

2015.03.12 (Thu)



tubaki_miti15_1.jpg

どんな生き方をしたいのか、ずっと考えていました。
わたしができること、楽しむこと、いろんな制約がある中でのことです。これだ!と思い情報収集しているうちに、無理とわかるのです。その繰り返しです。焦らずに、ゆっくりと進もうと思います。

(写真①ギョリュウバイ=檉柳梅:紅白があるとは。初花です。
   ②椿散る道:小石川植物園)
17:56  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4755) 3.11から4年、復興まで道は長く 

2015.03.11 (Wed)


(写真:ローダンセマム:白いお花を添えて:ベランダ)

2011_3_11_tukin.jpg
(写真:いつもと変わらない通勤風景の朝でした)

2011_3_11bill.jpg
(写真:7階の裏階段からのビル群。これらが揺れたのです:中央区)

あの悲惨な東日本大震災から4年目です。
亡くなられた方、行方不明の方に、心より哀悼の意を表します。
続く東京電力福島原子力発電所の事故は、廃炉でさえ永遠に思える作業が続いています。それに対して、大江健三郎氏と鎌田慧氏が会見を開きました。
大江健三郎氏の作品を10年ほど追いかけて読み、彼の思考の仕方に共感し深い影響を受けました。全人格をかけたこれほどの明確な主張に激しく心を揺さぶられました。

詳細はこちらをご覧下さい。
「今、日本は戦後最大の危機を迎えている」
14:33  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4754)  筋力アップなど

2015.03.10 (Tue)



itige_yukiwari15_1.jpg

inf_cogo_fra15_1.jpg

花の写真を撮りに行っても、腕や手首が疲れてしまいます。
コーラスを歌うときでさえ、曲集を持つ腕が疲れます。筋力や、肺活量のアップをしたいと、フィットネスクラブなどを見学してきました。トレーニングマシンが揃い、5、6人が使用していました。ランニングをしたり、ホットヨガをしています。基本的に健康な人がより運動能力を高め、スリムになることが目的のようです。わたしのように不調を抱えながら、少しのアップを負担にならない程度に高めていきたいというのは、方向性が違っていました。
短期間講習を受け、あとは自宅で継続できるような筋力アップ運動がほしいのです。目的がわがままなので、難しいです。ヨガは以前に数年続けたことがありますが、効果はわずかで肩凝りさえ治りませんでした。
根本的な自律神経の働きを活発にすること。肺活量を大きくすること。日々の健康を維持すること。目的別に探していこうと思います。

(写真①:セリバオウレン=芹葉黄蓮:きれいな開花を初めて見ました:小石川植物園
   ②:ユキワリイチゲ=雪割一華:たくさん咲いても、はかなさがあります
   ③:オオイヌノフグリ&コゴメイヌノフグリ&フラサバソウ:大きさ順に。フラサバソウはup)
10:45  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4753)  谷口真由美「日本国憲法 大阪おばちゃん語訳」

2015.03.07 (Sat)



sakrakan15_2_1.jpg

しっとり雨の一日になりそうです。
ひと雨ごとに春の進みが加速していくようです。ベランダもキルタンサス、レウイシアが咲き、ピンクの山茶花が最後の一輪を咲かせ、アネモネ、ムスカリの蕾も立ち上がってきました。

フィギュアスケート世界戦ジュニア女子で、樋口新葉選手が3位です。ロシア勢に迫るわかばちゃん、エッジミスなしのパーフェクトジャンプ。男子はSP1位:宇野昌磨、明日のFSが楽しみ。

デビスカップ2015「日本VSカナダ」がスタートです。第1試合:伊藤VSナダルはナダルのストレート勝ち。第2試合は錦織VSポスピシルで、錦織のストレート勝ちでした。2戦目は3/9(月)5:00から錦織VSラオニッチです。

あれもこれも興味のあるものばかりで、今回の読書は1作。
谷口真由美「日本国憲法 大阪おばちゃん語訳」
はじめから終わりまで、大阪弁のおしゃべり言葉で書かれています。子どものガッコのことから、夫婦の生活、集団的自衛権から護憲・改憲問題までを、「おばちゃん」目線の井戸端会議のノリで解説。

憲法学者の著作です。わたしはいつ憲法を読んだだろうと考えると、遥か遠い学生時代です。日常的に、政治的に何か話題になった時に、自分の目で読まなくてはと思い知らされました。大阪弁は読むのは苦手ですが、基本的にはわかりやすく書かれています。子どもたちにも読めると思います。いまだから目を通しておくことが、大切だと思います。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。興味のある方はどうぞ〜♪

(写真:カンザクラ=寒桜:満開を迎えていました。枝のたわめがきれいでした:小石川植物園)
09:28  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4752)  梅が見頃に

2015.03.04 (Wed)



ume_si15_4_1.jpg

ume_benigak_re15_1.jpg

ume_beni15_1_20150304092754292.jpg

高台にある小石川植物園の、梅が見頃でした。
都内でもっとも気温が高い植物園だろうと思われ、6月頃からは酷暑でとても行く気になれないほどです。寒い春もようやく暖かさを感じさせてくれます。白、紅、緋色。一重八重、枝垂れと種類も豊富です。「きれい!」と、思う瞬間が好きです。感性はまだ持ち合わせているようです。
ゆっくりとご高齢のご夫婦が歩いている姿も、いいものですね。
14:45  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4751)  2月「Flower」に雪割草を

2015.03.01 (Sun)



yukiwari_pigyae15_1.jpg

yukiwari_pasi3ha15_1.jpg

あまりにも写真が多いので「Flower」の2月に雪割草を、追加しました。
ご覧いただけたら、うれしいです。
「Flower」の2月
14:27  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4750)  春三月、雪割草

2015.03.01 (Sun)



yukiwari_hanabira_miz15_1.jpg

yukiwari_pisbe15_1.jpg

yukiwari_syu15_1.jpg

寒いとぼやいているうちに、ダウンジャケットが不要になりました。
雪割草展のたくさんの写真を整理しているうちに、やはり花が好きだと改めて思いました。雪割草と山野草の写真が多過ぎるので、「Flower」のコンテンツを更新する予定です。

6年ぶりに小石川植物園に行ってきました。駅からの坂道の上りがきつく、かなり足の筋肉に自信をつけていたのに打ち砕かれました。車道が一方通行になり、歩道の幅が広がりました。フェンスも改装され、不透明穴空きアクリルと石垣もどきになりました。チケットも入り口に自動販売機が設置されました。御苑の2倍の料金は高過ぎますが。
中は変わりません。歩き慣れたコースです。薬草園のバイカオウレンや福寿草、迎春花、フラサバ草、オオイヌノフグリ、コゴメイヌノフグリ。
目当ての梅も見頃でした。少しづつ紹介していきます。

(写真①②:ひな飾りと水に浮かべた雪割草の、なんという贅沢さ♪
   ③ユキワリソウ=雪割草・ピンク系
   ④ユキワリソウ=雪割草・朱色系)
09:41  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |