2015年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

(No.4772)  藤井大洋「ビッグデータ・コネクト」

2015.04.28 (Tue)



satuki_re15_1.jpg

連日25度の夏日が続いています。
つい数日前までの肌寒さは消え、初夏にジャンプしたようです。体がまだ追いつかず、長袖のカットソーを着ています。ただし紫外線アレルギー対策は完全装備しています。

今回の1作。
藤井大洋「ビッグデータ・コネクト」
公立図書館と私企業との提携を進めるエンジニア・月岡が誘拐された。警察に、月岡の切断された指が送りつけられる。サイバー犯罪捜査官・万田警部と一匹狼のハッカー・武岱(ぶだい)が個人情報の闇に挑む。武岱はかつてXPウィルス配布の容疑で逮捕されるが、無罪となっている。立ちはだかったのは行政機関と民間会社の闇だった。

SFだけではなく、警察小説も書くのですね。おもしろい展開です。ネットの中は、ある意味ではSFの世界に近いかも知れません。現実の事件と巧みに絡ませ、違法すれすれのところで捜査にのめり込んでいく男たちの姿はインパクトがあります。命を削ってまで、システムの危険性を回避し圧力に屈しない姿勢が、破滅型ではあります。読者をミスリードさせながらの推理と捜査は、読ませます。多少ネットの説明が多いのはやむなしでしょう。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪

(サツキ=皐月"一生の春":染め分けの種類の、ネーミングがなんてすてきなことか:市内)
17:18  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4771)  筋肉と腱鞘炎

2015.04.28 (Tue)

fji_zen15_1.jpg



fji_tana15_1.jpg

fuji_up15_1.jpg

近場のスポットに藤があるという、知人の紹介で行ってきました。
蕨市の三学院というお寺に隣接する、幼稚園の庭です。あるいはお寺が経営しているのかも知れません。朝の境内は参拝客も数人でした。ボタンやハナミズキもきれいです。
みごとな大木一本から、これほどたくさんの花房が下がるとは想像以上でした。ただ園庭には入れないので、柵越しでした。樹を守る上でもいいことかも知れません。藤の香りと、花の美しさに感激しました。大きな蜂が飛び回るのは少し怖かったですが。
名勝地は遠いし混んでるし、タイミングが難しいし、すごいカメラで誰が撮っても同じような写真をよく見かけます。コンデジでこれくらい撮れたら充分です。明日は「藤祭」で催事があるようですが、わたしは花だけで満足でした。

足腰に痛みがなく、自由に動ける喜びを味わってきました。実は、2月頃から腰骨の端が徐々に痛んでいました。近くの整形外科では、手術後の神経症かも知れないので受けた病院の受診を勧められました。先週うまく予約が取れ受診できました。押すと痛いのは神経症ではなく、筋肉と骨を繋ぐ部位の炎症と診断されました。自然治癒も、副作用のある湿布、飲み薬での治癒も難しいので、トリガーポイント注射治療を受けました。即効薬とゆっくり効く薬が入っているということでした。ウォーキングも控えめに、そして呼吸法のストレッチを休むことにしました。押すと少し痛いですが、いまはほとんど痛みを感じません。
たかがストレッチで筋肉などに炎症が起きるとは、なんとヤワな身体でしょうか。ため息がでます。

(フジ=藤:8分咲の見頃でした。繊細に美しい花です:蕨市)
11:49  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4770)  バルセロナオープン、錦織選手優勝

2015.04.27 (Mon)



sibasakra_pi15_1.jpg

sibasakra_pi_re15_1.jpg

バルセロナオープン。錦織選手が優勝で大会2連覇です。
決勝戦の開始が、きょうの00:40からだったのでライブで見ることができませんでした。起きていられない時間帯でした。結果を知ってからのネット動画で見ました。錦織選手とアンドゥーハル選手の表情の変化が、メンタルが現れて興味深いですね。必死に手札をすべて出しても及ばないことを、嫌でも知りながらプレーを続ける大変さが伝わります。丁寧に落ち着いて1点づつ積み上げていく、錦織選手にはオーラがありました。
次のムチュア・マドリード・オープンが楽しみです。上位者の出場が義務づけられている大会ですから、全力プレー、好戦が期待できるでしょう。

(シバザクラ=芝桜:お寺の境内の花です。名勝地に行かなくても、花は美しい:都内)
16:57  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4769)  フィギュアスケート国別対抗戦を終えて

2015.04.20 (Mon)


(マルメロ:高い樹でズームでようやく見えました:植物園)

karin_up15_1.jpg
(カリン:なんとも言えない色のかわいさ:植物園)

rikyubai15_1.jpg
(リキュウバイ=利休梅:庭の高い樹が満開。白と緑の美しい花:都内)

フィギュアスケート国別対抗戦の3日間の、幸せな時間が終わりました。
ゆづくんのショート「バラード1:ショパン」は音楽と一体になり、キレのよさも加わりました。わずかなミスが惜しかったけれど、体調を考えるとベターです。フリー「オペラ座の怪人」の4Sがきれいに着氷。4Tが3Tになると、他のジャンプにコンポを付け最低限のマイナスに押さえる、冷静に計算したリベンジでした。そして感情移入していたというつぶやき「bye bye」はクリスティーヌとの別れです。わたしにはプログラムとの別れにも思えました。4回転1回のフリーでの最高得点でした。

エキシビションの「パリの散歩道」は、わずか1年と少しの間の成長を印象付けました。滑りもジャンプも表現も、大人の演技になっていました。ジャッジがいたら100点を軽く越えたことでしょう。このプログラムでは彼の力が発揮できなくなっていたのです。ノーミスで終わりましたが「ノーミスがエキシだけか。悔しい」と。
引退するキャシー・リードを、ゆづくんがエスコートして皆で讃えたシーンもすごいと思いました。さらにジャンプ大会もどきのラストで、無良くん、しょーまくん、特別ゲストのデニステン、ハビエルのジャンプが続きます。そしてゆづくんの4ループ+3Aは、次のシーズンを期待させるすばらしいジャンプでした。TVではカットされ過ぎたのが残念です。
ゆづくんの怪我や病気を取り除いて、健康な身体にしてください、神様。と願わずにいられません。
10:10  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4768)  プチ旅行、フラダンスの魅力

2015.04.18 (Sat)

hanamiz15_1.jpg



fra15_3_1.jpg

fra15_2_1.jpg

fra15_5_1.jpg

福島のスパリゾート・ハワイアンズに1泊で行ってきました。
無料送迎バスで3時間です。行きの東京駅発は一人席でゆったり本を読みながら、帰りはさいたま新都心駅着でメンバーが違い賑やかな車内でした。
部屋着がムームーで、寒いとその上に綿入りのどてらがあります。厚手の鮮やかなムームーが気に入りました。
期待のショーは2ステージあります。笑顔と熱のこもった踊りに引き込まれました。ショーだけをまた見に来たくなります。一人一人のダンサーにどんな人生があるのだろうと、思いめぐらせていました。「続・フラガール」があってもいいでしょう。
ファミリーでプール遊びもいいでしょうし、ゆったり岩風呂に浸かるのもいいでしょう。3年連続できているという老夫婦もいらっしゃいました。いいですね。
それにしても、みんなよく食べます。到着後昼食(ラーメンその他)、店内でジュース、ポプコーン他。夕食のバイキング大盛りとお酒。カラオケでつまみとお酒。翌朝食バイキング大盛り、バス待ち休憩室でのお菓子、昼食、お菓子、バスの中のお菓子。休むまもなく口が動いていました。この食欲が生きるパワーなのかも知れません。それが少し、わたしに欠けているところかも知れません。元気をもらって戻りました。

yui_spa15.jpg
11:35  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4767)  乾ルカ「森に願いを」

2015.04.12 (Sun)



karasendow15_1.jpg

青空の見える空は久しぶりです。
今週からは春の平年並みの気温になると予報が出ています。期待したいですね。

今回の1作。
乾ルカ「森に願いを」

登校拒否の息子を持つ母親、自分に合った仕事が得られず世間に不満を抱く女、成績が揮わず都会の進学校で居場所を失った学生、リストラされた中年男など。希望を失い、森に迷い込んだ人々に森番の青年は語りかける。「ここはとても気持ちのよい森なんです。どうか歩いてみてくださいませんか?」そして最後に明かされる、森と森番に秘められた物語。

他人事としてみるとよくある問題も、当事者は死を考えるほどの深刻な悩みです。けれど責めずに受け入れてくれる、話を聞いてくれる、言わなくても察してくれる希有な存在の森番です。ふんわりいい話なだけではありません。問題を鋭く描き出す作者の、視点のぶれない方向性がすごいです。こんな森があったら、わたしも一日風を受けて座っていたいです。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪

(写真①:アーモンド:ピンクが青空にきれいです。
   ②:カラスノエンドウ=烏野豌豆:紅色がかわいい花ですね:市内)
09:22  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4766)  映画「フラガール」から

2015.04.11 (Sat)


(アセビ=馬酔木:久しぶりに撮りました。花の中を覗いてみる)

asebi_si15_1.jpg
(アセビ=馬酔木:白が輝いています)

asebi_pi15_1.jpg
(アセビ=馬酔木:ピンクのやわらかさも好きです:市内)

三寒四温という言葉が当てはまらない今年です。
先日はみぞれも降り、驚きました。五寒二温ですね。それでも日差しを受けて、花たちは開花し散っていきます。朝ウォーキングで、それぞれのお家の庭木の美しさにハッとします。たくさんのプランターを玄関前やフェンスに吊るしていたり、花への愛情が感じられます。

数年前、映画「フラガール」を観てのすばらしさがいまだに頭に残っています。蒼井優、そして松雪泰子の激しい感情をほとばしらせたダンスが強烈でした。ロケ地に一度行ってみたいと思っていました。検索したところ、無料送迎バスがあり1泊料金ですべてのショーを観られそうです。さっそく申し込みました、お一人さまで。13日・14日です。心も荷物も軽く行ってきます。

kmomaso15_1.jpg
(クモマソウ=雲間草:プランターで満開になっていました:市内)
09:30  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4765)  サントリーホール オープンハウス

2015.04.05 (Sun)

hadenbelgia15up_1.jpg



曇り空で寒かったけれど、雨が降らずによかったです。
オープンハウスはステージの準備風景、ステージでの記念撮影、指揮者体験、オルガン&オーケストラコンサート(横浜シンフォニエッタ)が大ホールであります。小ホールでは弦楽カルテットとオペラ名曲コンサート(サントリーホール室内楽アカデミー)が各30分4ステージあります。
カラヤン広場では屋台がテントを並べ、食べ物、和紙、アクセサリー、お花、ちびっ子のさまざまな体験コーナーがあり、家族連れの若い客層がいつものコンサート風景とは違い楽しそうです。コンサートがシニア層と音大生にほぼ占められている現状から、若い層のクラシックファンを広げる、試みとしてとてもいいのではないでしょうか。
小ホール4ステージを聴くつもりでしたが、入場待ちの列に30分立つのが辛かったです。弦楽カルテットは残念ながら音の美しさに欠け、特にチェロの音が伴奏レベルでした。オペラ名曲は若手の女声歌手が勢いがあり、声の乗る年代のよさが出ていました。ソプラノの伸び、メゾソプラノのコロラトゥーラがうまく、アルトもなかなかでした。押さえ役のテノールが引き締まらなかったのが残念です。
弦楽カルテット1ステージ、オペラ名曲2ステージで体力が尽きました。桜蜂蜜とインテリアのミニ楽器のチェロをお買い上げして戻りました。
cello_mini15_1.jpg

(写真:ハーデンベルギア:仕立てが2mの美しい木。白い花がすてき:市内)
10:43  |  音楽  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4764)  桜吹雪は撮れないけれど

2015.04.05 (Sun)



sakra_rast15_1.jpg

桜が散り出すと、あっというまですね。
公園か植物園に撮りに行こうと思っていたけれど、青空と雑用の調整が難しく、近場の写真だけでした。それでも充分きれいです。日常の暮らしをしていて桜を楽しめるのですから、案外贅沢なことかも知れません。

テニスのマイアミ・オープン戦は、錦織選手が準々決勝でイスナーに敗退でした。208cmの長身からの200キロ越えのサーブは、コース読みを外されるとリターンできません。昨日の準決勝では、ジョコビッチがそのイスナーと対戦で2:0で下しました。出かける前に1セット目と2セット2ゲームまで観戦していました。イスナーの強烈サーブをリターンするジョコビッチの技術、冷静な作戦で次第に追い詰めていくのはさすがでした。決勝は明朝2時からで、マレーvsジョコビッチです。起きていられない時間帯なのが残念です。
09:57  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4763)  中山七里「嗤う淑女」

2015.04.02 (Thu)



momo_genpei15_si_1.jpg

momo_genpei15_3_1.jpg

桜が開花宣言からすぐに満開になりました。
明日から雨の予報ですから、きょうで染井吉野は見頃は終わってしまいそうです。その後のさまざまな桜は、晴れた頃に見頃になるのではないでしょうか。

今回の1作。もう1作Twitter文学賞で話題の木下古栗「金を払うから素手で殴らせてくれないか?」を読みましたが、感想の書きようがないのでスルーします。
中山七里「嗤う淑女」
恭子のクラスに、従姉妹の蒲生美智留が転校してきたのは中一の秋だった。イジメと再生不良性貧血という難病から美智留に救われた恭子は、美智留の美貌や明晰さに憧れ心酔していく。やがてある出来事をきっかけに、二人は大きな秘密を共有する。27歳になった恭子は、「生活プランナー」の美智留のアシスタントとして働く。借金を抱える銀行員の紗代、就職活動に失敗した弘樹、働かない夫に困窮する佳恵。美智留は解決法を示唆するが、ダークヒロイン・美智留の罠に堕ちてゆく。

うまく構成していて、論理や伏線の破綻もなく読ませます。ただ、美智留の心に揺れる部分がなかったのか。ずるさの中にある哀れさがあったら、もっと地に足の着いた悪女になった気がします。男の視点からの勝ち続けるダークな女性像に、わずかなズレを感じたのが惜しいです。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。興味のある方はどうぞ〜♪

(写真:花桃・源平枝垂れ:ドーム状にきれいに剪定され、どの花も「わたしが主役」と主張しています:市内)
09:59  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |