2015年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

(No.4800)村上龍「希望の国のエクソダス」/アンディ・ウィアー「火星の人」

2015.07.30 (Thu)


(クレオメ:お気に入りの花。もうベランダにはないけれど)

猛暑にも関わらず、読書が進んでいます。読める時は読むぞ、と宣言してみます。

村上龍「希望の国のエクソダス」/アンディ・ウィアー「火星の人」
「希望の国のエクソダス」2002年、失業率は7%を超え、円が150円まで下落した日本経済。アフガンゲリラに参加した16歳の少年をきっかけにして、日本の中学生80万人がいっせいに不登校を始める。彼らのネットワーク「ASUNARO」は、ベルギーのニュース配信会社と組んで巨額の資金を手にし、国際金融資本と闘う。少年犯罪の凶悪化、学級崩壊など、さまざまな教育問題が噴出し「学校」「文部省」「親」と責任の所在をたらい回しにする世間を尻目に、子どもたちは旧来の前提に縛られた大人の支えを必要としないことを立証する。やがて北海道に移住し、地域通貨を発行するまでに成長していく。

設定の子どもたちの「物質的になんでもあるが、希望だけがない」という言葉はいまも状況は変わっていません。さらに悪い事態も迫っています。村上さんの作品からはずいぶん遠ざかり、しかも15年前の作品ですが、インパクトがありました。激しい感情の発露のない子どもたちの表情が、近未来だとすると背筋がぞっとします。希望を見出し続けられるのでしょうか。「ASUNARO」崩壊の予感がわずかに描かれているままに終わります。最近の作品も読んでみたいと思います。

「火星の人有人火星探査が開始されて3度目のミッションは、6名の調査隊によるものだった。猛烈な砂嵐で中止を余儀なくされる。機体に乗る寸前に折れたアンテナがマークを直撃、砂嵐のなかへと姿を消した。船長の悲愴な決断で火星を離脱する。ところが奇跡的にマークは生きていた。不毛の赤い惑星に一人残されたマークは、限られた物資、自らの知識とエンジニアの技術を駆使する。ハブの中で予備のEVAスーツを使い、水と土を作りジャガイモ栽培、地球との通信も復活させていく。

絶望的な課題を突きつけらては、乗り越えるとまた別の難題が降りかかる。ひるまずユーモアと希望を失わないマークが魅力的です。エンジニアの素質と生命力が突出しています。展開の早さと説得力のある危機脱出力で引きつけます。長編ですが、最後まで飽きさせません。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
09:56  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4799)  猛暑続きでも

2015.07.29 (Wed)



asidansera15_6_1.jpg
(アシダンセラ:花期も長く楽しませてくれた。最後は花びらがピンクっぽくなり美しい:ベランダ)

猛暑とか、書くのも嫌になる毎日です。
じっと部屋にいて本を読んだり音楽を聴いたりしていると、どうも体が冷え過ぎます。用事で出かけてたっぷり汗をかいた方が、ぐっすり眠れることに気付きました。いまさらですが。
コーラス、ボイストレーニング、ちょこっとの買い物や遊びなど、少しでも動くことにしました。ただ駅まで15分歩くのは危険なので、初めてですが市内運行バスを利用するようにしています。発着地点や経路がわからず、マップ情報が違っていたりで、列に並ぶ方に聞いた方が確実でした。涼しくなったらまた長く歩くことにします。
09:25  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4798)  宮内悠介「エクソダス症候群」

2015.07.25 (Sat)


(ハマユウ:白い花びらのくるりがさわやかな、夏:公園)

himehiowgisuisen15sz_1.jpg
(ヒメヒオウギズイセン=姫緋扇水仙:鮮やかな朱色は子どもの頃の夏:市内)

連日の真夏日です。昨日は少し下がりましたが蒸し暑いです。
デパート催事で「ハワイアンショー」を3ステージ見てきました。フラダンス教室がこんなに集合するのは珍しいでしょう。1日30分で6ステージほどが7日間。ゆるやかな自然との調和を感じさせるダンスもすてきでした。「スパリゾートハワイアンズ」のメンバーのダンスも見られました。 激しく腰を振るタヒチアンダンスは、ステップがつくるのですね。衣装もさまざま、笑顔も、年齢も幅広く、緊張で指先が震えているところまで見てしまいました。

宮内悠介「エクソダス症候群」
地球の近未来。すべての精神疾患が管理下におかれ、診断が機械化され投薬でコントロールできる状況にも関わらず、人々は死を求め命を断った。地球の大学病院を追われ、生まれ故郷の火星へ帰ってきた青年医師カズキは、亡くなった父親がかつて勤務した、火星で唯一の精神病院へ着任する。この過酷な開拓地の、薬もベッドもスタッフも不足した病院・ゾネンシュタイン病院は「生命の樹」を模した配置で建てられていた。そして彼の帰郷と同時に、隠されていた不穏な歯車が動きはじめた。25年前にこの場所で何があったのか。

惑星間精神医学などの言葉が、SFならではで新鮮です。人間が生きていくには過酷な環境の火星での暮らしで、人々は病んでいきます。相手にする患者は苦悩する人間であり、医師もまた苦悩するのです。現在のわたしたちに置き換えても同じでしょう。読後に「自己ルーツ」「帰巣本能」という言葉が残りました。冷静な文体が印象的で、読ませる作家です。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
09:05  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4797) ボイストレーニング

2015.07.19 (Sun)


(ピンク・アナベル:最後のひと房はグリーンっぽくなりました:ベランダ)

anabel_pitb15_1.jpg
(ピンク・アナベル=つぼみ:つぼみがかわいらしい〜〜:ベランダ)

ruriyanagi15_1.jpg
(ルリヤナギ:涼しげに揺れていました:市内)

enocoro_sz15_2_1.jpg
(エノコロ草=雫:梅雨最後の雫になるでしょうか:市内)

暑くなり湿度も高いと、用事がないと出かけない理由になります。部屋でできるストレッチで、代用してしまいます。
コーラスでもカラオケでも感じていた、声量のなさをなんとかしたいと思っています。オペラコーラスのボイストレーニングはほとんど効果がなかったです。
カルチャー講座の3ヵ月コースを受けることにしました。体験の1時間半で、ふくらはぎが筋肉痛になるほど、足腰をしっかり使います。背筋、腹筋も使い、横隔膜を広げて呼吸をするという、目から鱗の経験でした。自分では気付かない、上半身が後ろに倒れているという姿勢も直されました。たかが3ヵ月でマスターできるほど、甘くはないでしょう。基本を自宅で積み重ね、コツを飲み込めるだけでもいいかと思っています。
ちなみにカラオケの採点も「お腹から声を出して」から、「メロディラインに感情を込めて」に変わりました。3ヵ月がんばってみます。
11:11  |  音楽  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4796)  五十嵐貴久「南青山骨董通り探偵社」

2015.07.13 (Mon)

asidansera_sz15_1.jpg
(アシダンセラ:白に鮮やかな小豆色が美しい。100圴の球根です:ベランダ)


(ハツユキカズラ:白とピンクが絶妙にかわいらしい:市内)

数日の暑さは軽く30度越えで高湿度は、朝から頭痛がしてきます。
週末の台風通過後には梅雨明けになるかも知れません。そろそろ遮光シートの準備をしておきましょうか。

今回の1作。キリのいい1,600作目です。
五十嵐貴久「南青山骨董通り探偵社」
雅也は大手企業に就職したものの、営業成績第一主義の部署からの移動願いを跳ね返される。探偵社の社長・金城から突然話しかけられた。「探偵になる気はありませんか」雅也は訝しみながらも体験入社をするが、厄介な事件に関わることになる。個性的なメンバーの活躍と、仲間意識に惹かれていく。

大手企業での意欲のわかない不満の日々から、一転したバイトの探偵業は刺激的で強烈にハマっていきます。組織と人の、知らなかったつながりに目を開いていく雅也のキャラは、世間知らず過ぎかも知れません。それでも軽快なテンポで読ませてくれます。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
11:10  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4795)  雲の厚い、七夕

2015.07.07 (Tue)

utubo_si15_1_2015070721041517c.jpg

utubo_bl15_1_201507072104169be.jpg

utubo_pi15_1.jpg
(ウツボグサ:白は初花です。よく見るとかわいい♪ :公園)

小雨もぱらつく、七夕祭りの商店街を歩きました。
町内会で出す夜店がずらり並び、浴衣を着た子どもたちやファミリーで混雑していました。わずか100円の綿菓子を買いました。家で食べるつもりがすぐに溶け出したので、歩きながら食べることに。幼い頃の宵宮の記憶とつながります。
祖母も両親も姉兄も一緒です。ひ弱なわたしは、可愛がられたのでしょうね、きっと。
短冊に願いを書くことも、ずっとしていません。いまは何を願うでしょうか。ささやかに「健康で過ごせますように」になるかも知れません。
21:01  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4794)  ウィンブルドン錦織選手、スケート羽生結弦選手

2015.07.06 (Mon)


(イワゼキショウ=岩石菖:かわいらしい小さな花。花茎が3本に増えて:ベランダ)

sakran15_1.jpg
(サクララン=桜蘭:花茎が5本に!次々に咲きそう:ベランダ)

fuji_oso15_1.jpg
(藤:季節外れの梅雨の藤がきれいです:市内)

aberia_oti15_1.jpg
(アベリア:雨に打たれて、散り花も美しい:市内)

ウィンブルドンテニス。無念だろうと察するにあまりある錦織選手棄権のあと、ナダルがブラウンに2回戦敗退の波乱がありました。同じ相手に錦織選手は前大会で勝利しています。 明日6日の準々決勝はジョコビッチ、アンダーソン、ワウリンカ、ゴフィン、ガスケ、キルギオス、トロイキ、マレー、フェデラーなど順調に進んでいます。ライストで見ています。
フィギュアスケートのアイスショーで、ゆづくんの新シーズンのフリープログラム「SEIMEI」エキシビションの「天と大地のレクイエム 3.11」がすごいです。野村萬斎演ずる安倍晴明の映画を参考にした、和のプログラムです。ショーでは4分半を3分に短縮していますが、その中で3本の4回転を入れスピード感のある力強いものです。
「天と大地のレクイエム 3.11」は、あらゆる感情を吹き出させ、祈りと希望を見せて引き込まれるそうです。こちらはTwitterの現地観戦の方の言葉から、想像している段階です。金沢、神戸公演の放送を待っています。

SEIMEI.jpg

rekiem.jpg

06:00  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |