2016年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

(No.5858)  佐々木譲「憂いなき街」/伊坂幸太郎「ガソリン生活」

2016.03.30 (Wed)


(ペチコート水仙:小さな花が開きました:ベランダ)

テニスのマイアミOP、フィギュアスケート世界選手権と続いています。
合間にわずかな読書、今回は2作です。
佐々木譲「憂いなき街」
伊坂幸太郎「ガソリン生活」

「憂いなき街」サッポロ・シティ・ジャズで賑わう初夏の札幌市内で宝石商の強盗事件が起きた。捜査していた機動捜査隊の津久井は、当番明けの夜に立ち寄ったバー「ブラックバード」でピアニストの奈津美と出会う。彼女は、人気アルトサックス・プレーヤーの四方田純から声がかかり、シティ・ジャズへの出演を控えていた。ジャズの話をしながら急速に深まる津久井と奈津美の仲。しかし、そんななか中島公園近くの池で女性死体が見つかり、奈津美に容疑がかかってしまう。

純情という言葉に値する津久井の奈津美への思いは、警察官としてのきっぱりとした線引きが好印象です。シティ・ジャズ薬物が捌かれる情報に包囲網を敷き、逮捕に至る合間に見せる人間関係が魅力的な展開です。店や街、人間関係さえも、古風でタバコの煙のような雰囲気がいいですね。

「ガソリン生活」緑の旧型デミオへの愛着のある免許取り立ての良夫と、年齢以上に聡明な弟・亨がドライブ中に乗せた女優が翌日急死する。パパラッチ、いじめ、恐喝など一家は更なる謎に巻き込まれていく。語り手が車で、いろんな駐車場で会話する。

ひさしぶりに伊坂さんの作品を読みました。いつも通りの暮らしの中で起きる事件を、解決していく展開が緩やかで楽しかったです。またミステリに飽きたら寄り道したいですね。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
14:28  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5857)  桜咲く季節

2016.03.23 (Wed)


(桜"染井吉野":ビルの谷間に咲きました:市内で一番早く咲く公園)

sakra16_2_1.jpg

sakra_owsima16up_1.jpg
(大島桜:真っ白な桜もきれいです:市内)

sakra_owsima16_1.jpg

3日前まではつぼみだったのに、1分咲きです。
染井吉野やさまざまな桜の種類があり、こんなに愛でられる桜は日本人の心に引き継がれるのでしょうね。大島桜も咲き進んでいます。寒の戻りがあるようなので、きっと長い開花期間になるかも知れません。10数年前もそうでした。3週間もきれいなままでした。うれしいような、パッと散ってほしいような複雑な心境でしたね。桜祭が終わり八重桜が見頃の新宿御苑を歩きましょうか。
09:27  |   |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5856)  羽生結弦選手の情報がうれしい

2016.03.22 (Tue)


(ピンク雪柳:ぼかしが意図と違ってしまう苦笑い:市内)

yukiyana_si16_1.jpg
(雪柳:あふれるほどに咲くと、どこを切り取るか迷うよ:市内)

引退を決めたさわやか笑顔の小塚嵩彦選手が、すぽるとTVで世界選手権大会の直前解説しました。
しばらくゆづくん情報がなかったのでうれしいです。Twitterで、ゆづくんが2月まで日本にいてコーチと連絡取りながら練習していたという情報もありました。羽生結弦選手を宝物として、そっと見守る仙台の暖かさに安心します。3月にはトロントに戻り練習をしています。コーチ陣との厚い信頼に結ばれた翻訳もうれしいです。まだ試合に入れないけれど、4回転ルッツとループの練習もしているようです。

わたしも今週も歌の自主練習、レッスン、コーラスと明るくアクティブにいきたいです。
08:42  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5855)  錦織選手8強入り準々決勝で、ナダルと対戦

2016.03.17 (Thu)


(さくらんぼ:染井吉野に似た花びらですが、シベが違うようです:市内)

BNPパリバOPテニス4回戦です。1セット目は強烈サーブと自分のミスが重なり1:6。負けるわけにいかないと(たぶん)気持ちを切り替えた表情の2セット目。サーブもやや持ち直し6:6まで粘りタイブレーク勝ち。7:6。3セットもメンタルの強さが途切れず、7:6。頑張った。
錦織選手は苦戦しながら、相手の弱点をつかみ対応していきました。イズナーのバックハンドが返らなくなる。サーブミスも出始める。ボレーミスも。疲れと体調落ちが見える。最後まで勝負を諦めず、タイブレークのラストまで気を抜かず、つかみ取った8強入りがうれしいです。96名のトーナメント戦に初めての8強入りです。
錦織(R6位)、ナダル(R5位)、ジョコビッチ(R1位)、ツォンガ(R9位)のグループと、チリッチ(R12位)、ゴファン(R18位)、ラオニッチ(R14位)、モンフィス(R16位)のグループで決勝戦になります。
19日早朝4時から、準々決勝でvsナダル選手です。準決勝はジョコビッチまたはツォンガ。ここが最高難度の試合です。いい試合が見たいです。

(PS:ナダル戦は残念。ブレークポイントを取りながらも、パワーの差、メンタルの差で6:4、6:3で敗退しました。もっと粘れたかも知れないと惜しい試合でした。優勝はジョコビッチ。最強でした)
16:12  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5854)BNPパリバOPテニス、錦織選手4回戦進出

2016.03.16 (Wed)


(河津桜:ようやく青空。最後の美しさ:市内)

sakra_kawatu16_3_1.jpg

sakra_kawatu16_2_1.jpg

BNPパリバOPテニス、錦織選手3回戦は今朝3時からの試合でした。
vsジョンソン選手です。4時頃ふと目が覚め、1セット目タイブレイク戦でした。かろうじて制し7:6。2セット目もブレイクを取ると次は取り返され、スライスに合わせて持久力のボレーが続きます。卓球のカットマンとの試合のようでした。またタイブレイク戦になりこちらは安心の先取で7:6でした。これで4回戦進出です。ファーストサーブが入らなさ過ぎたのが気になります。肩を痛めていなければいいのですが。メンタル面は今シーズンは安定しています。
4回戦対戦は明日17日9:00開始です。vsイズナーです。
15:55  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4853)  なにか急かされるような

2016.03.13 (Sun)


(アセビ:咲き出しは美しい:市内)

asebi_si16_1.jpg
(そっと覗いて見てごらん:市内)

3.11の記憶を思い起こすたびに、胸が痛みます。
わたしは仕事中の大揺れで帰宅困難者でした。けれど身近な方がなくなったわけではなく、津波や原発事故後のいまを生きている方の気持ちは毎年新たな悲しみを知るのです。家族を助けられなくてごめんと、罪悪感を胸に秘めている方々に寄り添いたいと思うのです。5年経過しても老朽化した仮設住宅で暮らしている方を、なんとかしてほしいです。オリンピックなどの雑過ぎる使用費用を少しまわすとできることがあります。

この間に親友の病死があり、知人の訃報がありました。生まれつきの不調な体でここまできて、いまやりたいことを体験したいと願っています。気持ちの中に、それほど長くない先に鼓動を止めるのではないかという体からの信号かも知れません。急かされるような思いに突き動かされます。
ゆったりとした休日の朝に、感謝の気持ちが生まれます。本を読み、音楽を聴き、動画を見、お家歌練をしてきょうは過ごそうと思います。

ホームページもほとんどはブログ(Diary)を見ていただいているようです。「Book」「Flower」は続けますが「PhotoBBS」はお休みします。「BBS」もお休みにするかも知れません。「Twitter」がメインになっていくと思います。時代の流れも大きく変動しているのですね。
09:02  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4852)   世界卓球、男女とも銀メダル

2016.03.06 (Sun)


(ローズマリー:冬の間も咲き続けていた強さを秘めたお花:市内)

世界卓球女子準決勝で見せた、福原、石川と15歳の伊藤美誠選手の試合がすばらしかったです。
vs北朝鮮で1戦目は伊藤選手はストレート負け、福原、石川選手が勝ち、2戦目の伊藤選手のメンタルアップがすごいです。チームの助言から笑みを取り戻し、気迫と技術で勝ち抜きました。福原選手が「怖かったね」と繰り返す言葉に涙を流す場面は、過去の福原選手自身の心境があったのでしょう。それにしても若手の強さに拍手です。

男子準決勝でもvsイングランド戦で、水谷選手が2戦を勝ちました。2戦目は疲れもあったのか、2ゲーム落としてからの逆転劇はみごとというしかありません。絶対に獲るという熱い思いと、冷静な試合運びと安定の技術力で勝ちました。圧巻です。

これで男女ともにvs中国の決勝戦進出です。きょう15:30から女子、20:00から男子が始まります。TVの前から動けなくなります。

<PS:女子=石川選手は2:3で悔し涙。伊藤選手は1:3いい度胸。福原選手は0:3。
   :男子=水谷選手2:3。大島1:3。吉村は0:3。
中国のレベルはやはり高い。銀メダルおめでとう〜〜!
けれどゲーム中にも組織的な中国応援団の声や口笛、果てはフラッシュなど。繊細な卓球の呼吸を乱す、妨害レベルのいき過ぎ応援は、大会運営上も問題あり過ぎます。>
10:01  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.4851) チャリティコンサート(幸田浩子:東京交響楽団)

2016.03.02 (Wed)


(オオカンザクラ=大寒桜=安行桜:かわいらしい桜が咲き出し春になる:市内)

mimoza_pa16_1.jpg
(ミモザ=紫葉アカシア:新種の花と、コンデジ新機の出会い:市内)

3月1日チャリティコンサート=幸田浩子(ソプラノ):東京交響楽団=指揮:角田鋼亮(紀尾井ホール)を聴いてきました。
KDDI財団主催ということで、いつものコンサートの雰囲気と聴衆が違い違和感を覚えました。会社員動員もかなりあったのか、固い空気でした。オケも小編成です。幸田さんの華やかな登場でようやく盛り上がるかと期待しましたが、それさえありません。曲は配慮したのか軽いもので、第二部モーツァルトK.165だけは初めて聴けてうれしいです。
わたしでさえわかる、新人ヴァイオリンの音外しもありました。それでもこれがひとつのきっかけで、新しいクラシックファンになってくれたらいいのです。音楽というのは、演奏者と聴衆が一体となってかもし出すものなのだと、改めて考えさせられました。
幸田さんの声はますます円熟味が増していくようです。次回は通常のコンサートを聴きにいきます。


--プログラム--
モーツァルト:ディヴェルティメントK.136
ヴァヴィロ:カッチーニ:アヴェマリア
ジャゾット:アルビーニのアダージョ
ヘンデル:歌劇「セルセ」〜オンブラマイフ
  --休憩--
モーツァルト:モテット「喜べ、踊れ、幸いなる魂よ」K.165
モーツァルト:交響曲第29番イ長調K.201
 --アンコール--
アメイジンググレイス
モーツァルト:ディヴェルティメントK.17 メヌエット
09:09  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |