2016年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

(No.5912)中村文則「土の中の子供」「悪意の手記」/結城充考「躯体上の翼」/黒川博行「繚乱」

2016.09.30 (Fri)


(ルリマツリ:夏の終焉を告げて最後まできれいな姿:市内)

rurimatri16.jpg

もう9月が終わりますね。
梅雨入りから梅雨明け、台風、秋雨前線の雨と、30度超えの不安定な夏が終わります。雲が多く、紫外線アレルギーのわたしはいくらか助かりました。けれど農作物の成長には最悪の状況でした。野菜、果物不足が目に見えて感じられます。ベランダに干しても乾き切らない洗濯物に、コインランドリーが人気というのがわかります。
せめて、さわやかな秋晴れになってほしいですね。

今回は4作で、溜まっていた感想はここまでです。読書も新しくスタートです。
中村文則「土の中の子供」「悪意の手記」
結城充考「躯体上の翼」
黒川博行「繚乱」

「土の中の子供」27歳のタクシードライバーとして日々を送る私は、親に捨てられ孤児として日常的に虐待された日々の記憶に苦しめられていた。自己破壊衝動のような喧嘩沙汰を起こしたりする。

幼少期の虐待に目をそらさず、真っ正面から描く姿勢が作者の持ち味です。それと引きずり込まれるような筆致はいつもながら驚かされます。人間の醜い欲望を描きながら、最後にかすかな光が残るからまた次の作品を読みたくなるのでしょう。

「悪意の手記」血小板減少という大病に冒され、精神の錯乱もあり死を自覚した15歳の男が、奇跡的に回復に向かった。学校に戻ってもどこか別世界にいる感覚で、生きる意味を見出せずにいた。首を吊ろうとしたところに、心配した親友「K」が来た。話しているうち、全ての生を憎悪しその悪意に飲み込まれ、ついに「K」を殺害してしまう。だが警察は自殺として処理した。そして「K」の母親に憎しみをぶつけられ殺されそうになる。

三つの手記で構成されています。心の内にある「悪意」の正体を知りたくて、一気に最後まで読んでしまいました。作者の中にある「核」をつかみたかったのです。隔靴掻痒で、読み終わった後また次作に期待してしまいます。

「躯体上の翼」およそ百年を費やし〈共和国〉の互聯網(ネット)を探索できるようになった少女・員(エン)。すでに瑞々しい情報の涸れ果てた互聯網上を彷徨うなかで、彼女はcyと名乗る人物に呼びかけられる。会話を交わすうちに、徐々に絆を育む員とcyだが、共和国の緑化政策船団が散布する細菌兵器の脅威がcyに迫っていた。

大掛かりな構成に想像力をかき立てられます。ただcyがおおよそ予想がついてしまうため、途中の戦闘や他の人物像までも、冗漫に思えてしまいます。作者の基本にあるものが、弱いのでしょう。

「繚乱」大阪府警を追われたかつてのマル暴担当刑事、堀内と伊達。競売専門の不動産会社で働く伊達に誘われ、東京で暇を持て余していた堀内は、大阪へと舞い戻る。再びコンビを組み、競売に出る巨大パチンコ店「ニューパルテノン」を調べるふたりは、利権をむさぼる悪党たちとシノギを削ることに。警察OB、ヤクザ、腐敗刑事を敵に回し、ふたりは大阪を駆け抜ける。

しばらく作者と離れていましたが「後妻業」がおもしろく、他の作品も読んでみようと思いました。けれど多少期待したものとの温度差を感じてしまいました。暴力が日常にあり過ぎて読み進めるのがわたしには辛かったです。構成も展開もキャラも文句の着けようがありません。こういう路線で確立しているのですね。単にわたしと肌が合わなかったとしか言えません。あとは読まないと思います。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
07:53  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5911)羽生結弦CMメイキングが天使のよう 我が身のか弱さ

2016.09.29 (Thu)


(スコパリア・レモンミスト=別名=リトルチュチュ:かわいい1cmの花がきれいです。ふわふわシベの形が特徴で、そこが好きです。:入り口のエントランスの鉢植え)

kiiro16_1.jpg

ゆづくんの某寝具メーカーのCMと、そのメイキング動画がまるで天使のようです。
21歳のすごい男性アスリートでありながら、この無垢な赤ちゃんのような寝顔にやられてしまいました。チョコやガム、時代劇などとも違う雰囲気を自らも作ろうとしているように見えます。不思議な、そして希有なアスリートです。
オータムクラシックinカナダで24日ショート、25日フリー、どちらも8:30からライストで見られると思います。TVはフジが放映権を手にしていますが、地上波放映予定は発表されていません。どうなってるんでしょうか。

歌に使用している楽譜で、声の高さに合わない曲がありました。2度上げるために転調楽譜が必要です。歌1段とピアノ2段の用紙はネットでありプリントしました。合計4小節15段と5小節9段。小さなスケールを使い線を入れ、手書きで「♪」を書き入れます。< >そのた記号ももれなく書き、おもちゃのキーボードで♯♭の位置を確認します。問題は旋律の歌詞を付ける作業です。原語歌詞を音に合わせて貼付けます。鋏、カッター、両面テープ、カッティングボードを使います。3番まであると途中で投げ出したくなります。でもわたしのわがままな希望をレッスンの先生にお願いするには、ほかに方法はありません。
数日後、右手親指の付け根に痛みが起きました。整形外科で疲労による筋肉と小さな腱鞘炎と診断される、筋肉の軟弱さにため息です。病院では包帯ぐるぐるでしたが、暑くてテーピングに変えました。鎮痛スティックが効いてくれてよかったです。あと数日おとなしくしています。
08:34  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5910)廣嶋玲子「妖怪の子預かります2」/黒川博行「後妻業」/中山七里「ヒポクラテスの憂鬱」/柳井政和「裏切りのプログラム」/中村文則「最後の命」

2016.09.18 (Sun)


(コスモス:白とピンクは子どもの頃を思い出させます:公園)

秋雨前線という季節感あふれる言葉です。
雨続きから台風予報が出ています。

今回は5作。感想を書くのが追いつきません。実はまだ溜まっているのです。
廣嶋玲子「うそつきの娘-妖怪の子預かります2」
黒川博行「後妻業」
中山七里「ヒポクラテスの憂鬱」
柳井政和「裏切りのプログラム」
中村文則「最後の命」


「うそつきの娘-妖怪の子預かります2」うぶめに気に入られ、正式に妖怪の子預かり屋となった弥助は、相変わらず千弥とべったりの暮らしをしている。そこへ持ち込まれる三味線になった母を探す子猫の妖怪、千弥を婿にと望む華蛇族のわがまま姫。千弥の助けも借り、弥助は次々妖怪たちの問題を解決していく。そんな折、妖怪の子どもたちが行方不明になるという事件が発生。行方不明の子妖怪を探しに浅草にいった弥助は、そこでひとりの少女に出会った。

元妖怪だった美しい千弥と、弥助が子どもから少年へと成長していく過程が、ほのぼのと楽しめます。事件は凄惨な描写もあるのですが、後味の良さがいいです。また読みたくなる作品です。

「後妻業」91歳の耕造は妻に先立たれ、69歳の小夜子を後妻に迎えていたが、実は内縁の妻だった。住民票を移して、家具を搬入。親戚、近所に顔見せすることにより内縁の事実を確定させていた。耕造が倒れ、小夜子は結婚相談所の柏木と結託して早々に耕造の預金を引き出す。さらに公正証書遺言を盾に、遺産のほぼすべてを相続すると耕造の娘たちに宣言した。娘の知り合いの弁護士が調査員に調査を依頼することで、小夜子と柏木のとんでもない犯罪歴が明るみに出てくる。

黒川氏の無駄のない筆致と、大阪弁のユーモア感が一致して、キャラ立ちがうまいです。結婚相談所の元マル暴刑事の調査員が詐欺事件を追い詰めていく過程も、罪の意識のない女のふてぶてしさがいっそ気持ちがいいです。それにしても現実が小説を越えていると思う日々です。

「ヒポクラテスの憂鬱」「コレクター(修正者)」と名乗る人物から、埼玉県警のホームページに犯行声明ともとれる謎の書き込みがあった。直後アイドルが転落死。事故として処理されかけたとき、再び死因に疑問を呈するコレクターの書き込みがあった。関係者しか知りえない情報が含まれていたことから、捜査一課の刑事・古手川は医大法医学教室に協力を依頼。光崎老教授新米助教の栂野真琴は、驚愕の真実を発見する。その後もコレクターの示唆どおり、病死や自殺の中から犯罪死が発見され、県警と法医学教室は大混乱。やがて司法解剖制度自体が揺さぶられ始める。

TVドラマ化されると知り、読み始めるとまさに1時間もののストーリーです。刑事・古手川の描き方は秀逸でした。あとは類型的な、配役さえ浮かんでくる展開でした。

「裏切りのプログラム」安藤裕美は20代で起業し、腕のよいプログラマーを企業に斡旋している。裕美の猛烈な営業で業績は順調に拡大していたが、そこに大事件が発生。自分の会社が送り込んだプログラマーが、取引先企業の持つ個人データ5万人分を暗号化して使用不能にし、そのデータの「身代金」を要求してきたのだ。取引先や自社の存続も危ういところに送られてきた「ただのプログラマー」という青年だった。

デビュー作ということでひいき目に見て、プログラマーとデータの扱いはおもしろいです。軽く読むのには楽しめます。ただ人物設定が類型的過ぎ、女性視点では無理があります。経営者として無能な女性でしかありません。編集者の助言できる女性像はこんなものなのかと辟易します。

「最後の命」疎遠になっていた幼馴染みの冴木から唐突に連絡が入った。しかしその直後、私の部屋で一人の女が死んでいるのが発見され疑われる。部屋から検出された指紋は「指名手配中の容疑者」冴木のものだと告げられた。

男性のある時期の性衝動の強さの描写が晒されます。冴木はそれを悪と感じ、常に「死」を意識つつ、欲望を増大させ、実行しようとします。「私」は潔癖に拒否し、幼い頃の強姦の記憶を否定しようとします。どちらも快楽には死がつきまといます。生命を次の世代につなげるはずの、性行為を真っ正面から描いた作品です。これも一気に読ませる文章力がすごいです。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
09:46  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5909)羽生結弦選手 新シーズンプログラム

2016.09.15 (Thu)


(シロシキブ-実:お月見団子の代わりに。十五夜見られるか:公園)

sirosikib14_1.jpg
(シロシキブ:花びらもシベも白いのね:公園)

羽生結弦選手の新シーズンプログラムの練習映像が出ました。
トロントに30人のメディアが集まったそうです。全部を見られてうらやましいですね。お茶目な笑顔も見せ、2週間前からようやく解禁になった4回転トゥループもきれいです。イーグルから4回転ループ、そしてイーグル。完成度も高く、その進化に驚かされます。2ヵ月の治療休養があったことを忘れさせるものでした。難しいジャンプの入りや着氷後の難しさも含め、更なる高みを目指す意志の強さ、オリンピックまで俯瞰した作戦も考えているすごさに驚かされます。戦国武将のようです。レベルとしては若手選手を突き放していながらなお、この姿勢がすばらしいです。

動きも表情も、指先まで神経の行き届いた美しさに、幾度も動画リピートが止まりません。
今月末のオータムクラシック(モントリオール)の初戦からGPのカナダ、NHK杯、GPファイナル。全日本大会。世界選手権。オーサーコーチは世界選手権にピークを持っていきたいと発言していますが、全力を出すゆづくんのこと、うまく調整をお願いします。
10:43  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5908)田中彩子ソプラノコンサート

2016.09.13 (Tue)


(ノコギリソウ:お花の世界はもうすっかり秋になりました:北志賀高原)

nokogiri16pa_1.jpg

田中彩子ソプラノコンサート(ピアノ:加藤昌則=紀尾井ホール)を聴いてきました。
コロラトゥーラソプラノという高音域の声に期待しました。癖のない素直な柔らかな美しい声でした。ドイツ在住でヨーロッパで活躍しているようです。
声に深みや感情表現がなく、声量も小さいのが気になります。伝わってくるものがないのです。売りの「魔笛」の「夜の女王のアリア」でさえ、舞台映えがしないのす。選曲にもよるのだと思いますが、ここまでの音域ならたくさんのソプラノ歌手がいます。声の美しさと美貌だけで集客力をという方向性には納得できません。終演後の幸福感もなく、今まで聴いた中でこんなに心が揺らがないコンサートは始めてです。

---プログラム----
モーツァルト:鳥たちよ、毎年 K.307
アーン   ;クロリスへ
フランス民謡:キラキラ星変奏曲
(ピアノ)ドビュッシー:アラベスク第1番
モーツァルト:ラウデーテ・ドミヌム
フトロー  :夏の名残の薔薇〜歌劇「マルタ」より(庭の千草)
モーツァルト:夜の女王のアリア〜歌劇「魔笛」より
  --------------
ヨハン・シュトラウス:皇帝円舞曲
レオポルド・モーツァルト:貧しいなりの満足
フリース  :モーツァルトの子守歌
フランツ・K・モーツァルト:ため息
シューベルト:アヴェ・マリア
(ピアノ)加藤昌則:NHK「鍵盤のつばさ」テーマ曲
ヨハン・シュトラウス:ウィーンの森の物語
リチャード・ロジャース:サウンド・オブ・ミュージック
ヨハン・シュトラウス:春の声
----アンコール----
リチャード・ロジャース:エーデルワイス
08:13  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5907)全米op 錦織選手 マレー戦に勝利 準決勝ワウリンカに敗退

2016.09.04 (Sun)


(ブッドレア:花穂が大きいものは、どう撮ったらいいのか悩み:公園)

全米オープンテニス3回戦 錦織選手vsマユに3:1で勝利です。3回戦ではフェレールも敗退です。
1セット目を落とした錦織選手は、ミスが多くサーブも低くて入らず肩が重いか痛いのかと心配しました。表情も強い意思を感じられません。2セット目は立ち上がりから、立て直しました。コントロールも調整できサービスエースも入ります。簡単に勝たせてくれる相手ではなく、1点づつ積み上げていく精神力の勝利です。サーブセットでの苦戦をなんとかしてほしいところです。
--------------
4回戦vs強打サーブのカロビッチとの対戦はストレート勝ちでした。強打サーブと、前に出て長身から打ち下ろすカロビッチは前にも見たけど単調な戦略です。集中した錦織選手の今年のメンタルは強いです。これで2年ぶりの8強入りです。
準々決勝はvsマレー。8日深夜2時からです。今度はTV放映あるでしょうか。前回大会ではマレーに完敗でしたが、どんな作戦でくらいつくか楽しみです。
--------------
!!!やりました!ついにR2位のマレーに勝利です。1セット目は強打サーブで1:6。2セット目から作戦を変え、雨で中断の後6:4。そして決まらず4:6。4セット目でブレイクを続け6:1。かなりマレーを怒らせるなんて錦織すごい。マレーのサーブとコントロールが乱れ始める。見たことのない状況。5セット目、錦織は集中してブレイクの応酬。錦織7:5。勝利〜〜!!連敗していたマレーを下し、準決勝進出です。
--------------
準決勝はvsワウリンカです。錦織選手1セット目はお互い相手の様子見をしながら6:4で先取。2セット目、5:7。錦織の上を行くしたたかなワウリンカ。 3セット目。4:6。このセットから錦織が攻めの気持ちが弱くなった。4セット目で力尽きました。2:6。1:3でワウリンカに準決勝敗退です。お疲れさまでした!タフでしたたかなワウリンカを、次の試合で攻め方をきっと工夫してくれるでしょう。
PS:優勝はワウリンカ。ジョコビッチは1:3で準優勝に終わりました。
09:39  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5906)中村文則「私の消滅」「銃」「掏摸」「王国」

2016.09.03 (Sat)


(カラミンサ:ハーブは小さなお花が多いですね:公園)

8月に感想をアップできませんでした。
さすがに歌の発表会がプレッシャーだったようです。感想が書けていないものがあと4作あります。
今回は4作。
中村文則「私の消滅」「銃」「掏摸」「王国」
「私の消滅」一行目に不気味な文章が書かれた、ある人物の手記。「このページをめくれば、あなたはこれまでの人生の全てを失うかもしれない」それを読む男は、重度の鬱病の女性を診察をした精神科医だった。

精神科医の「僕」は小塚という新しい身分を手に入れ、早く逃げなければと思いつつ手記を読んでしまいます。そこに手紙が届き男に拉致され、病院に連れて行かれます。精神科医が患者の精神部分に入り込むという、催眠療法から先が踏み込んで描かれています。自分のアイデンティティが揺らいでいく過程が、本人が気が付かないうちに進むのが怖いですね。引き込まれる作家です。

「銃」雨が降りしきる河原で大学生の西川は、死体の傍に落ちていた銃を目にする。圧倒的な美しさと存在感を持つ「銃」に魅せられた彼はやがて、「私はいつか拳銃を撃つ」という確信を持つようになる 。

デビュー作です。まったくの偶然から銃を手に入れてしまった私は、日常が徐々に変化していきます。意識していなかったものへの憎悪が沸き上がる瞬間。地道な警察の捜査という社会を遮断し、深く深く自分を掘り下げていく作家に、久々に出会いました。ハマりました。

「掏摸」東京を仕事場にする天才スリ師。万引きをする幼い男の子を見かけ、庇ってしまう。指示した母親は最低の暮らし、考えをしていた。男の子に生き方を伝える。僕は「最悪」の男・木崎と再会する。かつて仕事をともにした闇社会に生きる木崎が、僕に囁く。「これから三つの仕事をこなせ。失敗すれば、お前を殺す。逃げればあの母子を殺す」。ひとつ目は裕福な独居老人宅の強盗。二つ目は書類をダミーと交換すること。そして三つ目は。運命とはなにか、他人の人生を支配するとはどういうことなのか。

構成も闇社会を知って書き切っているのがすごいです。引き込まれて読みました。女性が類型的なのは、作者の若さのせいで止むなしでしょう。猛禽類の五感と目を持った、鋭い作品です。

「王国」ユリカは男とホテルに入り、薬で眠らせ写真を撮って出て行く。組織によって選ばれた、利用価値のある社会的要人の弱みを作ることがユリカの「仕事」だった。かつて同じ施設にいた長谷川にデータを渡す。木崎という男の後を歩いていると、人ごみの中で見知らぬ男から突然忠告を受ける。「あの男に関わらない方がいい。化物なんだ」。不意に鳴り響くホテルの部屋の電話。ユリカに語りかける男の声。「世界はこれから面白くなる。あなたを派遣した組織の人間に、そう伝えておくがいい。そのホテルから無事に出られればの話だが」ユリカの逃亡劇が始まる。

自分以外を信用してはいけない闇の世界に、一気に引き込まれます。暗闇の中を自分の考え得る方法で、切り抜けていきます。ただ組織はあまりにも強大です。人生って誰かが設計した通りにしか、生きられないのかと考えると絶望的な気持ちになります。けれど希望があるのです。そこに救いがあります。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
20:37  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5905)全米オープンテニス 錦織選手を応援

2016.09.02 (Fri)


(ベルシカリア・アフィネス:新種のお花が数多く入ってくる花卉市場。名前を覚えきれませんね:公園)

全米オープンテニスが始まりました。
去年は初戦敗退だった錦織選手が、好調を維持しています。初戦vsベッカーは3:1で勝利、2回戦vsカチャノフは途中雨で中断していましたが、こちらも3:1で勝利です。先制攻撃作戦を取っています。トーナメントは準々決勝でマレーと対戦するグループなので、今度はなんとか勝ち進んでほしいです。2試合が日本時間で深夜0時スタートからでした。起きているのが辛い時間帯です。TV放送も3回戦はなさそうです。準々決勝からでしょうか。天候に左右されるためでしょう、どこのTVも放映してくれないのが残念です。ネットのライストで応援します。

2回戦ラオニッチ。3回戦チリッチ敗退。負傷を抱えるジョコビッチ。初戦かろうじてフルセット勝ち。2回戦は相手の棄権。3回戦1セット目で同じく棄権勝ち。まさか裏取引?嫌な妄想?をしてしまいます。ないことを祈ります。
07:24  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |