2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

(No.5933)  よいお年をお迎えください

2016.12.31 (Sat)


(2016年花のベスト4枚:桜"弘前雪灯り":ピンクノウゼンカズラ:スコパリア・レモンミスト:コンブルボス)

気持ちだけ慌ただしく年末になりました。
ホームページを立ち上げて17年目に入りました。読書感想は1,657作。2016年は39作。15年は33作。読みかけの本があり、積み本があり、読みたい本リストが長くなっていきます。読書から離れることはなさそうです。
2016年読書ベスト4作。
 バリーライガ「ラスト・ウィンター・マーダー」(シリーズ3)
 廣嶋玲子「妖怪の子預かります-シリーズ1-3」
 中村文則「私の消滅」
 中山七里「どこかでベートーヴェン」

コンサートは11回、コンクールは2回聴きました。その時にしか出会えない音楽の喜びです。歌のレッスンに加え、ボイストレーニングも始めました。レッスン教室での発表会で歌いました。イタリア語の巻き舌もできるようになりましたが、声量はなかなか豊かにはなりません。声帯の筋肉を鍛えるにはもう少し時間がかかりそうです。そして楽譜ソフトを使えるようになり、歌いたい曲を高さを変えて歌えるのがうれしいです。コーラスは楽しく歌って、地元も方との交流もできます。

花の撮影は遠出は少なくなり、近場での新しい出会いが楽しみです。来年はどうなるでしょうか。

フィギュアスケートの羽生結弦選手、テニスの錦織圭選手のTV、ネット観戦が増えました。結弦くんはジュニアからファンでした。今年はファンからオタクに立ち位置が変わってしまいました。衣装をイメージしたレジンペンダントの作成にハマっています。手探りで初めてお気に入りを10個、服に合わせて着けて遊んでいます。

振り返ってみるといい年だったと思います。故郷の友人が亡くなり、また闘病中の友人もいます。わたしも小さな怪我や病気はありましたが、なんとかいろんなことを追いかける程度の健康に感謝です。

皆さんも健やかによいお年を迎えられますように。
わずかな記事を見てくださることに、心から御礼申し上げます。来年もよろしくお願い致します。
08:46  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5932)牛田智大ピアノリサイタル(川崎市麻生文化センター)

2016.12.23 (Fri)


(ジャノメエリカ:変わらずに咲くかわいらしさ:公園)

牛田智大ピアノリサイタル(川崎市麻生文化センター)を聴いてきました。
繊細な音の響きがどのように客席に届いているのかを、確かめながら弾き始めました。打鍵が深い音を作り、曲の中に入り込んでいきます。特に「展覧会の絵」は構成もしっかりとして、重厚さと繊細さを織り交ぜ巧みでした。数十年ぶりにこの曲を聴きました。
ほのぼのとしたアンコール曲が若さを感じさせます。モスクワ音楽院ジュニア・カレッジ在籍。華奢な17歳の将来が楽しみです。ひたむきに表現しようとする才能がまぶしいです。華奢で礼儀正しく、羽生結弦くんのシニアデビュー戦に通じるものを感じました。
客層が家庭的で暖かいです。息子や孫の演奏をご近所誘い合わせていらしているような印象です。音楽が暮らしに近いのも、いいものですね。
usida_p.jpg

---プログラム---
ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番変イ長調Op.110
ショパン:4つのマズルカOp.33-1、2
      幻想即興曲嬰ハ短調Op.66
バッハ:シャコンヌ ニ短調

チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」組曲Op.71より間奏曲
         18の小品より「瞑想曲」øp.72-5
ムソルグスキー:「展覧会の絵」
---アンコール---
フマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲、第18変奏曲
グルーバー:きよしこの夜
バダジェフスカ:乙女の祈り
10:05  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5931)全日本フィギュアスケート大会、羽生結弦選手欠場

2016.12.22 (Thu)

インフルエンザのため、ゆづくんの全日本大会欠場です。
幾度もの体調不良や怪我でも、試合欠場はなかったのですが、ウィルスには勝てませんでした。喘息持ちですから症状も辛いのではないかと思います。ギリギリの決断はどんなにか、辛かったでしょう。
ファンは無理をしてほしくないと思っていますから、ゆっくり治療して、休んでください。
治して笑顔のスケーティングを見せてくれるのを、待っていますから。2月の四大陸、世界戦ですばらしい演技を見せてください。

16NFS_1.png
08:01  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5930)中山七里「セイレーンの懺悔」/市川憂人「ジェリーフィッシュは凍らない」

2016.12.13 (Tue)


(水仙"ペーパーホワイト" :雪を思わせる白い花:公園)

この2ヵ月ほど、読書から離れていました。
積み本は4冊ありながら、頭脳回路が音楽と歌のレッスン、フィギュアスケート、レジンペンダント作成、楽譜作成ソフトインストール、などなどで余裕がなくなっていました。楽譜は作成できるようになりました。手書きでは時間がかかる割にきれいじゃなく、間違いも発見しづらいなどの苦労が解消しました。HPを開設して以来、初めて読書しない期間になりました。こんなにやりたいことが広がり過ぎては、どれも中途半端なものになるのではと、ようやく戻ってきました。やはり読書なしの暮らしはありえませんでした。まだ3冊積み本があり「読みたい本リスト」も長くなっています。楽しみのひとつを失いたくないと思います。

今回は2作。
中山七里「セイレーンの懺悔」
市川憂人「ジェリーフィッシュは凍らない」

「セイレーンの懺悔」葛飾区で発生した女子高生誘拐事件。不祥事により番組存続の危機の帝都テレビ「アフタヌーンJAPAN」の里谷と朝倉多香美は、スクープを狙って奔走する。誘拐事件を捜査する警察官を尾行した二人が廃工場で目撃したのは、暴行され無惨に顔を焼かれた被害者・綾香の遺体だった。クラスメートへの取材から、綾香がいじめを受けていたという証言を得た。主犯格と思われる少女と成人男性の録音から、スクープとして他局を突き放した。だが里谷は何かが引っかかっていた。そして警察発表は別人の逮捕。誤報にショックを受ける多香美。里谷の降格。一人で追いかけるが。

メディアの側からの事件捜査をきっちりと描いてきています。メディアの矜持とはなにか。ただストーリー、題材には斬新なものがないのが残念です。現実事件が虚構を越えている今、ミステリで作家がどう生き延びるのか、難しい時代なのかも知れません。

「ジェリーフィッシュは凍らない」特殊技術で開発された小型飛行船「ジェリーフィッシュ」。その発明者ファイファー教授を中心とした技術開発メンバー6人は、次世代型ジェリーフィッシュの長期航空試験に臨んでいた。ところがフライト中に、密室状態の艇内でメンバーの一人が死体となって発見される。さらに、自動航行プログラムが暴走し、彼らは試験機ごと雪山に閉じ込められてしまう。脱出する術もない中、次々と犠牲者が出る。

未来型の乗り物と、アナログな通信手段と低パソコンレベルで、とまどいました。ストーリー設定は楽しめます。密室ミステリとしてはアリです。ただ、ラストで犯人に語らせるのは興ざめです。デビュー作ですから、化けるかどうか注目はしておきましょう。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
17:22  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5929)羽生結弦選手 GPF優勝、4連覇おめでとう!

2016.12.12 (Mon)

GPF_dai_1.jpg
(表彰式:ぐらぐらの台にやっと乗って笑顔)

GPFhL_1.jpg
(FD「ホープ&レガシイ」:自然界に昇華してしまいそう)


(SP「Let's go crazy」:ロックスターに見えてきます)

4lorenzok_1.jpg
(SP「Let's go crazy」:4回転ループの連続写真はすばらしい跳躍です)

haktyoex.png
(EX「Notte Stellata-星降る夜 」(The Swan):ただただ美しい)

22otaome_1.jpg
(織田・修造さんから22歳のお祝い。中学生みたいな素の顔です)
※写真はすべてお借りしました。

ゆづくん、優勝おめでとうございます。
怪我で練習開始が遅れたシーズンで完治していない状態で、少しづつ磨き上げてきた演技に心から祝福です。アクシデントの中国大会も含めた4連覇。すばらしいです。ピークを世界戦に持っていく、平昌オリンピックで輝く道筋が見えてきました。4回転の種類を増やすことを4年前から見据え、若手がフィギュアを引き上げていこうと、オーサー・コーチと進んできた先見の明に改めて驚かされます。
2位のネイサン・チェンの4回転4種類はみごとです。3位の宇野昌磨の成長ぶりも微笑ましいです。ボーヤンジン初め、ゆづくんの背中を追いかける世界中の選手にも拍手です。
08:45  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5928)  大切な繋がり

2016.12.04 (Sun)


(ダイアモンドリリー:今年は咲きませんでした。また3年待ったら会えるでしょうか:ベランダ)

先日オフ会に参加できました。
2度ほど都合が悪かったので、1年ぶり近くになるかも知れませんね。でもちっとも変わらない笑顔の皆さんとお会いできました。
映画「ガール・オン・ザ・トレイン」を観ました。うまいミステリでした。アルコール依存症の女性が列車で毎日通り見る家。そこに住む女性とときどき姿を見せる男も観る。複雑な人間関係の中で起きる殺人事件の、被疑者になってしまう。時間軸や描写の仕掛けで、酔って不確かな記憶を取り戻そうとする女性がつかみとる真実。おもしろい映画でした。

銀座の喫茶店と、ポルトガル料理店のはしごです。しっかりとお肉料理が美味しかったです。映画や本、音楽、羽生結弦選手(わたしですが)、それぞれのお仕事の話題で盛り上がりました。ネットが無ければ繋がることが無かった、環境の違うお一人お一人との不思議な関係です。それぞれにしっかりと自分の意志で生きていることが、土台かも知れません。十数年続く、大切な関係をこれからも繋げていけたらうれしいです。
いつも幹事をしてくれるくらさん。ありがとうございます。またお会いしましょう。
09:03  |  思い  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |