2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

(No.5978)ジム・ケリー「逆さの骨」/本城雅人「紙の城」「ジーノ」

2017.07.25 (Tue)


(ヒマワリ:連日の暑さにうつむく君が好き:公園)

ジム・ケリー「逆さの骨」
本城雅人「紙の城」「ジーノ」

「逆さの骨」かつて捕虜収容所だった発掘現場で奇妙な骸骨が発見された。その男は脱出用と思われるトンネルを収容所に向かって這い進んでいたうえ、額を拳銃で打ち抜かれていたのだ。脱走兵にしては謎めいた殺害状況に、新聞記者ドライデンは調査を開始する。だが数日後、同じ現場で新たな死体を発見する。過去と現在を繋ぐ謎の連鎖が絡み合う。

伏線をしっかり張っていて、時間の描き方も、個性的なキャラもうまいと思います。ただ、ひと粒の真実をつかむために、これほど積み上げた荷物を掻き分けるのはしんどかったです。後出し的な人物が、事件の鍵になるのも納得がいきません。まどろっこしいさに苛ついてしまいました。

「紙の城」200万部の全国紙を発行する東洋新聞が、新興のIT企業に買収されようとしている。社会部デスクの安芸稔彦は、同僚たちと買収阻止に向けて動く。タイムリミットは2週間。はたして買収を止められるのか。

紙メディアとネット情報の対立に見えますが、足で記事を書く新聞へのエールになっています。ネットにあまり深い掘り下げがなく、新聞社のコストに力が置かれ過ぎ、違和感を感じます。問題の本質に迫っていないのです。若い層の活字離れ、ニュースがどこも同じ政府御用達記事に、もっと切り込んでほしかったです。筆致も饒舌でさっくりと削り取りたくなりました。

「ジーノ」篠塚隆哉は、祖父が衆議院議員で元国家公安委員長、父も参議院議員の名家に生まれたが、不正献金の疑いをかけられた父が謎の死を遂げた。篠塚は渋谷の不良グループを率いるが、ベテラン刑事の影響で改心し警察官になった。渋谷署組織犯罪対策課刑事として配属された直後、ドラッグ「グレイゴースト」を吸引した者たちが死亡し、正体不明の売人を追うことになる。

キャラ立ちがいまひとつなのは、作者が人物に入れ込んでしまうからでしょう。TVドラマの元本としては使えますが、新鮮さが感じられません。些末なことが饒舌で整理してポイントを絞る必要があるのではないでしょうか。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
21:02  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5977)  歌の発表会

2017.07.23 (Sun)



音楽教室の発表会で歌いました。
続けている歌のレッスンと、別の先生のボイストレーニングを1年あまり、音楽漬けの日々を過ごしてきました。選曲はテノールが得意とする「誰も寝てはならぬ」というとんでもない曲です。もう1曲は二重唱で「メリーウィドウワルツ」です。
ボイストレーニングで発声の根本から学び、ようやく声が変わりました。呼吸も変わり声が前に出て、高音が楽に出せるようになりましたが、腹筋がなかなか付かないので声量はまだまだです。
知られている曲だけに「誰も寝てはならぬ」は難しかったです。リズムを正確につかみ、さらに歌いこなし、ピアノ伴奏と合う必要があります。落ち着いているつもりでしたが、喉は緊張していたようで開き方が足りず声が細くなったのが残念でした。
「メリーウィドウワルツ」は男声と初めてソロ部と重奏と、間奏のダンスまがいを入れて楽しくできました。
練習と発表会。楽しくできているのがうれしいです。ときどきの体調不良をコントロールするのも、目標があるから苦と思わずに済みます。
秋には、ボイストレーニングの先生が独自に開く発表会にも出ることになりそうです。
08:27  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5976)ジョー・ネスボ「スノーマン」/本城雅人「シューメーカーの足音」

2017.07.15 (Sat)


(ニワフジ:低木で淡いピンクのツートンがかわいい:市内)

もう梅雨は明けたのでしょうか。すっかり猛暑日が続いて、真夏になったようです。

今回は2作です。レビュー残し2作あります。
ジョー・ネスボ「スノーマン 上・下」
本城雅人「シューメーカーの足音」

「スノーマン 上・下」オスロにその年の初雪が降った日、夫や子どものいる女性が姿を消した。彼女のスカーフを首に巻いた雪だるまが残されていた。捜査に着手したハリー警部は、この10年間で、女性が失踪したまま未解決の事案が、明らかに多すぎることに気づく。そして、ハリーに届いた謎めいた手紙には『雪だるま』という署名があった。容疑者をつかまえると、新たな別の容疑者の痕跡が見つかり、捜査は翻弄される。ハリーの警部としての信念と勘が、同僚たちも動かしていく。

猟奇殺人の陰惨さが気にならず、引きつけられて読めました。全体を覆うかすかなユーモアで味つけられています。食事も睡眠も不足なハリーの過酷な任務への執念と、アルコール依存を押し殺しながら分析力と勘を頼りに突き進んでいきます。少しの恋愛感情で人間味も出しています。二転三転する展開がみごとに最後に収斂していきます。

「シューメーカーの足音」斎藤良一は、紳士靴の名店が軒を連ねるロンドンのジャーミン・ストリートで注文靴のサロン兼工房を経営する靴職人。彼が作る靴は、英国靴の伝統を守りながらも斬新なデザインに仕上げることで人気を博していた。さらなる成功を目指し、計略を巡らせる斎藤。狙うは、「英国王室御用達」の称号。だが、そんな斎藤の野望を阻む若者がいた。日本で靴の修理屋を営む榎本智哉。

立ち読みで出だしに惹かれて手にしました。靴作り、靴職人の物語としては充分楽しめました。設定もおもしろかったです。ただ斎藤の心理には共感できるのですが、榎本の方は表面的で深みがなく小手先の作戦にしか見えません。成功したかに見えますが、むしろ落ちぶれた斎藤のラストが活きています。惜しい作家です。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
18:58  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5975)ウィンブルドン大会 錦織選手3回戦敗退 フェデラー優勝

2017.07.05 (Wed)


(ガクアジサイ:最近は種類が多いですね。名前は覚えきれません:市内)

気温が30度を越え、35度まで上がると体力が消耗しますね。
湿度も70%以上です。きょうも33度予報です。梅雨明けもしていない段階で、音を上げそうになります。

ウィンブルドン大会。錦織選手初戦vsチェッキナートは問題なく勝利、2回戦進出です。きょう5日21:00スタートです。vsスタコフスキー戦です。初戦ではコントロールが利いていて、足の動きも悪くありません。多少サーブの入りがミスがありますが、徐々に調子を上げていくでしょう。ランク3位のワウリンカが初戦敗退しています。
芝コートは選手の体に取って、かなりの負担になります。故障者が多く出る大会でもあります。前回大会で腰を痛めた錦織選手が、怪我なく勝ち上がっていくことを願っています。
-----------
錦織選手。2回戦vsスタコフスキーはほぼ問題なく、3:1で勝利、3回戦進出です。今大会はサーブミスがいつもより多いです。まだ腰が完治していないかもと、心配です。
3回戦vsバウティスタ。今夜7/7(金)19:30スタートです。癖のある選手ですから、なんとか対応してほしいです。がんばって!
-----------
3回戦は落ち着いたプレーに見えましたが、なかなかブレイクポイントを取れず競り合う形になりました。9ゲーム目で逆に取られて、1セット目を落とします。2セット目はタイブレイクまでもつれ、セットを落とします。3セット目は意欲的に攻撃していきますが、今度はサーブが入らず自滅してしまいます。ストレート負けです。
バウティスタも試合運びがうまく、錦織選手と似たプレーをします。TVで見てるとどちらが錦織かとときどき判別できなくなるほどです。
錦織選手は心身ともに疲れていると感じます。メンタルをコントロールする難しさがあります。見ていて辛くなりました。いっそのこと、休養した方がいいのではと素人考えを言ってしまいそうです。もちろんコーチは把握してコントロールしてくれるでしょう。がんばってほしいです。
-------------
準々決勝はラオニッチ、フェデラー、ジョコビッチ、ベルディハ、マレー、クエリー、チリッチ、ツォンガの8強で戦われました。ジョコビッチは2セット目で棄権、マレーが敗れました。
クエリーvsチリッチは14日21:00。フェデラーvsベルディハが23:00から、準決勝対戦します。
-------------
決勝戦はフェデラーvsチリッチになります。16日22:00スタートです。
-------------
優勝は「芝の王者」フェデラーです。おめでとう!!
07:31  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |