2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

(No.5985)ジョー・ウォルトン「バッキンガムの光芒」/キャリー・パテル「墓標都市」/薬丸岳「その鏡は嘘をつく」

2017.09.17 (Sun)


(マンデビラ:青空に上って行きたい:浜松の公園)

ageratam17si_1.jpg
(アゲラタム:白もきれい:浜松の公園)

cosmos_kibana17or_1.jpg
(黄花コスモス:オレンジが鮮やか過ぎて:浜松の公園)

旅行から戻り、ようやく落ち着きました。
今回は3作です。
ジョー・ウォルトン「バッキンガムの光芒」
キャリー・パテル「墓標都市」
薬丸岳「その鏡は嘘をつく」

「バッキンガムの光芒」ソ連が消滅し、大戦がナチスの勝利に終わった1960年、ファシスト政治が定着したイギリス。イギリス版ゲシュタポ・監視隊の隊長カーマイケルに育てられた養女エルヴィラは、社交界デビューと大学進学に思いを馳せる日々を過ごしていた。裏でカーマイクルは監視隊の地位を利用し、無実のユダヤ人たちを国外に逃亡させる非合法組織を束ねていた。しかしエルヴィラたちの人生は、ファシストのパレードを見物に行ったことで大きく変わってしまう。

古き社交界の会話が聞こえてきそうな描写と、カーマイクルの隠れた仕事との落差が、エルヴィラ逮捕で現実に繋ぎ合わされました。カーマイクルの表の仕事の立場とエルヴィラへの対処、後半のエルヴィラの果敢に立ち向かう姿がなかなかです。多少うまくいき過ぎ感はありますが、読ませてくれました。

「墓標都市」旧文明の崩壊から数百年。多くの人々は地上を厭い、巨大な地下都市国家に暮らしていた。その一つ、ヴィクトリア朝風の階級社会が栄えるリコレッタでは、旧文明の知識は重大なタブーである。そんな中「プロメテウス」なる極秘計画に関わる歴史学者が殺された。女性捜査官マローンの活動は、なぜか上層部から妨害を受ける。そして貴族社会の裏側に出入りする洗濯娘ジェーンも、謎の男アルノーと出会って事件に巻き込まれてゆく。

舞台設定が特別な機能をしていません。中世の階級社会の物語として読みました。古風な殺人事件捜査。社交界デビューの準備をするジェーンと友人。クーデターの混乱で頭の良さを発揮し、生き延びるジェーンができすぎていますがご愛嬌。査官マローンのキレのなさと、利己主義な行動にはがっかりします。

「その鏡は嘘をつく」鏡ばかりの部屋で発見されたエリート医師の遺体。自殺とされたその死を、検事・志藤は他殺と疑う。東池袋署の刑事・夏目は同日現場近くで起こった不可解な集団暴行事件を調べていた。医師になることを親に強制されていながら、浪人になり希望を失った幹夫はヤケになっていた。予備校女性講師峰岸だけには相談していた。

薬丸氏の作品は、妙に中毒性があります。読み出すと止まらず、やや都合の良過ぎる設定や展開も気にせず、物語に浸っていたくなります。真犯人の周囲の人間関係の複雑さと、残虐性を見せつつ、それでもラストにひと雫の希望を明かりを残すからでしょうか。

「Book」読書日記は作家ごとの感想です。よかったらどうぞ〜♪
09:17  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5984)  旅先の花たち

2017.09.14 (Thu)

旅行で出会ったお花たちです。

(コモレビソウ:1cmほどの淡い黄色がはかない♪ ネーミングがすてき:浜松からベランダへ)

krassura_ku-peri-17_1.jpg
(クラッスラー・クーペリー:3mmの極小花。けなげ。つい守ってみたくなる:浜松からベランダへ)

owketade17_1.jpg
(オオケタデ:数年ぶりの再会でした。揺れ揺れのカメラ泣かせ:岐阜のお庭)

sennitikow_firewarks17_1.jpg
(センニチコウ・ファイアーワークス:たくさんあるときれいですね:浜松の公園)

hatuyukikazra17_1.jpg
(ハツユキカズラ:庭先のささやかさと違い、圧倒されました:浜松の公園)

aberia_edowa-dogowtya17_1.jpg
(アベリア・エドワードゴーチャ:日射しを燦々とあびた垣根:浜松の公園)
08:46  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

(No.5983)  豊橋手筒花火大会&豪華ランチツアー

2017.09.12 (Tue)


(マンデビラ:浜松海岸の抜けるような青空と暑さ。さわやかな花:公園)

hanabi_toyohasi17zen_1.jpg
(豊橋手筒花火大会:10本以上の火の粉を吹き上げる、勇壮な花火:愛知県)

hanabi_toyohasi17_yoko_1.jpg

hanabi_toyohasi17_0_1.jpg

一人旅ツアーで豊橋手筒花火大会を観てきました。
2時間半に及ぶプログラムは、ステージでの太鼓もあり、楽しませたいという配慮の行き届いた花火大会でした。火の粉を散らす花火を手で抱えるのは、すごい迫力です。横に飛ばす花火や、写真を撮れなかった風車仕掛けもきれいでした。打ち上げ花火も交えて、いつまでも浸っていたかったです。のり巻き弁当を食べながらのイス席観覧でした。

途中から雨になり、雨具を移動バスの中に置いてきたのが悔やまれます。確率0%雨予報が局所的に外れました。タオルハンカチとジーンズジャケットでしのぎました。中止にならず最後まで、後半は花火の間を詰めて駆け足運営です。
広々としたホテルで、衣類はコインランドリーで乾燥させました。

浜松のフラワーパークは、ほぼ花屋さんに並ぶ花だけの構成で少し残念です。売店で「コモレビソウ」「クラッスラー・クーペリー」の苗をゲット、ベランダにお持ち帰りです。写真はのちほどupします。
陶磁器の常滑急須は、深い渋緑と黄土色の縞入りです。あときれいな青磁器の小皿を数枚、ゲットしました。人間国宝の方の作ったお茶碗で、お抹茶をいただきました。美味しゅうございました。

cokeniwa_hassyokan17_1.jpg
(苔の美しいお庭:「八勝館」)
⇒⇒「八勝館」⇦⇦
2日目のランチは名古屋の「八勝館」という旧旅館で、現在は料亭でいただきました。涼しげな水色の和服の女将と中居さんのお出迎えで、豪華な懐石料理でした。ウニ、カニ、海老、松茸、鰻、鰆(サワラ)、鱚(キス)、金目鯛、鱧(ハモ)、咽黒、栗、茸などなど。お味噌汁は赤味噌でスルーしました。
1週間分の食事をした気分でした。苔の美しい庭園と、旧家の造りを堪能しました。こちらの写真ものちほど。

新幹線とバスでのツアーは、ベテランのツアーコンダクターで充分楽しめました。
09:20  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |