2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

(No.3223)  北森鴻「うさぎ幻化行」/岸田るり子「ランボー・クラブ」/T・ジェファーソン・パーカー「カリフォルニアガール」

2010.03.28 (Sun)



染井吉野が開花しました。
寒さはまだ3日は続くそうですが、週末には見頃になるようですね。たくさんの春の花も咲き、脳内がハイ・テンション状態です。

先週の3作。
北森鴻「うさぎ幻化行」
岸田るり子「ランボー・クラブ」
T・ジェファーソン・パーカー「カリフォルニアガール」

北森さん。音響技術者が残したメッセージの音源を、義妹が訪ね歩いて気付いた音の謎を解き明かしていきます。それもとても哀しく心が痛むラストが、北森さんらしくないのが読者としては残念です。
なお、北森さんは心不全のため2010年1月ご逝去、48歳の若さでした。この作品が遺作になると思われますが、シリーズ途中のものもあり、北森作品を たくさん読んできた読者としては、 毎回楽しみにしていたので、とてもとても惜しいです。心よりお悔やみ申し上げます。

岸田さん。色覚障害の少年の視点で展開する事件がおもしろいです。ただ読後に残る印象の薄さがもったいないです。
パーカーは、1960年代のカリフォルニアという時代背景が生んだ最悪の病巣としての、猟奇的な殺人事件を描きながら、記者の信念、教会と地域の信者とその家族の 複雑な心まで深く描いた良質の作品です。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:ユキヤナギ=雪柳:満開ですね。桜とほぼ同じ時期に咲きます:公園)
関連記事
11:01  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |