2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

(No.3704)  映画「アイ・アム・ナンバー4」

2011.07.11 (Mon)



映画「アイ・アム・ナンバー4」を観てきました。
監督:D・J・カルーソ 出演:アレックス・ペティファー、ティモシー・オリファント、ダイアナ・アグロン他

超人的な能力がありながら、その力を隠して、街から街へと移り住む生活を送っていた孤独な青年ジョンは、オハイオ州の高校で孤独なカメラ少女サラと恋に落ちる。いじめられっ子やいじめっ子とも関わってしまう。その一方で、ジョンを超能力者として認識する謎の組織が、ジョンへの攻撃を開始する。

出だしは青春映画という展開で、高校生が青年になっていく過度期は、男女共にとても美しいです。ラストのバトルは、一転してハードです。No.4とNo.6の女性のアクションが、すごい迫力です。
No.4の力でNo.6のパワーアップができるなら、守護者を死なせないこともできたのではないか。捨てられていた犬を飼うことにするジョンだが、変身してもあまり強くない。謎の組織も、ワルな不良グループ的な怖さしかない。あまり地球の危機感がないとか、全体の設定不足はありますが、すなおにアクションを楽しめます。
シリーズ化するのかも知れませんね。
関連記事
20:50  |  映画  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

どうなんだろ~ 娯楽アクション映画として面白いということかな?

>・・・一転してハードです。No.4とNo.6の女性のアクションが、すごい迫力です。
No.4の力でNo.6のパワーアップができるなら、・・・


人物がNO.で登場したので、人間離れした冷酷な戦いのイメ-ジが沸いてきました。

わたしが映画館で初めて恐怖感を感じたのはシュワちゃんのプレデタ-でした。
あれはもう30年ぐらい前になるのかな~
えんてつ |  2011.07.12(Tue) 15:09 |  URL |  【コメント編集】

気楽に楽しめます~(^^)
漫画を映画化したような、にやりとさせる(重くない)謎の組織です。ワルなあんちゃんのようで、笑ってしまいます。それに死ぬと粉々に吹き飛ぶので、流血シーンもありませんし、半ばゲーム感覚でした。
派手なアクションは見応えがあります。

TVで何度か見ましたが、シュワちゃんは結構怖いですよね。ああいうシリアスタッチはありませんので、安心して楽しめると思います。
yui |  2011.07.12(Tue) 21:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |