2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

(No.3966)   上遠野浩平「アウトギャップの無限試算」/ほしおさなえ「ヘビイチゴ・サナトリウム」/矢崎存美「神様が用意してくれた場所(3)いつかの少年 」

2011.09.25 (Sun)



さわやかな秋空で、気持ちがいいです。
水回りを中心に掃除をしました。今年は怪我であまり手をかけられなかったので、汚れが目立っていました。ぴかぴかに磨き上げたタイルなど、自己満足以外の何ものでもありません。でもきれいになると、頭の中までクリアになった気がします。

先週の3作。
上遠野浩平「アウトギャップの無限試算」
ほしおさなえ「ヘビイチゴ・サナトリウム」
矢崎存美「神様が用意してくれた場所(3)いつかの少年 」


上遠野さん。なぜ手品をするのか、見たがるのか、マジックが好きで、手品師たちの裏側の心理や人間関係をおもしろく読みました。いままでと別な視点で、見られるかも知れません。

ほしおさん。デビュー作です。作者の持ち味の源が、よく出ています。ひとつの事象が、周りの一人一人の視点からはまったく別のものに見える、という捉え方がうまいです。読者をミス・リードする力があります。ただ、ラストでの解析が会話で進むため猥雑で分量が多く、それまでの流れが停止してしまいます。展開の中に含ませてラストでどんでん返しという方が、効果的だと思ったりします。

矢崎さん。特別に見える人には、死んだ人間の姿をしています。でも感じることも触ることもできない人がいます。その橋渡しをする位置の香絵のやさしさと幽霊の犬のメグの存在が、ふっと胸に沁みてくる気がします。自分の暮らしの中にないものを、本の中に見いだして翌日に繋げていくのかもしれません。

「Book」読書日記に、感想をアップしましたので、見てくださいね~♪

(写真:シュウカイドウ=秋海棠:茎の深海ピンクがきれいです。ベランダの鉢植えは今年も咲いてくれません:公園)
関連記事
09:19  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |