2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

(No.4248)  ゴールドコースト・ツアー(2)星空と土ボタル鑑賞

2012.09.22 (Sat)



kangalu_ki.jpg
(カンガルーポウ:豪快な植え方で、空に向かいカンガルーの「足」を突き上げています)

gokraktyoka.jpg
(ゴクラクチョウカ=極楽鳥花:あちこちの公園で大きな群落があり、圧倒されます)

****星空の鑑賞****
土ボタルの鑑賞に向かう途中の山幅で、満天の星を見ることができました。
どの星がどの星座か判別できないほどの、空を埋め尽くす圧倒される星です。天の川もくっきりと見えました。そして南十字星、サソリ座、ケンタルウスなどがガイドの説明でわかりました。
それにしても、何十年振りというほど見ることのなかった、美しい星空です。星空って、こんなに美しいのだと改めて思いました。関東の空では決して見ることのない、真っ暗な山中での、これ以上ないほどの美しさです。ずっと見上げていて、そのまま朝を迎えたかったです。

hosi_amanogawa.jpg
(写真はツアーサイトさんからお借りしました)

****世界遺産 土ボタルの鑑賞****
更に山を登ったところに、土ボタルを見られる場所がありました。足元を照らす小さなライトを頼りに、真っ暗な森の遊歩道を進みます。途中でライトを消して道路脇を見ると、小さな青い光がきらめきます。
最大のポイントは洞窟の中でした。流れ落ちる滝の水流が思いがけず激しかったです。そして天井も壁も、小さな光で覆いつくされていて、一行から歓声が上がります。まるで青い星空のようです。ただ、虫の姿は見えないとは言え虫が苦手なことと、満天の星のあとでは少し感激は薄かったですが。

****締殺しのイチジクの木****
30mはある巨木に根が絡み付いている、不思議なイチジクの木の説明がありました。イチジクの種が鳥の糞で運ばれ、松や樫の巨木の上に置かれると、そこで発芽し宿生します。木の上から覆うように、根を下へ下へと伸ばしていくのです。「カーテンフィグツリー」とも呼ばれます。そして元の木をすっかり取り込み空洞にして、イチジクの木として完成するのに、なんと1,000年もかかるということです。壮大な締殺しの完了です。森も神秘に満ちていますね。

itijk_sime.jpg
関連記事
16:19  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こういう写真を見て説明を聞くと、自然は大事にしないといけないなぁと思います。
ゴ-ルドコ-ストの花も鮮やかで綺麗ですが、雨もけっこう降るのでしょうか?
1000年かけて絞殺しですか、それこそ雄大な融和のように思います。
えんてつ |  2012.09.24(Mon) 13:22 |  URL |  【コメント編集】

ほんとうに自然の美しさを、大切にしないととわたしも思いました(^^)

雨は夏に集中して降るそうです。春はほとんど降らないので、毎日が快晴に近い「ビューティフル・ディ」だといいます。

想像もつかない1,000年の締め殺し。確かに融合かも知れません♪壮大な時間の経過・・・。
yui |  2012.09.24(Mon) 21:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |