2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

(No.4253)  川瀬七緒「147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官」/大崎梢「クローバー・レイン」/誉田哲也「インビジブルレイン」

2012.09.30 (Sun)



higan-si10.jpg

higan-pi9.jpg

熱気球ツアーを記事にしている間に、季節はすっかり秋になりました。
今夜は台風17号が関東を直撃するという予報です。午後にはベランダの鉢植えを室内に取り込もうと思います。

先週の3作。
川瀬七緒「147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官」
大崎梢「クローバー・レイン」
誉田哲也「インビジブルレイン」


川瀬さん。全焼したアパートから焼死体が出て、解剖で腹腔から蠅の幼虫が発見され法医昆虫学捜査官・赤堀涼子が導入されます。殺人事件へ変貌し、ハッピーファームという怪しい団体が浮かんできます。
虫が苦手のわたしですが、突き放した客観的な分析で救われます。川瀬さん、前作から格段にうまくなりました。全体の構成、細部の調査、捜査官たちの心理も多少の揶揄も込めて軽く描きながら、ラストでしっかりとまとめてスマートです。できれば虫はシリーズ化しないで、他の作品を書いてほしいです。

大崎さん。老舗の大手出版社に勤める彰彦は、過去の人と目されていた作家の素晴らしい原稿を偶然手にして、どうしても本にしたいと願います。本を読者に届けるために、彰彦は奔走し、次第に出版社内や作家やその娘をも巻き込んでいきます。
男性社員視点での描き方には、心理的にかなりの無理がありますが、丁寧な調査をして描いた努力は、いい方向には向いて入ると思います。そんなに出版社内部は甘くはないと思いながら、甘さを完成させるのも1作ならいいかも知れません。書店員、営業、編集者へと筆の段階は進んでいるので、あと一歩の突っ込みを次作で期待したいです。

誉田さん。姫川玲子が新しく捜査本部に加わったのは、チンピラの惨殺事件です。指定暴力団の組同士の抗争が疑われましたが、決定的な証拠が出ません。玲子たちは、上層部から捜査線上に「柳井」が浮かんでも、追及してはならないと通達が出ます。単純な殺人事件が、幾重にも隠蔽され、複雑に絡まった事件に姿を変えていきます。
TVドラマがワンクールで終わったので、原作を読んでみました。ドラマのキャラを思い浮かべないと、文章からだけでは人間が浮き彫りになってきません。事件の展開も目新しさはなく、これはドラマ化を待つしかなさそうです。

「Book」読書日記に、詳しい感想をアップしましたので、見てくださいね〜♪

(写真:ヒガンバナ=彼岸花:蝶は蜜に誘われ、カメラはシベに魅惑されます。
    シロバナマンジュシャゲ=白花曼珠沙華:白から薄黄、ピンクまでカラフルです)
関連記事
09:09  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★ドラマ化成功例

こんにちは、私も『インビジブル・レイン』読もうかなーと思っていたんですが、ちょっとやる気が減退してきました(笑)。小説の実写化って、どちらかというと「あの小説はあんなに面白かったのにドラマ/映画はこんなことに!どうしてくれる!」というパターンが多いと思うのですが、姫川シリーズはドラマの方が面白かった(というか興味が持続した)です。ドラマの方が、それぞれのキャラクターをきちんと造っている(俳優という媒体があるにせよ)んですよね。小説版の方は、筋は面白いのですが細かいところが凡庸ぽいなぁと。
くら |  2012.10.01(Mon) 17:53 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは。ほんとうに、ドラマ化成功例ですね。
竹内結子、西島秀俊の好演、武田鉄矢の老獪な演技が光りました。その原作なのでおもしろいかと期待したのですが、まるで脚本のようでした。がっかり。
ドラマ化を待つかしなさそうです。
yui |  2012.10.01(Mon) 19:56 |  URL |  【コメント編集】

yuiさん、台風17号が近畿南部の海岸線を通過して愛知県まで過ぎたころに
吹き戻しの強風で、我家のユ-カリが傾いてしまいました。
根っこから傾いたので、諦めて倒しました。こんなの初めてです。
でも、根っこをよく調べてみたら変色してぼろぼろになった部分とかあって
状態がよくなかったようです。
オ-ストラリアの樹木で、すんごく成長も早い分、ストレスも多かったようです。
ちなみに長さは18.5メ-トル、幹の直径は45センチもありました。
使えそうな部分で何か記念になるものを作ろうかと思っています。
えんてつ |  2012.10.02(Tue) 12:54 |  URL |  【コメント編集】

台風の通過で
>ユ-カリが傾いて
わおっ〜!!相当な風だったのですね(>.<)
根の状態がよくなかったとしても、大木を失うのは心が痛みますね。
そこまで育つのに何年かかったことでしょう。残念です。
枝を植えても、新芽は育たないのでしょうね。
yui |  2012.10.02(Tue) 19:26 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |