2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

(No.4301)  快適な入院

2012.12.02 (Sun)



10時に病院に到着し、入院手続き、看護士からの説明があり、手首に情報管理タグを巻かれ病室に入ります。広い4人部屋です。午後から手術着に替え足裏にペンで名前を書きました。研修生が2人、看護士1人に見られて緊張すると苦笑の医師が、苦労して細い血管に針を刺し点滴です。2時間後手術帽をかぶり、点滴を引きながら歩いて看護士と手術室へ入りました。
うつ伏せで、医師はレントゲンを見ながらの注射です。痛み止めの注射の後、針が神経を探っていき、腰から足先にいままでのブロック注射では経験したことのない激痛が走ります。薬が入ってしまうと息が着けます。もう1カ所は更に激痛でした。体が固くなるのでしょう「深呼吸をして」と指示され、長い時間をかけて注射が終わりました。

ストレッチャーで病室に戻りました。両足も腰も麻酔でしびれています。2時間の安静でようやく点滴から解放されました。パジャマに着替え夕食を取り、看護士の付き添いでトイレ、洗顔を終えて就寝です。やさしい対応の看護士に好感が持てます。麻酔が切れてくると足のしびれが消え、腰の痛みが戻ってきます。寝返りにも限界があり、うとうと眠っては目が覚めてようやく朝になりました。朝の診察で腰の痛みは3日くらいで取れること、痛みが残っても別の方法はあるので、通院で対処していくという説明でした。

昨日は疲れ、ふらつきやめまいもあり、早めに就寝しました。ぐっすり眠れたのは、痛みが軽くなったからです。今朝は歩いてもかなり痛みが少ないと感じますが、完治にはまだまだ時間がかかりそうです。ふーっ。

(写真:スイセン=水仙=" ペーパー・ホワイト ":冬の使者の訪れです。お気に入りの花:新宿御苑)
関連記事
09:29  |  健康  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |