2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

(No.4308)  病院のシステム

2012.12.12 (Wed)



dodan_koyo12_2.jpg

まだ寒さは続くようです。
15年前の診察券でシステム化された病院を受診したときは、電子カルテはまだありませんでした。いま通院している大学付属病院は、完全にシステム化されています。
再来院は診察券を受付機に入れると、担当医、予約時間、治療内容、受診番号の記入されたプリントが出てきます。半透明のフォルダにプリントと診察券を入れ、受診科のカウンタでプリントのバーコードを読み取らせ、待合室に入ります。大きな順番待ち表示板があり、受診番号が点灯すると診察室に入ります。
医師は診察の合間に、パソコンで電子カルテを入力していきます。転院前の病院のMRI画像もスキャンされて、パソコンで見ています。処置と投薬の決定がされます。
処置が終わると、科の受付で検査などがある場合はその指示があり、なければ処方箋と次回予約票の加わったフォルダを、会計カウンタに提出です。精算機に診察券を入れ、現金やカード払いで領収書が発行されます。待ち時間はほとんどありません。
あとは処方箋で、院外薬局で薬をもらって終了です。薬局の時間待ちだけが苦痛です。3軒並んでいるので、一番空いている薬局を利用しています。10分と最大1時間待ちでは、差が大き過ぎますね。

(ドウダンツツジ=満天星躑躅-紅葉 :燃える季節。秘めた情熱。赤がきれいです:市内公園)
関連記事
08:31  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |