2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

(No.4394)  恥、恥じらい

2013.04.06 (Sat)



「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき:詠み人知らず」
太田道灌は急な雨で入った民家で、蓑(ミノ=雨具)を貸してほしいと言いいますが、娘は山吹のひと枝を差し出します。道灌は怒ってその場を立ち去りましたが、あとで家臣から娘は蓑ひとつない貧しさを山吹(実が付かない花)に例えたと聞かされて自分の無学を恥じ、それ以降歌道に精進したと言います。あまりにも有名ですが、好きな歌です。

近頃は「照れ」はあっても、「恥じらい」が少ないように思います。更には「恥」も、自分の不明を恥じることから、他者に自分のプライドを傷つけられることへと質が変わっているような・・・。

(写真:ヤマブキ=山吹:ぼかし機能を使うとおもしろい雰囲気が出ます:市内公園)
関連記事
09:48  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |