2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

(No.4407)  辻井伸行・佐渡裕・BBCフィルのリベンジ

2013.04.24 (Wed)



東日本大震災の当日が、横浜みなとみらい公演日でした。
故郷の姉が聴きに来ていて、ホテルで地震に遭いました。演奏者の方たちは、バスで移動中だったそうです。周囲の状況やTV映像から、次第に戸惑いから恐怖に変わりますが運転手の落ち着いた態度に冷静に会場入りをしました。けれど演奏会中止が決まり、35Km離れたホテルにバスで9時間かかって到着します。翌日にはそれでも残りの公演を続ける気持ちはありましたが、原発事故を受けイギリスの本部から帰国命令が下されます。大事な仲間を残して脱出することに悲しみと憤りを覚えたそうです。見送りにきた辻井伸行と佐渡裕に、もう一度日本に戻り公演する約束をして帰国したのでした。

今回、もちろん姉も聴きに来ました。サントリーホールで、メンデルスゾーン、ラフマニノフ、ベルリオーズと、全く同じプログラムとメンバーの演奏は、すばらしかったそうです。最後はオールスタンディングで、いつまでも拍手が鳴り止まなかったといいます。なによりも、音楽で心を通わせる演奏家も聴衆も、音楽の持つ偉大な力を心から喜んだことでしょう。わたしも聴きたかったです。

(写真:マツバウンラン=松葉海蘭:ほっそりとしたしなやかな茎と、パープルの小さな花が好きです:公園)
関連記事
09:52  |  音楽  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

音楽は世界共通というか、人類の根源的なエネルギ-の発散方法じゃないかと
思います~♪
音楽を聴いて眠るか暴れるか・・・何かが起こるのは間違いないです。


原発事故では、東電はいまだにキチンとした対応がとれないでいますから歯がゆいです。

音楽で人々の心が少しでも癒されますように念じています。


今日はわたしの通勤路線が福知山線ということで、鎮魂と反省の車内放送
が流れていました。 再発防止に万全を期してほしいです。
えんてつ |  2013.04.25(Thu) 12:30 |  URL |  【コメント編集】

音楽を通して心を繋ぐ。言葉も国境も超えての想いに、胸を打たれます。
鎮魂の想いもあったことと思います。

原発事故の後処理も補償処理も廃炉への過程も、なにもかも問題ばかりですね。
福知山線。あれも悲惨な事故で目に焼き付いています。
喉元過ぎれば・・・で、あってほしくないと思いますね。
yui |  2013.04.26(Fri) 09:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |