2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

(No.4420)  こまつ座「うかうか三十、ちょろちょろ四十」

2013.05.17 (Fri)



ego13_2.jpg

こまつ座30-1周年公演「うかうか三十、ちょろちょろ四十」(紀伊國屋サザンシアター)
原作:井上ひさし 演出:鵜山仁 出演:藤井隆(殿様)、福田沙紀(娘とその娘) 他

満開の桜をイメージした書き割りと、古びた民家に一人で暮らしている娘は、賢く美しく働き者です。ひと目惚れした殿様と侍医だったが、娘には結婚する予定があり断る。殿様は悪夢のような二十年を過ごし再び訪れると、病の夫を看病しながらけなげに働く娘の姿がありました。
井上ひさしの幻のデビュー作だそうです。笑いのある進行でいながら、ブラックな風刺センスが印象づけられます。芝居のおもしろさが感じられました。それにしても福田沙紀は美しい女優ですね。
三谷幸喜監督、仲間由紀恵など、そうそうたるメンバーからの飾り花が並んでいました。

前日の雨から一転、晴れて27度の暑い日になりました。故郷の姉に誘われないと、なかなか演劇を見る機会はないのでうれしいです。フラーヤーの中で、蜷川幸雄演出「ムサシ ロンドン・NYバージョン」があり、これは見たいと思いました。藤原竜也出演も興味深いです。秋の日程を調整するつもりです。

(写真:エゴノキ=えごの木:満開の白い花が美しいです。うつむいていながら、凛としています:市内)
関連記事
08:22  |  思い  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |