2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

(No.4471)  手術の愚痴

2013.07.28 (Sun)



心配していただく状態ではありませんので、あまり病気のことは愚痴らないようにしていました。
ただ昨日の、反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)ブロックがちょっと辛かったので、書き記しておきます。造影剤機材が熱に弱いので冷房がきつく設定されて寒いです。医師もスタッフも放射線対策服を着用しています。先週の右側臥位と違い、左は心臓が圧迫されて5分と姿勢を保てないのでうつ伏せです。額と顎をタオルで押さえます。痛み止めの注射数本、そして造影モニターを見ながら針を患部まで刺していきます。造影モニターの角度の指示の声。刺す痛みは我慢するしかなく、足へのしびれは声を出して伝えます。薬とアルコールが注射されます。右足が熱くなります。1本目が終わると、アルコールの影響もあり緊張が和らぎます。
2本目も骨と患部への刺激は続き、むかつきとめまいがして脳貧血を起こしそうでした。血圧低下の声。昇圧剤が入れられます。落ち着くと同様に薬が入り、終了です。施術の1時間も含め3時間は、うつ伏せ姿勢を維持しなければいけません。手術台からストレッチャーへ移動。病室でベッドに移動。寒くてもう1枚布団を追加し、首周りまで埋めてもらいました。
点滴をしているとは言え、喉がからからです。吸い飲みでお茶を飲ませてもらい、ほっと気が楽になりました。体温、血圧、酸素量を幾度か計るので眠ることもできません。予定時間が過ぎ、ようやくうつ伏せと点滴から解放されました。医師の説明があり、側臥位をうつ伏せにしたので90度角度がいつもと違うのでちょっと大変だったけれど、いい位置に薬が入ったこと、朝まで座位で歩かないことの注意です。
全身が手術痛と筋肉痛でひと晩、眠りが浅かったのは、いつものことです。こうして書いてみると、そんなに大変でもなかった気がしてきました。気持ちが軽くなりました。

(写真:キョウチクトウ=夾竹桃:八重の紅色も、夏らしくていいですね:公園)
関連記事
09:55  |  健康  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

文章読んでいるうちにこちらも辛くなりました。
でも、気の持ちようというか、考え方というか
病気と向き合ってまじめに付き合っておられる姿は立派だと思います。

思い出す自分の姿労わりつ
冷静な痛みの分析驚きぬ
騒がしく夾竹桃の夏ここにあり
えんてつ |  2013.07.30(Tue) 12:46 |  URL |  【コメント編集】

★Re: タイトルなし

あまりブログで書く程、重症なわけではないのに、つい書いてしまいました。
痛みに弱い!拷問されると言われたら、言われただけ(笑)で死んでしまいます。それ以前にMAXの痛みの神経根ブロックを経験しているのに、つい気重になりました。長期間になっているのも原因かと思います。

嫌な性格ですよね、どんなときも冷静に見ている(苦笑)。大丈夫です。きちんと治療効果の報告もして、いい患者を演じています(^^)
yui |  2013.07.30(Tue) 16:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |