2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

(No.4480)  柔軟剤の匂いが

2013.08.07 (Wed)

sikib8.jpg



車やバス、隣家などから来る柔軟剤の匂いで、体調不良を訴える人が増えているそうです。
高残香タイプの柔軟剤は、多種類の化学物質を組み合わせた人工香料でつけられているのですから、当然という気がします。「香り」と言っても、人によって感じ方はさまざまです。柔軟剤のCMを見て、たぶんひどい「匂い」だろうと想像してしまいます。

わたしは化粧品や洗剤なども無香料を使っています。コンサートの時に、隣の女性の香水の匂いでやられたことがあります。ハンカチで押さえても入って来る匂いに、頭痛がし始め動悸が始まり、我慢できずに席を立ちました。飲食店のトイレのブルーの消臭洗浄剤で、吐き気がしたこともあります。気がつかず購入した「ムシューダ」の衣類の防虫剤が、匂い付きだったのもひどかったです。ビニール袋にきっちりと入れて捨てました。

平安時代の上流公家では、髪を洗うのは月に一度で、体を洗うのも行水やサウナのようなものを4〜5回だったそうです。悪臭を消すために香袋を使い、香を焚いていたのです。中世ヨーロッパに匹敵する不潔さだったといいます。いまは毎日入浴、洗髪、洗濯が多いでしょうし、過剰な匂いはやめてほしいですね。

(写真:ムラサキシキブ=紫式部:花が終わると、きれいな紫の実が揺れます:公園)
関連記事
08:34  |  思い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

たしかに、ムッと感じたとき息を止めてしまいますね。

田舎者で暮らしてきて、これまで通勤のラッシュの経験もなかったので
大阪駅のホ-ムの人の多さだけで気分が↓になってしまいます。

先日、女性専用車に座っていることに気がついて焦りました(笑)。
電車の中からは分かりにくいな~と思いました、床にくのいちと書いて欲しいな

えんてつ |  2013.08.09(Fri) 12:30 |  URL |  【コメント編集】

強烈な匂いというのは、確かにありますね(^^)
人の多さも、疲れますから。
ふふふっ。専用車両は、焦らなくても大丈夫のようです。床は見えないので、ホームにペイントしたり、柱に張ってはいるのですが、気持ちが別なことに向いていると、ついうっかり、もありますから♪
yui |  2013.08.09(Fri) 17:03 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |