2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

(No.4568)  GPFショート、そして男子フリー

2013.12.06 (Fri)



羽生結弦選手が、GPFショートで99,84点で世界最高得点記録更新をしました。
ライブで観られたロシア経由動画と、現地日本の放送時間の1時間半の差がなんともじりじりしました。その瞬間を放送できない諸事情が、残念です。
その後の滑走で、町田、Pチャン選手の滑りが乱れたのは、精神的な影響もあったでしょうか。しかし、羽生選手はカナダ、フランス大会でチャン選手に大きく離されての2位でした。そのときの滑りから学び取ったものを、自分のスケーティングに生かせる能力はすごいですね。体格もよくなり、ステップや表現力にもメリハリがつき、わずかな期間でどれだけの練習をしたことかと感心します。不敵にさえ見える意識的な微笑や表現で、観客、審査員の心の大きくつかみました。まだかわいい笑顔も、ぬいぐるみも、オーサーコーチとの信頼感も微笑ましいです。
18歳最後のきょうのフリーの練習は、twitter情報を観ると、気負わず楽な雰囲気を感じほっとしました。夕方からは、昨日同様、ロシア経由動画とTVと両方を観ることになります。

そして女子ショートの浅田真央選手の美しさとジャンプ、ステップ、スピンの極。アスリートとして安心して見ていられます。
「自分が今できることを精一杯やる」奇しくも二人の昨日の言葉です。

(写真:スイセン=水仙”ペーパーホワイト”:真っ白な花は、冬の使者:公園)
関連記事
15:18  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |