2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

(No.4582)  中丸三千繪ソプラノリサイタル「Starry Chrristmas XI」

2013.12.25 (Wed)



中丸三千繪ソプラノリサイタル「Starry Chrristmas XI」ピアノ:清水和音(サントリーホール)

恒例のリサイタルを聴いてきました。
90年に「マリア・カラス国際声楽コンクール」に優勝した世界的な歌手でありながら、海外での活動が長く、国内では案外知られていません。わたしも15年前のCDだけで、コンサートは初めてでした。声量も充分でさすがのオペラ歌手でした。高音部はやや出にくい音域を、技術的な工夫でみごとに歌い上げます。声の一部のややかわいらしさが気になりますが、好みの問題かもしれません。
世界遺産登録でと3曲の作・編曲の「富士の山」が意欲的で興味深かったです。ラフマニノフとヴェルディは、しっとりと歌の心が響くいい選曲でした。
「10年前引退してもよかったが、音楽を取ったら何も残ないと、友人たちに言われた。生涯現役で、毎日努力し、少しでも進歩した歌声を皆様方に届ける。腐った音楽界を変えてみせる」と熱いMCで、バイタリティに溢れた生き方が伝わってきました。

早めに到着してしまいました。ホール前庭のイルミと流水の音を聞き、木製のハイチェアに座り、ガス灯のようなストーブの暖かさで開場を待ちました。入り口上のパイプ・オルゴールを初めて聞きました。2体の人形が弾くしかけで、ホールのパイプオルガンと同じ素材で作られた、37本のパイプから音が生まれます。12時と開場時の2回奏でられるそうです。
satryH13.jpg

santry_pipeorgan.jpg

プログラムは ↓↓↓

【More】

シューベルト:アヴェ・マリア
カッチーニ:アヴェ・マリア
プーランク:C
プーランク:愛の小径
アルファーノ:もし、あなたが黙れば
モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス
ラフマニノフ:歌うな美しい人よ、私の前で
ラフマニノフ:ここは素晴らしいところ
ラフマニノフ:春の洪水
ヴェルディ:ありがとう、愛する友よ
ヴェルディ: アヴェ・マリア オペラ『オテロ』より

小六禮次郎:富士の山
猿谷紀郎:富士の山
服部克久:富士山
リスト: 愛の夢
リスト: 平和が見つからず 『3つのペトラルカのソネット』より
ショパン: 別れの歌
チレア:私は芸術家の下僕 『アドリアーナ ルクヴルール』より
プッチーニ:歌に生き愛に生き 『トスカ』より
------アンコール-----
マスカーニ:アヴェ・マリア
関連記事
11:02  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |