2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

(No.4709)  フィギュアスケートのアクシデント

2014.11.09 (Sun)



8日ISUG中国杯男子フリーの6分間練習で、アクシデントが起こりました。
羽生選手と中国のハンヤン選手が激突したのです。流血の地獄のリンクに変わりました。救護の対応の遅さ、休息と一時的治療後に演技再開をするという、とんでもない流れでした。ゆづくんの性格を知り尽くしたオーサーコーチの棄権の勧めにも、断固として「跳ぶ」と言うテーピングしたゆづくん。ルール規制がなく、アスリート本人の判断に任されるのです。判断力が飛びそうな状況の中で、演技構成を変え、最初の4回転はあえて着氷を避けた気がします。得意の3回転アクセルも転倒。ビールマンスピン、イナヴァウワーをなくし、連続3回転は決めました。転倒5回のマイナスやいくつものミスを引いても、点数を残し2位を確保しました。言い訳をせずに全力で試合に臨む姿勢。なんという、心の強く激しいアスリートでしょう。
再リンク入りする前に、脳震盪を起こしたハンヤンとゆづくんが握手をした姿、他の選手のメンタル、いくつもの課題が見えた試合でした。
ゆづくんは9日日本に帰国して治療を受ける予定です。28日のNHK杯出場も含め、体を第一に考えてほしいです。4年後があるのだから。

(写真:シラギク=白菊:花びらが花火のようにはじけた珍しい花:弘前公園)
関連記事
11:25  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |