2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

(No.4717)  フィギュアスケートNHK杯

2014.11.30 (Sun)



羽生選手は大事故の怪我から、わずか3週間後の出場です。
痛みで眠れない夜も、ひと回り細くなったと一目で分かる筋肉の減少、体力低下。「欠場しようかと迷ったこともあったけれど、GPファイナルに出たい」意志を周囲がサポートしました。怪我をせず、無事に滑り終えられ感謝です。「一秒ぶつかるのがずれていたらいまの自分はいなかったかも」というタンタビュー発言。曲かけ練習ができずに構成を変えて負担を避け、ぎりぎりでつかみ取った4位は重いです。悔し涙をこらえての「これが実力」と、決して怪我のせいにしない姿勢、表彰式にリンクサイドから笑顔で拍手を送る姿に、見ている方が涙でした。フリーの衣装変更は、血が落ちず急遽作成したということです。
村上大介選手の初優勝。初めて追われる苦しさを味わったという無良崇人選手は「大輔選手や羽生選手がこれを勝ち抜いてきたのか」と、メンタルの大変さを口にしました。
12月中旬、バルセロナで行われるファイナル戦までに、体力を取り戻し、納得のいく演技を見守りたいと思っています。ファイナル出場は男子:コフトゥン/ハビエル/ボロノフ/町田樹/無良崇人/羽生結弦。女子:ラジオノワ/トゥクタミシェワ/ポゴリラヤ/リプニツカヤ/ワグナー/本郷理華(GG怪我のため)の各6人です。

PS:N杯単独インタビューで「6分間練習でぶつかったときのことがフラッシュバックした。後ろばかり気になった。上の空でジャンプ」心の傷は深く、薄れるのも時間がかかると思います。それを乗り越えていく力があるとファンは信じているから。

(写真:ヤツデ=八つ手:小さな花火が、あちこちの庭で咲いています:市内)
関連記事
12:35  |  スポーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |